ブログトップ
<   2011年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧
初めての習字と勉強について
c0032878_2183733.jpg

先週の土曜日、日本語学校で、リオンはお習字を初めて体験した。
とても楽しかったことと、結構上手に書けたことがうれしかったようだった。

今まで、ひらがなの練習をしていても、「はね」などに気をつけたことがなかったのに、お習字の後は、「はね」に気をつけて書くようになった。

先週の金曜日には、「ちゃれんじ1年生」も届いた。付録のコラショ目覚まし時計、計算のマシーン、かきじゅんマシーンなどをとても喜んでいた。こういうものを習得するのはとても早く、ロボットに挑戦したり、目覚ましにしゃべらせたり、音楽をかけたりと、あっという間に使いこなしていた。
「こらしょタイム」を決めようというと、毎日やりたいと言うので、毎日に設定。28日からはじめればよいことになっていたが、届いた最初の日に2日分を済ませ、現在は6日目が終わり、ドリルを2つ、準備の問題も半分くらい終わった。算数は簡単なので、沢山やりたがるが、国語は苦手なよう。。。実際、単語をほとんど知らないので、質問を読んでもわからなかったりするが、少しずつでもわかるようになるといいなと思う。

私は小学生のとき、「夏休みの友」をほったらかしにして勉強せず、学校が始まる2-3日前になって慌ててやるということを毎年繰り返していた。毎年、「来年は最初に終わらせる!」と思いつつ、全くその通りにならなかった。リオンには「マミーは全然、勉強せずに朝から晩まで遊びまわっていたんだよ。」とは言わずにいるが、リオンはえらいなあと思う。

現地の小学校では、国語は私自身が子供達と本を読んだり、宿題の本読みの本の差し替えなどのお手伝いをしているので、リオンのレベルはわかっているが、今のところはトップグループ。
算数は、3月の初めにリオンから足し算の問題を紙に書いて出して欲しいといわれたので、ノートを買って毎日26問ずつやっている。これは今のところ一日も欠かしたことがなく、計算も徐々に速くなっている。
たまに簡単な2桁や3桁(100+200みたいな簡単なもの)の問題をリオンの希望に沿って出したりしているが、基本は1から10までの数を使った足し算。学校でも足し算がそろそろ始まったらしい。
算数と国語では算数のほうが好きなようだ。

一つ困っているのは、リオンは鏡文字を書く。アルファベット、日本語、数字、どれもいくつかは鏡文字。算数は答えは正しいのだが、2、3、7を反対に書く。特に7は殆どの場合が反対。。。以前は4も鏡文字だったのだが、これはいつの間にか直っている。ちょっと気になったので、インターネットなどで調べてみたが、無理に直さなくても自然になおっていくと書いてあるのが殆ど。また、鏡文字は右脳が発達している子に多いというのを読んで、「右脳が発達してるんだ」と良いように解釈することにした。ただ、数字は逆に書くと答えが間違っているということになる。書くときに3つの数を書くときには注意してねと声をかけたり、ノートの上に数字を書いて確認してねと伝えることを今週から少しはじめている。

リオンの性格上、できないと思うと、やる気がでないので、勉強では上のほうにいるようにすることが必要だと思っている。こちらの学校は、子供のレベルごとにグループが分けられ、出来る子はもっと難しい問題に挑戦させたりするようになっている。子ども自身、自分は勉強ができるグループに入っている、自分は勉強ができないグループに入っているというのがわかるので、子供によっては早くから自分の能力を諦めてしまうこともあるかもしれないと思う。男の子は女の子に比べると脳の発達が遅いスピードで進んでいくというのを読んだことがあるが、オーストラリアでは高校を中退する男の子の数が多いらしい。女の子に追いつく前に自分はできないと諦めてしまう場合も多いのかもしれない。

リオンは頭は悪くないと思うが、記憶力はそんなに優れているわけではないので、反復練習で記憶力を補うことができるかなと思う。本人が勉強が好きなようだということに今は助けられているので、今のうちに勉強する習慣をつける手伝いができるといいなと思っている。
[PR]
by stakesue | 2011-03-31 22:18 | 教育
Earth Hour 2011
c0032878_111397.jpg

土曜日はアースアワーだった。2007年にシドニーから始まったムーブメントで、1時間電気を消して地球温暖化について、真剣に取り組むように政治家などに訴えることが目的。
私たちは2008年からこのアースアワーに参加していて、今年は4回目。
今年に入ってから、ブリスベンの洪水、ニュージーランドの地震、日本の地震と津波など、大きな自然災害が発生している。 それに加えて、日本の原発の問題を含め、今後これからの私たちの生活のあり方を大きく見直すことにこれからなっていくのではないかと思う。
環境問題は、これからの子供達が成長するにあたって、重要な問題。今からでも少しずつ興味を持ってもらいたいと思って毎年アースアワーを行っている。
木曜日は、リオンのクラスで以前アースアワーで行った影絵を披露して、両親に土曜日のアースアワーに参加してくれるように伝えてくれとメッセージを伝えた。

さて、アースアワーのパーティー。環境について子供達に考えてもらう機会ということも大事だが、部屋の明かりを使わなくても楽しめる提案をすること、リサイクルのクラフトの提案も私のパーティーの趣旨の一つ。
今年は何を出し物にするか考えていて、sand drawing (http://www.youtube.com/watch?v=YIOsIbqpR5s&feature=related)はどうかと考えていたのだけれど、かなりの練習と準備が必要そうだし、やってみようと額を使って舞台?は作ってみたが、テストもしておらず、間に合わなかったので、結局は子供達によるキャンドルライトコンサートと、ライトアートにしたが、時間的には十分だったし、子供達にはライトアートは楽しんでもらえたと思う。

部屋の明かりを消す前にしたのは、初めての参加の子供達には空き瓶と枝で作ったランタンの飾りつけとプラスチックバッグを使ったクラフトで、ワッペンをつくること。
子供達が作ったワッペンの写真は撮れなかったが、試作で作ったリオンと私の作品。
c0032878_21313779.jpg

プラスチックバッグをハート型などに切って、それに絵や文字を書き、色を塗る。
フエルトの上に作品を置き、ベーキングペーパーを上にのせて、アイロンをかける。20秒くらいアイロンを押さえるとプラスチックバッグに描いた絵がフエルトにくっつく。裏に安全ピンをグルーガンでつけてバッジにしてもいい。

コンサートは、フルート、クラリネット、ピアノ、バイオリンなど才能のある子供達による演奏。毎回、コンサートをするごとに、子供達の上達ぶりに感心する。
リオンは、4曲も弾き、最後になおちゃんがまだ弾きたい人?と聞いたときに、リオンは手を挙げ、さらに1曲弾いた。かなり積極的だが、練習が十分ではなかったので、次回はもっと練習してコンサートに備えて欲しい。
進行をしてくれたなおちゃん、ありがとう。

ライトアートは男の子と女の子に別れて行った。男の子はリオンとそのお友達6歳、リオ7歳、J君11歳の4人。
c0032878_11175229.jpg

c0032878_1118317.jpg
c0032878_11182510.jpg

単純な動きのものだったが、結構効果的。次にやるときは、上から下へスパイラルを描いてみてとか、左から右へ波を描いてみてとかもう少しアイディアを与えてあげるといいかもしれない。リオンは私と2人で行ったときは、自分の顔の周りに四角を描いて額を描いたりしていたので、事前にもう少しアイディアを出させてやるといいかもしれないと思った。

女の子たちは男の子たちよりも年も上だし、話し合いをして、みんなでとても上手に絵を描いた。一番上のウサギも女の子たちによるもの。
c0032878_11221839.jpg

c0032878_11222813.jpg
c0032878_1123113.jpg
c0032878_11231315.jpg


前々日に、リオンと一緒に練習をしたときのものも掲載しておきたい。
c0032878_1124563.jpg
c0032878_11241581.jpg

下の2つは私が描いてリオンが撮影。一つは自転車を描いたつもりだったけど、、、、まだまだ修行が必要かも。。。
c0032878_11253072.jpg

c0032878_11255893.jpg


2週間ほど前に、カメラを買い換えた。ニコンのDS3100という初心者用の一眼レフ。三脚もそろえた。今回の写真はそのカメラをスローシャッターにして撮影したもの。コンパクトカメラよりもきれいに撮れたが、コンサートのときの写真は全然だめだった。
結構、設定とか難しい。使いこなせるようになるまでには時間がかかるかもしれないが、楽しみが増えた。
[PR]
by stakesue | 2011-03-28 11:30 | 利音と私のアート&クラフト
Identity
c0032878_10322561.jpg

2010年から2011年にかけて、リオンが好きなこと、リオンが言った言葉で印象に残っている文や言葉を写真の周りに入れて加工してみた。"Identity" というタイトルで、リオンのアイデンティティーをあらわしている。
結構、良い感じに仕上がったと思ったので、拡大して家に飾ろうと思った。当初、キャンバスにプリントしたいと思ったが、大きなキャンバスにプリントするとなるとかなり高額になり、500ドルくらいかかりそうだったので、予算的に無理。
ポスターとしてプリントして、発泡スチロールの台に貼り付けることも考えたが、発泡スチロールのオーダーを考えると面倒だし、台に貼り付ける際に、まっすぐに貼り付けられる自信もない。そういう加工をしてくれたギャラリーがブリスベンのシティの近くにはあったのだが、そこまで行くのも面倒な気がした。

いつも名刺などの印刷を頼む近所の印刷屋さんに聞いてみようと事務所を訪ねた。発泡スチロールにプリントされた現物を持っていって同じようにできないか聞いたところ、それは無理だといわれたが、話しているときに看板(家の売り出しとかの)が目に止まった。見積もりをお願いして、その日は帰り、翌日に届いた見積もりは思っていたよりかなり安かった。
大きさは横が62.5センチ、縦が92.5センチ。
下の素材のせいで横に線が入っていること、仕上げがグロス仕上げであること(私はマットな仕上がりが好き)、角が丈夫ではないこと、などが気になるが、料金を考えると満足な仕上がりだ。

こういった作品を3枚パネルにして、玄関を入ってすぐの踊り場?のところに並べたいと思っている。
[PR]
by stakesue | 2011-03-28 10:50 | 利音と私のアート&クラフト
リオ7歳の誕生会
c0032878_10281181.jpg

随分前のことになってしまうが、今月リオは7歳になり、誕生会が屋内遊技場で行われた。
c0032878_10291579.jpg

子供達は走り回り、汗びっしょりになって、楽しそうだった。

リオ、7歳おめでとう。
これからもリオンの良いお友達でいてね。
[PR]
by stakesue | 2011-03-28 10:30 | 子育て:利音の成長
リトルアスレチック トワイライトカーニバル
昨日、おばあちゃんと孫ががれきの下から救出されたというニュースを聞いて、うれしかった。
今朝、リオンを学校に連れて行ったとき、すれ違ったお母さんから、おばあちゃんと孫が救出されたというニュースを聞いたわ。あなたの家族は大丈夫?と聞いてくれた。
他にも生存者がいて、救出されることを祈る。

c0032878_10155774.jpg

さて、先々週のことになるが、リオンが通う陸上競技の小さな大会があった。他のクラブに所属する子供達も参加していたのだが、リオンの年齢のグループは、他のクラブからの出場はなく、いつものメンバーとの競技だった。
c0032878_10264613.jpg

リオンは、35mで6.96秒の自己最高記録を出し、1位。この記録はセンター記録の7秒よりも早いので、新しいセンター記録となると思う。70mでも自己最高記録で1位、100mはほんのわずかの差で2位だった。
トレーニングにも参加したことが功を奏したのかなと思うが、よくがんばった。

リオンの靴は、私の両親からのプレゼントでとても気に入っている。この靴はとても軽く、リオンが記録を出せたのもこの靴のお陰かも。お父さん、お母さん、ありがとう。

他には砲丸投げ、走り幅跳びなどがあったが、カメラの電池が切れたので他のカメラを取りにいっている間に終わってしまっていた。走ること以外は、高飛びがいつも最後のほうまで残るくらいで、あまりパッとしない。

c0032878_10285231.jpg

陸上のシーズンは先週の金曜を最後に終わってしまった。
本人の希望で、金曜の夕方はバスケットのトレーニングにいってみようかと思っている。
[PR]
by stakesue | 2011-03-21 10:30 | 子育て:利音の成長
津波
日本の津波のニュースはオーストラリアでも昨日からずっと報道されている。
夫の家族やこちらのお友達に日本の家族は大丈夫?とメッセージをいただいたりした。
私は九州の出身で、家族も全員九州に住んでいるので、今回津波や地震の被害はなかった。

関東に住む友人に一部確認がまだできていないけれど、被害にはあっていないことを祈るばかり。

ニュースで見る映像は、信じられない。
これ以上、被害が広がらないことを祈るばかり。
[PR]
by stakesue | 2011-03-12 23:15 | その他
子供達からのメッセージ
c0032878_21463240.jpg

リオンの先生に今朝会ったとき、お迎えのとき、5分だけ早く来てクラスに入ってもらえませんか?と聞かれた。

終了時間の5分前に着くと、子供達から私へ「日本のことを教えてくれてありがとう。」と言われ、一人ひとりが絵とメッセージを書いてくれたものを先生が本にしてくれたものを渡してくれた。
子供達が集まってきて、「私が、僕が書いたメッセージを見て。」と次々にやってきてくれ、抱きしめてくれる子も数人いた。感動して涙がちょっと出てしまった。

何が楽しかったか感想を書くようにと言う指示だったのかなと思うが、「一番楽しかったのは、お寿司を作ったことでした。ありがとう。」とか、「飛行機に乗ったこと(乗った真似だったけど)」とか、「折り紙が楽しかった」とか「蝶をありがとう。」とか書いてあり、絵もお寿司の絵とか、飛行機の絵とか蝶や多分私?が描いてあった。
どの子も一生懸命描いてくれたことがわかったし、心から嬉しかった。

写真の左下がリオンが描いたものだが、文字を書くときに定規で線を引いていたので、びっくりした。私はそんな几帳面なことはしないので、息子の几帳面さが意外だった。

私はリオンが生まれてくるまで、正直なところ子供が苦手だった。子供は持たないだろうとも思っていた。
そんな私が今では、子供達に囲まれ、どの子からも好意的な気持ちが伝わってくるという今の状態が何だか不思議に思える。

これから先、リタイアする時期になったら、子供達とアートのプロジェクトに取り組んだり、子供にアートの楽しさを教えていく、そういった方面にいけるといいなあと漠然と考えている。
[PR]
by stakesue | 2011-03-04 21:53 | 子育て:利音の成長
授業参加: 日本の文化の紹介
c0032878_1234345.jpg

今週の火曜日と水曜日は、リオンのクラスと隣のクラス合同で、日本文化の紹介をした。子供の数は49名。
リオンの担任の先生はとても熱心な先生で、日本文化の紹介をしてくれないかと頼まれた。先週の火曜日は放課後に先生と打ち合わせをしたが、打ち合わせの後、言語の勉強の仕方についてアドバイスもしてくれた。

さて、授業だが、火曜日にブリスベンの空港を出発し、日本行きの飛行機に乗り、日本へ行くという設定。
私は、火曜日は暑かったが、浴衣を着て学校に行った。
教室のいすをスクリーンを前に飛行機の座席風に並べて準備。お昼休みが終わり、教室に入る前に、先生が教室の入り口で搭乗券を子供達に渡し、私は入り口で搭乗券を拝見し、座席に移動させる。みんなが着席したところで、離陸のアナウンス。そして飛行中の飲み物サービスまで行った。(これはすべて先生の案)
スクリーンには、空港の様子、飛行中の様子、日本の空港や東京の街の写真などが使われた。
日本に到着後、私の3歳のころの七五三の着物を着た、一番クラスで小柄な女の子とリオンが日本語で「こんにちは。」と挨拶。みんなで「こんにちは。」とお辞儀を練習する。
それから上の写真のような人形を子供達は作った。

顔と頭を貼り付け、三角の紙を左右から折り、余った部分を折りあげるだけの簡単なものだったのだが、こちらの子は、折り紙などをあまりしないので、結構、出来ない子が多く、先生2人と私とでテーブルを回りながら手伝った。
結構、みんなまじめに取り組み、喜んでくれたようだった。

水曜日の昨日はクッキングレッスンで、手巻き寿司を作った。先生からお寿司を作りたいといわれたのだが、巻き寿司は子供達にはできないと思ったので、手巻き寿司だったら可能だと思いますと伝えていた。
先生に必要なものを書いて渡しておいたが、前日までに必要なものを買い揃えておいてくれた。具は、先生が子供のアレルギーなどをチェックして、ツナが安全だと判断。先生はツナ、アボガド、キューリだけに絞ったが、正解だったと思う。
私は40分ほど早めに行って、ご飯を炊き、酢飯を作った。机は島になっているので、机の上にご飯、ツナ、アボガド、キューリをのせ、紙ナプキンの上に半分に切った海苔をおき、私の指示に従って、海苔の上に、ご飯、ツナ、アボガド、キューリをのせて、クルクルと巻いた。海苔やスシが嫌いだといっていた子も何人かは自分の作った手巻きを食べていて、すごい子は5個くらい作ってパクパク食べていた。リオンも4つ食べたと言っていた。思っていたよりもスムーズに進み、みんな満足してくれたように思う。

最後に、みんなにくるくる回る蝶の折り紙をリオンが渡して終わった。先生はクラス全員に作るなんて時間がかかったでしょう、といわれたが、すごく簡単なものなので、50人分でも20分くらしかかからなかった。
この折り紙のウエッブサイトはよく参考にしているのだが、とてもよいので、是非お試しを。
http://www.origami-club.com/fun/butterfly/index.html

授業をお手伝いして以来、学校でリオンのクラスの子供達は私を見ると、「こんにちは。」と言ってかけよってくれ、中には抱きついてくれる子供達もいる。日本を好意的に思ってもらえたと思うし、小さいころから異文化をポジティブに受け入れることができるお手伝いになればいいなと思う。

リオンの担任の先生からお礼を言われたが、私のほうこそこういう機会をいただけてありがたい。

リオンは日本の紹介をクラスですると決まってから、以前よりも日本語を少しだけ使うようになった。今回、きっとリオンは日本という文化も受け継いでいるということを少し誇りに思ってくれたのではないかと思う。
[PR]
by stakesue | 2011-03-03 13:07 | 子育て:利音の成長