ブログトップ
<   2011年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
夫の誕生日
c0032878_2122282.jpg

今日は夫の誕生日。
前日に何をしたいか聞いていたところ、ビーチに行きたいという返事。
ゴールドコーストのタラバジェラに出かけた。
お天気はイマイチよくなかったのだけれど、水は結構暖かかった。
夫、リオン、ビーマのボーイズたちは、海に入ったが、私はカメラの練習。
c0032878_21244293.jpg
c0032878_21245642.jpg
c0032878_2125974.jpg
c0032878_21253391.jpg
c0032878_2126126.jpg

c0032878_2125512.jpg

c0032878_21262512.jpg
c0032878_21263971.jpg

夕食は、出かけようかと聞いたが、夫は家でタイカレーが食べたいというので、サテーチキン、タイカレー、デザートにパブロバ。メレンゲ作りも今日が初挑戦。
夫は、よい誕生日だったと言ってくれたので、うれしい。

お誕生日、おめでとう。
[PR]
by stakesue | 2011-04-26 21:26 | 日記
リオン初のスリープオーバー
日曜の夜は、リオンは初のお泊りだった。
リオの家に泊まらせていただいた。なおちゃんのところの3姉妹も泊まりに来ていたので、子供は全部で6人。
恵子さんは大変だったと思うけど、リオンも初のスリープオーバーを無事に終えてホッとした。
恵子さん曰く、リオンからは、マミーの「ま」の字も出なかったし、全く問題なかったそうだ。

私と夫は、ゴールドコーストで友人たちとディナーに出かけたが、りおんがいないとゆっくり食事と会話を楽しめた。たまには、大人だけのお出かけも必要だなと思う。

預かってくれた恵子さんとロビンには感謝。ありがとう。
[PR]
by stakesue | 2011-04-26 21:21 | 子育て:利音の成長
夫の誕生会
c0032878_16111443.jpg

山登りの翌日は夫の50歳の誕生会だった。
山登りから帰ってきた後、夕食を済ませ、リオンを寝かしつけた後、3時間ほど翌日の準備をした。
いつもリオンの誕生会のときは、夫にケーキ作りを頼むが、誕生日の人に作らせるのはよくないと思い、スポンジケーキに初挑戦した。
ケーキの泡立てというのが、機械を使っても随分時間がかかるのだなとびっくりした。この作業をしている間に何かほかのことがしたいなあと思いつつも、つまようじが立つまで卵と砂糖を泡立てた。
実際焼きあがったものを翌日食べたが、思ったよりもふんわりしていなくてがっかりした。お友達の話によると、こちらのSelf Raising Flower というのを使うとふんわりできないのだそうだ。こちらに住んでいる日本人の間では常識的なことのようだったが、私は日本にいるときも、こっちに来てからもお菓子を作ったことが殆どないので、知らなかった。

ほかに、チキンやビーフを2種類ずつ違ったマリネをしたり、サングリアを作ったりするうちにあっというまに時間が経ってしまった。

当日は、私たちも入れて大人と子供があわせて30名くらい。恵子さんがBBQを焼くのを担当してくれたり、なおちゃんもキッチンを手伝ってくれたりと、皆さんに手伝ってもらいながらパーティーを進めることができた。
c0032878_16232827.jpg

ご近所の理恵ちゃんが、フェイスペィンティングの道具を持ってきてくれて、子供達にフェイスペインティングをしてくれた。とても上手で子供達も喜んでいた。りえちゃん、ありがとう。
c0032878_1623525.jpg


途中、子供達にマークへのお誕生日のメッセージを書いてもらって、熱気球を飛ばすというのを予定していたのだが、穴が開いたりして、結局、上がらなかったが、大きなポリ袋に空気を入れる作業を子供達は楽しんでいた。
c0032878_16245953.jpg


夫はデッキでみんなとおしゃべりしながら、夜まで過ごし、ご近所のお友達には夕食も一緒に食べてもらって、ゆっくりしてもらった。パーティーの後の夕食というのは、作るほうはとても面倒。でも、お友達とだと準備も一緒に手早くできて、楽しかった。

子供達はお昼の12時から8時過ぎまでパワフルに遊んでいた。

夫にとって、暖かい素敵なパーティーになったと思う。来てくださったみなさん、本当にありがとう。
[PR]
by stakesue | 2011-04-26 16:26 | 日記
Mt. Warning - Easter Friday Challenge
c0032878_15142110.jpg

*上の写真はWikipediaのマウントウォーニングのページから。http://en.wikipedia.org/wiki/Mount_Warning。

イースターホリデーのグッドフライデーに、私たちの家から車で1時間半くらいのところにあるNSW州にあるMt.Warningの山登りに恵子さんたち家族とでかけた。

この山は、標高1900メートル。オーストラリアの最東端であるケープバイロンの近くに位置しており、オーストラリアで一番最初に太陽が昇るのを見れる場所として知られている。
また、このマウントウォーニング(警告する山)という名前は、キャプテンクックが東海岸を航海している際に、ゴールドコーストの空港の近くにあるポイントデインジャーという場所で座礁しかけ、この辺りは危険だと言うことを知らせるために、海岸からも見え、特徴のある山であるこの山をマウントウォーニングと名付けたとガイド時代に習った。

私は20年ほど前に、登った事があり、そのときの記憶では、最後のほうは鎖を使って登らなければならなかったが、結構簡単な山登りで、なだらかな部分もあり、時間も大してかからなかったと記憶していて、リオンも連れて登ってみたいと思っていたこともあり、恵子さんたちを誘ったのだった。

11時過ぎに私たちは着いたのだが、駐車場はとても混んでいた。山から下りてきた人も何人もいて、みな足に泥が沢山ついており、足がまだガクガクするぐらい、本当に疲れたわ、という人も数人いた。
どのくらいかかるのと聞いたら、往復4時間という答え。1時までには半ばまで行っていないとすぐに暗くなって大変よというアドバイスを受け、急いでBBQを食べて、12時すぎには出発した。

大した距離じゃないと記憶していたのだが、往復で9キロを越す。ずっと登り坂で平坦なところは殆どなかった。実際、そんなに大変な山登りではないのだが、記憶していたよりは長かった。多分、20年前は20代だったので、今よりも簡単に登れたのだと思う。そのとき一緒に登った友達の一人は、半泣きで登っていたので、体力に自信のない人にはきついかもしれない。その友人が、「もうだめ」と言っていたのは覚えていたので、計画するときにリオンは大丈夫かなとちょっと思ったが、最後のほうは半泣きだったが登り終えた。

c0032878_15304050.jpg

いつもは先頭を歩く夫が、前日の寝不足、最近喘息気味なのもあり、ペースが遅く、息も絶え絶え、顔色も悪く、心配になったが、4分の3くらい登ったところで少し元気を回復した。
子供達はリオンも含め、鎖のところに行くまでは全く問題なし。

c0032878_15375273.jpg

鎖のところにくると、リオンはちょっと怯み、登らないと言ったが、ここまで来たのに登らないのはもったいない、たいしたことないからがんばろうと言って登らせた。私の記憶ではこの鎖の部分はとても短いと思っていたが、記憶していたよりも長かったが、リオンも登りは問題なかった。

c0032878_154089.jpg

頂上は、雲の上にあり、雲で下は殆ど見えなかったが、雲が少し動くと合間に景色が覗けた。
20年前のときは、真っ白で本当に何も見えなかった。私は忘れていたが、ゆみちゃんによると雨が降り出し、ぬかるんでいて、鎖の部分は大変だったそうだ。私の記憶では、頂上は白くて何も見えなかったが、途中は緑が素敵でさわやかな登山だったというものだった。
c0032878_15422911.jpg

c0032878_15424796.jpg

c0032878_1543074.jpg

鎖を降りるときのほうが、リオンにとっては怖かったようで、途中すべって下りてしまい、身体を杭に打ちつけ、痛かったようだった。その後は、半泣きのリオンを励ましながら降りる。降りるときに何度も後ろ向きになって降りろと教えてもちょっと後ろ向きに下りては、前向きに変わって降りて行く。前が見えないのは不安なのはわかるが、後ろ向きのほうがずっと安全で簡単に降りれると教えても、なかなかできないようだった。打った後は、私と夫の間にリオンが入り、指示をしながら降りて行った。
鎖の部分を終えたときには、ホッとした。

リオンは最後のほうになると、足首が痛いと言い、もう歩けないと言っていたが、誰も抱っこしたりできないんだから、自分で歩くしかないんだよと言いながら、なんとか最後まで歩いた。
6歳の子供に4時間、しかもその半分は登り坂をずっと歩けというのは確かに過酷なことだったかもしれない。
本当によくがんばった。

降りた後、お茶を飲んだが、いつもよりおいしく感じた。
c0032878_15485743.jpg


リオンと夫にはちょっとハードなようだったが、山登りは気持ちがいい。もっと簡単なブッシュウォークで鍛えて、また挑戦したい。
しかし、自分の記憶が当てにならないことはよくわかったので、次回からは記憶に頼らず調べてから行く場所を決めようと思う。
[PR]
by stakesue | 2011-04-26 15:51 | 子育て:利音の成長
アートギャラリーワークショップ
c0032878_23392490.jpg

スクールホリデー中、近くのアートギャラリーのワークショップに2度参加した。

最初はソックスモンキー作り。恵子さんのところは、ロビンが子供達を連れて行くそうだったので、これは夫に連れて行ってもらった。なので、写真もマークの撮影によるもの。

あらかじめ、型は切って渡されたそうで、型を針と糸で縫う。リオンは縫い物が好きなので、楽しかったらしい。
夫はあまり手伝わなくても、リオンは自分で殆どやったそうだ。
お腹の3つ並んだボタンはリオンのアイディア。このボタンはリオンに頼まれ夫がつけてあげたらしい。
c0032878_233956100.jpg

c0032878_23422116.jpg

c0032878_23425030.jpg

できあがったモンキーはフレンドリーと名づけ、とても大切にしている。

次に参加したのは、コンセプトカーの展示にちなんだもので、チャコーで自分のコンセプトカーを描くというものだった。チャコーの使い方を教えてもらったが、リオンにはちょっと難しかったようだった。対象年齢は7歳以上だったが、大丈夫だろうと思って予約したが、ちょっと背伸びしすぎたかもしれない。
c0032878_23434169.jpg

c0032878_2346018.jpg

陰影のつけかたなどを教えてくれたが、後半だんだんと飽きてきたようだった。結局後半からは私が陰影を手伝った。
c0032878_2348114.jpg

お気に入りの車の前で。
c0032878_23483992.jpg

アートギャラリーの人の説明によると、アメリカのデトロイトには、車のデザイン専門の学校があり、今回の展示はそこの生徒たちによるものだそうだった。車のモデルができるまでの説明が行われているビデオなどもあり、リオンは将来、空飛ぶ車をアウディのために作りたいと言っているので、そういった専門の学校があるという情報はためになった。そういう学校に行くには、どういうことを前もって勉強して置くといいのかご存知ですか?と聞いたが、それはわからないという返答だった。

デザインの基本はまず紙に描くことという説明を聞いて、最近はあまり絵を描かないので、もっと描く機会を増やすべきかなと思う。
まだまだ先のことだが、少しずつ学校についても調べておこうかなと思う。
[PR]
by stakesue | 2011-04-25 23:55 | 利音と私のアート&クラフト
クィーンズランドオーケストラ:パーカッション
c0032878_23162971.jpg

スクールホリデーに入る前の週、学校を半日休んで、クィーンズランドオーケストラの小学校の低学年向けのプログラムに出かけた。
今回は、普通は表舞台にあまり立たない楽器であるパーカッション。珍しいプログラムだったことと、私自身がパーカッションが好きなので、予約した。
c0032878_2319386.jpg

座席には、パーカッションが置いてあり、コンサートの途中に観客が全員参加して歌とパーカッションを鳴らすプログラムが組まれていた。
c0032878_23205440.jpg

クィーンズランドオーケストラのパーカッションを担当しているメンバーの中には日本人の女性もいた。

かなり古いので、知らない人も多いと思うが、シーラEというパーカッションを演奏しながら歌うアーティストがいた。私は彼女のことをとても格好良いと思っていたし、私自身が高校時代、バンドでドラムをたたいていたので、パーカッションには興味がある。

知らなかったのは、ハープもパーカッションの楽器ということだった。

c0032878_23242620.jpg


アフリカのドラムの演奏からコンサートは始まったが、私もアフリカンドラムを習ってみたい。

コンサートは、パーカッションだけで、マザーグースのお話を演奏したり、観客と一緒にカノンを歌ったりという内容だった。

コンサート終了後、リオンが質問をしたいというので、舞台の近くに寄った。演奏家の一人の人が声をかけてくれ、リオンは一番好きな音だったという鉄琴を叩かせてもらった。鍵盤と同じ並びなので、ピアノを弾くときと同じでわかりやすい。お得意のメリーさんの羊を弾いた。
話をした人によると、演奏家の人たちの多くは学校の音楽の教師をしているそうだ。パーカッションはコースがあって学べるのですか?と聞いたら、学校で教えているところもあるし、自分たちのような演奏家が個人レッスンをしている場合もある、ということだった。

リオンの担任の先生は、リオンを休ませてコンサートに連れて行くことに寛容だったので、10月にある小学生向けの今度はフルオーケストラの演奏を予約した。
小学生向けのプログラムは、11ドル50セントと格安であること、いろんな説明をしてくれること、が利点だが、今回は幼児がギャーという声を出すことが何度かあり、ちょっとうるさかった。
[PR]
by stakesue | 2011-04-25 23:36 | 利音の音楽
アートギャラリー、レセプション
c0032878_2313561.jpg

学校が休みに入る前だったが、近くのアートギャラリーの新しい展示のレセプションに出かけた。
学校が終わってすぐにバスケットの練習に行き、それからそのままパーティーへ出かけたので、子供達は制服姿。
今回は車に関する展示が行われているため、ホットロッドカーが40台ほどレセプションのために集まった。
車が好きなリオンとリオは大喜びだった。
c0032878_235218.jpg
c0032878_2351275.jpg
c0032878_2353954.jpg

沢山の人がパーティー会場に来ていた。
今回は、Dale Haberfield: Sinners and Saints - A tale pipe of chrome and lace、Industrial Desire: Detroit Concept Cars、Alexandria Isaacson - Monkeys of Socks are Taking Over、The Seduction of Surface: Lisa Bryan-Brown, Katie Stormonth and Andrew Lowrieという4種類の展示がアートギャラリーで行われている。

c0032878_239075.jpg
Dale Haberfield氏の作品。彼は、写真をビンテージの車のドアにプリントしたり、金属の表面にプリントしているものが多く、格好よかった。私も写真をいろんなものにプリントしてみたいと思った。

c0032878_2311720.jpg

この小さなアートギャラリーでは、地元のアーティストの展示が多いが、今回はアメリカのデトロイトにある車などのデザインを専門とする大学の生徒のコンセプトカーの展示がされていた。リオンは、この車が一番のお気に入りだった。

c0032878_23125388.jpg

パーティー会場で車の塗り絵に没頭するリオとリオン。
[PR]
by stakesue | 2011-04-25 23:13 | 利音と私のアート&クラフト
秋のビーチ
c0032878_22531496.jpg

夫がバイロンベイで車のタイヤを買ったので、引き取りにでかけ、帰りにビーチを散歩した。
バイロンベイはとても混んでいたので、名前を忘れてしまったが、バイロンベイから15分くらいのビーチに立ち寄った。
見晴らし台があったので、登ってみた。
c0032878_22554526.jpg

c0032878_22564494.jpg

お天気が悪く、寒かったのだが、海が好きなビーマは相変わらず泳いでいた。
c0032878_2258286.jpg

[PR]
by stakesue | 2011-04-25 22:58 | 子育て:利音の成長
クロスカントリー
c0032878_22415964.jpg

長い間、ブログの更新を怠ってしまっているので、書くことがたまっている。

今は、スクールホリデーだが、ホリデー前に、クロスカントリー(持久走大会)が行われた。
リオンは、走るのは好きだが、長距離は苦手。でも、リトルアスレチックにも通っているので、今年は3位までに入賞できるかも、と期待していたのだが、結果は6位。

来年はもっとトレーニングして入賞できるといいなと思う。

c0032878_22451365.jpg

学校がスクールホリデーに入る前に、リトルアスレチックの表彰が行われた。
リオンは、35メートルでセンター記録を出したのだが、6歳以下はみな参加賞のトロフィーと、皆勤賞のみで、あとは評価がなかった。リオンはシーズンの半ばから入ったので、皆勤賞はもちろんもらえなかった。

来シーズンでは、7歳以下のグループになり、評価がされるようになるので、来シーズンに期待したい。
[PR]
by stakesue | 2011-04-25 22:52 | 子育て:利音の成長
Help Japan
c0032878_18574387.jpg

先週の日曜日、Help Japanのイベントが無事に終わった。
お陰さまで、半日で3000ドルという金額が集まった。
その週はずっとお天気が悪く、お天気のことが心配だったが、当日は陽が燦々と輝き、暑いくらいの晴天で、人もいつもより多くマーケットに来ていたように思う。
募金をしてくださった人は、お札を入れてくださった方が多く、本当に沢山の金額が集まった。
c0032878_1933490.jpg

つきたてのお餅を久しぶりに食べた。とてもおいしかった。
c0032878_18591645.jpg

空ちゃん、ミアちゃん、ルシアちゃんの素敵な演奏。
c0032878_193849.jpg

c0032878_1932169.jpg

恵子さんはリサイクルペーパーをつくるアクティビティーをしてくれた。
c0032878_1924286.jpg

c0032878_1925566.jpg

ヘアカットやフェイスペインティング、ヘアビーディングなど。
c0032878_199735.jpg

手作りパンの販売。
c0032878_1994866.jpg

手作り鶴のイヤリング、古着の販売。
c0032878_1995847.jpg

茶道体験。
c0032878_1911347.jpg

着物着付け、モデル。
c0032878_19112837.jpg

あと折り紙コーナーなどもあったし、内容は盛りだくさんだったと思う。
c0032878_19122757.jpg

私が売ろうと思っていた、自分のお気に入りの写真をパネルにするというのは、ちゃんとテーブルについてきた人に説明するということができなかったこともあるが、わかりにくかったと思う。結局知り合いが買ってくれることになり、多少は寄付できるものの、その場で知らない人には売れなかった。

暑い中、皆さんお疲れ様でした。特に、主催者のりえちゃん、お疲れ様でした。
沢山集まって本当によかった! 少しでも被災者のみなさんに役立つことができるといいなと思う。
[PR]
by stakesue | 2011-04-14 19:15 | その他