ブログトップ
<   2008年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧
スイミングレッスン再開
先週は木曜日と土曜日にプールにいった。
2日とも以前スイミングレッスンで通っていたプール。
木曜日は2時間以上もプールに入ったままで、出たがらず、スイミングレッスンを受けている子供たちを横目でみては、自分もレッスンに行き、泳げるようになりたいと言っていた。
帰りに受付でレッスンのことを聞いてみると、土曜日にグレードのチェックがあるので、来てみたら?と言われて、予約した。

そして土曜日の12時のグレードチェックに参加した。
利音は3歳になったので、保護者が一緒にプールに入らないでよいクラスに入ることになる。それがちょっと心配だったのだが、利音はインストラクターに招かれたら、すんなりと水に入り、言われた通りに足や手を動かし、最後に水に頭を沈めさせられた。泣くかと思っていたが、半べそではあったが、泣かなかった。
とりあえずは、3歳からの子供たちの中で一番下のタートルというクラスに入るように指示された。
グレードの後も、夫と二人でずっとプールで泳いでいた。以前と違うのは、夫にいつもしがみついていたのが、買ってあげたニモもどきの浮き輪をつけて足が届かないところも自分でどんどん移動していくこと。
最初はなかなか前に進めなかったのだが、コツを掴んで、前に移動していく。バタ足ではなく平泳ぎのような、バタフライのような不思議な足の動きで結構見ていて笑える移動法ではあるが、自由に動けるようになったのが、すごく嬉しいらしく、プールから出ようとしなかった。

スイミングレッスンは、去年の6月くらいに中断したと思うのだが、そのときに残っていた5回のレッスンをそのまま使えるそうで、それも有難かった。
レッスンの日は土曜の11時からの30分で、10時くらいに家を出て、ウォーミングアップをしてから、レッスンに参加するといいねと夫と話した。
レッスンの翌日にプールにくると、入場料が無料になるそうなので、これも活用できたらいいなと思う。

利音に来週からスイミングレッスンだと伝えると、とても嬉しそうだった。

今度は自分からどうしても行きたいと言い出したし、続けてくれるといいなと思う。
[PR]
by stakesue | 2008-03-31 23:32 | 子育て:利音の成長
子供のころの事。
Earth Hourのときに、ランタンを作る方法をネットで調べていたけれど、中国風のランタンで、紙で作るようになっていて、しかも実際にキャンドルは入れないでくださいというものが殆どだった。。。紙はどちらにしてもキャンドルが倒れたりすると火事ややけどが心配だなあと思っていて空き瓶や空き缶の利用がいいんじゃないかと思った。
もともと空き瓶をキャンドルホルダーとして当日使おうと思っていたのだけれど、取っ手をつければランタンになるなと思った。

私は、子供のころ、空き瓶に模様を書くのが大好きだった。近くの手芸屋さんで三角のセロファンに絵の具が入っていて、とがった先をハサミで切って使えるようになっているものが売っていて、それを使って空き瓶ができるたびに母からもらって瓶に描いては沢山並べていた。可愛いハギレを蓋の上にかぶせたりもしていた。
瓶の中には砂を入れたり、貝を入れたりしていたと思う。
あのセロファンに入った絵の具、今でも売っているのだろか。欲しいなあ。今度帰国する機会があったら、調べてみたい。自分でセロファンを使って作れるかもしれないけど。。。

空き瓶でランタンを作ろうと考えたとき、そういう子供のときの記憶がよみがえった。

子供のころ、遊んだことというのは、記憶に深く刻まれていて、そして自分が楽しかったことを自分の子供に伝えられるというのはいいなあと思った。

私はほぼ毎日、利音に頼まれて何かを作っている。
彼は私が何でも作れると思っているようで、いろんなものをリクエストする。(殆どは乗り物系)
ここのところは、お風呂用のおもちゃで、テイクアウェイ用のプラスチックの容器で船を作っている。すぐにお風呂に沈めてしまうので、せっかく作ったパイレーツの旗などがグシャグシャになり、毎回作り直し。今日は色紙を旗に使うのはやめて、セロファンにしたらほんの少し長持ちした。

利音も大人になって、自分の子供と遊んであげているときに、そういえば、マミーは雑だったけど色んなもの作ってくれて一緒に遊んでくれたな~と思い出してくれるといいなと思う。
[PR]
by stakesue | 2008-03-31 23:20 | 子育て:利音の成長
Earth Hour
c0032878_1041541.jpg

私たちも含めて6家族が今日のイベントに参加してくれた。
Earth Hourは、利音ぐらいの年の子供たちにはまだ理解できないと思うけれど、学校に行っている子供たちには、楽しみながら、環境問題について考えるきっかけになったらいいなと思う。

イベントにあわせて昨日利音と一緒に地球の絵に色を塗り、簡単なバナーを作り、演奏をするステージの上にくるように設置した。
お友達のMikaちゃんから以前利音にといただいた暗闇で光る星をポスターに貼り、残った端のほうを使って、Earth Hourという文字と地球の周りが暗闇で浮かび上がるように工夫した。
Mikaちゃん、シール助かったよ。利音の部屋にもつけたよ。とっても喜んでる。ありがとう。

夕方6時からのスタートで、まずはみんなが持ち寄ってくれた美味しいディナーをいただいた。ママさんたちありがとうございました。

食事の後は、ランタン作り。アートや音楽に興味のある子供たちばかりなので、かなり真剣に取り組んでくれた。パパたちもランタンの取っ手をつけるのを手伝ってくれた。ありがとう。
c0032878_22501184.jpg

c0032878_23561888.jpg

昨日の散歩の時に、森で拾ってきた枝が手作りのランタンにあった雰囲気だった。
c0032878_23564657.jpg


ランタンが出来上がって、8時15分前くらいにバイオリンのコンサートに参加していたなおちゃんたち家族が到着。間に合ってよかった!

子供たちには、自分のランタンを持ってもらってリビングルームに座ってもらった。
8時を合図に子供たちに目を瞑ってもらい、家の全ての電気を消すと、天井に張った暗闇に星が瞬いて、夜空の下にいるような、宇宙にいるような雰囲気を味わってもらう演出にした。
子供たちはわ~っと喜んでいたけれど、まだ小さいベッキーちゃんには暗闇はちょっと怖かったみたいだった。
暗闇に浮かび上がるEarth Hourの文字はちょっとわかりにくかったと思うけど、ちょっとしたスピーチを私がさせてもらった。スピーチは、Earth Hourの目的と始まり、みんなが参加してくれたことを誇りに思うこと、今日の地球の温暖化に対するメッセージをみんなで送っていることを、才能に溢れる子供たちみんなの音楽で祝いましょう、みんなが一緒に集まれば、世界を変えることができるのだというメッセージ。
その後みんなのランタンに火を灯した後、コンサートへ。
子供たちは自分のランタンに火がともるととても嬉しそうだった。ランタンがひっくり返って火事になったらとか、子供たちがやけどをしたら、と不安もあったが、ランタンはいくつかひっくり返ったりしたが、結構高さのある空きビンだったので、アクシデントはなく、無事に終了できてホッとした。

c0032878_10434437.jpg

c0032878_10463718.jpg

なおちゃんのキーボードの伴奏にあわせて、ソラちゃん、ミアちゃんによるバイオリンから始まった。彼女たちはバイオリンを習いはじめてまだ3ヶ月なのに何曲も弾けて本当にびっくり。2人には、ピアノを習っているので、キーボードも弾いてもらった。ソラちゃんは難しい曲も弾いていて、習い始めて1年くらい?だと思うのだが、こんな曲も弾けるんだと感心した。
光ちゃんのクラリネットは、キラキラ星をジャズ風にアレンジしていて、これも素晴らしかった。
c0032878_23582578.jpg

恵子さんのエリちゃんも習い始めてそんなにたたないのに、両手でキーボードを上手に弾いてくれた。エリちゃんの演奏は時々恵子さんの家に行ったときに聞かせてもらったことがあるが、最近、かなり上手になったなあと思う。
海くん、美波ちゃんもキーボードを両手でとても上手に弾いてくれた。男の子がピアノを弾けるというのはとっても素敵だと思うので、利音も将来弾けるようになるといいなあと思う。
利音は、メリーさんの羊を歌いたいといっていたので、憧れのソラちゃんの伴奏で歌った。歌は伴奏にあっていなかったけれど、さぞかし嬉しかっただろうと思う。
利音はソラちゃんやミアちゃんがバイオリンを弾いているのを見て、自分も弾きたいと涙ぐんでいた。その話をしていたら、後でなおちゃんが、利音のバイオリンのチューニングをしてくれた。ありがとう。明日にでも本人に聞いて弾かせてみるわ。
最後はキラキラ星を輪になって歌った。

演奏をしてくれた子供たち、本当にありがとう。

音楽が終わったところで丁度一時間。時間が余ってしまうだろうと思っていたけれど、ぴったり収まった。

明かりをつけたら、子供たちは家中を走り回っていた。
そんな中、光ちゃんはなおちゃんにバイオリンを教えてもらったり、光ちゃんとソラちゃんがバイオリンとクラリネットを一緒に演奏しようとしていたりしているのを見て、また今後もこういうコンサートを持つことができるといいなと思った。

こんな素敵な子供たちに囲まれていて幸せだと思う。

エネルギーの節約を考えた場合、我慢しなければならないという考え方ではなく、それでは1週間に一日の1時間でも、キャンドルだけで夕食を食べて、その後テレビを見るというのではなくそのままキャンドルの明かりでお話をしたり、影絵で遊んでみたり、キャンドルライトでお話を読んでみたり、お話を作ってみたり、ゲームをしたり、音楽を聴いたり、演奏したりと、子供がワクワクしてその日がくるのを楽しみにして、しかもエネルギーの節約になる、そういう日常の過ごし方、節約の仕方を今後もっと考えていきたいなと思う。

Earth Hourに参加してくれた皆さん、ありがとう。

あまり写真を撮ることができなかったのだけれど、キクちゃんが写真を送ってくれたので、使用させてもらいました。ありがとう、キクちゃん。
[PR]
by stakesue | 2008-03-29 23:40 | 子育て:利音の成長
Earth Hour の準備
明日の夜の8時から9時までの間の1時間、家の明かりをすべて消すという Earth Hourというのに参加する。http://www.earthhour.org
この動きは、去年シドニーで始まったもので、地球の温暖化を防ぐための運動の必要性のメッセージを送るために、1時間明かりを消した。2100の企業、220万人の住民が参加して、シドニーのアイコンであるオペラハウスなども電気を消したために世界的なニュースになり、今年はブリスベンも含めて世界の24都市が参加するイベントになった。
私は、このEarth Hour の キャッチ "See the difference you can make" という言葉が気に入っている。実際、去年のシドニーのイベントは、世界中で反響を呼び、今年は世界的なイベントになった。来年、再来年と年を重ねるごとに参加する企業や人が増えるといいなと思う。
今後10年から30年の間に地球の温暖化に対して何かをしなければ大変なことになってしまう、ということは、利音たちの世代のためにも私たちが積極的にこの問題に取り組んでいかなくてはならない。
そういうことは、ずっと考えていたことだったが、何が自分たちにできるかと考えたときに、エネルギーの節約ぐらいしか思いつかなかった。
今回、こういった動きに参加することで自分たちの意識も新たにしたい。
今年のイベントがさらなる反響を呼んで、もっと世界的な動きとなっていけば、自分の参加が世界に良い影響を与えることができるというのを子供たちに伝えられれば、それは子供たちに与えられる素晴らしいメッセージのひとつになると思う。

私は1週間くらい前に、クィーンズランド州のパフォーマンスセンターから送られてくるEnewsで、Earth Hourのことを知って、すぐにサインアップした。そしてこれを利音にもっとインパクトのあるメッセージとして伝えるにはどうしたらいいだろうと思ったところ、お友達と一緒に参加するのが一番ではないかと思ったので、パーティーを開くことにした。
ご近所さんたちを誘ってみたら、殆どの人が参加をしてくれることになり、夕方からみんなでディナーを持ち寄って始めることになった。
キャンドルで過ごす1時間の間、子供の心に印象付けられることを考えると、音楽かなと思った。幸い参加してくれる子供たちは、音楽の才能や興味がある子供たちが多いので、楽器を演奏できる子供たちに協力してもらって、キャンドルライトコンサートを開かせてもらえることになった。
c0032878_2237296.jpg

参加の子供たちには空き缶や空き瓶に飾りつけをしてもらって、針金と棒を使って提灯みたいに下げて歩くことができるようにしたいと思っているので、利音と一緒に試作品のランタンを作ったり、お部屋のちょっとした飾りなどを作ったりした。利音はランタンをとても気に入っていて、食事のときはキャンドルディナーにしたいといい、自分のランタンを脇において食事をし、ベッドにも下げて持っていく。

子供たちにとって印象に残る夜にしたいと思う。

興味のある方は是非、明日の夜の8時から9時の間、明かりを消してキャンドルで素敵な夜を過ごしながら、メッセージを送ることに参加してもらえるとうれしいです。
[PR]
by stakesue | 2008-03-28 23:20 | オーストラリア
Autumn Festival
c0032878_22381024.jpg

今日は、シュタイナースクールのプレイグループの1学期の最後の日で、秋のフェスティバルだった。
去年と同じパンプキンマンチキンのお話とクラフト。お部屋はパンプキンのテーマに飾られていた。人形や小道具が去年とは少し違ったけれど、ああ、あれから一年経ったんだなあと思った。

来学期は4月の末に始まる予定だったのが、祝日のためお休みで、5月から始まるらしい。
長い休みになるなあ。

利音は少し熱っぽく、帰る車の中で眠ってしまった。家に着くと起きてしまい、薬を飲ませると熱も下がり、元気になった。

明日はパーティーなので元気になってもらいたい。
[PR]
by stakesue | 2008-03-28 22:49 | シュタイナースクール
宇宙
利音の部屋には、太陽系の惑星のチャートが貼ってある。
c0032878_22164455.jpg

最近、利音はこのチャートにとても興味があり、よく見ている。
一番好きなのは木星。他の惑星についても教えているが、あまり聞いていないと思っていた。

イースター中に、N君のお母さんがホリデーの一日を一緒に過ごすためにN君を迎えに来た。
そのときも、チャートを持ち出してきて、N君のお母さんに見せていた。どれが好きかと聞かれ、ジュピターが好きだと、指で示しながら答え、それじゃあ、私達が住んでいる地球はどれ?と聞かれたときにちゃんと正しい星を指差してこれだと答えた。
聞いていないようで、ちゃんと聞いているんだなと思った出来事だった。

ここ2-3日、以前に日本の両親が送ってくれた宇宙の本をよく見ている。彼はその本をスペースシャトルの本と読んでいる。読んでくれといわれて読むが、内容はまだ難しいので、殆ど聞いていないが、色んな仕掛けがついて楽しいらしく、仕掛けを触っては楽しんでいる。

いつか家族で宇宙を旅してみたい。
[PR]
by stakesue | 2008-03-25 22:53 | 子育て:利音の成長
イースターマンデー
連休の最終日、昨日はレッドクリフのお友達のところでのBBQに誘われて行ってきた。
そこで、久しぶりにジニーちゃんと遊べて利音は楽しかったようだった。
c0032878_22394097.jpg

子供たちは、ダディたちとフリスビーをしたりして遊んでいたが、利音はとても上手にフリスビーが投げられるようになった。
c0032878_22404569.jpg

多分、私が投げるより上手だと思う。

楽しいイースターホリデーはあっという間に終わってしまった。
[PR]
by stakesue | 2008-03-25 22:41 | 子育て:利音の成長
イースター、エッグハンティング
イースターホリデーはあっという間に終わってしまった。
ホリデー2日めは、夫の母の家に行き、3日目の日曜の朝はエッグハンティングから始まった。

利音が起きてダディーと一緒にシャワーを浴びて、階下に降りようとすると、お気に入りの犬のぬいぐるみがバスケットを持って階段の一番上にいるのを見つけた。
c0032878_22135059.jpg

利音はイースバニーが来た!と言って駆け寄った。
かごの中には、卵の形をしたチョコとバニーからの手紙。「利音へ、卵を隠したよ。全部見つけられるかな? 見つけたチョコは、お兄ちゃん、ダディ、マミーと分けてください。卵は一日に3つだけだよ。イースターバニーより」と書いてある。
c0032878_22175017.jpg


階段を降りると、他のぬいぐるみのお友達が色んなところにいて、チョコを見つけるお手伝い。
c0032878_22181654.jpg

途中に、お皿の上に食べかけの人参を発見。利音はバニーが食べたと興奮。メッセージには、利音、人参をありがとう、書いてある。

チョコがおもちゃの中にもあったよ。
c0032878_22185945.jpg


最後に、うさぎさん、見~つけた。一つは利音に、もうひとつはお兄ちゃんにだって。
c0032878_22192648.jpg


大事に取っておくかと思ったら、すぐにパクリ。
c0032878_2221542.jpg

慌てて、耳が半分になったところで、後は明日にしようね、と伝えると、以外に素直に従った。

寝室から、リビングの奥まで、順番に見つけていくように全部で12箇所に隠していたが、ちょっと順番がおかしいところはあったが、全部見つけてかごの中。

犬にとってチョコは絶対にあげてはいけないものの一つ。ビーマがいるので、エッグハンティングは外ではできないし、部屋の中も殆ど入れ物にいれておいた。
注意していたにもかかわらず、多分、ビーマは夫の小さめのバニーを食べてしまったようだ。気がついたら、白いバニーの抜け殻が私の部屋に散らばっていた。。。。

利音はハンティングがとても楽しかったみたいで、まだあるかも、、、、とか言いながらおもちゃを調べたり、バニーはまだどこかにいるかも、と言いながら庭に出てバニーを探したりしていた。

楽しんでもらえてよかった! チョコの食べすぎを心配していたが、バニーからのメッセージは親が言うより効いたみたいで、チョコは、少しずつしか食べていない。
多分、父親のほうが沢山食べているような気がするのだけれど。。。
[PR]
by stakesue | 2008-03-25 22:30 | 子育て:利音の成長
イースターウィークエンド初日
c0032878_2263451.jpg

今日は、グッドフライデーでイースターホリデーの始まり。

今日はとてもよいお天気だったので、Nくんの友達を含め家族全員でゴールドコーストのカランビンの河口に泳ぎに行った。
ここは犬も同伴できる場所なので、ビーマも連れて行った。
c0032878_2213261.jpg

ボールを追ってビーマは沢山泳いだ。
犬のウォーターポロとかあれば、ビーマは一流選手になれると思う。かなり長く泳いでいられるし、カポッとボールを銜え、泳いで戻ってくる。
c0032878_2275413.jpg

利音は泳げないけど、ビーマと同じ格好をしていた。
c0032878_2292393.jpg

利音はずっと帰りたがらなかった。
c0032878_2213234.jpg

以前は水の中で仰向けになるのは、私たちが支えていても嫌がっていたのに、今日は自分から仰向けになっていた。
ここ1ヶ月くらいで水に対する恐怖心がなくなり、水の中にいることがかなり心地よいと思っているようだ。
c0032878_22163075.jpg

帰りの車では利音もビーマもぐったりして眠っていた。

一旦起きてシャワーを浴びた後、寝る前だからと夜用のナッピーをつけようとしたら、利音は下着じゃないと絶対に嫌だ、もうナッピーはつけたくないと断固として聞かないので、それじゃあ、お漏らししてベッドが濡れると嫌だからタオルだけでも敷いて寝ようかというと、そんなものは必要ないと言うので、従うことにした。

おねしょすることはあるかもしれないけど、とりあえずナッピーとは卒業かな。
[PR]
by stakesue | 2008-03-21 22:25 | 子育て:利音の成長
イースターの準備
c0032878_21491494.jpg

明日からイースターホリデー。
イースターエッグでも作ろうかと利音に聞くと、利音が粘土で作ろうよと、と提案をするので、まずは粘土を作った。利音の希望は青。私は淡い色がいいかなと思い、ピンクも作った。あとで、黄色を作ればよかったと反省。
利音に丸めてバスケットに詰めてもらった。その後に、お花を飾ったり、ウサギの切り絵を旗のように立てたりした。
ウサギの切り絵をしていると、利音がこれを玄関に飾りたいというので、数を増やしてチョキチョキ。
できたものは、利音が、このうさぎとこのうさぎがおしゃべりをしていて、とか話しながら壁に紙を貼っていった。
c0032878_21571232.jpg

昨日、N君が夕食のときに、イースターのホリデー中に、エッグハンティングか何か特別なことを利音にしてあげたいと提案してきた。彼は小さいころはイースターが来るのを楽しみにしていて、エッグハンティングするのが楽しくてしょうがなかったので、利音にも同じような経験をさせてあげたいんだ、と言っていた。
チョコレートを食べさせると、利音はハイになりいつもよりもずっと手が付けられなくなることが多いので、あまり積極的に食べさせたくはないのだけれど、まあ1年に1度のことだし、エッグハンティングを楽しませてあげたいなと思う。
[PR]
by stakesue | 2008-03-20 22:03 | 利音と私のアート&クラフト