ブログトップ
<   2009年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧
おしりんぼくん
リオンは、結構、言葉の遊びのようなものが好きで、英語でも韻を踏んでいる文章などが好きだし、自分でも作って言ったりすることがある。

ほんの少し、日本語が上達したリオンが作り出したキャラクターを今日は紹介したい。
名前は、「おしりんぼくん」。リオンのオリジナルのネーミング。
ある日、リオンは自分のことを、「ぼく、おしりんぼくん」と言っていたので、笑ってしまった。自分で自分のことを「おしりんぼくん」と呼ぶのは、面白いらしいが、私から呼ばれると嫌らしい。

今日は、雨だったし、「おしりんぼくん」のキャラクター作りをしようと思った。
リオンに「おしりんぼくんは、どんな顔?」と聞くと、「おしりの顔に、目がついていて、身体もおしりの形をしていて、手とか足もおしりの形なんだ。そしておしりんぼくんの家も、おしりの形をしているんだよ。」という。
じゃあ、おしりんぼくんは、こんな感じ?と描いてみた。
c0032878_0133075.jpg

「そうそう、こんな感じ。」
「りおん、気がついた?おしりんぼくんの形は、ハートを逆にしたものだよね?」と私。
「うん、だから、ハートをここの胸のところに書いてくれる?」とリオン。
「おしりんぼくんは、愛に満ちた子なんだね。」
「そうだよ。」

実は、おしりんぼくんを書いた後、おしりんぼくんママ、パパ、お友達、家と描いて行ったのだが、リオンが家からの道を書いて、絵が見えなくなってしまったので、上の写真は後で書き直したもの。
もう少し、おしりんぼくんと登場人物のキャラクターを詳しくリオンと一緒に作っていこうと思う。

これから先は、おしりんぼくんのお話をリオンと作ってみたらいいかなと思っている。 できたら、お話を4コマ漫画とかにできるといんだけどなあ。
[PR]
by stakesue | 2009-12-30 00:22 | 利音のストーリーテリング
列車
c0032878_002476.jpg

雨が毎日のように降っているので、今日はほとんどを家ですごした。

上の写真の板(車輪付き)を、タイルの上で動かすと列車のように、がたん、ごとん、と音を立てる。それで、リオンは、列車を作りたいと言い、昨日、夫とリオンが列車を作った。乗客はテディーたち。

乗客のテディーたちと写真を撮りたいというので、記念撮影。
c0032878_032289.jpg


最近は、いろんなものを作りたいとリオンが言い、準備をして、自分のアイディアをいろいろと出している。

昨日の夜も、マーブルランを作ると言い、材料を含む計画を紙に書いてから、実際に自分で作り始めた。
結局、リオンが計画したものでは、うまくマーブルラン(ピタゴラスイッチのようなもの)はできなかったのだが、それでも、計画を自分で立てて、紙にそれを書いて、実行に移すというプロセスを踏んでいることに感心した。
[PR]
by stakesue | 2009-12-30 00:04 | 利音と私のアート&クラフト
クリスマスホリデー
c0032878_23483988.jpg

27日は、恵子さん、真澄さんの家族とCalypso Bayにあるパブにピアノのデュオのライブを聴きに行った。
子供たちは、音楽は全く聞かずに走り回って遊んでいた。大人も音楽を聴くというよりも、おしゃべりに夢中といったところだった。
c0032878_23521690.jpg

パブはハーバーにも面していてとても雰囲気が良かった。だが、ドリンクも食事も結構高め。私たちは、ランチは済ませていたので、ドリンクだけを頼んだ。
ライブもよく行っているようなので、チェックしてまた、来てみたい。

夜は、お友達とネラングのチャイニーズで食事をした。
ここのチャイニーズは本当に美味しいし、値段も手ごろ。特に蒸し鶏が最高に美味しい。ただし、蒸し鶏は、前日までにオーダーしておかなければならない。ゴールドコースト近辺にすんでいる方にはとてもオススメ。
オーナーは、中国人と日本人のカップルで、私は、奥様と一緒の会社に1990年に来た当時働いていた。

Highland Court Chinese Restaurant
Address: Explorer Way, Nerang, QLD, 4211
Australia
Ph: (07) 5574 9663

28日は、夫の兄家族が家に来てくれたので、一緒にランチを食べた。リオンは、レゴやDVDや本などプレゼントをたくさんいただいた。

クリスマス休暇はあっという間に終わり、夫はカレンダーどおりに働いているので、今日から出社した。
[PR]
by stakesue | 2009-12-29 23:59 | 日記
クリスマス BBQ
c0032878_23432391.jpg

毎年、クリスマスは夫の家族と過ごしていたが、今年は妹家族がイギリスに行っているので、クリスマスはお友達と過ごした。
c0032878_9234054.jpg

お昼前に、恵子さん家族、真澄さん家族、かすみさん家族とゴールドコーストのラブラドールでBBQをした。かすみさんは、ターナーを連れてきていたので、ビーマもお友達とクリスマスを過ごすことができた。ビーマは、相変わらずボールを追いかけ、ボールを追いかけるビーマをターナーが追いかけていた。
c0032878_23485736.jpg


BBQをしたすぐ隣に遊具があったので、子供たちはそこで遊んだりしていた。
水着を着て泳ぐ気が満々だったのは私たち家族だけだった。リオンはブギーボードを初めて使った。
c0032878_23475653.jpg

c0032878_23534952.jpg

波が全然なかったので、今度はもっと波があるところに連れて行ってあげたい。

夕方になって、子供たちがアイランドに行こうというので、潮が引いて陸ができているところを歩いた。
c0032878_23565077.jpg

くらげとくらげの赤ちゃんが大繁殖をしていて、子供たちは死んだくらげや赤ちゃんくらげを集めた。ビーチにいる男の子から聞いたのだが、くらげは死ぬと足が抜けてしまって、頭の部分だけになり、硬くなるそうだ。
c0032878_00086.jpg

赤ちゃんくらげは波が残した大粒の涙のようで、透き通っていてきれいだった。
c0032878_01299.jpg


リオンは最初は死んだくらげや赤ちゃんくらげを怖がっていたが、慣れるといくつも集めて、いつものように持って帰るというので、死んでいるくらげだけ、ボールに入れて持ち帰った。私は、リオンが頼んでもいないのに、海草まで拾った。みんなに食べるの?とからかわれたが、なんだか珊瑚みたいな形できれいだったので、持ち帰ることにしたが、どうするかは考えていなかった。

家に帰って、死んだくらげと、海草と、以前から持っている貝殻をボールに入れて、リオンの海を作り、ダイニングテーブルに飾った。写真では、クラゲは透明なので、どこにいるのか見えにくいが、5つぐらい入っている。
c0032878_033913.jpg

リオンはご飯のときに、くらげをまた触っていいかと聞き、ご飯を食べた後でまた触っていた。

楽しいクリスマスだった。
[PR]
by stakesue | 2009-12-27 00:07 | 子育て:利音の成長
クリスマス プレゼント 
c0032878_2331257.jpg

クリスマスイブの夜、リオンはサンタに手紙を書いた。「プレゼントをありがとう。サンタさんのこと大好きだよ。トナカイさんも大好きだよ。」とリオンが書きたいというので、私が代筆した。そして、リオンはカードにサンタさんが赤い袋を持っている絵を描いた。それが上の写真。トナカイも描いていたのだが、かなりサンタとの距離があったので、サンタの絵だけスキャンした。

クリスマスの日は、7時半くらいに起きて、枕元にサンタさんからのプレゼントを発見して、「サンタさんが、来た!」と興奮し、サンタからのカードを私が読み、プレゼントを開けた。中身は、レゴの消防車とスターマスターという部屋中に星が広がるインスタントプラネタリウム。サンタからのカードには、「ビスケットとミルクをありがとう。似顔絵もありがとう。君はレゴが好きだから、レゴの消防車を選んだよ。宇宙が好きだから、星をプレゼントするよ。」と書いてあった。
c0032878_23382491.jpg

どちらもとても喜んで、次はツリーの下にある私たちからのプレゼントを開けに階下に急いだ。
c0032878_925142.jpg

私からは、プラネットの本と、キッズ用のサイエンスの本、車のゲーム、そして夫からはマーブルラン。
c0032878_23393171.jpg


リオンはたくさんのプレゼントを喜んでいた。
[PR]
by stakesue | 2009-12-26 23:41 | 子育て:利音の成長
おくりびと
c0032878_2333146.jpg

クリスマス前に、ゆみちゃん、かすみさんと「おくりびと」を見に行った。
ゴールドコーストのアートセンターは外国映画やアート系の映画などをよく上映している。「おくりびと」は、12月の2週間だけの上映。本を読んでいたので、ストーリーを知っていたが、映画の方が感動した。
本と映画で、本よりも良いと思った数少ない映画のひとつだった。
英語の題名は、"Departures" 旅立ちという意味。それ以外に、ぴったりするような言葉は英語にはない。日本語は美しい言語だと思う。

亡くなった人の体を拭くシーンがあったが、義母が亡くなったときのことを思い出した。義母が病院で亡くなったとき、看護婦さんに頼んで、身体をきれいに拭いてあげたい旨を申し出た。いつもきれいにしている人だったので、牧師さんが来て、お祈りを捧げる前に、きれいにしてあげたかった。(こちらでは亡くなると、すぐにまず牧師さんが病室に来てくれ、お祈りを捧げてくれるということを知った。)身体を拭いて、着替えをさせて、お化粧をして、そのとき、母の化粧道具から彼女の口紅を出して塗った。
大切な人を亡くなっても丁寧に扱ってもらえることは、遺族にとって本当にありがたい。映画で、納棺してもらった家族がお礼をいう姿をみて、そういう気持ちがよく理解できた。
納棺の一連の儀式は、とても神聖で美しく、細かいところまで気を配っていて、日本の美意識を感じた。
山形の景色も、チェロの音楽も美しかった。

ここ何年も、映画をほとんど見ていないので、これからはもう少し頻繁に見に行きたいなと思う。

映画の前に、アートセンターのカフェでランチを食べたのだが、結構おいしかった。私はチキンを、かすみさんとゆみちゃんは、ビーフサラダを頼んでいた。
c0032878_2327418.jpg


かすみさん、ゆみちゃん、私は、オーストラリアに1990年に来た。来年の9月で在豪20年。記念に3人でどこかに出かけたいねと話している。

友達でいてくれて、ありがとう。
c0032878_2305047.jpg

[PR]
by stakesue | 2009-12-26 23:30 | 私事
Christmas Carol
c0032878_2120494.jpg

日曜日は、ジェイコブズ・ウエルでのクリスマスキャロルに、恵子さん、真澄さんの家族と行った。

お友達がクリスマスソングを何曲か歌ったが、音大出身の彼女はとても声量のあるきれいな声で素敵だった。一緒に歌っていた彼女のお友達とのデュエットでお友達の方もとても上手だった。
c0032878_22112156.jpg


和太鼓のパフォーマンスもあった。「絆」というゴールドコーストを拠点とする和太鼓のグループらしいが、キリっとしていて格好良かった。私も習いに行ってみたい。
c0032878_2284773.jpg


消防車に乗ってサンタが現れ、子供たちにキャンディーを渡してくれたりしてくれ、結構盛りだくさんの内容で楽しかった。
リオンはリオと一緒だったので、とても楽しかったようだった。
[PR]
by stakesue | 2009-12-22 22:10 | 子育て:利音の成長
プレイデイト
金曜日はリオンのプリプレップのお友達が2人遊びに来てくれた。
リオンも金曜日をとても楽しみにしていたし、お友達のお母さんも、子供に「今日は、リオンの家に行く日か?」って毎日聞かれていたことや、当日出かけるときに、いつもならとても時間がかかるのに、準備万端でせかされたくらいだったと話していた。

リオンは一番わんぱくな子供たちと仲がよかったのだが、その中の2人が来てくれた。グループにはあともう一人いるのだが、予定が入っているそうで、来れなかった。

事前にリオンと何をするかを話し合い、クリスマスクッキーを作ること、空き箱で車かロケットを作ること、をプレイデイトの中に含めることにしようということになっていた。

当日、一人のお母さんは一緒に残り、おしゃべりを楽しんだ。彼女は写真家で、自分でビジネスをしているということから、共通するものを感じているので、楽しかった。

子供たちは、奇声を発して走り回ったりはしていたが、ひどく散らかったくらいで、ものが壊れたりということもなかったし、無事に終わった。

クッキーは作ったのだが、空き箱工作ができなかったことを、リオンはすごく残念に思っているようなので、次回、また招いたときに、実現したいと思う。

来週は是非うちに来てほしいと誘われている。クリスマスイブの日なので、ちょっとどうかなあと思っているが、今のところお邪魔することになっていて、リオンは楽しみにしている。
[PR]
by stakesue | 2009-12-21 00:22 | 子育て:利音の成長
作ったものいろいろ
今週はリオンのプリプレップが終わったこともあり、いろんなものを作ってみた。

ひとつは天秤。ハンガーが平行であれば、同じ重さ、傾いていたら下がっているほうが重いことを説明した。
c0032878_2345199.jpg

持っているミニカーのうち、どれが一番重いかを調べたりした。
c0032878_2346920.jpg


もうひとつは、バクガン入れ。
c0032878_23475519.jpg

私は、リオンはプロダクトデザイナーとか結構向いているかも、と思うのだが、彼が作りたいもの、作ってほしいものはかなり具体的であり、機能性とデザイン性を考慮しているように思える。
今回は、カードがスライド式にでてくる箱、その上にバクガンをいれる箱をくっつけて、腕時計のように腕に巻けるようにしてほしい、箱の色は赤で、という要望。すごく細かい。
ちょっと考えて用意したのは、コーヒーフィルターが入っていた箱(カード入れ)、輪ゴムが入っていた箱(輪ゴム入れ)、コードなどを束ねるマジックテープ。(マジックテープはバニングズというDIYのお店で見つけた)
c0032878_23494760.jpg

フィルターの箱は半分に切って、半分をスライドして入るように形を小さめに作り変えた。最初は全部赤の箱にしていたが、バクガンカードをスキャンしてプリントしたものをバクガン入れの箱に入れ、黒のテープを貼りアクセントにした。リオンにマジックテープも黒にしてみたらどうかと聞いたが、赤が良いというので、赤にした。
c0032878_23582081.jpg

リオンも出来上がりには満足。私も満足。
c0032878_23572835.jpg


リオンは、算数や科学に興味があるようだが、私は理数系は大の苦手。これからどうやって、リオンの興味を伸ばしてあげるようにするかは、今後の課題。 とりあえず、クリスマスにキッズ向けの科学の本と宇宙の本をプレゼントすることにしている。
今週、ますみさんから、娘さんが読んでいた科学に関する子供向けの本をたくさんいただいた。すごくいいタイミングで、本当にありがとう!
c0032878_024749.jpg

リオンはすごく喜んで、毎日違う本を読んでくれと頼まれる。私が読んでも、ためになる本で、その中からリオンの大好きなロケットを作ることにした。
c0032878_041589.jpg

まねして作ってみた。
c0032878_054311.jpg

30cmくらい飛ぶのだが、リオンとしては天井まで飛ぶようなものがいいな、だそうだ。ガクッ。
感謝してよ~、せっかく作ったのに~。


そして、日本のガチャポンで買ったコマがスピンしている間にマジックで色をつける、というのをやった。
c0032878_085356.jpg

かなり楽しかったようで何度も繰り返していた。私の分には、ピンク、赤、黄色、紫を使ったものを作ってくれた。
c0032878_093099.jpg

[PR]
by stakesue | 2009-12-21 00:09 | 利音と私のアート&クラフト
ブリスベンのクリスマス
c0032878_23195496.jpg

ブリスベンのマイヤーセンターで毎年行われているサンタ列車に乗るためにブリスベンのシティに行った。

街はクリスマスの飾り付けやイベントが行われていて、大道芸人もいつもよりも多かった。天使のオブジェがかわいかった。
c0032878_23193315.jpg


去年もその前の年も何度も繰り返し乗りたがったサンタ列車だが、今年は一度だけで良いと言った。来年からはもう来なくていいかもしれない。本人はとても楽しかったとは言っていたけど。。。
c0032878_2322227.jpg


ここで、シドニーで旅行会社に勤めていたときにオパールの営業をしていた人に会った。お互いに顔をよく覚えていて、懐かしくて少し立ち話をした。彼女も子供が2人いて、ママ友たちと一緒に来ていた。

サンタ列車の隣で行われていたサンドアート(色のついた砂で塗り絵をする)をリオンもやってみたいというので、シートを購入してやってみた。リオンは丁寧にやっていた。出来上がりはこれ。
c0032878_23274537.jpg


マイヤーセンターを出た後、帰るか、シティの中の図書館に行くか、サウスバンクに行くかと聞くと、シティの図書館に行ってみたいというので、入ってみた。
シティの図書館はサウスバンクの州立図書館に比べるとかなり小さい。キッズコーナーには、クラフトのアクティビティーが用意されていて、紙を主に使用したもので、ほとんどの子達は帽子を作ったりしていた。リオンに何か作りたいかと聞いたら、ロボット。箱とか、土台になりそうなものがないし、帽子にしたら?と聞いたが、ロボットを作りたいという。リオンは、声は小さめだったりするが、何をしたいかとか、何を作りたいかと聞かれたときに、「わからない」とか「何でもいいよ。」ということが、ほとんどない、いつもやりたいことは、はっきりしている。銀色の硬そうな紙があったので、それを折り曲げて土台を作ることにした。土台を作ったあとは、リオンが、シールを貼ったりして、仕上げていった。
c0032878_23381650.jpg

途中、主催をしていた人から、「おお、ロボットを作ったのは君が初めてだ。写真を撮らせて。」と言われたり、子供が2人ほどやってきて、「あなたのロボット素敵だと思う。」と言われ、リオンはうれしそうだった。
リオンはストローにモールを差し込んで武器だと言い、いくつか作り体の側面につけたり、手に持たせたりしていた。結構、良いアイディアだと感心した。背中にはロケットを搭載した。上の写真を撮ったときは、家に持ち帰ったあとで、帰る途中に手や武器が取れてしまったので残念だったけれど。。。

c0032878_23412279.jpg

帰りの電車の中で、リオンからのリクエストで紙で電車を作って遊んだ。私は電車に乗るときは、色ペン、何色かの紙、はさみ、ホッチキス、セロテープなどを持ってでかける。行きにも何か作ったが、ちょっと思い出せない。

リオンは帰ってきた後、電車とロボットを作ったことがとても楽しかったと言っていた。
[PR]
by stakesue | 2009-12-20 23:42 | 子育て:利音の成長