ブログトップ
<   2007年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
お友達とイチゴ狩り
c0032878_20294938.jpg

今日はゴールドコースト・ショー・デーでゴールドコーストは祝日。オフィスがブリスベン市の方にある夫は休みではないが、いつも金曜日に行くシュタイナー・シルクウッドスクールはゴールドコーストにあるので、プレイグループはお休み。

それで今日はご近所のお友達と車で15分くらいのところにあるストロベリーファームにイチゴ狩りに出かけた。

最初はイチゴをとることに専念していたが、
c0032878_2037429.jpg


だんだん食べることに夢中になり(本当は食べてはいけないのだけれど。。。)
c0032878_20381333.jpg


ちょっと飽きて、畑の端の方まで走っていってしまった。
c0032878_2046733.jpg


沢山のイチゴをおなかに入れ、摘んだイチゴを量ってもらって料金は7ドルだった。安い!
とりたてのイチゴは香りも味も甘くておいしい。
c0032878_20444445.jpg


イチゴ狩りの後は、動物たちと交流。中に入るとちょっと怖いらしく、金網から見るのが安心するらしい。
c0032878_2050374.jpg


各自持参のランチを食べて、壊れた日本製の乗り物でお友達と笑って、
c0032878_20562955.jpg


なおちゃんの作ったハート型のキャロットケーキと、私がはじめて作ったバナナケーキでキクちゃんのバースデーを祝った。
c0032878_20575429.jpg


帰りはリオと恵子さんが家に遊びに来てくれて、利音はお友達と沢山一緒に楽しい時間を過ごせて幸せな一日だった。
[PR]
by stakesue | 2007-08-31 20:59 | 子育て:利音の成長
キッチン プチ改装、20ドル也。
今日はキクちゃんのお誕生日。お誕生日おめでとう。

そして今日は利音はデイケアの日。
いつもなら駐車場からぐずり、クラスに入ると泣き出すのだが、今日は泣かずにサムちゃんと手をつないで砂場の方に行ったのでうれしかった。

今日、私はキッチンのリノベーションをした。とはいっても一部の色を塗りかえただけなのだけれど。夫がeBayで、取っ手を1つ1ドル(一般小売価格は5ドルくらい)で買ったので、キッチンの取っ手を全部木からシルバーにした。かかった経費、20ドル。

家は1991年に建てられた中古の物件だったが、壁の色や取っ手など80年代風である。
キッチンはかなり老朽化してきていて、コンロ、シンク、台、扉、デイッシュウォッシャー、オーブン、冷蔵庫などすべて買い換えたいと思っているが、その余裕は残念ながらない。

とりあえずは、木の取っ手と台の一部の軽い木の色を変えると少しは雰囲気がよくなるんじゃないかと思っていた。

夫が買った取っ手は先週末に取り付けた。
取っ手は欲を言えば、このように丸くなっているタイプではなく、直線的な四角っぽいものを全部横並べにするとモダンになると思ったが、前に取り付けてある取っ手が縦になっているので、ドアを変えると経費がかかるので、縦にしたが、色と素材が変わるだけでも随分印象が違う。

今日は台の色をシルバーにあうように濃い色に変えてみた。まずはサンディングを機械で行い、ペイントを施した。使ったのは再びJapan Blackというペイント。キッチン、ダイニング、リビングの一体感がでた気がする。

同じ角度から撮っていないが、下の写真の上が以前の写真で下が現在。
c0032878_21582690.jpg

レースのカーテンは以前から取り外しているのだが、このカーテンをもっとモダンな柄のローラーカーテンにするといいかなと思っている。 そして壁に黒の太目の額に入った写真を3つくらい並べようかなと思っている。
欲を言えば、壁の一部に使われているタイルをもっとモダンなものにするとかなり印象は変わると思うのだが、まあそれはいつかできるといいんだけど。。。

以前は天井のライトが長い蛍光灯だったのだが、このライトは2年くらい前にシルバーのものに変えている。

プチ・リノベーションでもちょっと気分が変わって良い。

夕方、新しいクライアントと打ち合わせをした。サイト制作をすることは決定したのだが、資料が全部揃うには時間がかかりそうな気がする。
今は自分のサイトのリニューアルに力を注いでいる。9月1日からアップしたかったがもうちょっと時間がかかりそう。がんばろう!
[PR]
by stakesue | 2007-08-30 22:29 | インテリア
クラシックコンサート
昨日は月食だったので、月を見に何度も外に出た。利音にも月が欠けていくところを見せてあげた。

今日は、以前から購入していたクラシックのコンサートに利音を連れて行った。
場所はサウスバンクのコンサートホール。
c0032878_20271761.jpg

今日のコンサートは中学生くらいの子供たちを対象にしたコンサートで、オーケストラがどのように形作られていくかを学ぶようになっている。
前回の教育プログラムのときよりも、来ている生徒の数は格段にすくなく、客席の半分は閉めた形だったが、こじんまりとしているせいか、席が2階席であったこともあるが、オーケストラの演奏家たちがよく見えた。

観客の年齢が若いせいか、なんとなくザワザワした感じだった。

最初は吹奏楽器のみの演奏で、それから弦楽器、フルートやクラリネットが入った吹奏楽器、そして打楽器も加わってすべての楽器を使ったオーケストラが何曲か演奏され、最後はフェアウェルの音楽と言っていたが、全部のオーケストラが演奏を始めて途中でどんどんメンバーがいなくなり、最後にバイオリンとビオラが1人づつ残っておしまい。
説明が、前回の教育プログラムと比べるとちょっと抽象的でわかりにくかったように思う。
利音はバイオリンがでてくるときは、身を乗り出して聞いていたが、吹奏楽器だけのときになると、"I don't like it"というので、途中15分ほどホールの外にでていたが、また演奏を聴きにもどって、最後まで聞いた。

10月に小学生を対象にしたプログラムもあるのだが、こちらは8月の上旬に予約しようとしたら、一杯でちょっとショックだった。 

コンサートの後は、サウスバンクでアイスクリームを食べ、フェリーに乗ってシティに行った。
シティの中に大きなフィグツリーがあり、利音はその木でしばらく遊んだ。
c0032878_20274185.jpg

それからチップスを芝生で食べて、電車に乗って帰ってきたが、いつもなら帰りの電車で寝るのに今日は起きたままだった。
さすがに疲れたようで、今日は散歩の後、6時くらいから眠ってしまった。
[PR]
by stakesue | 2007-08-29 20:27 | 利音の音楽
青い鳥
先週のことだが、本を読んだ後、ベッドに入るときに、利音が「マミーに赤い鳥、ぼくには青い鳥が飛んできた。」と言った。
夜寝る前の言葉としてとてもきれいだったので、心に残った。
残念ながらうちには「青い鳥」の話はないので、青い鳥の話を読んで聞かせたことはないのだけれど、いつか読んであげたいなと思う。

最近、利音は空想のお話を突然し始めたりする。一番登場回数が多いのは、「ライオン」。遊んでいるときに、私のところにやってきて、「マミー、ライオンがほら、あそこに隠れてるよ~。」とか「ライオンが追いかけてくるよ~。」とか言ったりする。 他はサメ、恐竜など、どちらかというと怖いものが襲ってくるという設定が多い。が、「きゃ~、助けて~。」というと、「大丈夫だよ。フレンドリーだから。」と答えたりする。

空想の中ではいろんな動物や動物の赤ちゃんが利音の手に乗っていたりして、その手に乗っている動物を私に渡してくれたりする。

以前、象が月にいるという話をしたことを書いたが、今日も月の象の話をしていた。

バイクにいろんなものをつなげては外すというのを繰り返している利音をみても、彼の頭は忙しく色んなことを考えているように思える。

利音は想像力が豊かなように思えるので、そういう面を伸ばすためにもシュタイナーの小学校に進ませたいなと思うが、毎日通うには遠すぎて、実際に通うには、ガソリン代、送迎時間を考えると難しいかなと思う。 先週、登録書だけは提出したのだが、学校に行きだす前になんとか登校するための良い方法が見つかるといいなと思う。
[PR]
by stakesue | 2007-08-27 21:58 | 利音のストーリーテリング
水溜り遊び
c0032878_2232729.jpg

今日はシュタイナーの日で、サムちゃん、ベッキー、キクちゃんといつものように出かけた。
雨の中、結構みんな参加していて、雨の合間に少し外でも遊ぶことができた。雨が降ることがとても少ないので、子供たちは傘をさして外に出ているだけでうれしいみたいだった。

帰り際、利音とサムちゃんはもっと遊びたくて、利音の家に行きたいというので、私たちの家で遊んでもらった。2人ともケンカしたりするけれど、とても楽しそうだった。

途中、2人は外に出たいと言い出し、裏庭の大きな水溜りに入り始めた。
寒いので少し心配だったけれど、滅多にできることではないので、そのまま遊ばせることにした。
2人は喜んでジャンプしたりバシャバシャ歩いたりして楽しんだ。
その後、お風呂に一緒に入って、サムちゃんの家に移動して、ふわふわのスポンジケーキをいただいて帰ってきた。

また水溜りで遊べる日があるといいね。
[PR]
by stakesue | 2007-08-24 22:12 | 子育て:利音の成長
ギネスに挑戦
c0032878_2232818.jpg

今日は図書館の読み聞かせの日だが、利音の熱はないのだが少し咳き込んでいて、私の咳も止まらないので、家で過ごすことにした。
利音はお気に入りのトーマスをリディアちゃんの家に忘れていて、リディアちゃんがお父さんの車の中に持っていってしまったらしく、トーマスのいない日々を送っている。トーマスがいないとレールで遊ぶのは楽しくないらしく、すぐやめてしまう。

今日は、バイクにまたいろんなものをつなげて走っていたが、ミニカーを持ってきて、つなげてくれと頼む。通常もっと大きなトラックなどをつなげてくれというので、ひもなどをつけてつなげるのだが、ミニカーはひもでつなげるのは無理。
できないよというと、やってくれと何度も頼む。
う~ん、じゃあ、もうちょっと考えてみようか。。。

浮かんだ名案は、セロテープでくっつけること。2-3台つなげて動かしたら大丈夫だった。セロテープでできそうだねというと次々にミニカーを持ってきて計28台をつけ、それをトラックにつけてバイクでひっぱりたいという。細い紐などを使って希望を果たしてあげた。利音は喜んで多分2時間くらいこの遊びをしていたんじゃないかと思う。
セロテープで貼り付けられた28台のミニカーを見て、「ギネスブック」にセロテープでミニカーを何台までくっつけて子供のバイクで引っ張れるかというのに登録できるかなあなどと考えたりした。

利音に頼まれることは、結構面白く、チャレンジのしがいがあるし、私が無理だと思っていたことも本人がやっていたりして、子供の発想は自由でいいなと思う。とりあえず、無理だと最初に思わずに本人が思い描いていることを近い形で実現できる手伝いをしてあげられるように心がけていきたいなと思う。

今週は毎日雨が降っている。ブリスベンのダムの貯水量が17%だと言っていたので、まさに恵みの雨。でもどのくらい貯まったのかなあ。1ヶ月以上、降り続けても一杯にはならないんだろうな。

雨が降っていた日が多かったので、家で過ごすときは、お店屋さんごっこをしたりした。トーマスのフラッシュカードをお金にして遊んだ。
c0032878_22243227.jpg

利音はアイスクリームとスムージーを売るお店の店主。
c0032878_22362539.jpg

料金を聞くと200ドルとか300ドルとか言ったりするときもあり、それ、高すぎだよ、と文句をつけるが、いつのまにか200、300、500という数を覚えているんだなと感心。

そしてこれは先週だが、チョークを使って石や椰子の木の皮とか木に絵を描いて遊んだ。
c0032878_22301999.jpg


利音は2週間ほどお友達に会えていないので、お友達の名前を連ねて会いたいという。そして、シュタイナーはいつ行けるのかと聞く。マミーと2人で遊ぶのにも飽きたよね。
明日は、ディケアでサムちゃんに会えるかな。
[PR]
by stakesue | 2007-08-22 22:33 | 子育て:利音の成長
母と妹の勉強
私がブログを書いている理由は息子の成長を記録に残しておきたいというのが最大の理由だが、いつも親に見てもらえるといいのになと思っていた。

私の両親はコンピューターと聞いただけで、自分たちには絶対にできないものと思っていたようだった。 
ところが、妹や近所のお友達に私のブログのプリントを見せてもらったりするうちに自分でも読みたいと思うようになったらしく、母は若者に混ざってパソコン教室に通い始めたそうだ。
そしてとうとうPCも買ったらしく、今月の末にはインターネットに接続するらしい。

教室に通うのはとても楽しいらしく、パソコンを習いに行き始めてからなんだかとても楽しく、体の調子もいいらしい。電話でもいつも楽しそうに報告してくれる。

日本の実家にPCがあり、インターネットに接続してくれれば、スカイプも使えるようになるかなととても楽しみ。

母はとても向上心のある人で、そういうところをとても尊敬している。

妹も英会話のレッスンに通っているらしく、フルタイムの仕事、家事、育児とこなしながら頑張っているみたい。

私も利音が学校にいくようになったら、親や妹を見習って、またプログラミングの勉強とイラストなどの勉強をしたいなと思っている。
[PR]
by stakesue | 2007-08-21 23:06 | 私事
バイオリンの練習
利音の風邪は引き続いていて、咳き込んでいたりするし、夜は熱が出る。金曜日のシュタイナーもお休みして、土曜日も今日もショッピングに出かけたりはしたが、家で過ごした。
今日はかすみさんの誕生日で、サウスポートにあるイタリアンでディナーをみんなで食べる予定だったのだが、延期してもらうことになった。

私もこの冬3度目の風邪を引いている。こんなに頻繁に風邪を引くのは私が知る限り生まれて初めてだと思う。前回同様、熱などはなく、咳が出て止まらない。

利音もあまり元気がなかったので、結構ビデオなどを見てすごすことが多かったのだが、ここのところ毎日2回はバイオリンの練習をする。私のPCの壁紙に利音がバイオリンを弾いている写真に最近変えたのだが、利音がその写真に気づいて、バイオリンを弾きたいと毎日言うようになった。音楽のCDも鈴木のバイオリンのCDが一番好きだ。
バイオリンのケースは、小さい子供のためなのか、バックパックのように背中にしょえるようになっている。かならずしょってしばらく歩いたあと、バイオリンの練習を始める。習ったことは全部ちゃんと覚えているし、教えられていてもできなかったことをやってのけた。
またモーリーン先生に会いに行く?と聞くと、「うん」と答えたが、その後、「でも、先生は怒ってるから。。。」と言った。最後のレッスンのときに、先生が利音がバイオリンを弾いたらステッカーをあげると言ったのだが、利音が弾かないのにくださいと言ったら、断られたことが多分頭に残っていて、あれは自分に対して怒っていたのだと思っているようだ。
3歳を過ぎた来年ぐらいから、また始められたらいいなと思っている。しばらくはこうやって自宅で練習してくれるといいなと思う。
[PR]
by stakesue | 2007-08-19 21:32 | 利音の音楽
痙攣のその後
c0032878_22214792.jpg

昨日はEkkaのため祝日で夫は仕事が休みだったので、ドライブウェイのところに塀がなかったので、塀作りに一日を費やした。
利音はこういう仕事のときはいつも夫の近くにいて、ハンマーや色んな工具を触って何時間も過ごす。
合間に利音を医者に連れて行った。念のために尿検査をしましょうということになった。最近先生を変えたが、キクちゃんに紹介してもらった先生はとても丁寧で親切。利音も先生のことがとても好きみたい。

おとといの夜、昨日の夜と利音は熱を出している。寝ているときにまた痙攣を起こすのではと心配で何度も起きては熱を計ったり、薬をあげたり、震えていないか、ちゃんと呼吸しているかと気になってしょうがない。
昼間も今日は熱が出ているし、鼻水、のどあれ、咳など風邪の症状がでている。
今日はデイケアをお休みしたが、明日のシュタイナーも無理だろうな。
c0032878_2219403.jpg


本人も体の調子が悪いので、とても不機嫌。

早くよくなりますように。
[PR]
by stakesue | 2007-08-16 22:30 | 子育て:利音の成長
Ekkaで熱性痙攣の発作
c0032878_18491050.jpg

今日はブリスベンの市街地からそう遠くない場所に車の点検とリモコンのセット、スペアキーのオーダーに行った。
終日かかり待ち時間が長いので、利音をブリスベンで行われている博覧会のようなものでEKKAと呼ばれているところに行くことにした。

昨日の夜、38度くらいの熱が出て、ちょっと震えていたので、熱さましをあげた。薬を飲んだ後、あまり眠れないようで、2時半くらいまで起きていた。
朝、通常と様子はあまり変わらなかったのだが、朝食をいらないというので変だなと思っていた。

車の中では元気でバスに乗って博覧会場に行くときはうれしそうにしていたが、会場に到着したあたりからなんだか元気がない。
喜ばせようと思ってチップスを買ったが、食べない。

会場内をストローラーに乗せて歩いたが、どこに行っても元気がなくつらそうなので、連れて帰ったほうがいいかなと思い、夫に電話すると、ちょうどEKKAに仕事で行くけど、あと1時間くらい後だと言われた。

元気がなかったが、ポニーライドとサーカスは見たいといい、うれしそうにしていた。

動物を見たりして時間をつぶしていたのだが、歩いている途中に利音の異変に気がついた。
見ると痙攣を起こしている。近くの係員にFirst Aidの人を呼んでくれと頼んで、他の係員と一緒にとりあえずインフォメーションセンターのところに痙攣している利音を移動させた。

口から液体が出ているので、つまらせてはいけないからと、芝生のところに横にしているうちにFIRST AIDの人たちがやってきた。そのころには痙攣は止まっていたが、意識がない。
酸素マスクをとりあえずつけてくれ、脈や呼吸を確認して、後は意識が戻れば大丈夫だろうと言われたが、利音の顔は血の気が引いていて、殆ど動かない。
救急車を呼んでくれ、待っている間に会場にいた医者が来て、呼吸も脈拍もOKだから、多分心配ないだろうと言われた。 医者にそういわれ私も落ち着くことができた。
15分くらい意識を失っていただろうか、私が名前を呼んでもあまり反応しなかった。
夫に電話をすると会場のすぐ近くに来ていたので、駆けつけることができた。

夫が「Leon」と呼んだら、目を開けて意識が戻ったようだった。
それからまもなくして、救急車が到着して、チルドレン・ホスピタルに運ばれた。

喉の炎症から熱が出て、それによる痙攣で、解熱剤をこれから48時間、4時間おきに飲ませてください。原因は喉の炎症による高熱のためでしょうから、とにかく熱をあげないようにしてください、ということだった。
3度目の熱性痙攣なのですが、もっと詳しい検査とか必要ないのでしょうか?と聞いたら、その必要はないと思います、とのことだった。
明日かあさっていつも看てもらっているお医者様に行ってくださいといわれ、熱が38度まで落ちたところで帰された。

私は過去2回の痙攣は夫がついていたときで、私は意識を失っているところしか見たことがなく、痙攣しているのをみたのは初めてだったが、怖かった。
過去に起こしている熱性痙攣で、幼児によくある発作で、大事に至ることは殆どないとわかっていても、怖かった。
自分ひとりで運転しているときなどではなく、EKKAの会場でしかも夫が来てくれるところでよかった。それでなければ、自分だけだったらどうしたらよいかわからなかったかもしれない。

利音のEkka初体験は、きっと忘れないだろうなと思う。
[PR]
by stakesue | 2007-08-14 19:25 | 子育て:利音の成長