人気ブログランキング |
ブログトップ
ともだち
昨日、スチュワーデス時代に一番仲の良かった友達が遊びにきてくれた。
彼女は昨日の朝にブリスベンに到着して今日の夜の便で帰る。

もともとは、日曜日に到着で月曜の早朝の出発というスケジュールだったのだが、スタンバイでフライトが入り、スケジュールが急に変わったらしい。前のスケジュールだと、お茶をするぐらいしかできないかなと思っていたのだけれど、スケジュール変更のお陰で家に来てもらって夕食を一緒にしてゆっくり時間をとることができてよかった。

前回12月のはじめにやはりフライトが入ったときに家に来てくれた。なので、利音とビーマに会うのは2度目。利音は彼女のことをやはり好きみたいで、通常、泣き始めたときは夫でもあやせないのに、彼女に抱かれると泣き止んでいた。う~ん、息子はやっぱり美人が好きみたいだ。

私の夫も彼女のことが好きで、いつもははやく髪の毛切りなよ、といわなければ散髪にいかないのに、散髪して帰ってきたし、帰宅後しばらくしてシャワーも浴びてさっぱりしていた。彼の好き、嫌いというのは実にはっきりしていてわかりやすい。

ビーマも彼女の足元にいき、彼女を「今日のお気に入り」としていたようだ。

そして私も彼女のことが昔から大好きだ。

彼女は20年以上、スチュワーデスをしている。スチュワーデスは見た目は華やかだが、かなり体力のいる仕事だ。彼女はとてもスリムで体力がなさそうに見えるのだが、これだけ続けられているのは、かなりの体力と気力の持ち主だといえると思う。

私は4年勤務したが、そのうち半年が訓練で乗務経験は3年半だ。当時は3ヶ月が地上勤務のトレーニングで(私は福岡空港でグランドホステスを3ヶ月)、3ヶ月が専門訓練(国際線の場合)で、羽田の訓練所に毎日通った。
彼女と私は期はちがうものの、入社は全く同じ日で、訓練も一緒に受けた。
彼女は大阪出身で私は福岡だったため、同じ会社の寮に入り、寮を出て東京で一人暮らしを始めたときも、同じ建物の向かい側に住んだ。

私は旅行は一人旅が好きなのだが、彼女とはイタリア、奈良、ニセコなど、一緒に旅行したほど、仲が良かった。
お休みがあうと、一緒に食事や飲みに出かけた。
アメリカに行こうとスチュワーデスを辞めたが、戻され、福岡に戻り、再び上京したときも、彼女のマンションに何ヶ月か居候させてもらったこともあり、いろいろとお世話になっている。

彼女と会うと、20代前半の自分に戻った気分になって、はしゃぎたい気持ちになる。そして昨日もはしゃいだ気持ちになって、私はとてもしあわせだった。

今度はいつフライトが入るかな。待ち遠しいな。
by stakesue | 2005-03-05 11:08