ブログトップ
<   2008年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
モンテソーリ デイケアデビュー
今日はモンテソーリ教育法を取り入れたデイケアに体験入学をしてきた。
利音は3-5歳の教室に入った。4歳の子供が多かった。
年齢をミックスさせるのは、モンテソーリの特徴だと読んだことがあった。年齢をミックスさせることによって、年長の子供は年少の子供の面倒をみたりするということらしい。

アドバイスに従って、8時45分ごろに到着して、ランチが終わった後、みんなが眠りに入るときに帰ってきた。
朝は絨毯の上に輪になって座って挨拶をすること、行動の移り変わりに歌を使うこと、子供たちが手を洗ったりする順番を待つときには、頭を床につけて名前を呼ばれたら移動することなど、シュタイナーのプレイグループに似ているところがあるので、利音も抵抗なく従うことができた。
輪になって挨拶のときには、その日の曜日、日付、天気、子供の人数などを先生が聞き、子供たちが答える、数が出た後は、その数だけ手を叩くというようになっていた。その後、外で遊ぶ。
中から外、外から中に入るときには、みんなが列を作って順番を待つ、名前を呼ばれたら立ち上がって移動するという感じだった。
外には、ちょっとしたジムナスティックのようなものを板などを組み合わせて作ってあったり、ブランコは使用済みタイヤのリサイクルだったりした。
利音はジムナスティックのようなものをやってみたり、砂場で遊んだり、バイクに乗ったりした。

外で遊ぶことが終わると、中に入ってWorkと呼ばれる個人個人のニーズとレベルにあった勉強のようなものが始まる。みんな実に静かに集中してやっていて驚いた。
道具は自然のもの(木、木の実、貝殻など)を使ったものが多く、これもシュタイナーに似ている。
利音は、ボタンの開け閉めなどを習い、色をどれだけ知っているか、小さなミルクポットに入った入れ物からもうひとつの同じ入れ物にこぼさないように入れる方法、毛抜きを使って小さな実をつまんでそれを他のお皿に移動させること、大きい積み木を下にして大きなものから順番に下から積み上げる積み木の仕方などをならった。利音は、入れ物から入れ物に移す作業が面白かったらしい。途中、お水をこぼしてしまい、注ぎ口をもうひとつの注ぎ口にあてて注ぐと水がもれて下に落ちるのだ、うつす容器にさわらないように、そしてまっすぐ持って、ゆっくり注がなければならないということを学んだ。これは私も勉強になった。使った道具は終わったら全部子供たちが元あった場所に戻す。道具はトレイに入れてあり、利音は落とさないように慎重に運んでいた。
集中力を養い、学ぶことが楽しいという気持ちを育てる教育だということだが、なるほどなと感心した。

途中、利音は、先生について、みんなが食べたフルーツのお皿を洗ったりした。お皿を洗ったと報告に来たときは、とても誇らしげだった。
気がついてみると、子供たちには何かしら役目があるようで、テーブルを拭いている子供、床を掃いている子供たちがいたが、先生がそれじゃあ、何々ちゃんはこれこれをやってと言っているわけではなく、子供たちは順番がわかっているので、その次に自分の役目があるとスーッと立って自分の役目を果たしに行くという感じだった。

その後は室内での自由遊び。この辺りから利音も大分慣れ始め、他の子供たちと一緒におもちゃのキッチンと衣装があるところに行き、おままごとをしたり、誠子ちゃんからもらったフレキシブルなブロックのような組み立ておもちゃと同じものがあったので、利音は他の男の子たちに混じって組み立ておもちゃを作ってあそんだ。

その後、片づけをして、輪になって今度はストーリータイム。今週は恐竜についての話で、恐竜に関する替え歌などを歌ったり、それにあわせて踊ったりした。
ここで、私と利音は日本語で歌を歌った。1曲歌うと何度かアンコールをもらい、何曲か歌った。

そしてお部屋の脇にセットしてある屋根つきの野外のテーブルでランチ。ここでアシスタントの人とお話を結構することができた。

食後はお休みタイムだったので、そこで私たちは来週に会いましょうと言って帰ってきた。
利音は、何度か話しかけてくれていた、ナタリーという中国系の女の子が気に入ったらしく、そのことを先生に伝えると、彼女とバディを組ませて、ここに慣れるようにしましょうと言ってくれて、ホッとした。

半日見学をしてみて、子供たちの名前も何人か覚えられたので、利音が他の子供たちの話をしてもある程度わかるし、どんなことをしたかも聞いたらイメージがわきやすいし、バディを組んで慣れるようにしましょうという風にしてもらえることになってよかったと思う。
ディケアというよりは、きちんとした幼稚園に通うことになったという気がするし、預ける場所としては最良だと思う。

月曜日だけしか空いていないのが残念だが、それでもここに通えるようになったのは、火曜日に預かってくれることになった恵子さんのお陰。ありがとうございます。
受付で、とにかく火曜日も空きができたらすぐに入れさせたい旨を伝えて帰ってきた。

利音は、帰ってきて、My New Kindy ボクの新しい幼稚園、と呼んでいたので、まんざらでもないようだ。 利音が楽しくディケアに通えますように。
[PR]
by stakesue | 2008-05-26 22:18 | 子育て:利音の成長
働く準備
c0032878_2316418.jpg

気がついたら、今月は利音の写真をあまり撮っていなかった。
上の写真は、船に乗っているところ。ぬいぐるみたちは利音の希望で、蝶々の羽などをつけている。ぬいぐるみたちの食事を魚を釣って食べさせるという遊び。

さて、仕事の準備に関してだが、夫の会社の近くにも新しいディケアがあるそうで、そこは2日入れるようなのだけれど、やっぱりモンテソーリにまず月曜日だけ行かせることにした。
モンテソーリの人は、まず今度の月曜は私と利音と2人でデイケアで半日過ごし、初日は半日だけにして、プログラムの流れの見学、そして先生とお話をする時間を持つこと、その次の週から、フルタイムで通わせるようにしたらいいこと、初日の到着時間は8時45分までに来るようにとアドバイスを受けた。 前に通っていたところではそういったアドバイスはなかったので、好感が持てた。

再来週の月曜日から仕事を始めるが、夫と利音と私で車で出発し、夫が私たちをデイケアの近く降ろし、私が利音をチェックインさせたあと、バスでシティへ向かう。帰りは利音を夫が迎えに行って、私は帰りは電車で帰ってくるという案。

火曜日は、モンテソーリに空きができるまで、恵子さんのお言葉に甘えて利音を一日長い時間なのだが預かってもらうことになった。ありがとう恵子さん。
キクちゃんも預かりますよと言ってくれて、本当に素晴らしいご近所さんに恵まれていて幸せだ。

利音にはキンディに行く旨を伝えたが、僕はキンディには行かない、僕は恵子さんのところに行くので、マミーは仕事に行けばいいと言っていて、ちょっと不安。
行き始めると楽しいな!って思ってくれるといいんだけど。

今抱えている仕事の方は、ある程度、落ち着いてきているので、再来週からは、新しい仕事の方にある程度専念できるかな。

がんばるぞ!
[PR]
by stakesue | 2008-05-24 23:29 | 子育て:利音の成長
Roll Over
c0032878_2363788.jpg

久々の登場、ビーマさん。

最近、ビーマに寝転がってゴロンと一回転する芸を仕込んだ。
2日目にできるようになり、3日目には完璧にできるようになった。
結構、賢いんだなと思った。もっと仕込めば色んな芸ができるようになるかもしれない。

夫が目撃したらしいが、ビーマはおもちゃが取れないところに入ってしまったとき、手を伸ばして奥に移動させ、反対側に回っておもちゃをとっていたところを見て賢いなあと思ったと言っていた。

ビーマは、カチッとしめていなければ、ゲートも手を上手に使ってあけることができる。
上手に毛布を自分の身体にかけ、本を枕にして寝ていたところを見た。
私たちがいなければ、ソファで寝ているが、私たちが帰ってきたら、ソファを降りて何事もなかったかのように玄関で迎えてくれる。

賢いのだが、その賢さを十分に生かしきれていないところが残念だ。

私も犬のトレーナーとしてもっと修行を積みたい。
[PR]
by stakesue | 2008-05-24 23:15 | ペット:愛犬ビーマ
就職
以前、サーチエンジンから私の履歴書を見て、仕事を探していないかというメールがリクルートエージェントから来ていた。
今は仕事が4本ほど重なっているので、忙しいのだが、そのメールが届いたときは暇だったので、アップデートした履歴書を送って、良い条件のところがあれば、フルタイムで働くことに興味があると伝えていた。

先週にエージェントから連絡があり、1社こういうところがあるのだが、フルタイムだけれど興味があるかという連絡が来た。週1-2日オフィスに出勤して、あとは自宅から仕事をするということでよければ働きたいと伝えた。すると金曜日に先方が面接をしたいと言っているという連絡が来た。
そして今日、シティに面接に行った。
もともとはソフトウェアの開発を行っている会社で、ウエッブサイトの制作も行っているが、デザインができる人材が不足していて、インターフェイスのデザインと、HTMLコーディング、CSSができれる人を求めているらしい。履歴書の中のデザイン事例を見て、気に入ってくださったとのことだった。本当はフルタイムで働ける人を探しているそうなのだが、カジュアルで1-2日オフィス勤務、それ以外は自宅からで週20時間勤務ということで話がトントンと決まった。

今までどこかに勤務する場合は、日本語が話せるからということで、採用されたことはあっても、日本人云々に関係なく、言葉以外のスキル、デザインをみて採用されたということが嬉しかった。
そして、こんなにフレキシブルな条件で働けると思っていなかったので、とても嬉しい。
今までウエッブデザインの仕事をしていても、チームの一員として大きなサイトを仕上げるということがなかったので、大掛かりなサイトを作っていく行程などに前から興味を持っていたので、そういう体験や料金体制のことも知ることができるかなと思っている。
その会社のクライアントは企業向けの旅行会社、航空会社、ホテル、レンタカーなどオーストラリア人向けのツーリズムが主なクライアントだそうだ。

去年の今頃だったか、一つウエッブデザイン事務所で面接を受けたが、そこでは、顧客を横取りするようなことのないようにということ、そこで働きはじめたら、自分の顧客はすべてその会社を通してもらうようにすること、自分で仕事を一切しないことが条件だった。
今回のところにその点を聞いてみたが、20時間以外の時間であなたが他にどんな仕事をしようと構わないということだった。

広いスペースのオフィスだったが、面接をしてくれた社長さんは、Tシャツにサンダルというカジュアルないでたちで、御願いすれば何でもフレキシブルに対応してくれるという感じだった。

いつから始めるかは私次第ということなので、利音のディケアを探してあさってまでにいつからできるかを報告することになった。これが一番大変なところ。
近所にはあまり評判の良いディケアがない。
以前、ウェイティングリストに載せてもらったモンテソーリ式教育をするディケアに空きができたか聞いてみたが、希望する水曜、木曜は半年経った今も空きがないらしい。一度入ると出る人が少ないということなので、それは満足度が高い現れなのかなと思う。月曜だったら入れるよということなので、とりあえず月曜に入れようかなと思っている。

私が外で働いていたころは、夫と2人分のお給料で生活していたのである程度の余裕を持って生活できていたが、利音が生まれてからは、それまでのほぼ半分の収入、そして今はN君も一緒に暮らし始めたので、我が家の財政はかなり厳しかった。
私が週に2日でも働きに出ることによって、厳しい状況から少し脱却して、一年に一度は日本に帰ったり、家族でホリデーに出かけたりできるようになりたい。

仕事が始まる前に、今抱えている仕事を殆ど終えるようにがんばらなければ!
[PR]
by stakesue | 2008-05-22 00:13 | 私事
リオン タウン
c0032878_2291648.jpg

今日はブリスベンかどこかに出かけようかと利音に聞くと、いつもは今日はどこにいくのだと何度も聞くのに、外には出たくない、家で遊びたいというので、リオンタウンの拡張をした。

昨日、ピザのデリバリーのことをしゃべっていたので、ピザ屋さんを作成。名前は何にする?と聞いたら、「リオン」というので、リオン・ピザにした。

それからリオの家を作り、警察(こちらの警察のロゴはダークブルーと白のチェックがロゴ)、ルシアちゃんの家を作ったところで時間が足りなくなり、サムちゃんの家は次に作ることにした。
c0032878_22192244.jpg

ピザ屋さんを喜んでくれるかと思ったら、ガレージの扉が開くようになっていて、旗が立っている警察が気に入ったようで、日本製のミニパトを動かし、ガレージに入れたり出したりして遊んでいた。(赤い箱は橋でトンネルが橋のしたにある。この橋はもっと橋らしく変えるといいかなと考えている。)

リオとリオンの人形も描いてみたのだが、あまり似てなかったからか全く興味を示してもらえず悲しかった。(涙)

とりあえず何か作っているとあっという間に時間が過ぎてしまう。途中で、ゴムを使って天上に吊るしてある星を狙ってみたり、それで思いついて裏庭から枝を拾ってきてパチンコを作ったり、かくれんぼしたりもした。

2人で過ごす日には、工作にいそしむ日々がしばらく続くかも。
[PR]
by stakesue | 2008-05-15 22:25 | 利音と私のアート&クラフト
Art & Craft Days
今週はリオが病気なので、リオと遊べなくて淋しい利音。
しっかり遊んであげなくちゃなと思って、色んなものを作ったり、かくれんぼや宝(みかん)探しをしたりして過ごしている。

いくつか作ったものを紹介すると、、、
ピスタチオの殻と粘土とトイレットペーパーで作ったキャンドルホルダー。
利音はピスタチオの殻を小さいボートと呼んでいる。彼にピスタチオの殻をくっつけてもらった。
c0032878_2259743.jpg


ティッシュペーパーのバラ。利音がやったのは、串をティッシュに通してクシャクシャさせただけ。お友達にあげたいと言っていた。
c0032878_2313228.jpg


これは今日描いた絵。
c0032878_2302633.jpg

海で、ドルフィンやシャーク、鯨などを描いたそう。どれがどれかは説明していたのにちゃんと聞いていなくて不明。

そして、リオンちゃんの家。
c0032878_2325935.jpg

利音に好きな家具とかを雑誌やIKEAのカタログから選ばせて、箱に貼ったもの。自分で切りたいと言い、使えなくなってしまったものもいくつかあったし、私の好みで貼り付けたもの、大きさがあうので、貼り付けたものもあるけれど。。。利音のベッドだけは位置を動かすことができる。

そこに続く道路。
c0032878_233328.jpg

オーストラリアの動物の標識もリオンのリクエストに応えてつけた。他に梅の木や、枯れ枝に緑の紙をのりでつけて、おサルを登らせてみたりした。
c0032878_23162047.jpg

利音は、車を道路上で動かして、「ピザが届きました~」とか言っていた。(ピザのデリバリーは殆ど頼んだことがないのに不思議)

今度は折り紙とかで牛とか馬とかを道路わきにおいてみたい。家や建物を作って道路の脇に並べ、さらに、道路を延長させて違う風景のものを作って色々組み合わせても面白いかもと思っている。

本当はこういう感じのものをフエルトとかで作りたいと思っていたのだけれど、結構材料費も嵩みそうだし、時間もかかりそうなので、紙に描いたが、短時間でできて便利。
もう少し丁寧に描けばもっと良い感じのものができるんだろうけど。(苦笑)
[PR]
by stakesue | 2008-05-14 23:14 | 利音と私のアート&クラフト
母の日
c0032878_22544340.jpg

母の日に、利音がくれたのは、水曜日に恵子さんが連れて行ってくれたプレイグループで作ったカードと青虫。

c0032878_2255474.jpg

N君は、ガーベラの鉢植えとチョコレートをくれた。

ありがとう。うれしかったわ。

お母さん、今回のことでは色々と心の支えになってくれてありがとう。
大好きだよ。
[PR]
by stakesue | 2008-05-14 23:00 | 日記
義母のお葬式
c0032878_22523176.jpg
昨日、義母の葬儀が行われた。
葬儀のプログラムの作成と、思い出の写真のスライドショーを作成しなければならなかったので、葬儀の前日まで忙しかった。

カトリック式の葬儀で、どうしたらよいのかわからないこともあったが、無事に終わって、気持ちの整理が少しついたように思う。
利音は、従兄弟たちと会って遊んで楽しかったようだったが、夜になったら、寝るのが怖いという。
なぜかと聞くと、空の高いところに行く夢をみて怖いのだという。
大丈夫だよ、と言って抱きしめたが、昨日は熱性痙攣を起こす前の顔つきと、しゃっくりが出始め、かすかに震えていた。
昨日の夜は、夫の妹のところに泊まらせてもらったのだが、今日も一日中、同じような状態だった。
空の高いところに行く夢がどうして怖いのかと考えてみたが、利音に天国はどこにあるの?と聞かれて、空よりも高いところにある、と答えたのが原因なんだと思う。。。
一度言ってしまったことは仕方ないが、これからの説明も慎重にしなければなあと思う。そして、不安な気持ちにならないように、沢山抱きしめてあげようと思う。

今まですごく仕事は暇だったのに、急に4本仕事も重なってしまった。
とりあえず、この1週間は義母の葬儀の準備に専念したかったので、他の仕事は事情を話して待ってもらっているのだけれど、今晩から頑張らなければならない。

仕事も忙しいのだけれど、利音のことが気にかかる。
[PR]
by stakesue | 2008-05-10 21:01 | 私事
悲しみと怒りと怖れ
義母を看取った後の利音の様子がいつもと違う。
尋常ではない情景、義母の苦しむ姿、動かなくなった義母、牧師の儀式、泣き哀しむ両親の姿、すべてが3歳のリオンにとって衝撃的すぎて、恐怖を与えてしまったようなのだ。
不安や怖れを抱いているようで、その不安をどう表したらよいのかわからなくて、怒りとして表現をしていることが多く、情緒が不安定なのが見ていてよくわかる。
むやみに怒るので、どうしたの?何か不安なの?抱っこしてあげようか?と聞くと、それまでの怒った顔を崩してやってくる、というのを何度か今日繰り返した。
怖くないよ、大丈夫だよ、マミーもダディーもここにいるよ、愛してるよ、と伝えているが、3歳のリオンが抱えている気持ちを思うとつらい。
夫も私も義母の様態がそこまで切羽詰まったものだと思っていなかったので、わかっていたら、リオンを連れて行かない方法を考えたのだが、まあ起こってしまったことは仕方がない。

昨日の夜も怖いというので、義母は天国に行って幸せになってるんだよ、という話をしたが、病院での姿を見た利音には説得力がなかったと思う。
今朝は、おねしょもしてしまった。

昨日までは、義母のことしか考えられなくて利音は何もわかっていないようだと思っていたのだが、彼の心にはかなりの負担をかけてしまったようだ。

今度は、義母が病気で苦しんでいたこと(リオンが見たもの)、ダディーとマミーと利音はブーブー(義母)が天国に行くまでの準備を病院に行って手伝ってあげたので、ブーブーも今は天国でブーブーのお父さんやお母さん、お姉さんたちと幸せに暮らしているんだよ。ブーブーも天国でリオンに手伝ってくれてありがとうって言ってるよって説明してみようかなと考えているんだけど、どうかな?って夫に聞いたら、利音は天国がわからないし、ブーブーのお父さんとかお母さんとかって話しても混乱させるだけじゃないかっという意見だった。
日本の母に相談してみたが、今はわからなくても将来わかる日がくると思うので、その説明でよいのではないかと言われた。

とりあえずは、明日、説明してみようと思う。金曜日の葬儀の日までに、利音も一緒に病院にいたことを少しでもポジティブにとらえられるといいのだけれどと思う。

もしも、どなたか同じような体験があって、幼児にショックなできごとを上手に説明できた方がいらっしゃったら、アドバイスを御願いします。
[PR]
by stakesue | 2008-05-06 21:50 | 子育て:利音の成長
深い哀しみ
日曜の朝、義母が他界した。
土曜の夜に、まさかその翌朝に亡くなってしまうとは予想もしていなくて、とりあえず様子を見にサンシャインコーストの病院にリオンと3人で行った。
到着してみると、予想していたよりかなり義母は衰弱していて、びっくりした。
彼女の手を握って朝方までずっと付き添っていた。
その間に彼女が話してくれたのは、どんなに私のことを愛しく自分の娘のように思ってくれていたか、いつも手伝ってくれてありがとう、ということを繰り返し言ってくださり、とてもありがたかった。
私は義母が私にしてくれたことに対して、何もお返しができていないので、明日はブリスベンの病院に行って手術を受けて、元気になってお返しをさせてくださいね、と励ました。
彼女は、自分の人生は良い人生だったこと、家族をとても愛していること、などを話していた。
私が、みんなあなたのことをとても愛しているわよ、と言うと、本当に可愛らしい無垢な優しい顔でニッコリと微笑んでくれたことを今でも思い出す。

かなり痛みに苦しんでいたにも関わらず、静かにそれに耐え、自分が辛いときでも決して要求を押し通すような感じではなく、丁寧に頼んで、ありがとうを忘れない人だった。

他人のことだと一生懸命に掛け合ってくれたりするけれど、自分の要求にはとても控えめで、女性らしさをいつも失わず、綺麗にしていた義母。

いつも手助けをしてくれて、優しかった義母。

私は最期を看取ることができて、少しでも恩返しができたかなと思います。

とてもとても愛していました。本当にありがとうございました。
[PR]
by stakesue | 2008-05-06 21:29 | 私事