人気ブログランキング |
ブログトップ
森林浴@SPRINGBROOK NATIONAL PARK
c0032878_2040980.jpg

昨日は、ご近所の恵子さん、真澄さん家族と、スプリングブルック・ナショナル・パークへ出かけた。

この辺りは、ラミントンナショナルパークなど6つの国立公園一帯が、中東部オーストラリア雨林 Central Eastern Rainforest Reserves-Australiaとして世界自然遺産として指定されている。
今回は夜の土ボタルを見るのが主な目的の一つだったので、出発は午後1時。
土ボタルが見れるナチュラル・ブリッジには、遊歩道が1つしかないので、Twin Fallなどが見れるTallanbana Picnic Areaをまずは目指した。
ここへ向かう途中に、自分達の車の下に見える緑に覆われた土地のところに、明るい虹の綺麗な半弧が描かれていた。
自分がいる位置より低いところに虹がでているのを見たのは初めてだったので、すごく感動した。
車を停めて写真を撮りたかったが、また見れるよと、夫は車を動かしてしまったので、とても残念だった。

この日の天気予報は雨で、車で向かう途中も雨が降り、灰色の大きな雨雲に向かって走って行っていたので、お天気がとても心配だったが、結局、夕食のときに降ったが短時間だったし、降ったり止んだりしている雨のお陰で緑は美しく、滝も水が豊かだった。

ナミンバ・バレーには乗馬で、ナチュラルブリッジにも昼間と夜と何度か来たことがあったが、それ以外の場所は行ったことがなかったので、こんな美しい場所に今回来れてよかったなと思った。

Twin Fallの滝つぼの岩と滝の間を通れるウォーキングトレイルが4kmという表示だったので、じゃあ歩いてみようかとみんなで歩き出した。
c0032878_20573664.jpg

軽い気もちで歩き始めたが、所要時間2時間半くらい。
長い道のりではあったけれど、霞が森にたちこめている雰囲気や、岩や、滝や、雨に濡れた葉や虹がきれいで、来てよかったなと思った。
子供たちは、利音以外、3歳のリオも含めてみんな1人で歩いた。よくがんばったね。
利音は夫の肩車や私の抱っこが半分以上で、毎日の散歩の成果は残念ながら見られなかった。
c0032878_2111888.jpg

c0032878_2115934.jpg

滝つぼのところにある大きな岩にはみんなで登った。
c0032878_2151283.jpg


当初の予定では、陽のあるうちにナチュラルブリッジに向かい、洞窟から見える滝がきれいなので、それを一度見てから、BBQをして、日が暮れた後、土ボタルを見に洞窟にもう一度行くことを考えていたけれど、ナチュラルブリッジに着いたのは陽も落ちた後で、かなり暗かった。
恵子さんが持ってきてくれていたランタンが活躍し、お肉を焼いて、食べ始めたときに雨が結構降り始めたので急いで食べ終え、片づけをしていたら止んだので、デザートとお茶を飲んでおしゃべりしたりして、キャンプ気分の夜を楽しんだ。女の子達は傘の中でゲームをしていて、利音とリオは暗がりを頭にライトをつけて走り回っていた。

土ボタルの洞窟への道のりは暗い。利音は暗闇が怖いようで、また抱っこしてくれといって殆ど自分で歩かなかったが、洞窟の中の土ボタルの緑に光る輝きには見入っているようだった。
ここの土ボタルは、洞窟の天井部分に広がっているので、宇宙を見ているような感じでとても神秘的で美しい。

今朝、夫が昨日は何が一番よかったか聞いたら「虹」と利音は答えたそうだ。

また、森林浴に行きたい。
by stakesue | 2007-04-09 21:15 | 日記