ブログトップ
日本での滞在日記 その1
あっという間に日本での楽しい滞在も残すところ3日くらいになってしまった。

毎日出かけていて、帰ってきた後、夜は仕事をしているので、なかなかブログを更新する時間がない。そして、写真を取り込むUSBを持ってくるのを忘れてしまったので、写真は後で入れることにしようと思う。
c0032878_23303888.jpg

今回はゴールドコーストから関空をジェットスター航空で、関空から福岡までをJALで飛んだ。リオンは、飛行機に何度も乗っているのだが、前回最後に乗ったのは2歳になる前だったこともあり、あまり覚えていなかったのだと思う。今回は飛行機に乗るということにとても興奮していたし、とてもうれしかったようだった。飛行機の中では、それはとてもお利口さんにしていて、到着後に知らないご夫婦に、ずっと良い子にしていて、びっくりしましたよ、と言われた。
c0032878_23322831.jpg



ジェットスターは、食事、オーディオ、毛布などがオプションになっていて、私は、食事をひとり分、毛布も一人分だけを頼み、オーディオは頼まなかった。リオンは私と機内食を半分ずつ食べ、持参したサンドイッチ、スナック、フルーツなどを食べてちょうどよかった。
毛布は使用後、持ち帰りができるので、帰りの夜のフライトは2枚毛布があるので、丁度よいなと思った。飛行機の中でリオンは1時間半ほど眠った。
待合室や飛行機の中では、私が描いた絵を使って、ごっこ遊び、テーブルを舞台に見立ててテディにダンスをさせたりして過ごした。

c0032878_23342141.jpg

上の写真はちょっとわかりにくいけど、グレートバリアリーフ。

ゴールドコーストの空港を出発する際に、乗り継ぎがタイトなので、荷物のプライオリティータグをつけてくれとお願いしたところ、ジェットスターにはそういうサービスはないのだと言われ、ショックだった。
それに加えて、ゴールドコースト空港の出発が1時間遅れたので、1時間40分しかなかった国内線との乗り継ぎに間に合うか心配だったが、30分前には手続きを終了し、無事に乗ることができ、迎えに来てくれた家族に会うことができた。
両親だけでなく、妹とその子供たち、兄も迎えに来てくれていた。ありがとう。

JALでの国内線には、子供のおもちゃなどの配布があり、飛行機の小さな模型などをもらいリオンはうれしかったようだった。
[PR]
by stakesue | 2008-12-02 00:33 | 旅行