ブログトップ
<   2008年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧
ブランコ
c0032878_2294997.jpg

スクールホリデーで、リオのキンディがお休みなので、木曜日に恵子さんが利音を、金曜日に私がリオを預かった。
預かったといっても、私がするのは、飲み物や食べ物のお世話だけで、あとは2人で楽しく遊んでいるので全く手がかからない。
お陰で午前中は、私も仕事が少しできた。
午後からは、ランチを食べて、図書館に行き、久しぶりに本を借り、公園に出かけた。

上の写真は、2人がブランコに乗ってポールにしがみつく遊びをしているところ。

そして下は、飛行機。
c0032878_22131472.jpg


リオを預かったというより、リオに利音のお守りをしてもらったという感じで、すごく楽な思いをさせてもらったし、利音も久しぶりにリオと2日続けて遊べてとても楽しかったようだった。
[PR]
by stakesue | 2008-09-28 22:18 | 子育て:利音の成長
電車の中での遊び
c0032878_21531579.jpg

電車に乗ってシティーに遊びに出かけるときに、今までだと、車やトーマスなどのおもちゃで遊ぶか、Mobiloで乗り物を作ったり、本を読んで過ごしていた。
リトルマーメイドを見に行ったときにどのおもちゃを持っていくか聞いたら、何も持っていかないというので、小さいスケッチブックとピンクのマジックを私のバックに入れて出かけた。

最近利音は自分が描いたり、私が描いたりするものを動かしながら、自分でお話を作ったりするのが好きだ。

電車に乗って、何か描くかと聞いたら、自分は描かないけどヘリコプターを描いて欲しいと頼まれた。う~ん、見本にする写真とか絵がないから難しいなあと思いながら、1機を描いて、利音が乗っていることにした。、切り取ってくれと言われたので、手で切り取って渡す。
それじゃあ、マミーの分も描いてというので、もう一機。利音のヘリコプターには星がついていて、私のはラブハート。
切り取り、「バッ、バッ、バッ、バッ、バッ、バッ、バッ、」と言いながらヘリコプターを動かす。
利音が「エマージェンシー、エマージェンシー、助けにいかなくちゃ。」というので、誰を助けたいか聞くと、N君。それでN君を描き、何に襲われていることにしたいか聞くと、答えはサメ。
レスキューするためには梯子が必要だねと書き足す。
マーメイドも助けてあげようと、マーメイドも描いた。
多少、ヘリコプターの音を出すのに人目は気になったが、みんなニコニコした顔で私たちを見てくれていたし、そんなに混んでもいなかったので、恥ずかしいと思いながらも、私はヘリコプターの音を真似た。

40分があっという間だった。

これからは、移動の時には紙とペンを持ち歩こうと思った。
[PR]
by stakesue | 2008-09-28 22:07 | 利音と私のアート&クラフト
The Little Mermaid
c0032878_21172928.jpg

今日は人魚姫のバレエをブリスベンに見に行った。
衣装がとてもきれいで、セットや照明が幻想的で、素晴らしかった。

席も前から6番目で端ではない席だったので良く見えた。

客席に座って開幕を待っているときに、上のほうから、「Leon.Leon」と呼ぶ声がする。振り返ってみると、利音のキンディーの同じクラスの女の子が2人見に来ているようだった。
利音も手を振り、彼女たちも手を振った。
休憩の時に、彼女たちに会いに2階席のラウンジに行ってみた。私はお母さんたちに挨拶をしておしゃべりをして、利音は2人の子からお菓子をもらったりして、うれしそうだった。
後半のために、席に戻ると、彼女たちと一緒に座りたいと利音は言い出し、席は決められているので移れないと説明したが、納得せずに、しばらく不機嫌そうにしていたが、舞台が始まるとじっと見ていた。

この日のために、1ヶ月前にLittle Mermaidの本を買い、読んであげていた。
ただ、私が買った本は、ディズニーのものだったので、アンデルセンの人魚姫とは話が少し違っていた。
今日のバレエは、原本のアンデルセンの話に基いたものだったので、王子様が他の女性と結婚することになり、人魚姫が嘆いているときに、どうして人魚姫は悲しそうなのかと利音に聞かれた。

利音は、人魚姫とお話がしたかったらしく、パフォーマンスが終わった後、どこで人魚姫に会えるのかと聞くので、パフォーマンスが終わってから挨拶をステージでしていたでしょう?と言うと、直接会ってお話ができないことを不満に思ったようだった。
考えてみると、子供向けのパフォーマンスはよく出演者が終わった後に子供と交流してくれるのでそれを期待していたのだと思う。
[PR]
by stakesue | 2008-09-24 21:26 | 子育て:利音の成長
28歳
昨日、職場のプロダクションマネージャーみたいな女性が、先週38歳になったこと、シングルで子供もいないことをちょっと嘆いていた。

彼女が「あなたいくつ?」と聞いたので、「いくつだと思う?」と聞いたら、なんと答えは「28歳!」。
「今年で46だよ。」というと、「えー、うそでしょ? そんなはずないわよ。」と言って私の顔をまじまじ見つめる。「えー、息が出来ないほどびっくりしたわ。」
そんな大袈裟な。。。
そして会社の男の子たちに質問しはじめる。「彼女、いくつに見える?」
男の子たちの答えも「28歳」
私の方がびっくりした。

日本人からは絶対にその答えはありえないが、西洋人から見るとアジア人は若く見えるようだ。

新しいクライアントの名刺のデザインのドラフトを仕上げたので、それを彼女に見せると、あなたはデザインをどこで習ったの?と聞かれたので、デザインは学んでいなくて、フォトショップとかプログラムの使い方を学んだだけだというと、あなたは他のデザイナーと称している人たちよりもずっとよいデザインができてるわ、と言われうれしかった。

昨日は一日良い気分だった。

今日ははじめてInDesignという印刷物を作成する専門ソフトを使ってパンフレットの作成をやってみた。10月にトレーニングを受けさせてもらう予定なので、どうやって使うのかインターネットで調べながらA4サイズの4ページをデザインしてみた。このソフトが使えるようになると、印刷物のデザインも本格的にできるようになるので、楽しみ。

毎週新しいことを学び、新しい仕事ができるので、本当に楽しい。

来週からは新しいオフィスの予定。シティでなくなるのは、ショッピングができなくて淋しい。ただ、新しいオフィスの近辺はオシャレな感じのところだし、近くのFortitude Valleyは若者向けのカジュアルな服を扱うお店が充実しているので、最近のトレンドみたいなものを感じるには良い場所かなとは思う。
[PR]
by stakesue | 2008-09-23 21:59 | 私事
利音が描いたビーマ
利音が描いたビーマ。
c0032878_21204272.jpg

昨日描いた絵。ねずみに見えるけど、結構上手に描けたと思う。
私が描いたビーマを真似しながら描いた。

今日は違うものを描いてみようかと誘ってみたが、やっぱり描くのは消防車とレーシングカー。

月曜日に買ってあげた64ページのノートが終わりそう。。。
[PR]
by stakesue | 2008-09-23 21:31 | 利音と私のアート&クラフト
オリンピック選手
昨日、点検の済んだ車をピックアップした後、どうしても利音がプールに行きたいというので、連れて行った。
プールに着いたときには4時になっていたし、子供向けの暖かい小さなプールは閉鎖されていた。浮き輪も持っていなかったし、入らずに帰ろうと言ったが、大きなプールに入りたいというので、じゃあ30分だけだよと言って入った。

最初は恐々入っていたのだが、徐々に慣れてきて、一人で少しずつ泳ぎ始めた。帰るころには自信に満ちた顔をしていた。

帰ってきてから、夫に大きなプールに入ったことを自慢しながら話していた。

そして、今朝、どこに行きたいか聞いたら、「プール!」。夫に利音がどれだけ上達したか見れる良い機会だし、行ってきたら?というと、利音ははしゃいで夫と出かけていった。出かけるときに、浮き輪を持っていくか聞いたら、「ボクは浮き輪はもういらない。」と答えた。

夫によると、利音はプールの端から端までくらい泳げるようになっていて、かなり自信をつけた様子だった。そして、夫に、「ボクはいつになったらオリンピックに出場できるか?」と聞いていたらしい。。。「沢山、練習して、大きくなったら出れるようになるぞ。」と答えたと夫がうれしそうに話していた。

この1週間くらいから、本人の口から「練習」という言葉をよく聞く。私もよく使うからだとは思うが、利音の中で、練習すれば上手になるというのを自分の体験から学んでいるようでうれしい。

本人がこれだけやる気になっているのだが、残念ながら春休みで2週間レッスンがない。休みの間も、通えるだけプールに行って練習させたいと思う。
[PR]
by stakesue | 2008-09-20 13:17 | 子育て:利音の成長
利音の絵
c0032878_12441764.jpg

利音は、消防車を描けるようになって以来、毎日、10枚以上絵を描くようになった。
朝、起きてから以前はテレビをすぐつけて見たりしていたのに、最近は起きたらまず絵を描き、私が夕食の準備をしている間キッチンで絵を描き、夜寝る前に絵を描く。
描いた中で一番よく出来たと思う絵をベッドに持って行き、一緒に寝る。
私が力を入れているほど、利音はアートに興味がないのかなあと思っていたのだけれど、今くらいになってやっと本人もある程度人がみてもわかる絵を描けるようになってきて、自信がでてきたのかもしれない。

殆どの場合、利音が描く絵は消防車かダンプトラックだが、昨日は人を描くと言って、はじめて顔だけではなく身体も描いた。
上の写真が身体をかいたはじめての絵で、利音自身と私。子供の描く絵は愛嬌があってかわいい。
その後、スィミングで一緒のクラスのエドワード君を描いたので、描いた絵を切り抜いて、利音が役割を決めてお人形さんごっこをした。利音が先生になり、スイミングレッスンを一緒に受けているというストーリーを繰り返し繰り返しした。話を進めながら、ちょっとした小道具は絵で描いて切り取り、お話に付け足していって遊んだ。

c0032878_125773.jpg

今日は久しぶりに、粘土も作った。青、濃いオレンジ、緑と3色作った。オレンジを作るには、赤と黄色、緑を作るには青と黄色と実際に食紅を利音に入れさせて色の変化を見て、利音に小麦粉などの材料を入れさせ、軽量スプーンで量らせたりしながら、一緒に粘土を作るところから楽しんだ。利音は軽量スプーンで量るのが楽しかったらしく、その後、色がついた水をつかって、スプーン何杯とかいいながら一人で遊んでいた。
綺麗に色が出ていたのに、3色をどんどん混ぜ合わせてしまうので、カラフルな粘土は最後は殆ど茶色に変わってしまった。。。
c0032878_1305067.jpg

幼稚園でも粘土を使ってよく遊ぶよと利音が言っていたが、ローラーの使い方とか、型抜きも以前に比べるとかなり上手になっていた。
利音に小さな穴をいくつかあけたビニールの小袋を渡し、粘土を絞りだすことをやらせてみたが、気に入ったようで、何度もやっていた。本人は「うんち、うんち!」と喜んでいた。。。

昨日は車を点検に出していたため、外出ができず、家で過ごしたが、たまにはこうやってゆっくり2人で過ごすのもいいなと思った。
[PR]
by stakesue | 2008-09-20 13:05 | 利音と私のアート&クラフト
水はどこから来ているの?
お風呂に入っているときに、蛇口を見つめて、利音が聞いた。
「マミー、水はどこから来ているの?」
「お水はね、空から降ってくるんだよ。雨が降って、ダムと呼ばれる大きな場所に雨水を貯めて、浄化して、そこからパイプを通ってお家に運ばれてくるんだよ。」
「ふ~ん。」
2日間、続けて同じ質問を受けた。
多分、蛇口をひねると水がでてくるということを不思議に思ったんだと思うが、色んなことを考えたり、疑問に思ったりするようになったんだなあと、成長を感じる。

これから色んなことを聞かれるようになるんだろうなあ。
答えられる質問だといいけど、即答できない質問を受けるようになる日も近いかも。。。
[PR]
by stakesue | 2008-09-18 22:24 | 利音のストーリーテリング
スイミング、ペンギンクラス2回目
今日は、スイミングレッスンの日だったが、レッスンに行くというと、タートルクラスに戻りたい、ペンギンクラスは嫌だと言っていたが、練習すれば、またペンギンクラスでもよくできるようになるよと諭した。
プールに着いてゴーグルを忘れたことに気づいたので、新しいゴーグルを買おうとしたのだが、希望の青のものがスイミングキャップとセットになっているものしかなかった。キャップはかぶらないだろうと思っていたのだが、本人はキャップも欲しいというので、セットを買って、かぶせてあげると、なんだかかなり泳げる人に格好だけは見えた。

鏡に映った自分を見て、利音も「泳げる」ような気持ちになったのか、練習も熱心にがんばった。
今日も、先週一緒だったエドワード君と2人だけだったのも良かったのかもしれないが、先週よりは各段に自信をつけたようだった。
エドワード君はお父さんがいつもレッスンに連れてきているのだが、とてもお話好き、世話好きの人で、レッスン以外のときは絶対に手放さない浮き輪をエドワード君のお父さんが外してごらん、と言うと、利音は浮き輪を外し、もぐって彼に水中で手を振ったり、お父さんが水中で持ってくれているおもちゃをもぐって取ったりして、利音をコーチしてくれたりして有難かった。
私が言うとやらないようなことでも、エドワード君のお父さんに言われると、やってみようかなという気持ちになるみたいだった。
家も同じ町に住んでいるし、学年も同じになるし、両親共に感じの良い人たちなので、これからレッスン以外でも交流を持ちたいなと思う。利音もエドワード君のことを気に入っているし、なんとなく、エドワード君と利音はとても仲の良いお友達になれそうな気がする。

今週は、利音はキンディーに2日行き、かなりキンディーにも慣れたようだし、他の子供たちとの交流にも少しずつ慣れてきているのか、今日は、知らない子にも手を振ったり、挨拶を大きな声でしたりと、社交性の変化が見られる。
「利音ちゃん、今日はみんなにきちんと挨拶をして、偉かったねえ」と褒めると、「ボクは練習しているんだ。」と答えた。なんだか、とてもうれしかった。
[PR]
by stakesue | 2008-09-18 21:17 | 子育て:利音の成長
Little Mates Farm
c0032878_20325255.jpg

昨日は、恵子さんにいつも利音を連れていってもらっているプレイグループの遠足で、小さな牧場に行った。
仲良しのリオとルシアちゃんと一緒に行くんだよと話していたので、とても楽しみにしていた。
以前、リディアちゃんのお誕生会の時に、ポニーに乗るのがとても楽しかったようだったので、今回も乗れるよ、と話していたので、ポニーに喜んで乗ると思っていたのに、何故か乗りたがらず、私としてはとても残念だった。

c0032878_20415059.jpg

時間が経つにつれ、慣れてきたのか、動物に餌をあげたりするようになったが、特にポニーへの餌やりは熱心だった。
アルパカ(私はラマだと思っていた)も白と黒と2頭いて、私も餌をあげたが、アルパカの口元は柔らかくくすぐったかった。利音はアルパカにはあまり興味がないみたいだった。餌も2度ちょっとあげただけだった。

他にはロバに餌をあげたり、
c0032878_205220100.jpg

ねずみに触ったり、
c0032878_20445520.jpg

ギニピッグ(私はうさぎかと思ってうさぎだと利音に伝えてしまったが、、、)に触ったりした。
c0032878_204550100.jpg


とても可愛い牧場だったのだが、今年一杯でビジネスを売ることにしているそうで残念。
もっとうまくマーケティングすると人気がでそうな感じなのになと思うのだけれど。。。
動物たちが良いオーナーに恵まれますように。

牧場の後は、なおちゃんの家にお邪魔して、日本こども図書館の人へお借りしていた絵本を返し、新しい10冊を借りた。

子供たち3人は、仲良く遊んでいて、利音もとても楽しい一日を過ごした。
[PR]
by stakesue | 2008-09-18 20:51 | 子育て:利音の成長