人気ブログランキング |
ブログトップ
<   2006年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧
Stop Barking
c0032878_2295879.jpg

朝の陽だまりの中で、利音とビーマ。

利音は最近、私達がわかる言葉を少し話している。やっと「ママ」をはっきりいうようになったが、それよりも早く覚えたことばは、"Stop Barking" 「吠えるな」。利音がいうと、「トップ バー」と聞こえるが、私達がビーマに言うと、横から「トップ バー」と言っている。
すごいな、いきなり2つの単語かい?と思ったけど、なんだか、バイクにしてもそうだが、覚えていく言葉があまり最初の方の言葉として覚えましたと聞いたことがない言葉ばかり。

ビーマには「SIT」も私が言ったあとに言っているが、これも私がやるように人差し指をさしていっている。

近所で道路工事が行われているので、トラックをよく見かける。それで、利音はトラックを見ると「トラック」と言う。やっぱり男の子だな。

夕食の後の日課になっているのは、「げんこつ山の狸さん」で、ご飯を食べ終わるとゲンコツを叩いて、やれ、と催促するので、私と夫は歌いながら最後にじゃんけんをする。私がじゃんけんに勝つと万歳して私が喜ぶのを見て万歳を真似し、私が負けると私の真似をして口をとんがらせる。

私の真似をするのはいいが、口紅をつけようとしたりするのは、ちょっと心配になる。彼はネックレスも大好きで、私のビーズのネックレスをよく自分で首にかける。

今日の夫のミーティングはうまくいったらしい。実際に仕事をその場で受注したわけではないので、まだ喜ぶのは早いが、これから彼も自分のビジネスができるといいな。

今日は由美ちゃんのお誕生日。今は日本。楽しい誕生日を過ごしているかな?
お誕生日、おめでとう。
by stakesue | 2006-05-30 22:25 | 子育て:利音の成長
明日天気になあれ。
c0032878_21234562.jpg

週末は夫の妹夫婦が来て1泊していった。
日曜に利音は目が覚めると階下でルカの声が聞こえると、慌てて階段を降りて行き、何かルカに話しかけ、ルカが「WHAT?」というのにも平気でいつもの調子でみんながわからない言葉で話しかけ、一緒に遊び始めた。
写真はこうしてみたらと私達が言ったのではなく、2人で決めたみたいだった。
この時期の子供は隣あって遊ぶけれど、一緒には遊ばないと読んだことがあるが、彼らは一緒に遊ぶ。利音はサムとも一緒に遊ぶときもある。

週末から今日にかけて、夫の妹夫婦が来ていたし、夫のプレゼンテーションを作成したり、会社のロゴと名刺のデザインを作るのに忙しかった。
仕事がなかなか決まらない夫だが、夫の母親の一押しによって明日、フランチャイズを持っている会社とのミーティングがある。

なんとかビジネスにつながるといいんだけどなと思う。

彼が自分のビジネスを始めるのだとすると、安定した収入がなくなるし、どちらにしても夫がまた働きにいくのに時間がかかりそうだったので、私も履歴書を2つほど他のウエッブデザイン会社の募集に応募してみた。
今までも応募したことがあるのだが、面接までこぎつけたことが一度もなかった。そしたら昨日6月7日に面接をしたいのだけれど、というメールがきた!
この会社は私が知りたいと思っているプログラミングを開発している会社でもあるので、働いてみたい。それと自分ひとりでは比較的小さなサイトしか作成していないので、チームの1人として大きなサイトを作ることに参加したいなと思っている。
面接してもらえるだけでもうれしいけど、採用されるとうれしいなあ。

どちらにしても、夫か私の仕事が決まりますように。
by stakesue | 2006-05-29 21:43 | 日記
動物大好き
c0032878_21162474.jpg

水曜日に、恵子さんのところのエリちゃんが通う学校に動物が来るというのをきいて、家族で見にいった。牛や馬や羊や鶏や七面鳥などがいた。世話をしているのは近所にある高校の学生達。学生達は動物が可愛くて仕方ないという感じでお世話をしていた。

c0032878_21204015.jpg

利音は最初ちょっと牛を恐がっていたけれど、夫が抱っこして触らせたりするうちになれてきたようだった。餌付けをしはじめ、長いこと牛や羊に餌をあげて、最後の1人になり、学生達が片付けはじめてもなかなか牛から離れようとしなかった。

動物が好きだというのがうれしい。生き物すべてに優しい人になってほしい。
by stakesue | 2006-05-26 21:23 | 子育て:利音の成長
SWEET DREAMS
c0032878_2182070.jpg

利音が使っているベビーコットはトドラーベッドにもなりますというものだった。
IKEAで購入した星型ライトを取りつけた日に、ついでにベッドも柵をとって、トドラーベッド用についてきていた落ちないようにするための板と差し替えた。

星のライトをまず取り付けたとき、「うわあ~。」という歓声をあげて大喜びだった。
「シュタア、シュタア」という。

自分のベッドがトドラーベッドに変身すると、利音は柵がなくなり自分で上がり降りができるということにすごく喜んだようで、ベッドに上って満足そうに笑顔を見せて喜び、しばし座って喜びを味わった後、ベッドに上っては降りを繰り返し、ベッドの隣ある箱の上にあったぬいぐるみを自分のベッドの上に移動させ、それを見てはまた満足そうにして、かなりうれしそうだった。

星のライトもベッドもこんなに喜んでもらえると思っていなかったので、その喜ぶ姿をみてうれしかった。

よろこんだ後は、うれしそうに眠りについた。

最近は柵がないので、ベッドに横になった利音にすぐ近くに顔を寄せて「おやすみ、I LOVE YOU, SWEET DREAMS」といえるのがうれしい。
by stakesue | 2006-05-23 21:21 | 子育て:利音の成長
義母の誕生日
c0032878_22464466.jpg

利音は、ドライバーとか工具が大好き。おもちゃの工具セットは彼のお気に入りのおもちゃ。でも、本物のドライバーの方が好きで、本物を見つけるとそれを握る。とがっていたりするので、心配になるけれど、工具に興味があるのは、やっぱり男の子なんだなあと思う。写真のものはおもちゃのドライバー。結構、器用にクルクル回して使う。

昨日は、義母の誕生日だったので、彼女の住むNANANGOという町へ行き、1泊して今日戻ってきた。彼女は最近、版画を始めたらしく、プレゼントもその関連の道具や本にした。
彼女は70を越しているが、いつもいろんなことに挑戦していて、すごいなと思う。

昨日の夜は彼女の友達夫婦と一緒にRSLクラブへ行った。
お出かけ好きな利音は、寝る時間はとっくにすぎていても、とてもうれしそうにしていて、店内をみんなに手を振りながら歩き回り、愛嬌をふりまいていた。
帰りには隣に座っていた女性達に、投げキッスをしていた。

義母は、ガーデニングが好きなので、沢山、植物をもらって帰ってきた。全部うまく育ってくれるといいな。
by stakesue | 2006-05-21 22:54 | 日記
夢の実現
c0032878_2132945.jpg

久しぶりにビーマの写真を載せてみようと思う。やっぱりビーマは可愛いなあ。オスというより、メスっぽい顔をしているように思う。

今日は、ティキアーティストに会いにいった。サイトの手直しと私のティキを作ってもらうことの打ち合わせだった。アフリカンドラムを叩いている笑顔のティキで、ドラムには象と椰子の木の彫り物がされるということで決まった。私の前に2つ注文があるそうなので、手元に届くのはかなり先になりそう。すごく楽しみだ。

ティキの木彫りの制作は、彼にとって趣味だったようだが、今年になってから、テレビのインタビューや雑誌のインタビューが増え、もうすぐドキュメンタリーの撮影も始まるそうだ。今、すごく沢山のことが動いていると言っていた。私は、このティキアーティストの人が認められてきている過渡期にサイトの制作という形で参加できたのがうれしい。
彼は、2度しか会ったことがないが、とても暖かく優しく、人に気を使う人だなと思う。奥さんがまたとても素敵な人で、二人を見ていると、その間には深い愛情と友情と尊敬と信頼があるのだなというのをすごく感じる。
彼らから今日、パートナーとは子供がいても、1ヶ月に1日はデートをして、二人だけの時間を持つことは大切よ、あなたもそうしなさいね、とアドバイスされた。

水曜に、私がゴールドコーストでツアーガイドをしていたころ、ワーキングホリデーで来ていた男の子からメールが来た。彼は自筆の本を出版する予定にしていて、その本の装丁のデザインを頼んでくれた。彼は、私のブログをたまに読んでくれているらしく、以前に私が書いた、40からは自分の仕事をする、というのに共感して出版を考えたと書いてあった。なんだか、それを読んでとてもうれしかった。

本の装丁は経験がないので、うまくできるかわからないので、ドラフトを作成してそれを気にいってもらえるようであればという条件で引き受けた。

内容が昨日と今日に分けて送られてきたが、どちらも一気に読んだ。初めて出版すると思えないほど、登場人物や場面などの描写がとても細かく、記述が視覚的というか、目に情景が浮かぶ。考えさせられる部分も多いが、ユーモアに富み、素晴らしい作品だと思った。感動して泣いてしまった。きっとこの本は、読む人の心をひきつけると思う。是非、出版してほしいし、素敵な装丁のデザインをしたいなと思う。

私は夢見る人が好きだ。ひとつ、ひとつ、小さな夢から実現させて、次の夢に向かって進む。消えていく夢、形を変えていく夢、大きく膨らんでいく夢。夢というのは、私にとっては現実的でないものというよりも、目標に近いものが多いかもしれない。自分も夢を見続けたいと思っている。


彼の夢が近い将来実現されて、沢山の人が彼の本を読んで励まされたり、暖かい気持ちになれる日が来ることを楽しみにしている。
by stakesue | 2006-05-19 21:33 | 私事
Happy Anniversary
c0032878_21443657.jpg

今日はゴールドコーストのゆみちゃんとかすみさんと一緒にランチをした。
場所は、Ross Evans Garden Centreの中にある、Watergarden Cafe Restaurant (住所:300 Oxley drv. Runaway Bay)。
上の写真は、植物を売っているところから、カフェをバックにしたのだが、屋根が見えているのがカフェ。
こういった植木屋さんというのかなを、こちらでは、Nursery(ナーサリー)と呼ぶ。
ここは、ちょっと値段は高めだが、種類が多く、他の安い植物を専門にしているところでは見ないような植物もあった。写真にあるように、東南アジアっぽい石の置物なども売っていて、欲しいなと思うものがいくつもあった。残念ながらこういった置物は、すぐに買っちゃおうと思うようなお値段ではなかった。
帰りに、他ではあまり見ない植物を3つほど購入した。

カフェは、アジア系のリゾート地のホテルのカフェとうい感じの雰囲気で、店内に水が流れていて、その音を聞きながら食事ができる。私達は、キッシュ、パイ、フッィッシュケーキなどから1つを選んで、それにサラダとチップスがついたもの($15.90)を頼み、デザートは2つだけ注文してみんなで分けた。
利音にもBABYCINO(泡立てたミルクにココアパウダーがかかったもの)を頼んであげたら、すごく喜んでいた。額にカップをつけて飲み干したため、利音の額に茶色い輪ができていて、それを見てみんなで笑った。
c0032878_21555967.jpg

利音は食事が始まってから、このデザートまでの間、2時間近くは大人しくハイチェアに座っていたが、さすがに後半は、出してくれといわれ、店内の水を触ったり、ナーサリーを徘徊し、なんでも触ろうとするので、ナーサリーにあるショッピングトローリーに乗せて歩き回ったりした。(一番上の写真はナーサリー用のショッピングトローリーに乗った利音。)

いつもそうだが、かすみさんとゆみちゃんに会うのは、楽しい。今日も楽しい一日をありがとう。

帰ってきて、買ってきた植物を夫に植えてもらい、散歩に出かけ、夕食を食べ普通に過ごした。
利音が寝た後、いつものように、PCをつけてメッセージを読んでいたら、シドニーの元上司から、「HAPPY ANNIVERSARY」というメッセージが来ていた。

私も夫も忘れていました。今日は、結婚記念日だった。。。。上司からメールが来ていなかったら、しばらく気がつかなかっただろう。
夫が今日もケーキを焼いていたので、夫は 「俺はケーキ焼いたもんね。HAPPY ANNIVERSARY!」といったが、私は何にもしてないし、しかも今日は夫を置いてお出かけしてしまった。。。ごめんね。
私はあなたのような寛容な男性と結婚して幸せです。
by stakesue | 2006-05-16 22:07 | 日記
母の日
c0032878_2142560.jpg

昨日は母の日だった。
朝、起きてしばらくベッドでゴロゴロしていたのだが、夫と利音は階下に行き、朝食をベッドルームに運んでくれた。

午前中は、BEENLEIGHのフリーマーケットに行った。ここではお野菜と植物をよく買う。今回も庭に植物をもっと植えるところを増やしたので、6つほど買った。苗が小さかったせいもあるが、6つで6ドルだった。
最近、夫がケーキを作ってくれて思ったのは、お茶をサービスするトレイやポットが欲しいなと思っていたら、ちょうどマーケットで売っているのを見つけた。「シルバー?」と聞いたら、「そうです。でも、磨かなくちゃだめだけどね。」という答え。値段は20ドルだった。また戻ってくるわ、と言ったら、「15ドルでいいよ。」と言われた。
最後に戻って、15ドルで買い求めた。
c0032878_2131486.jpg

トレイは見た目、本当のシルバーではないなと思ったが、帰ってきてやっぱりそうではないことを確信。ただのメッキだが、コーヒーポット、ティーポット、シュガーポット、ミルクポットは全部が銀ではないと思うが、張りは銀みたいだった。シルバー磨きで磨いてきれいにした。

今度、夫がケーキを作ったら、ハイティーみたいにしたいなと思う。その前に、ソーサーのあるコーヒーカップも買わなくちゃ。

マーケットの後、ショッピングセンターに行って、私の希望の部屋履きブーツを母の日のプレゼントとして買ってもらった。

帰ってきて庭の手入れをした後、キクちゃん一家を誘って、ワンちゃんが遊べる近くの公園に家族全員で行き、前日に夫が母の日のために焼いてくれたキャロット・レーズン・ココナッツケーキを公園で食べた。
c0032878_2124366.jpg

とても充実した母の日をくれた夫に感謝。

一方、私は母には電話をしただけだった。母の日に色々としてもらうことが自分はうれしいのに、自分の母親に何もしなかったのはちょっとよくなかったなあと反省。
お母さん、大好きだよ。そしていつも、ありがとう。
by stakesue | 2006-05-15 21:39 | 日記
シャボン玉、とばそ。
c0032878_2161049.jpg

子供も大人もシャボン玉が好き。利音も、大好き。
手を伸ばして触ろうとするし、沢山シャボン玉ができたときは、声を出して喜ぶ。
でもまだ自分では、シャボン玉を作れない。
それでも、やらせろというので、渡したけれど、しばらくしたら床に全部こぼしてしまった。
いつか、できるようになるよ。

最近、朝晩はかなり冷え込むようになった。利音の長いズボンの数が少なかったので、こちらではトラッキーパンツ(日本でいえば、ジャージ)を水曜に買った。上に着るのは1歳のものはちょっと小さいので2歳用のものを買ったが、下は1歳用のもの。それでもすそを曲げなければ長い。残念ながら利音には私の血が入っているので、足の長さは平均以下みたい。。。

利音は家にいるときも、外に出ているととてもハッピー。最近は多くの時間を外で過ごしている。

昨日、今日、夫は面接に行ったが、どうも採用にはならなかったようだ。どちらも手ごたえはあったと本人は思っていたようなので、ちょっとつらい。
早く、良い仕事がみつかりますように。

今日は、キクちゃん家族が夕方のお茶に来てくれた。彼らは夫の誕生日のプレゼントに電子量りをくれたので、それを使って夫がケーキを焼いたから。
ジンジャー、カドマン、シナモンなどのスパイスを使ったケーキに、チョコレートソースをかけて食べた。ケーキはキクちゃんが貸してくれた本に載っていたものだが、チョコソースをかけることにしたのは、夫のアイディア。スパイスとチョコがうまくあっておいしかった。
彼らが来てくれたせいか、私がご飯の支度をしているときに、ぐずることが多い利音は今日はハッピーに過ごしてくれて、寝つきもすこぶる良かった。
by stakesue | 2006-05-12 21:20 | 子育て:利音の成長
利音、1歳半
c0032878_20502344.jpg

ここのところ、毎日、家族でガーデニングをしている。利音はなんでも自分もやりたがるので、困ってしまうが、まあ、持たせてもそんなに問題のないものであれば、持たせている。
驚くのは、写真よりもっと大きなシャベルも持ち上げたりすること。かなり力持ちだ。

今日の午前中は、HYPERDOMEにある図書館の読み聞かせにいってきた。恵子さんやみかちゃんのほかにも2人日本人ママがいて、1人は先週会った人だったけど、もう1人は今日はじめて会った。日本人の人が近所に結構住んでいることに驚かされる。
この読み聞かせは10時から。先週は、おばあちゃんだったが、今週は結構若い男の人で、かなり激しいアクションが入り、楽しめた。観客は50人以上いたのではないかと思うが、この男性のお陰でハイパードームの読み聞かせは人気があるようだ。

今日で、利音は1歳半になった。
なんだかあっという間に月日が過ぎてしまって、こうやって気がつくと子供ってどんどん大きくなっていってしまうんだろうな。

元気に1歳半を迎えられて、とてもうれしいし、ありがたい。(1歳半の身長84cm、体重12.1kg)

今日、夕方、散歩から家に戻ってきた後、ベビーカーから降りた利音は、以前は急すぎて転んでいた家のドライブウェイを普通に降りて道にでてしまい、それから坂道をどんどん強い足取りで登っていく。

「待って、利音。」というと、振り返って「バイバイ」をし、また前を向いてどんどん進んでいく。

まだ考えるには早すぎるけど、なんだか、独立して去っていく姿を想像して、淋しくなった。

そして、このとき初めて、私の両親は、私がオーストラリアに住んでいることを淋しく思っているだろうな、と思った。

今までは、私は3人兄弟の真ん中だし、兄と妹は両親の近くに住んでいてしょっちゅう行き来をしているから、私が1人いないくらいなんともないだろうと思っていたが、やっぱり親になってはじめて親の気持ちがわかるのかなと思う。
by stakesue | 2006-05-10 21:11 | 子育て:利音の成長