ブログトップ
<   2009年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧
リオンの車 (手作りおもちゃ)
c0032878_21331724.jpg

うちの庭でリオンがもっと遊びたいと思えるものを増やしたいと思い、あれこれ考えてみたが、砂場に車のハンドルとかつけて、ドライブごっこをするのはどうだろうと思いついた。リオンに話したら、良いアイディアだという。

それで、今日は、近くのフリーマーケットに出かけた。このフリーマーケットは入場料が必要で、大人一人1ドル、子供は無料。車のハンドルカバーは見つけても、ハンドルは見つからなかった。
それでも、食料品やキッチン用品、植物などを買った。
リオンと私はハンドルが見つからなかったことにがっかりしていたが、夫がレッカーに安いのだと5ドルくらいであるかもしれない、と言い、マーケットから遠くないところにあるレッカー会社に行った。

ここは、子供はレッカー車が積み上げているところには安全性の問題で入れないようになっている。そして、足をきちんとカバーしている靴を履いていないと入れない。ぞうり履きはお断りである。
入り口のところで、子供のカビハウスに使いたいのだが、安いハンドルある?と聞くと、これはどう?とすぐに出してくれた。料金を聞くと、5ドル。安い!買うことにした。
私はブレーキのペダルとかもあるといいんじゃないかと夫に言い、夫はレッカー車の山の中にめぼしいものがないか探しにいった。
私とリオンは、私たちが見て回れる場所を見て回った。そこで、車のライトや速度計など色々な計器がついている部分(なんというのかわからない)があるといいなあと思った。それにこういうのもあるといいわねえ、などと夢を膨らませつつ物色した。
今度いつかレッカー車の山の中も見てみたい。

こういったレッカー車を積み上げているところは、道具を持参しなければならない。自分で壊れた車の山からモデルを探し、必要な部分を持参した道具で取り外し、カウンターに持って来てお金を払うシステムらしい。

夫は、車を解体できるような道具を持っていなかったので、あまり時間をおかずに手ぶらで戻ってきた。計器を見せてこういうのが欲しいと言うと、以前150ドルで買ったスバルを改良しているときに取ったものがあるかもしれないという。ヘッドライトもあるかもしれないと言われて私もリオンも喜んだ。

家に戻ってガレージの中を夫が探して、計器とヘッドライトを見つけた。
リオンも私も興奮した。
ランチを食べ、すぐに車の製作に夫は取り掛かった。
材料は板(何に使ったものかわからないが、丁度良い木の板を夫は持っていた)、計器、ハンドル、ヘッドライト。
私は車の部分を部屋に持ち込んだり、場所を移動させることができるといいなと思っていたのだが、夫も同じ考えだったようだった。私には具体的にどうやったらいいのかは全く考えていなかったので、夫はランチを食べながら色々と考えているようだった。
c0032878_21501046.jpg

夫は真ん中の部分が空いているハンドルをどのように装着するか考えていたようだったが、ハンドルと板の間に小さな板を挟み、下の板に上の板がクルクル回るように取り付け、上の板にハンドルを取り付けたので、うまくハンドルも回る。
計器は板をぴったりの大きさに切ってはめこんだ。
c0032878_21564620.jpg

できあがってから、いすがあるといいねえと話していると、夫が古いブランコのシートを持ってきた。
バックミラーもあるといいなと思い、とりあえずは、うちにあったつかっていない鏡をつけた。
夫は鍵の場所、CDをかける場所、ウィンカーなどを付け足した。
横にテディベアたちの席を作り、リオンはドライブに出かけた。結構、飛ばしているらしい。
c0032878_21593050.jpg

夫は、砂場の脇にもうひとつ板を渡してタイヤをつけるといいかもしれないなと言っていた。

夫はいつもそうだが、私のアイディアをより良い形で実現してくれる。

リオンも喜んでいた。これからもっと裏庭で楽しめるといいなと思う。
c0032878_2242697.jpg

そして、マーケットで買ったアマリリス?を砂場の隣のガーデンベッドにある2つのバードオブパラダイスの間に植えた。
[PR]
by stakesue | 2009-09-27 22:04 | 利音と私のアート&クラフト
手作りおもちゃ、野外の楽器
c0032878_2118763.jpg

古くなってしまったので、使わなくなっていたナイフやフォークなどの使い道を考えていて、砂場で使おうと思ったのだが、ウインドチャイム兼野外の楽器にすることにした。
場所はデッキと裏庭とどちらが良いと思うかと聞くと、リオンは裏庭が良いというので、砂場の隣の木の枝をつかうことにした。
木の下はあまり風がこないので、ウインドチャイムの役目はあまり果たさないようだが、スプーンで叩いたりしながら音を楽しんだ。

c0032878_21202932.jpg

外の木に吊るす前に、キッチンでフォークなどを糸に結びつけていたのだが、リオンが音を聞いて、きれいだと言い、絵を描きたいと言った。
絵は吊り下げるまで待って、と伝えた後、吊り下げて楽しんだ後は、描きたい意欲は失せてしまったようだった。
音を聞いてインスピレーションが沸いたようだったのに、申し訳ないことをした。
今度は裏庭でお絵かきしてもいいかもしれない。

今度、フリーマーケットやチャリティーショップできれいな音がでそうなものを見つけたら足していこうかなと思う。
トライアングルとかも欲しいなあ。

こういうので音階とか作れるといいんだけどな。
[PR]
by stakesue | 2009-09-26 21:29 | 利音と私のアート&クラフト
Workshop @ GoMa
水曜日はダスト・ストームで、土ぼこりであたりはあまり見えなくなっていた。
恵子さんとホワイトウォーターワールドかサウスバンクに行こうと話していたが、ストームで危険な感じがしたので、中止。恵子さんの家で遊ばせてもらい、夕方ちょっと近くの公園で遊んだ。
木曜は、前日の埃が嘘のように消えて快晴。ホワイトウォーターワールドに恵子さんたちと行った。結構、風があったせいか、寒かった。スクールホリデーなので、平日でも結構な人だった。
カメラは持っていかなかったので、今回は写真がない。

そして、今日はリオンとサウスバンクに出かけた。
着いて、リオンはまず図書館に行きたいというので、図書館のキッズコーナーで遊んだ。ここでリオンは丸や四角の色紙を使ってコラージュを作った。本人曰く、宇宙船なのだそうだ。

それから、GoMa(ギャラリー・オブ・モダンアート)に移り、ランチを食べて、スクールホリデー中に行なわれているお目当ての飛行機を作るワークショップに参加した。
c0032878_23503853.jpg

美術館で行なわれているトドラーチューズデーという幼児向けのプログラムに通っていたときや、キッズコーナーで行なわれているワークショップでよく見かけるインドネシア系の女性がいるのだが、彼女自身もアーティストでご主人もアーティストだと聞いていた。このワークショップはご主人と彼女が行なっているようで、このプロジェクトには3年かけていること、12月から行なわれるアジア・パシフィック展で、今まで自身やみんなが作った飛行機を展示するのだと話してくれた。
沢山、あって大変だと思うけど、飛行機はこの美術館内に保存しているの?と聞いたら、一部はこの美術館で、家にも沢山あるのよと話してくれた。

飛行機は廃棄物を利用したもので、接着剤を用いていないことが特徴。紐でしばって形をつくる。私たちがいったときは、ペットボトルのようなものはなかったので、布をメインボディーに使用して、色を合わせることに重点を置いて作った。
白と赤の飛行機、チョコレート色と緑とオレンジの飛行機、そしてリオン作のロケット。
リオンのロケットは私が紐を結んであげたが、リオンのアイディア。写真ではわからないが、2段階になっており、ロケットが分かれるようになっている。
私が隣で夢中になって作っている間に、彼も自分で考えて私が紐で結んだボディを2つ利用して作っていた。

リオンはこういうところに参加するといつも全部持って帰りたがるのだが、私は展示の中に自分の作ったものが見つけられたらいいなと思い、一番大きなチョコレート色の飛行機は置いていきたい旨をリオンに伝えると同意してくれた。12月が楽しみだ。

以下は、他の人たちが作ったもの。
c0032878_023870.jpg

お父さんが手伝って作っているのを見かけたが、こういう作品は父親のものが結構細部まで行き届いていてよくできている気がした。そうやって作品をみていると、これはお父親が手伝ったものかなあというものがある。
c0032878_032311.jpg


c0032878_054546.jpg


もうひとつ、新しいアクティビティーがあったので、こちらも参加。
c0032878_063337.jpg

洋服をデザインして、キャットウォーク?に飾るというもの。
c0032878_072190.jpg

人間のモデルはすでに切り抜かれたものが用意してあり、男性用と女性用の服のテンプレートがあり、色んなプリントから選んでテンプレートを使って切り抜き貼り付けるというもの。
リオンは男性用を作り、私は女性を作った。
c0032878_0221766.jpg

このテンプレートを使用するというのは最近多いアクティビティーだ。

リオンは、こちらのアクティビティーよりも、飛行機のほうがやっぱり楽しかったみたいだった。
私も想像性、創造性という点からも、飛行機のワークショップは素晴らしいと思った。

アートギャラリーの後はサウスバンクで泳がせようと思っていたが、ギャラリーを出るときには3時近くになっていたので、プールには行かずに帰った。
10時半くらいには着いていたのに、かなりな時間を過ごしたことになる。
リオンは、GoMaでのアクティビティーが好きなようで、いつもサウスバンクのアートギャラリーに行くよというと、喜ぶ。アクティビティーも結構長い時間取り組んでいる。

来年学校に行くようになると、訪れる回数は少なくなるかもしれないが、ホリデー中のワークショップの参加は続けたいと思う。
[PR]
by stakesue | 2009-09-26 00:11 | 利音と私のアート&クラフト
モノポリー ジュニア
c0032878_23203529.jpg

今リオンが一番気に入っているゲームは、モノポリー。

スネーク&ラダーというゲームが好きだったので、他にもボードゲームを買ってあげようかなと思い、2つのゲームがセットになっているものを買った。

普通は、お風呂に入ってから、本を読む前にゲームをする。一緒に買ったClueDoというゲームも好きだが、モノポリーは何度やっても楽しいらしい。そして、殆どの場合、リオンが勝っている。私はゲームに弱いのだ。
c0032878_23245223.jpg


遊んでいるのはモノポリージュニアというリオンぐらいの年齢の子供に適したゲームで、お札は1ドル、2ドル、3ドル、4ドル、5ドルと小額で種類が少なく、購入するものは、遊園地のチケットブース。チケットブースの値段もお札と同じ金額しかない。
このゲームでリオンは足し算を覚えている。4ドルを払うのに、4ドル札が無い場合は、2ドル2枚か3ドル1枚と1ドル1枚、2ドルを1枚と1ドル2枚、1ドルを4枚、といった具合。1つの値段を払うのに色々な方法があるというのを学べるのも良いと思う。ゲームで覚えると早いんだなあと思う。
リオンは、言葉よりも数字のほうがどちらかというと得意かもしれないと思う。
それは男の子の特徴でもあるらしいけれど。。。

私も子供の頃、人生ゲームが大好きでかなり遊んだが、ボードゲームにはこういう利点があるんだなというのを今回リオンと遊んでいて気がついた。

私は少し飽きてきているので、カルタをしようと言ったりして他のものを薦めたりするのだが、カルタも好きではあるが、やっぱりモノポリが一番のようだ。
[PR]
by stakesue | 2009-09-25 23:38 | 子育て:利音の成長
テレビ、外遊び
c0032878_2226332.jpg

プリプレップやキンディーの無い日や空いている時間にリオンがテレビやDVDなどを長く見ていることが気になっていた。テレビを消しなさいというと、口答えをする。
1週間ぐらい前に、リオンと話し合いを持った。テレビが与える影響について(肥満の問題、脱力感、想像性への影響など)と、リオンの年齢では、最高でも一日2時間までが限度であること、を話した。リオンは、確かにテレビを長く見ると疲れた気分になるといい、私が一日多くても2時間までというと、リオンは1時間にしたいと自分から言ってきた。
それで、朝起きてから夜寝るまでの一日にするべきことの手順についても確認することにした。
朝、起きてからすることは?と聞きながら、紙に書き出していった。起きて着替えた後、ベッドを直すこと、夕食のテーブルセッティングも新しくいれることにした。それまでリオンがまかされているのは、ビーマのエサやりぐらい。テレビを見てもいいのは、朝しなければいけないことをすべて終えて、最大で30分。夕方、夕食前に最大30分。リオンもそれで良いと納得した。

私もついつい自分が掃除や洗濯をしている間にテレビを見ていても自分にとって楽なのでそのまま見せたりしていた。自分の生活態度も改めることにした。前日の夜に寝るのが遅くなったとしても、水曜日や週末、リオンが起きていても、もうちょっと、と思って寝ていることがあったが、土曜は夫が起き、日曜は私が起きることにした。掃除や洗濯は夜にできるだけすることにした。(掃除機は夜はかけられないけれど、それ以外は夜にある程度行なう。)

テレビを見る代わりにできる遊びについても話し合った。最初にリオンから、砂場で遊ぶというのが提案された。うちに砂場を作ったのに、随分ながく遊んでいなかったことに気がついた。リオンがキンディーで一番好きなのは外遊びで、砂場で遊んだり、パワーレンジャーごっこをしたりするのが楽しいと言う。
それなら、うちの砂場も使おうね、と話した。
他にもできることを書き出してみた。

話し合いの翌日、リオンは一日テレビを見なかった。今日で1週間くらいだが、テレビを見る時間は減り(自主的に)、ご飯ができたからテレビを消してテーブルにいらっしゃいというと、すぐに来るようになった。そして30分経ったよというと、自分でテレビを消す。

先週末は、庭で午後、3時間くらいを過ごした。
砂場では泥団子などを作ったりした。
c0032878_22473182.jpg

お庭で、使用済みのとても小さな鳥の巣も発見。
この巣は、リオンの部屋の木に移した。
c0032878_22533356.jpg

カビーハウスを作って、テディベアたちのベッドも作って、いわゆるママゴトのようなこともやった。リオンはテディベアたちの世話をするのが好きだ。
c0032878_2365215.jpg


テレビを見るのと、砂場で遊ぶのとどっちが楽しいかと聞くと、砂場だと答えていた。

私はテレビを見ないので、必要ないのだが、夫はテレビが結構好き。夫にも協力を求めた。

話し合って見ていい時間を本人に決めさせたのがよかったのか、驚くくらいの効果だ。
[PR]
by stakesue | 2009-09-25 23:04 | 子育て:利音の成長
リオンのパジャマデー、私のサンクチュアリーコーブ
c0032878_22243873.jpg

先週の金曜日はプリプレップの今学期の最後の日だった。
その日はパジャマデーで、パジャマで登校して、ポップコーンを作って大きな画面で映画をみんなで観て、ランチは先生たちがソーセージを焼いてくれてみんなで食べ、アイスキャンディーがデザートに出る、ということを前日に先生から聞かされ、リオンはとても興奮していて、楽しみにしていた。

当日、子供たちは、みな一日中、かなり興奮していたそうだったが、大成功に終わり、みんなとても楽しんだそうだった。迎えに行くと、スクリーンに子供たちが楽しんでいる姿を撮影したイメージギャラリーが放映されていた。
リオンもすごく楽しかったと言っていた。

2週間のスクールホリデーがあり、10月に最後の学期が始まる。
10月末から3週間日本に行くので、またお休みしなければならない。
そうしているうちに、あっという間に、来年になり、学校に行くことになるんだなあ。(こちらの義務教育は日本よりも1年早くから始まる。)

私はなおちゃんと日本から来られているなおちゃんのお母さんとサンクチュアリーコーブでランチを食べた。
とても良いお天気で、カフェからヨットハーバーを眺めながらいただいた。2-3ヶ月ぶりにサンクチュアリーコーブに出かけたが、カフェやレストランが増えていた。
前になおちゃんと2人で行ったカフェに入ってランチセットを頼んだ。前回も結構おいしかったと記憶していたが、今回もおいしかった。ただ、量が多くて、私には珍しく全部食べきれなかった。
なおちゃんのお母さんにご馳走していただいた。ありがとうございました。
c0032878_2384384.jpg

私はなおちゃんからなおちゃんのお母さんの話を聞くたびに、なんて素敵なお母さんなんだろうと思っていて、お話をしてみたいと思っていたので、今回ランチに行けてうれしかった。
今回お話をしていて素敵だなあと思ったのは、なおちゃんが子供のときにお母さんが作ったお話を、なおちゃんが自分の子供たちに話していて、世代に渡って受け継がれているという点。それもとっても可愛いお話。
なおちゃんの家ではご主人のフィルさんもお話を作るのが上手で子供たちにシリーズで聞かせているお話があるそうだ。
なおちゃんの子供たちが想像力が豊かなのもうなづける。

私もリオンが自分の子供に語りついでいけるようなお話を作って聞かせてあげたいなあ、と思った。
[PR]
by stakesue | 2009-09-23 22:57 | 子育て:利音の成長
自転車
c0032878_1393519.jpg

日曜日は恵子さんたちと午後、公園に遊びに行った。
最近、自転車を持っていて公園でサイクリングしたりするのだが、日曜は、リオが補助なしで乗れるようになった。
c0032878_13115666.jpg

リオ、おめでとう。

リオンもあと半年くらいしたら、補助なしで乗る練習を始めてみようかな。

c0032878_13131678.jpg

[PR]
by stakesue | 2009-09-17 13:13 | 子育て:利音の成長
スクラップブック
オーストラリアではスクラップブックといって、写真をきれいな台紙に貼り、色んな飾りを施すことが人気だ。
スーパーなどでも、スクラップブックの道具を沢山売っている。
リオンと一緒に雪の思い出をスクラップブックにして幼稚園に持って行こうと思った。

リオンの通うキンディーもプリプレップもShow&Tellという時間があり、子供たちが発表をする時間を設けている。リオンはいつもこのShow&Tellをしたいと言っているので、スクラップブックを持っていくといいと思っていた。

日曜日に写真をプリントしに行くと、ショッピングセンターの中の1箇所は閉まっていて、もう1箇所は機械が壊れていると言われた。
せっかくやる気になっていたのに、がっかりした。

仕方がないので、私がコンピューターで作ることにした。リオンにも何かさせたかったので、タイピングを手伝ってもらうことにした。
私は家でリオンにコンピューターをあまり触らせないことにしている。私はコンピューターは学校に入って使うようになったら教えたら良いと思っている。子供が小さいうちはデジタルよりもアナログでものを作ったり、描いたりしたほうが良いのではないかと思っているからだが、夫はDVDやYouTubeを見せたりしているようだ。リオンはキンディーでもプリプレップでもコンピューターに触っているので、操作は結構知っている。
うちには、Wiiやコンピューターゲームはないので、触れる機会はないのだが、図書館やお友達の家に行ったときに、鮮やかに操作している姿を見てびっくりする。

話がそれたが、画面を見ながら、リオンはタイピングを打つのもうれしそうだった。長くなるにつれて、飽きたようで、ヘディングだけを打たせて後は私が入れた。
c0032878_1243171.jpg

c0032878_12432086.jpg

c0032878_12433624.jpg

c0032878_12435018.jpg

使用ソフトはInDesignというカタログなどを作成したりするプロ使用のソフトなのだが、今回は既存のテンプレートを組み合わせて使用して作成したので、時間はあまりかからなかった。
ハンドメイドの素晴らしさには及ばないが、文字の修正、写真の入れ替えなども簡単にできる、時間の短縮が、デジタルの魅力だろう。

リオンは、月曜にキンディーに持って行き、発表をしたそうだ。今日はプリプレップに持っていった。上手に発表できたかな。

オーストラリアでは、プレゼンテーション(発表)をすることを小さい頃から奨励しているようだ。私がこちらで大学院に通ったときも、毎回グループか単独でパワーポイントを使ってプレゼンテーションをしなければならなかった。最初は言葉が英語であることからも、苦手だったが、回を重ねるごとに慣れ、その後、仕事でもプレゼンをする機会があったが、平気になった。

私は、そういう発表のための準備が好きだ。パンフをつくったり、ビジュアルな素材を用意するのは実際自分の仕事の一部でもある。

リオンが学校に行くようになったら、そういうプレゼンのアドバイスができるようになるかなと思う。少なくともソフトの使い方を教えてあげることはできる。

まだまだ先だけど、自分が得意なことを子供に教える機会が待ち遠しい。
[PR]
by stakesue | 2009-09-17 13:04 | 利音と私のアート&クラフト
父の日のプレゼント
c0032878_12152773.jpg

スキー場に行っているときに、父の日と重なった。
リオンは、起きたときに夫に"Happy Father's Day"と言ってキスしてくれたそうだ。

写真の左のネクタイは、リオンがプリプレップで父の日のプレゼントとして作ったもので、右はキンディーで作ったカード。

父の日とは関係ないが、リオンは箱が大好きである。
c0032878_12192819.jpg

家にあるこの大きな箱は、リオンの飛行機になったり、ボートになったりするのだが、数日前はベッドになり、リオンはこのアイディアを自分で素晴らしいと思ったらしく、その日はベッドに行くのを心待ちにしていた。
リオンはこれを2段ベットだと言っていた。スキーに行ったとき借りた家で私たちが泊まった部屋に2段ベッドがあったこと、いとこの部屋にも2段ベッドがあったことなどで、2段ベッドがお気に入りになったらしい。
[PR]
by stakesue | 2009-09-17 12:24 | 利音と私のアート&クラフト
チェロ、バイオリン、ピアノ
c0032878_1103819.jpg

シドニーで、ベンちゃんがピアノを演奏してくれ、夕食にお邪魔した誠子ちゃんのところでは、息子のひかるくんがチェロ、娘のすみれちゃんがバイオリンを演奏してくれた。

ひかるくんはチェロをはじめて4年だそうなのだが、素晴らしい演奏だった。リオンの大好きなスターウォーズのテーマも弾いてくれたし、チェロの演奏の中で私の大好きな「白鳥の湖」、スパニッシュダンス、など何曲か披露してくれた。
すみれちゃんとひかるくんが2人でバイオリンとチェロを演奏しているのを聞きながら、音楽って人を豊かな気持ちにするなあとつくづく思った。

今日、うちで、リオンはピアノを演奏し、バイオリンを弾きたいといい、久しぶりに弾いていたが、バイオリオンをチェロのように持って弾いたりもしていた。
バイオリンを弾いているうちに、習ったことを少し思い出したみたいだった。
リオンちゃん、楽器を習うとしたら、何を習いたい?と聞いたら、「ピアノ、バイオリン、チェロ」と答えた。
今すぐ習いたい?と聞くと、「まだ。」というので、「学校に入ったら行ってみる?」と聞いたら、そうしたいと答えた。来年になったら、もう一度確認してみようと思う。

リオンは、ピアノを弾くとき、ガンガン弾くようなことはあまりなく、ちょっと映画音楽に使えそうなきれいな音楽を作る。
自分で弾くのはきれいめな音楽だが、聴いて好きなのは、男性ボーカルのロックやラップだ。マイケルジャクソンも最近よく流れるので、好きだ。あとは、自分の名前が入っていて気に入っているのは、Kings of Leon。曲が流れると、Kings of Leonの音楽だ。これは僕の音楽だという。本人が弾いたりする曲とはかなり違うのだが。。。


昨日帰ってくるのが遅かったので、今日はプリプレップをお休みさせたのだが、公園に行きたいといい、夫午後に連れて行った。今まで、知らない子供たちが遊んでいる中に、自分から一人で入っていくということは私の知る限りなかったが、今日は、リオンは一人で他の子たちが遊んでいるところに入っていったそうだ。
「へえ、すごいね。自分から入っていったの?」と聞くと、「うん、一人で遊んでもつまらないからね。一緒に遊ぶと楽しいよ。」と答えていた。
リオンに明日は家に帰るよ、とシドニーで伝えたとき、帰りたくない、と言っていた。ベンちゃんやマシュー君、そしてひかるちゃんやすみれちゃんに、「りおん、りおん」と色々と誘ってもらって遊んだことがとてもうれしかったようだった。そのお陰で他のこどもとのやりとりにも、自信がでてきのかなと思った。
今日は家にいても、やけに聞き分けも良かった。

今回の旅行はリオンにとっていろんな意味での成長につながったように思う。
[PR]
by stakesue | 2009-09-12 01:51 | 利音の音楽