ブログトップ
<   2005年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧
シネマデビュー
c0032878_2202941.jpg


昨日は連休の最後の日。
午前中は引き続き、気分がダウンしていた。

夫が、元気だせよ。といっても全然元気がでない。
ガーデニングの草花や小石を買いにいこうというので外出した。ニューギニア産の花や、極楽鳥花、中国産の笹などを購入して、ニューギニア産の花を植えたところに夫のお兄さんとガールフレンドがやってきた。

夫、義理の兄とそのガールフレンドは、全員、BMWのバイククラブに属している。

兄とガールフレンドは、彼女のサイドカーつきのバイクに乗ってやってきた。

彼女はパースの出身で、1年ちょっと前に、パースからナラボー平原を走りバイクでブリスベンまでやってきた。そして義理の兄と知り合い、付き合って1年になる。多分彼女は40半ばかと思うがとてもいい人だ。

兄は、私に、サイドカーに乗ってみたいか?と聞いてくれ、町内を一周してくれた。

夫のバイクの後ろに何度か乗ったことがあるが、後ろに乗っているよりも風を感じる気がした。
カーブときの遠心力をすごく感じてぐーんと回るのが面白かった。

これで随分私の気持ちが浮上してきた。

彼女は、夕方、食事をして映画を見るのだが一緒に行かないかと誘ってくれた。

映画館は、ブリスベンのJAMES ST.のパレスシネマと聞いてますます行きたくなった。周りにはカフェ、バー、レストランがあるブリスベンでは一番オシャレな雰囲気の一角で私はとても好きな場所だ。

利音が泣き出したら、外に出ればいいし、行ってみましょうよ、という言葉に私もその気になり、行きたいといったら、夫も同意してくれた。

映画館の下にあるカフェ・レストランでディナーを食べた。味はまあまあだったが、久しぶりにそういうところでワインを飲み、食事ができるのがうれしかった。
食事の最中も利音はずっとおりこうにしてくれていた。

ちなみに私はそのあたりでは、CRU(だったと思う)というワインバーが好きだ。食事もおいしいし、ワインも種類が豊富だ。

映画がはじまったのが午後7時15分。映画は、THE LIFE OF AQUATIC。邦題がなんというかはわからないが、BILL MURRYやWILLIAM DAFOEなどが出ているコメディだったが、映像がきれいだったし、面白かった。
2時間ちょっとの上映時間、利音は、私と夫の間を行ったり来たりして、3度ほど、小さく「あ、あ、」といっただけで、映画を全部みることができた。

席は、同じ列には私たちだけで、一番後ろの出口に近いところにすわったので、あまり周りを気にしなくてすんだ。

映画を見終って、利音にすごく感謝した。そして、ふさいでいたことを反省した。
なんだか、利音が私の気分が落ち込んでいるのがわかって、おりこうにしてくれていたような気がした。

私の気分は、富士山の山頂ぐらいに上がり、今日も引き続き、山頂だ。

誘ってくれた彼女にもとても感謝している。
写真は彼女のバイクにまたがった私とサイドカーに乗っている彼女。
[PR]
by stakesue | 2005-03-29 22:00 | 子育て:利音の成長
イースターホリデーと利音の成長
c0032878_22481089.jpg


先週の金曜から明日の月曜まで、イースター(復活祭)で連休だ。

私は連休を返上して、毎日仕事をしている。

ほぼサイトができあがってもっとうれしい気がするはずなのだが、なんとなく今日は気分がのらなかった。

昨日はゴールドコーストの友人の家にお邪魔して楽しかったのだが、多分家にずっといるからちょっと気分がのらないのだと思う。

働いてばかりではいけない!
休養や気分転換は必要だなと思う。旅行したいなあ。

気分をちょっと明るくするために、最近、利音の成長で気がついたことを書いておこうと思う。
今、利音は4ヶ月と3週間だ。
洋服は、9-12ヶ月くらいのものを着るようになった。
離乳食はまだ始めていなくて、母乳のみ。

1.朝はご機嫌で、起きて全く泣かない。一人でしばらくおしゃべりしながら、遊んでいる。ワンちゃんのぬいぐるみが気に入っているが、それをよく触っているようだ。また、動いていないが、頭上にあるモービルを見ているようだ。

2.プレイジムで一人でよく遊ぶ。特に、ぶらさがっているもののうちおサルさんが好きなようで、よくつかんでひっぱっている。たまにしゃべりながら遊んでいる。また、ジムを持ち上げ、テーブルから払いのけて、床に落とすこともある。
やっぱり力持ちだ。

3.腹ばいにしたときに、ひじで上体を起こし、足をつかって腰を浮かしている。ハイハイの準備かな。顔を上げ、左右に動かせる。また、近くにあるおもちゃを掴んで遊ぶ。

4.結構、長い間ソファに座っている。

5.抱っこしたときに、抱かれたままではなく、抱きしめかえしてくる。たまに、腕をつままれて痛い。

6.ジョリージャンパーのとき、自分で蹴って長いこと遊んでいる。音楽にあわせて揺れる。手拍子と「GO GO LEON]という私の掛け声に応じて、うれしそうにして、一層力をこめて蹴り始める。

7.押したら音がするおもちゃを渡して、どこを押したら音がでるか何度か教えるとわかったのか偶然か押して音をださせることができる。

8.歯はまだ完全に出てきてはいないが、触ると歯の場所がわかる。よだれはすごい量を毎日放出している。

9.パパとママだけではなく、他の人もわかるようだ。また、ビーマの存在は意識している。ジョリージャンパーで遊んでいるとき、近くをウロウロするビーマの毛をひっぱり10本ぐらい抜いてしまった。

10.身体をくすぐると、ギャハギャハ笑う。

11.人だけではなく、他の物にも興味がでてきた。また触って素材の違いを感じているようだ。今週はセロファンをはじめてさわり、そのさわり心地が面白かったのか、結構長い間触っていた。

12.仰向けで寝ているとき、ベッドを蹴って、上に移動することができる。


写真はイースターの記念撮影。チョコレートの詰め合わせは、夫が会社のくじ引きで当てた。
[PR]
by stakesue | 2005-03-27 22:48 | 子育て:利音の成長
ビーマのうんち
汚いタイトルで申し訳ないが、昨日、すごくびっくりしたと同時にすごいな、と感心したので記録しておこうと思う。

昨日、夫、利音、ビーマといつものように散歩をしていた。

ビーマが足をブルブルさせながら、うんちをするポーズに入ったので、終わるまで待っていた。

が、なんだか時間がかかっている。



やっとでた!と思って、うんちを拾おうとしたら、なんだか一部が黒い。 

(注:ビーマは以前に過激な下痢のため下血したこともあったので、私はビーマのうんちには結構注意を払っている。)

心配なので、落ちている小枝でうんちをつついてみたら、何これ?


黒い部分を最初はカブトムシかとおもったが、結構大きな黒のビニールだった。

なんだか白いモサモサしたものもある、寄生虫かも。。。と思ったが、これも白いビニールのものがクルクルとひねった形で入っている。

このビーマの口から飲み込まれた黒と白のビニール2枚は、うんちに巻かれて外にでてきていた。

なんだかすごいな。

かなり感心してしまった。

いったいいつこんなものを飲み込んだんだろ。。。

夫に、「ちょっとこれ見てよ。」とビーマのウンチの仔細を見せたら、

「ああ、それ、この間、俺が料理してるときに、キッチンテーブルに伸びして肉のパックにひいてあったビニールを食べたんだよ。 それだな、きっと。 俺に見つかってすごい勢いで飲み込んでたからな。」

夫はいつも落ち着いている。

が、そんなもの口に入れないように、気をつけてほしいんだけど。。。

ビーマのうんちの図解。
c0032878_2237460.jpg

[PR]
by stakesue | 2005-03-24 22:37 | ペット:愛犬ビーマ
働くママ
今日、メールを開いたら、ラジオ局のクライアントからパーティー用のチラシの制作とサイトのアップデートの依頼が入っていた。

もうひとつメールで、イースターホリデー明け(今週の金曜から来週の月曜はイースターホリデー)のウエッブの仕事の依頼があった。

今、抱えている大きなプロジェクトを今月末までに終わらせたら、待ってもらっているお客さんに連絡をとらなければならない。

なんだか忙しくなってきたなあ。

ちょっとブログのアップも今週と来週はあんまりできないかも。
[PR]
by stakesue | 2005-03-22 09:03 | 仕事
将来の夢
前回のブログに利音の将来なって欲しい仕事を宇宙飛行士と書いたが、なぜかというと、私の夢のひとつに、宇宙旅行をすること、というのがあるからだ。

スチュワーデスの仕事をしていたせいではあるが、今までに行ったことがある国は35を超える。他にもまだ行ってみたい国は沢山あるが、宇宙には死ぬまでには一度行ってみたい。

航空会社に勤めると、航空運賃がかなり安い。息子が宇宙飛行士になると、宇宙旅行も割引になるかなというもくろみなのだ。

昔、もし宇宙人がやってきて、「私たちと一緒に私たちの星へ移住しませんか?でも、一度行くと二度と地球には戻れませんし、行くのはあなた一人です。」と聞かれたら、絶対 「行く」と答えると思っていた。
今は、「家族も一緒にいいですか?」と聞いて、「だめだ。」といわれると行かないだろうなと思うし、夫は「行く」といわない気がする。

何度か、宇宙人に勧誘されたときのことを想像したことがあるほど、宇宙にいくのを夢見ている。
そしていつか実現できるといいなと思う。

他に利音がなるといいなと思っているのはミュージシャンだ。リオンの漢字をどうするか考えたときに、「音」はすぐに決めた。音楽的才能があるといいなと思ったからだ。
私は10年クラシックピアノを習い、高校生のときは、女の子ばかりのバンドのドラマーだった。今はどちらも全然できないのでとても残念に思っている。
利音には何か楽器を習わせたいと思っているが、私自身も一緒に習いたいなとひそかに思っている。

私の12歳のときの夢は、アナウンサーかファッションデザイナーだった。40を過ぎてようやくファッションではないが、デザイナーになった。

利音が将来何になりたいと思うのかわからないが、何か夢を持って、自分の夢を実現させてほしいなと思う。

写真は利音の男の哀愁の漂う背中と反り返るビーマ。
c0032878_21573247.jpg

[PR]
by stakesue | 2005-03-19 21:56 | 子育て:利音の成長
ジョリージャンパー
最近、昼間のプレイタイムのときに、JOLLY JUMPERというので利音に運動をさせている。

このジョリージャンパーというのは、赤ちゃんの下半身にズボン式に履く布を巻いて、両側を紐でハンガーのようなもので支えて、軒下から吊るし、上部にあるバネをつかって赤ちゃんが上下するというもの。ブランコを上下にゆれるようにしたかんじ。(写真参照。)

ゴールドコーストの友達に、いただいたプレゼント。シドニーにいる友達が使っているのを数年前に見て、いいなと思っていたので、何が欲しいと聞かれたときに、お願いしていただいたものだ。

最初は、上下に揺らしてあげていたが、最近は自分で上下する。下がタイルなので、最近はタオルをしいて足が痛くならないようにしたら、ぴょんぴょんと飛んでいる。
かなり気に入っているらしく、結構長い間はねている。

これで、少しは痩せるかなと思っているのだが、痩せた様子は 全く な い。

でも、この後はよく寝てくれる。

私は将来、利音が宇宙飛行士になってくれるといいな、と思っているのだが、利音が月を歩くとき、ジョリージャンパーの感覚がフラッシュバックするんじゃないかなとか思っている。
c0032878_2293223.jpg

[PR]
by stakesue | 2005-03-17 22:09 | 子育て:利音の成長
家族
昨日は、Kさんのおばあちゃん、Sちゃんのひいおばあちゃんが日本から到着した。
Kさんからお茶会をするので、夕方早めにお散歩にきてくださいとのことでお邪魔したら、テンプラやら餃子やらおいしい夕食をいただいた。
Kさんはお茶の産地静岡の出身なので、おいしいお茶とお茶菓子もいただいた。

Bさん家族、ジーンブンバというところに住むMさんとその子供たちもきていて、子供たちが走り回るなか、おばあちゃんはテンプラをあげてくださった。

私の友達は子供を持っている人が少ないので、子供が家の中で走り回る姿をみるのは、あまり経験がなかったので、自分の生活の変化というのを感じた夜だった。

台所でお茶碗を洗ったり、女の人たちはみんなキッチンにいて、男の人たちはラウンジで話したりしている雰囲気は、日本での親戚の集まりを彷彿させた。

国が変わっても、同じなんだな。

おばあちゃんは、到着してから全然寝ていなくて、前日も隣の人がうるさくて眠れなかったそうだ。でも、一睡もしていないとは思えないほど、テキパキと動いていらっしゃった。

私の母の母は、母が小さいころに亡くなっているし、父の母は私が2歳くらいのころに亡くなったので私はおばあちゃんの記憶がない。おじいちゃんは二人とも私が生まれる随分前に亡くなっている。 昔から「おじいちゃん」、「おばあちゃん」がいたらなあ、と思っていたので、Kさんがうらやましい。2ヶ月滞在なさるそうだ。

利音が生まれたとき、私の両親が産後に来てくれた。父が1週間、母が2週間半滞在した。母が家事をすべてやってくれたので本当に助かったし、両親を、特に父のことをもっと知る機会になった。
滞在中に、父は人がして欲しいと思うことを、だまってすぐにやってくれる人で、それをやってあげたんだぞ、という感じではなくさりげなくしてくれる、思いやりのある人なのだというのを痛感した。

私は自分の両親を誇りに思うので、利音が私とマークのことを誇りに思ってくれるといいなと思う。
[PR]
by stakesue | 2005-03-15 21:20 | 子育て:利音の成長
ロイヤルカップル
この2週間くらいテレビのニュースは、デンマークのプリンス、フレデリックとプリンセス、メアリーのオーストラリア訪問を毎日報告していた。

彼らの到着の時と同じくらいに、イギリスからプリンス・チャールズも来ていたのだが、彼よりも断然、デンマークの二人の方が人気だ。

なぜ、デンマークなのか。。。


メアリーさんは、オーストラリア、タスマニアの出身だからなのだ。去年、この2人は結婚したのだが、結婚式の時はどのチャンネルも中継をしていたし、女性雑誌もこの2人のことばかりだった。プリンスが喜びのあまり涙ぐんでいるように見えたのがとても印象に残った結婚式の中継だった。(そうです、私もお式の中継を見ました。)

2人はとてもさわやかな感じで好感がもてる。人気があるのはかなり納得できる。

私は、スッチー時代に何度かデンマークの首都コペンハーゲンに行ったことがあるが、大好きな街のひとつだった。アイスクリームがおいしかったし、市内の中心地もわかりやすく、ショッピングも楽しかった。ジャズを聴きにいったりしたときに、昼間はちょっと とっつきにくいかな、と思っていた地元の人たちが、すごく楽しい人たちだということを知った。童話作家アンデルセンが生まれた国で、街の中心地にチボリ公園という遊園地があった。
人魚の像を見に行ったら、すごく淋しいところに人魚の像があったこと、などが思い出だ。

デンマークは素敵な国だと思ったので、メアリーさんも幸せだと思う。

この二人を取り上げているニュースを見ることで、クラウン・プリンス~とプリンスの前に”クラウン”とつくと、王位を継承するプリンスのことなのだと英語の勉強にもなった。

朝のニュースでは、次の「プリンセス」を目指そうと、世界の独身のプリンスを紹介していたのが笑えた。
オーストラリアには私の知る限り、日本の「お昼のワイドショー」的な番組が昼間にない。昼間に放送しているのはアメリカの番組ばかりだ。朝のニュースがかわりにワイドショー的なゴシップなども取り上げている。

レポーターは、「プリンスとお近づきになるには、スポーツに詳しくなることです。フレデリックとメアリーはヨットが共通の興味で、チャールズとカミラはポロです。」と話していた。ちなみにフレデリックさんとメアリーさんは2000年のシドニーオリンピックのときに知り合ったらしい。

なるほどね。

写真はエデンズランディングのロイヤルカップル。プリンスは立派な太ももを活かしてフットボールが得意だそうだ。
c0032878_2291548.jpg

[PR]
by stakesue | 2005-03-13 22:20
信頼関係
今週末は特に予定がないので、夫は前庭から玄関へのレンガの階段の下にスプリンクラーのホースを通す工事を行っている。

夫はなかなかのハンディーマンで、家の木でできたベランダに穴が開いていたので、全部やりなおしてきれいにしたし、家の脇にある木戸を移動させたり、前庭の石垣をつくったり、車庫のドアをリモコン付きにしたり、人が通ると電気が自動でつくようにしたりとか、家を買った後、自分でかなり手入れをしている。掃除機や乾燥機、コンピューター、車、バイクも自分で修理する。
彼の仕事はきれいでプロ並みだと思う。 そういった部分でも、私は彼を尊敬し、信頼している。

信頼といえば、ビーマは私のことがとても好きだが、信頼という点では、夫のほうを信頼していると思う。どうしてかといえば、私はビーマをだましたりするからだ。掃除をするときや、外に出かけるときに、ビーマを外に出すのだが、ビーマは私が外に出そうとするのがわかるようで、なかなか外に行こうとしない。それで、おもちゃを投げたりしてそれを取りにいった隙にドアを閉めたりしていた。そうやって出したときは、気が狂ったように吠える。

何週間か前にBさんも一緒に犬の散歩にいったとき、私がビーマが外にだすとすごく吠える話をしていたら、「それって信頼関係が確立されていないのかもね。私も娘を保育園に預けていたとき、3時をすぎると私が迎えに来ない、置き去りにされたと思って、泣いていたの。信頼されてないんだなって思った。」という話だった。

この話の後、私はビーマに外にでて欲しいときは、説明をすることにした。どうして外に行かなければならないのか、どのくらいで戻ってくるか、など。

ビーマは私が説明を長々していると、いつも首を傾げて聞いている。だが、説明をきちんとしたときは、だまして外にだすときよりずっとおとなしく待っている。
人間も動物も、正直に接しなければいけないんだな。

ビーマを通して、利音を通して、そして友達を通して学ぶことは多い。

写真:ビーマは、夫がつくったベランダの軒にぶらさげたおもちゃで遊ぶ。一人でも遊べるようにぶらさげてあげたのだが、誰かが見ていないとビーマは一人では遊ばない。
c0032878_227187.jpg

[PR]
by stakesue | 2005-03-12 22:11 | ペット:愛犬ビーマ
利音4ヶ月
利音が生まれて4ヶ月が過ぎた。
今日、GP(町医者)に行って、予防注射を含む4ヶ月目の検診を受けてきた。
すべて順調。

利音は注射をされたときはちょっぴり泣いたけど、終わって抱っこしたらすぐに泣き止んで平気だった。

身長は1cmしか伸びていなくて、70cmだったが、体重は8300gで700g増えていた。1日23gづつぐらい増えた計算になる。Kさんによると今の時期は、1日30gぐらい増えるそうなので、増えている率からすると平均以下だが、重さ7ヶ月半の平均、身長は7ヶ月の平均である。
今までの数値を書くと、

     11/10  11/13   11/19   12/13  1/11    2/11     3/11
体重  3700g  3405g  3900g  5100g  6400g  7600g    8300g
身長  55cm   55cm  53cm?  61cm  64cm   69cm    70cm
頭周り 35cm   35cm  35cm   36cm  40.5cm  41.5cm  41.5cm

最初の1ヶ月に焼く1.7kgぐらい増え、1-2ヶ月目には1300g、2-3ヶ月で1200g増えて、3-4ヶ月では700gで徐々に増えている度合いが減っている。体重は、抱っこが大変なので、このまま緩やかに増えていってくれるといいな。

今日は、Kさん家族と散歩にいった帰りに、近所に住む日本人で2人の子供がいるBさんの家にお邪魔した。
息子さん(Lくん)の1歳の誕生日だった。ケーキにさされた1本だけのロウソクがかわいかったし、Lくんはとてもうれしそうだった。Bさんは女の子と男の子と1人づついるが、二人ともとてもかわいい。

子供たちを並べて写真をとっていたら、利音がKさんのかわいいSちゃんの胸を触っていてびっくり!
その後、Sちゃんの手も舐めていた。

我が息子は手が早い。
[PR]
by stakesue | 2005-03-11 22:44 | 子育て:利音の成長