ブログトップ
<   2010年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧
ビーマの笑顔
c0032878_2285130.jpg

ビーマの笑顔は、私の心を癒してくれる。この笑顔、本当に幸せそう。
c0032878_2212734.jpg

ちょっとキリッ。
c0032878_22122347.jpg

ビーマ、ちょっと~、水が、レンズに飛んでしまうじゃない!
c0032878_22124026.jpg

彼の犬としての人生は、とても幸せなものだと思う。
[PR]
by stakesue | 2010-10-26 22:13 | ペット:愛犬ビーマ
フライト ログブック
c0032878_1252293.jpg

リオンのフライトログブックへの質問をいただいたので、今日はその説明をしようと思う。
各飛行機には、ログブックがあり、機長がそれに記入することになっている。そういったログブックはどこかで売られているものか、飛行機についてくるものなのか、どこで手に入れるかは知らない。

リオンのログブックは、私が勝手にそうよんでいるだけで、買ったものでも、正式なものでもなんでもない。普通のアート用のノートを使っている。それに、飛行機に乗ったときにいただいたステッカーや絵葉書などをリオンに貼らせたりした。

私は、好きなことに対しては非常にマメだが、字が上手ではないことと、几帳面ではないので、中身はかなり雑。後で、もう少し丁寧に書けばよかったなあと反省するが、変わらない。
c0032878_12584482.jpg


中身のページは色々だが、左のページは、絵葉書、搭乗券、飛行機の写真などを後で貼るために残しておく。
c0032878_1324157.jpg

右側のページはフライトの詳細を記入する。私は機内アナウンスや機内で映し出されるスクリーンに情報が出ているときなど、記入できることは自分で記入しておき、わからないところは空欄にしておくと、気の利いたキャプテンは記入してくれるが、基本は機長の名前とサインだけをいただくようにしている。
 *Date(フライトした日付け)
 *Flight No. (便名)
 *Dest(Destination 行き先、都市または飛行場の3レターコードで出発した空港、到着する空港の順に書く。( 例:ゴールドコーストのクーランガッタ空港はOOL、これについては、別に3コードではなくても構わないと思う。このコードは私が勝手に作っているわけではなく、決められているもの。成田はNRT、羽田はHND、福岡はFUK、名古屋NGO、関空はKIX、ブリスベンはBNE,シドニーはSYD、ロサンジェルスLAX、ニューヨークのJFK空港はJFKなど。 )
 *ETD(Estimated Departure Time 出発予定時間)
 *ETA (Estimated Arrival Time 到着予定時間、実際のログブックは、実際に離陸の時間と到着時間を記入すると思うが、実際の時間は面倒などで省いている)
 *Aircraft (使用機材、これはお座席のポケットの中に緊急時の説明書が入っているので、それを見れば、自分が乗っている飛行機の機材がわかる)
 *Flight Time (これはフライト中、スクリーンに表示されたり、離陸後、ベルト着用のサインが消えた後、機内での機長からのアナウンスに必ず含まれる。このフライトタイムは、タイムテーブルにある到着時間から出発時間を引いたものではなく、着陸した時刻から離陸した時刻を引いたもので、タイムテーブルの時間よりは短い。)
 *Average Speed (平均速度、殆どの場合は、キロ表示ではなくノーティカルマイルで書かれる場合が多い。)
 *Average Altitude (平均高度、殆どの場合は、フィート表示)
 *Distance (飛行距離。これは機長さんに記入してもらったりすることもあるが、キロメートルではあまり書かれない)
 *Seat No. (座席番号)
 *Captain's Name (キャプテンの名前)
 *Captain's Signature (キャプテンのサイン)
 キャプテンやクルーの方からコメントをいただくこともある。私もコメントを書いたりしている。

上記の情報については、コックピットクルーとキャビンクルーのブリーフィングのときに機長からキャビンクルーに伝えられ、メモしている。なので、基本的には、キャビンクルーは、こういったフライトの情報を知っているはず。

最後にフライトタイムや距離を足して、今までのフライトタイムや距離を記録する。

左のページには写真を貼ったり、
c0032878_13195715.jpg

機内雑誌からルートや機材の紹介を切り取って貼ったり、
c0032878_1320177.jpg

c0032878_1321386.jpg

使用した機材の写真をネットからダウンロードしてプリントしたものを貼ったり、(機材名で検索すれば見つかる)
c0032878_13221349.jpg

搭乗券などを貼ったりしている。
c0032878_13232741.jpg


自分でもかなりの飛行機オタクだと思う。

今まで、サインをお願いして断られたことはないが、マナーとして心得ておきたいことは、キャビンクルーが飲み物や食べ物、その他機内サービスをしている時には、絶対にお願いしないこと。
サービスが終わり、クルーが一息ついた後にお願いすること。
1時間くらいしかない短いフライトのときは、機長のお名前とキャビンクルーの方で結構ですので、サインをいただけるとありがたいです、と伝えている。
1時間のフライトだと、キャビンクルーが飲み物などのサービスを終えると、すぐに着陸態勢に入るので、機長にサインをしてもらうのはまず無理。クルーの方に代筆をお願いしている。皆さん、とても親切で、忙しいにもかかわらず、コメントやシールを貼ってくれたり、絵葉書を持ってきてくれたりしてくださるのでありがたい。
[PR]
by stakesue | 2010-10-26 13:35 | 子育て:利音の成長
日本滞在記 おまけ 操縦席見学
c0032878_22452445.jpg

帰りの飛行機の中は、リオンは離陸してすぐに寝始め、着陸態勢に入るまでぐっすり。
私はいつものことだが、ほとんど眠れなかった。

いつものように、リオンのフライトログブックに機長のサインをキャビンクルーの方にお願いした。
ノートを返してもらうときに、キャビンクルーの方が、「よろしかったら、フライトデッキをごらんになりますか?とキャプテンがおっしゃっていますが、」と聞いてくださった。「はい、お願いします。とてもうれしいです。」と答え、起きたリオンに伝えるととても喜んだ。
前回、操縦席をみたのは、リオンが赤ちゃんのころだったので、リオンはもちろん覚えていない。写真を見て、入ったことあるというのを知っているだけだ。
一番最後にご案内しますので、お迎えにくるまでお席でお待ちくださいといわれた。

到着後、操縦席に向かっていくと、キャビンクルー全員に話が伝わっているのか、みんなが、リオンの名前を呼び、「ハロー、リオン」と声をかけてくれる。キャプテンと副操縦士が操縦席の入り口でリオンの名前を呼び、招き入れてくれた。
c0032878_22573123.jpg

写真の左が、キャプテンのリードさん。(肩の線が4本あるのがキャプテン。)若く見えるが、フライトは15年のキャリアだそうだ。
リオンに席に座ることすすめてくれ、テスト用のボタンを押してくれたりとかなりのサービスだった。
昔の飛行機はハンドルで操作していたが、今はスティックになっている。(機材によりけりなのだとは思うが)リオンに触っていいよといってくれ、リオンはスティックをいろんな方向に動かしたりしていた。
リオンは後で、ハンドルじゃなくて、スティックだったね、と言っていた。
着陸は自動なのか手動なのかを質問したところ、ゴールドコースト空港は自動は認められておらず、手動しかできないそうだ。シドニーなどの大きな飛行場は、自動で着陸することは認められているそうだ。

私がキャビンクルーをしていたころは、長いフライトで、子供が乗っているときは、フライト中に子供を集めて操縦席に案内したりしたが、テロ活動などが盛んな今、フライト中の案内は禁止されているはずだ。だから、到着後といわれたのだけれど、次のフライトの準備もあるので、到着後でも操縦席を一般の人に公開するというのは、本当に特別なことなので、ラッキーだと思う。
多分、声をかけてくれたのは、今回で21回になったログブックへの記入を依頼しているためだと思う。

このフライトJQ20便の機材は、A330-200。フライトした日の平均速度は約900KM/H、 関空・ゴールドコースト 7228kmの間を8時間44分のフライトタイムで飛行。平均高度は39000フィート。
リオンが今までに飛んだ距離は、74000kmくらい。地球の直径が約4万キロなので、もう少しで2周、飛行時間は89時間34分。100時間まであともう少し。

私がキャビンクルーをしていた会社を退社するときに、何時間飛んだかというのを教えてくれた。3年くらいで2000時間以上だったと記憶している。あの記録はどこにいってしまったのかなあ。ちゃんと取っておけばよかった。今まで3000時間以上は飛んでいると思うのだけど、地球を何周しているのかな。。。

私も次に生まれてくるときは、宇宙飛行士かパイロットになりたい。
[PR]
by stakesue | 2010-10-23 23:06 | 旅行
日本滞在記11
c0032878_2228151.jpg

空港まで送ってくれた両親。
いつも別れはつらいけど、今回も本当にありがとう。
リオンはじーじに、毎朝髪をきれいにとかしてもらい、夜は将棋を指してもらった。ばーばとは、一緒に走った。
父は、今年77歳だが、まだ働いている。80になるまで働きたいらしいが、無理をしないようにしてほしいと思う。
母は今年のはじめは身体の調子が悪かったので、とても心配だったが、思ったよりもずっと元気だったので安心した。毎年帰れるといいなと思う。
兄の家族、妹の家族にも感謝。ありがとう。

今回は、大阪でのトランジットの時間がとても長かった。しかも大阪に到着後2時間以上チェックインできなかったし、荷物をスルーで預けられなかったので、沢山の荷物を持ったまま空港内をウロウロした。
c0032878_2236492.jpg

c0032878_2236389.jpg

c0032878_2237287.jpg

c0032878_2237254.jpg

5時半過ぎになってチェックインカウンターに向かうと長蛇の列。
今回荷物が多く、超過料金がかかるかも、と心配だったが、41kgだった。1キロ分は何も言われずパス。ホッ。

並んでいるときに、ご近所のりえちゃんに会った。同じ便だというのはわかっていたが、日本の空港でオーストラリアのお友達に会えるのはなんだかとても嬉しいし、不思議。
りえちゃんのご両親がお見送りにいらっしゃっていて、夕食をご馳走してくださった。
ご馳走様でした。ありがとうございました。
[PR]
by stakesue | 2010-10-23 22:42 | 旅行
日本滞在記 10: 今津公園
c0032878_2220688.jpg

c0032878_2295065.jpg

日曜は妹に海のそばの公園に連れて行ってもらった。
足ツボ歩きのコースがあり、これはすごく痛かった。
c0032878_22111551.jpg

リオンはあまり痛くないといっていたので、やっぱり年をとっていると痛むのかな。
どんぐりの木を見つけたので、いくつか集めた。
c0032878_22121643.jpg

自然の素材を使った遊具が豊富でリオンは、木を渡っていくのがとても気に入ったようで何回も挑戦していた。
c0032878_2214623.jpg

c0032878_22142534.jpg

ランチは二見ヶ浦の海岸沿いで、食べたがおいしかった。
c0032878_22162391.jpg

外観はイマイチなのだが、中に入ってみると大きな木を使っていたり、内装も良い感じ。トイレが特に良かった。
c0032878_22173458.jpg

食事もとてもおいしかった。
c0032878_22174690.jpg

ペット可のカフェなので、わんちゃんたちがいて、ビーマも連れてきてあげたいと思った。
ランチのあとは、道を隔てただけの目の前のビーチで遊んだ。
c0032878_22205071.jpg

c0032878_2221932.jpg

ひろちゃん、いつもありがとう。楽しかったよ。

夜は兄の家族が来てくれて、リオンは最後に兄にまた会えてうれしそうだった。
兄は、仕事がとても忙しいにもかかわらず、リオンに会う時間を作ってくれて、仕事の帰りなどに寄ってくれ、リオンとサッカーをしたり、おもちゃで遊んでくれたりした。

日本に帰ると、家族のありがたみがわかる。両親をはじめ、妹や兄が私たちのために心を尽くしてくれる。
良い家族を持って幸せだと思う。
[PR]
by stakesue | 2010-10-23 22:24 | 旅行
日本滞在記 9: 福岡県青少年科学館
c0032878_21545979.jpg

滞在も残り少なくなった週末、久留米の青少年科学館に行った。
土曜日は子供の入場料が無料だった。
c0032878_21552180.jpg

話ができるロボットやお絵かきロボットなどがあった。
c0032878_21555156.jpg

c0032878_21561360.jpg

放電のショーは音が大きく迫力があった。プラネタリウムのショーもみた。リオンが見たいといったのは、仮面ライダーのショー。。。私はほかのプログラムがみたかったけど。。。
リオンが気に入ったものは、実際に自分がやってみて、効果が目に見えたり、感じたりできるもの。
c0032878_220652.jpg

c0032878_2202564.jpg

ダンボールの箱を叩いて風をつくるのは、家でも簡単にできそうなので、実験したい。

帰りは隣の公園で遊んでいたが、途中で溝に落ちてぬれてしまった。
c0032878_2245316.jpg

c0032878_2253123.jpg


この日の夜は、同窓会があり、小中学校の同級生と再開し楽しく過ごした。
リオンは、同級生に遊んでもらい、楽しく過ごした。
みんな集まってくれてありがとう。また、来年会えるといいね。
オーガナイズしてくれたともちゃん、いつもありがとう。
[PR]
by stakesue | 2010-10-23 22:07 | 旅行
日本滞在記 8: 幼稚園
c0032878_2128722.jpg

リオンは、2週間、日本の保育園に通った。
去年、リオンがお世話になったところで、同じ先生とアシスタントの先生のクラスにいれてもらった。
初日は元気よく出かけたが、2日目からは行きたくないと毎朝のように言っていたが、がんばって通った。
言われていることは殆どわかるが、日本語で答えられない、英語で答えるとわかってもらえない、疎外感も感じて、本人にはストレスだったと思うが、よくがんばった。
今回は、大学のジムに行って、大学生のお兄さんやお姉さんたちと遊んだりしたらしい。バスにみんなで乗って移動したりするのは、楽しかったようだった。
発表会が近かったらしく、ピアニカやハーモニカを子供達が練習していて、自分ができないのがちょっと嫌だったみたいだが、音楽の練習のときに、先生に「ぼく、ピアノ弾けるよ。」と言い、メリーさんの羊と自分の作曲した曲を披露したらしい。これにはその積極性に感心した。
どんぐりころころなど、日本の歌を何曲か覚えてきた。

外部からアートの先生を呼んで、アートのレッスンも行われたらしい。ほかの子供達は、みな運動会の絵がテーマで、旗と子供達を描いていたが、リオンには好きな絵を描いてと指示があったらしく、リオンが描いたのはオーストラリアの家。このアートの先生は英語が話せたらしく、リオンはうれしかったようだった。
c0032878_2136158.jpg


お料理の時間では、包丁を使ってみんな上手に野菜を切っていた。リオンも先生に教えてもらいながら挑戦。
c0032878_21384090.jpg


ここはモンテッソーリ教育を取り入れているところで、前回同様りおんは、縫い刺しのお仕事、円を組み合わせたデザインなどをやっていたようだ。
c0032878_21401414.jpg


朝、園に着くと、何人かの子がリオンの名を呼び、声をかけてくれ、隣に座るようにとか言ってくれた。リオンは名前を覚えるのが苦手なのか、仲良くしてくれた子の名前も覚えられないようだったが、あとで写真を見ると、この子と、この子と、この子と、この子はぼくの友達と言っていた。
c0032878_21431636.jpg


去年もそうだったが、やっと慣れ始め、言葉も出てくるようになったところで、帰国になってしまうのが残念。
せめて1ヶ月いられるといいのだけれど。。。

最後に園長先生にご挨拶に行くと、ヤマハのハーモニカや、三角になった書き方用の鉛筆、色鉛筆などお土産にと下さった。とてもよくしていただいて、ありがとうございました。

泣きながら通ったりしたけれど、終えてみると、リオンも全部ちゃんと通ったということは自信につながったようで、人に話すときも、僕は日本の幼稚園にちゃんと全部通ったんだよと話している。
無理に行かせることがプラスになるのかと、毎朝、自問自答を繰り返していたが、やっぱり通わせてよかったと思う。 
[PR]
by stakesue | 2010-10-23 21:46 | 旅行
日本滞在記 7: 温泉旅行2
c0032878_21181731.jpg

朝はお風呂に入った後、朝食をしっかり食べる。
それから、宿の近くにある滝を2つ訪れた。
c0032878_21192297.jpg

c0032878_21195737.jpg

2つめの滝は、滝が2つ並んでいるために、夫婦滝といわれていて縁結びと言われているらしい。
c0032878_21212287.jpg

縁結びの神様。
c0032878_21222499.jpg

滝へ行く入り口にはカフェがあり、面白いお土産が売られていた。
c0032878_21224860.jpg


コスモスが美しかったのだが、私たちが行ったときはまだ開花している数は少なかった。
c0032878_2123371.jpg


甥っ子たちとも一緒に行けて、良い思い出だった。
連れて行ってくれた両親に感謝。
[PR]
by stakesue | 2010-10-23 21:24 | 旅行
日本滞在記 6: 温泉旅行
c0032878_20224029.jpg

両親が甥っ子たちと私たちを1泊2日の温泉旅行に連れて行ってくれた。

リオンは2年前にりんご狩りをしたのが楽しそうだったからといって、今回もりんご園にいったが、よいりんごがなく、りんご狩りは断念。
c0032878_202457100.jpg

ランチを従兄弟の隆ちゃんと。
c0032878_21132120.jpg

じーちゃんに靴の紐を結んでもらうリオン。
c0032878_2111381.jpg

母も孫たちと一緒に九重の山を走る。
c0032878_20315760.jpg

リオンは甥に教えてもらって、ヤッホーと叫び、こだまに耳を傾けた。
c0032878_20333413.jpg

c0032878_20342248.jpg

温泉の宿にチェックインした後は、散歩。
刈り入れを待つ稲穂を見たり、栗を拾ったり、走ったりした。
c0032878_2192722.jpg

c0032878_2195617.jpg

c0032878_21143639.jpg

夕食は、リオンと隆ちゃんは、お子様セット。食べきれないほどの料理が運ばれてきた。
c0032878_21141963.jpg


温泉はリオンも大好き。夕食前に、1回、食後に1回、朝1回と合計3回お湯につかった。
c0032878_211556.jpg
c0032878_21152439.jpg

私もすっかりリフレッシュ。
[PR]
by stakesue | 2010-10-23 20:26 | 旅行
日本滞在記 5: 体育の日
c0032878_19555389.jpg

体育の日は、甥っ子たちの運動会を見学に行った。
リオンは来年1年生なので、旗取りに参加させてもらった。
c0032878_19563749.jpg

c0032878_19551227.jpg

c0032878_19573385.jpg

お昼はみんなでお弁当を食べた。
c0032878_19581459.jpg

c0032878_19583483.jpg

甥たちは、かけっこ、組み体操、ダンス、応援団などで活躍していた。
c0032878_19593088.jpg

お昼ごはんが終わってからは、リオンも退屈してきたので、運動会の会場を出て、福岡タワーに向かった。
c0032878_2061375.jpg

福岡タワーでは、年に2回、非常階段を開けて、577段、123mの階段を登るイベントが行われるそうで、体育の日は、その一日。リオンにそのことを伝えると登りたいと言っていたので、挑戦することにした。
私は、運動会の会場にカメラを忘れてしまっていて、登っているところ、頂上からの眺めなどを写真に収めることができなかったのが、とても残念。
リオンは高いところが苦手なので、途中、挫折しかけたことが何度かあったが、時間をかけて制覇した。
c0032878_209423.jpg

かかった時間は15分。 今までの最短記録は3分だそう。
登り終わったあとは、爽快な気分だったようだ。
参加記念のバッチ、ドリンクを地上に戻っていただいた。
福岡タワー http://www.fukuokatower.co.jp/index.php

福岡タワーから、親戚の家に挨拶に行き、夜は兄と妹の家族が集まり、夕食を食べた。
この日の移動はすべてリオンを後ろに乗せて自転車を漕いだが、かなりの運動量だった。

リオンは大好きな私の兄と兄の息子にサッカーをしながら遊んでもらい、楽しそうだった。

従兄弟たちとの写真。
c0032878_2016599.jpg


家族の写真。
c0032878_20162595.jpg


家族はいいなと思う。
[PR]
by stakesue | 2010-10-23 20:17 | 旅行