ブログトップ
<   2007年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧
忙しい毎日
なんだか毎日が慌しく過ぎていく。
月曜は、ジムナスティック。
c0032878_2128920.jpg

ジムナスティックの後、リオとルシアちゃんと一緒に遊んで利音も楽しかったようだった。

火曜は、ご近所のなおちゃんとルシアちゃん、キクちゃんとサムちゃんが遊びに来てくれた。
c0032878_2129624.jpg

考えていたのは、「レストランごっこ」だったが、結局、そんなことは全然できなくて、カビハウスを作ったり、ティーパーティーをしたり、おもちゃで遊んだりして過ごした。
ランチは、キクちゃんが生春巻き、なおちゃんがリゾットを持ってきてくれ、私は子供たちが作る予定だったピザとサラダを作ったが、ピザを焼いている途中に、何だかやけに白いピザだなと思っていて、ピザソースを塗るのを忘れていたことに気がついた。。。ピザになってないじゃん!
ひゃ~、しょうがないので上からソースをかけて焼いたがなかなか焼けずに焦りましたよ。
でも、外のデッキでワインを飲みながらのランチは心地良かった。
c0032878_21504145.jpg

今日はストーリーテリングの日。読んでくれる人が若いお姉さんにかわって、パペットを使ったお話や歌も踊りも多く、変化に富んでいて子供たちは大喜びだった。
ストーリーテリングの後は、いつものようにランチをして、外のプレイグラウンドで遊ばせた。
c0032878_21505678.jpg

利音が昼間、夕方にならないとお昼寝をしないので、昼間働く時間が少なくなってきてしまった。
お昼寝をしなくなったら、デイケアを週2日にしなければいけないかな。
昨日、2つのサイトの見積もりがきたので、先日来た2つの見積もりをあわせると4つの見積もりを出さなければいけないのだが、全部一度に来たら大変だなあ。

今日の夕方、散歩をしているときに、夫がビーマが拾ってくるために投げた枝がビーマの目の近くにあたってしまったようで、目の周りが少し出血してまぶたが腫れ、目が殆ど開かない状態になってしまった。目自体は大丈夫だと思うのだが、明日様子をみてあまりよくないようであれば、獣医さんに連れて行こうと思う。
ビーマの目がよくなりますように。

(1番上と2番目の写真はなおちゃんの撮影によるもの。写真、送ってくれてありがと。)
[PR]
by stakesue | 2007-02-28 21:56 | 日記
週末
c0032878_23173456.jpg

土曜日は、利音のスイミングレッスンだった。
サムちゃんもアレックと一緒にレッスンに参加することになり、利音もうれしそうだった。
私も利音のレッスンを半分見た後、25Mプールで何度か往復をして、とても気持ちよかった。

レッスン後、アレックが家に来てくれて、夫が裏庭の日除けにセイル(帆)を張るのを手伝ってくれた。陽のあたる場所が時間ごとにかわってしまうので、ここにしようと決めた後、張ってみると日陰が必要なところにできていなかったりして、思ったよりも時間がかかったようだったが、お陰さまでセイルが張れた。
あとは、セイルの下にコンクリートかタイルかなにかを敷くのが夫の次のプロジェクト。

今日は利音の下着を買いに行った。トイレトレーニングを本格的に始めようかと思ったからなのだけれど、買いに行く前に、スパイダーマンのパンツを買おうね、といったらとっても喜んでいたのだけれど、いざ買って履かせてみたら、「ナッピー、プリーズ」と言ってせっかくはいたパンツを脱いでしまった。まだパンツを履くのは心もとないのかな。

夕方、キクちゃんたちがジェイクを連れて散歩によってくれたので、みんなで久しぶりに散歩に行った。 

今週末は夜も10時半くらいに寝て、朝も8時過ぎまで寝ていた。この3週間くらい12時半から1時半の間に寝ることがずっと続いていたので、ちょっと寝不足を感じていたので、今週末は充電することができたように思う。

週末はいつもあっと言う間に終わってしまう。
[PR]
by stakesue | 2007-02-25 21:22 | 日記
1人の時間
c0032878_2156137.jpg

私のでっかいサングラスをして、ちょっと昆虫っぽい利音ちゃん。

昨日は読み聞かせに、ご近所のなおちゃん、ルシアちゃんと一緒に出かけた。一緒に同じ車で出かけるというのは、連帯感と楽しさが増すような気がした。利音もルシアちゃんも一緒にいることが多く、面倒見の良いルシアちゃんは、走り去って見えなくなってしまう利音を何度も心配してくれていた。
読み聞かせの後、図書館側がお母さん達と子供たちのためにお部屋を提供してくれ、そこで塗り絵をしたり、輪になって歌ったり、お母さん達はコーヒー、紅茶とビスケットで和やかに談笑することができた。帰りに受付で、お部屋をプレイグループの場所として提供してもらえないか聞いたところ、ママの1人Yさんが申し込み用紙に記入をしてくれ、その場ですぐに借りることができるようになった。Yさん、ありがとう。
毎月の第1と第3の水曜日の読み聞かせのあとの1時間を借りることにした。料金は無料、しかもコーヒーや紅茶はご自由に、ということだった。
これからプログラムなどを考えていきたいと思うが、とても楽しみ。

今朝、利音は起きてダディとシャワーを浴びた後、着替えをしていると、POTTYと自分から言い、渡してあげたらおしっこをした。すご~い、と喜びステッカーを2枚あげた。

今日は利音のデイケアの日。いつものように大泣きする利音だったが、お迎えに行くと、サムちゃんと楽しく過ごしたらしかった。
利音を預けるようになって以来、ずっと映画を観にいきたいと思っていたのだが、お仕事ばかりで、なかなか行けなかった。昨日、サイトの一つをアップロードして終えたので、今日は自分へのご褒美に映画を見ることにした。

BABELという、ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、役所広司らが出演している映画。
台詞が少なく、音楽と映像が言葉よりも強く訴える映画で、ちょっと重いけれど、最後は希望のある話でもあった。そんなつもりでやったわけではなかったことが、取り返しのつかないようなことに発展したりしたりする話は、自分が過去にアメリカに入国できず、送還されてしまったことなどを思い起こさせた。
バベルというと私が思い出すのは「バベル2世」というアニメ。テーマソングも覚えてる(笑)
でも、バベルが何かよく知らなかったので、調べてみたら、旧約聖書にあるバベルという町のお話で、遥か遠い昔、言葉は一つだった。人間たちは神に近付こうと、天まで届く塔を建てようとした。怒った神は言葉を乱し、世界はバラバラになった、バベルは人間の愚かさの象徴だということが記載されていた。
この映画では英語、日本語、スペイン語、アラビア語、手話、国もアメリカ、メキシコ、日本、モロッコで起こることがつながっているのだが、コミュニケーションの難しさがテーマらしいが、バラバラになった孤独を救うものは、愛、特に家族愛なのだというのがテーマと言う風に感じた。
モロッコの家族に起こったことは、子供に武器を与えることがどんなに危険なことであるのかというのは伝わったけど、とても悲しかった。

こうやって映画をまた楽しむ時間が持てたことがうれしい。
月に1度は映画、観に行きたいなあ。もしかすると、また2件ほどサイトの制作が近々始まるかもしれないので、どうなるかわからないけれど。
愛はもちろん必要だけど、私には1人で映画を観たり音楽を聴いたり本を読んだりして過ごす時間があるととてもうれしい。
[PR]
by stakesue | 2007-02-22 22:40 | 私事
サムちゃん、2歳のバースデーパーティー
c0032878_1333277.jpg

昨日はサムちゃんの2歳のバースデーパーティーだった。
12時からのスタートだったので、キクちゃんたちの準備がスムーズにすすむように、サムちゃんを午前中預かった。
利音とサムちゃんは楽しく遊び、パーティーの30分ほど前にサムちゃんを連れてキクちゃんの家にいった。
パーティーでは、子供たちがマフィンに自分でデコーレーションをして食べることや、輪になって歌って踊り、ミュージカルスタチューと呼ばれているゲームで、音楽をかけて踊り音楽がとまったところでみんな停止するのだが、動いたらゲームからはずれて、最後に残った人が勝ちというゲーム。小さい子達は、ゲームから外れるというのがわからないので、ゲームとは関係なく楽しく踊り続けていた。
利音はかなりはしゃいでいて、ダンスもジャンプをしたりしながら踊りまくっていて、パーティー中、「マミー」とよってくることが殆どなく元気に遊びまわっていた。

キクちゃん、アレック、お疲れ様でした。楽しかったよ。ありがとう。

今日は、ジムナスティックの日で、先週、先々週はあまりやる気がなかったようなので、ジムナスティックはやめて音楽か何か他のレッスンを探そうと思っていたが、朝、本人は行く気満々だったので、連れて行ったら、今日は何事にも積極的にやっていた。
なおちゃんのところのルシアちゃんがやっているのを見て、やってみる気になったのか、先週までは怖がって嫌がっていたことも今日はできた。
「継続は力なり」、かなと思った。波はあるかもしれないが、続けてみようと思う。
[PR]
by stakesue | 2007-02-19 13:59 | 子育て:利音の成長
スイミング・レッスン
c0032878_21145665.jpg

今日は利音のスイミング・レッスンだった。
生徒はほんの3組だけで、少人数なのが気に入った。
お父さんと一緒にレッスンを受けているのは利音だけだったが、夫と利音の絆を深めるためにも、スイミングのレッスンはお父さんと一緒というのは良いように思った。
夫も利音と一緒にレッスンを受けて楽しかったようだった。
c0032878_21194097.jpg

レッスンは水の中にいることが楽しいように思えることに重点が置かれているように思えた。
おもちゃを使ったり、歌を歌いながらの楽しいレッスンだった。
c0032878_2119076.jpg

c0032878_21204558.jpg

私は最初のレッスンだったので、プールの脇で最初から最後までレッスンを見学した。
レッスンの前後も夫が利音と一緒にいたので、25Mプールを何度か往復することができた。
今日は700mぐらいだったけれど、泳いだせいで、身体も気持ちがいい。
私も毎週、泳ぐのが楽しみだ。
[PR]
by stakesue | 2007-02-17 21:23 | 子育て:利音の成長
人は人。自分は自分。
c0032878_22302823.jpg

今日は、自分に言い聞かせるためにももう一つ書いておきたいことがある。

シュタイナーのプレイグループで配られていた子供の発達の過程についての説明で、2-2歳半のところに、この年の子供たちは、他の子供たちと一緒にいることは好きだが、一緒には遊ばないのだというのが記載されていた。
「この時期の子供は、他の子供がしていることに興味がない。」ということがその行動の理由として書いてあった。つまり、自分が好きなことをして遊んでいるのだ。
うらやましい時期であるし、遊びということを念頭におくとすれば、2歳でなくても大人になっても人に迷惑を掛けたりすることでなければ、自分の好きなことをするべきだろう。
インターネットで調べたときも、1人遊びの時期だというのは読んだが、行動の理由は記載されていなかったので、これを読んで利音の月齢ということで納得しょうとしていた部分があったが、それだけではなくて、もっと基本的な事に気づかせてもらったように思う。

私は、自分がやりたいと思っていることを行動を起こすにあたって、みんながやっているからという理由で始めることはないし、誰も一緒にやる人がいないからという理由で行動に移さないということは殆どない。自分がやりたいからやるのである。
人と同じである必要はないし、他人を自分の行動のよりどころにはしたくないと思っている、にも関わらず、利音に対して他の子と比べたり、他の子と同じような行動をしないということで、不安に思うのはおかしいということに改めて気がついた。
他の子と違っていて当たり前なのだ。
利音は、すぐに新しいことに飛びつくほうではないが、気に入ったものは、持続力があり、集中力がある。それはとても素晴らしいことなのだ。
他の子が遊ぶために食事をしている席から離れてしまっても、利音は自分のペースで1人でも座って食べている。人に左右されていないということは、素晴らしいことなのである。

利音が利音でいることを喜び、尊重していかなくちゃなと思う。

私の母から、子供のときに毎日のように言われていた言葉がある。
「人は人。自分は自分。」

「何々ちゃんは、~なんだって。私も~。」というと、いつも母は私に「人は人。自分は自分。」といっていた。
人と同じであることを望まず、自分は自分らしく生きるのだと教えてもらっていたのだと思う。
母は偉大である。

母が教えてくれたように、利音が利音でいることを大切にしていこうと思う。
[PR]
by stakesue | 2007-02-16 22:10 | 子育て:利音の成長
サムちゃんの誕生会@シュタイナー
c0032878_20551447.jpg

昨日はサムちゃんの2歳のお誕生日だった。サムちゃん、おめでとう。
昨日、利音もサムちゃんもデイケアで、週2日行くことになったサムちゃんと木曜日は同じ教室にいる。先週、夫は利音は次からは一つ上のクラスに入れると聞いてきたといっていたが、夫の聞き間違いか勘違いだったらしく、利音はトドラークラスだったので、サムちゃんと同じクラスだった。
2人ともお互いの存在にとてもハッピーだったらしい。とはいっても、サムちゃんを見ても、利音は朝、私と別れるときに大泣きしていたけれど。。。

今日は、シュタイナーのプレイグループの日。今日はアレックもサムちゃんの誕生日の儀式があるので、参加していた。
いつものようにパンを捏ね、外で遊んだ後、通常はお話の時間だが、部屋に入る前にタニア先生がサムちゃんを呼び、綺麗なライトグリーンのフエルトで作られた王冠をかぶせ、最初に部屋に入っていき、サムちゃんに「お友達に入ってもらいましょうね。」といってみんなを呼び入れた。
いつものように輪を作って座ったが、サムちゃんは、先生の隣で虹色の布を巻かれた椅子に座らせられ、先生がこれは利音のときと同じようにフエルトで作られた蝶を出し、今日、この中に誕生日の子がいるわ、探しにいきましょうといって、蝶が子供たちの頭に止まりながら周り、サムちゃんのところに舞い戻ってきて、詩を歌い、プレゼントの蝶が渡された。サムちゃんは蝶を持って先生と一緒にみんなの頭に蝶をとめて歩いた。
その後、みんなで席について、モーニングティーのフルーツを食べ、キクちゃんの焼いたマフィンにろうそくをともして、サムちゃんがロウソクを吹き消した。 キクちゃんのスピーチがあり、サムちゃんの写真をみんなで見てとても素敵なセレモニーだった。

お話の時間、モーニングティーを食べる前など、アクティビティーの始まりと終わりには歌を歌いロウソクに火をともす。そしてその時間が終わるといつも子供の1人が呼ばれて、ロウソクの日を歌を歌いながら消すのだが、モーニングティーの後のロウソクを消す役に利音は今日選ばれた。利音はうれしそうだった。

モーニングティーの後片付けをしながら、前学期から一緒のキャシーというお母さんの1人と、今学期はプログラムがとてもオーガナイズされていていいわねえと話した。この片付けの時に、タニア先生とも少しお話ができたが、彼女は2人子供がいて、私の住んでいるところから結構近い公立の学校で先生をしていて、甥がシルクウッドスクールに来ているので、劇などを見に来たりしているうちに、興味があって、プレイグループの先生を始めたそうだ。多分、将来的にシルクウッドで教師をしたいと思っているんだろうなと思った。

今日、利音は柱に紐でくっつけてあるボールを小さなラケットで叩く遊びが気に入ったようで、ずっとやっていた。結構、上手にボールを打っていた。
利音は一つ気に入ると、長く同じことをやるので、かなり長い間、ボール打ちに励んでいた。上手に打っていたので、将来はテニスを習わせてもいいなと思った。
[PR]
by stakesue | 2007-02-16 21:18 | 子育て:利音の成長
ハッピーバレンタインデー
c0032878_22292082.jpg

今日の午前中は図書館の読み聞かせに行った。今日は、今まで楽しく本を読んだり歌ったりしてくれていたお兄さんの最後の日で、さよならコンサートだった。
残念だけれど、お兄さんは次の仕事が見つかっていて、その仕事を楽しみにしているようなので、彼のためには良いことなんだろうと思う。
最後の日というのがわかっているのかいないのか、利音も他の子たちに混じってお兄さんにHUGしていた。

読み聞かせのママと子供たちとランチを食べて少し遊んだ後、夫の職場へランチを届けに行った。
昨日の夜、卵と挽肉のそぼろでハートマークを作ってお弁当を作り、その上にハートマークのフォームにHAPPY VALENTINE'S DAYと書いてお弁当の蓋の上においてお弁当を包んで冷蔵庫に入れていたのだが、今朝夫はお弁当を持っていくのを忘れてしまったので、せっかくなので、届けに行った。が、道を間違えてしまったりして、時間がかかり届けることができたのは1時半をすぎていた。。。

夫は仕事から帰ってくると、私にチョコレートをくれた。
それから、私達はゴールドコーストへバレンタインデー・ディナーに出かけた。
利音にディナーにレストランに行くよ、と伝えると、利音は「ディナー」「レストラン」と繰り返し言い、はしゃいでいた。利音は夜に出かけるのが好き。
車の中でもずっとしゃべっていて、ハイウエーのライトを見ては、ONE, TWO, THREEと10まで(ときどき11まで)数えることを繰り返していた。
英語はもう10までは完璧だなと思って聞いていて、日本語を次は10まで覚えさせなきゃと思って、「いち」と言ったら、利音が「に」「さん」と続けて言うのでびっくりした。
4から7までは順番はあやふやだが、言葉はあっている。8から10まではまたはっきり言っていた。
本を読みながら数えたことは何度かあったけど、私の後に続けて言ったりしていなかったので、覚えているとは思わなかった。
数を数えているうちにゴールドコーストに着いて、利音も喜ぶかと思ってクルーザーやヨットが停泊しているマリナミラージュで食事をすることにした。
c0032878_22473199.jpg

予約をしていなかったので、前に来たことがあって、結構おいしかったイタリアンに入ろうとしたが、今日は予約で一杯だと断られてしまい、結局マリナーズ・コーブの中にあるパブみたいなところで食事をした。外のデッキでヨットを見ながら食べれるし、私はステーキを食べたが、結構柔らかくておいしかった。
利音は興奮してかあまり食べなかった。
c0032878_22474627.jpg

食後はヨットハーバーを散歩した。
桟橋を走る利音の後姿を見て、今は見るものすべてを身体全体で感じているように思え、彼にとっては、1秒1秒が意義のある時間なんだなという気がした。

今日のバレンタインデーのディナーは私も幸せを感じた。
夫に感謝。
[PR]
by stakesue | 2007-02-14 22:55 | 日記
フォームアートと初めてのおまる使用
c0032878_22125084.jpg

昨日利音が作ったフォーム・アート。
キッチンのパントリーのドアのところに下げた。利音は見ると、”LEON DID IT"と言っていた。
この間、恵子さんのところに遊びに行ったときに、恵子さんが子供たちに遊ばせるために出してくれたものが、この色々な色や形のフォーム(スポンジみたいなもの)。そのとき利音は熱心に取り組んでいたので、昨日のジムナスティックの後に、フォームを買って午後にやってみた。
利音が特に好きなのはお皿にのりを出すところだが、動物の名前やツリーとかいいながらペタペタ貼っていた。お皿の中は利音が全部選んで貼ったものだが、お皿の周りは利音は3枚くらい貼った後、興味がなくなったらしく、辞めてしまったので、私が残りを貼った。
今日もサムちゃんとやってみたが、他の子と一緒だと気が散るのか、あまりやらず、午後に1人になるとまた貼っていてお花模様を一緒に作った。

昨日、フォームを買ったときに、ステッカー・ブックというのを買った。シールを貼る本なのだが、「空を飛ぶ機械」という題名で、飛行機、熱気球、スペースシャトルなどといった空を飛ぶ乗り物の写真のステッカーが50枚ついていて、ステッカーが貼られるべき場所を影を見て探し、所定の場所に貼っていくもの。

利音には、POTTY(おまるのこと)に座るとステッカーが1枚、おしっこをPOTTYにするとステッカーが2枚、うんちをPOTTYにするとステッカーが3枚もらえるよと伝えた。

最近は夕食の後、お風呂に入る前にPOTTYに座らせているが、おしっこもうんちも緊張するのかでないようだった。とりあえず、POTTYに座るのが楽しみになるようにとステッカーをあげることにした。
昨日の夜はPOTTYに座り、何も出なかったがいつもよりも長く座ってがんばっていた。それで、ステッカーを1枚あげた。利音はステッカーを何度も貼ってははがすことを繰り返しいていた。
夜、寝る前にこのステッカーの本を読んであげると、ベッドに持っていき、抱きしめて寝るまでの気に入りようだった。特に、スペースシャトルのところには、利音の好きな月の写真がのっていたので、スペースシャトルに乗ると月に行けるんだよと教えると、「3,2,1発射~。」と「スペースシャトル」を繰り返し言っていた。

そして今晩、またPOTTYに座っていたら、おしっこが初めてできた!
夫と二人で褒め称え、「CONGRATULATIONS!」と言って握手をし、ステッカーをあげたら、本人もとてもうれしそうだった。

2歳半ぐらいまでにおむつが取れるといいなあ。

夫は日曜の夕方5時半ころ思ったよりも早く帰ってきた。3日間で2500キロ近くバイクで走り続けたらしい。途中かなり雨が降ったりして、体も疲れていたと思うが、うれしそうにツーリングの話をしていた。NSW州とQLD州のバイクが600台くらい集まったらしい。

夫は昨日から正社員として働き始めた。2ヶ月半ぶりに行った職場の人たちからは結構歓迎されたらしく、夫はうれしそうにそのことを昨日も今日も話していた。
私もうれしそうな夫を見て、うれしい。

私は1つのサイトはほぼ終わり、もう一つのサイトは半分くらい終わった。この2つのプロジェクトの後は、特に決まっていないので、できれば自分のサイトのリニューアルをしたいなと思っている。
[PR]
by stakesue | 2007-02-13 22:37 | 利音と私のアート&クラフト
利音2歳3ヶ月
c0032878_2026523.jpg

昨日で利音は2歳3ヶ月になった。
利音は走るのが好き。ショッピングセンターもいつも走り回る。一昨日は、散歩の時、1kmぐらいの行程のうち200メートルぐらいは走っていて、その2歳児の体力に驚いた。
今日は午後、近所にある屋内プールに連れて行ったが、ここでも走っていた。
写真のように浅いところでも走っていたが、もっとあごの下くらいのところでも走る真似をしていた。
1時間くらいで、出たがるかなと思っていたが、結局3時間近くを過ごした。本人はまだいたかったようだったが、チップスを買ってあげると食べ物でつってやっとプールから出ることに同意した。
c0032878_2153035.jpg

今日、プールに行ったのは、スィミングレッスンのことを聞きたかったこともあった。
レセプションで聞くと、今日は丁度アセスメントの日で、2時から始まるので、インストラクターにどのクラスから入れるか聞いてみたら、ということだった。
2時になって女性のインストラクターに利音を渡すと、こわばった顔をして、言われたとおりに足をバタバタさせたりしていたが、顔を水につけるのはやっぱり嫌がっていた。
インストラクターは、0-3歳児のクラスのうちの下から2番目のGOLDFISHというクラスから始めてくださいと言われた。
帰りにレセプションでクラスのある曜日を聞いたら、土曜の11時からも行っているということだったので、夫と一緒に参加してもらおうと思って、次の土曜日からのクラスを予約した。
10レッスンの回数券を買うと、土曜日に参加できない場合は他の曜日に振り替えすることができるそうだ。
10回で88ドル。1回30分のレッスンは8ドルということになる。
このプールは温水なので、1年を通してレッスンに通えるというのも利点。
私は利音と夫がレッスンを受けている間に、思い切り泳ごうかなと思っている。30分あれば、1キロくらいは泳げると思う。最近、身体の肉がボヨボヨしているのが気になり、水泳をしたいと思っていたので、1週間に一度通うことで少しましになると良いなと思う。

さて、2歳3ヶ月になった利音。先週ちょっと心配した社交性も、シュタイナーのプレイグループで2歳半前後の子供たちが殆どの中で見てみると、利音の社交性は全く問題なさそうだなと思った。

言葉は、NOの代わりに、"I don't think so"というようになり、文章でしゃべる。今日何をしたかと聞くと、答えることができるようになってきた。
おもちゃを左手と右手に持ち、お互いに話をしているという1人遊びをよくする。どちらかが良い役で、どちらかがちょっと悪さをする役というのが多いようだ。
その日のお気に入りのおもちゃをベッドに持っていくようになったのも最近。
日本語への興味も多くなり、夜読んでくれといわれるのは日本語の本ばかり。「かゆいよ~。」とか、「あれ?」とか、「かば」、「新幹線」、「消防車」、「飛行機」など、私の後に本にでてくる単語を真似して言うのが好きで、日本語の語彙も増えてきた。
日本の歌は、「森の音楽家」が最近のお気に入り。
数字は1から10まで言えることが多くなってきたが、たまに6を忘れる。
働く自動車が好きで、"Grader", "Digger", "Roller", "Bobcat", "Dump Truck", "Crane", "Mixer", "Fire Engine"など、私が日本語で何というのか知らないものまで、見て区別がつくらしくわかる。
食べ物は和食が好きで、お醤油は目を離していると飲んでしまうほどすきらしい。おそばなどをするときも、つゆを必ず全部飲む。
野菜はあまり好きではないが、何故かブロッコリーは食べるようになってきた。

最近、病気も全然しないし、元気で走り回りありがたい。
[PR]
by stakesue | 2007-02-11 21:04 | 子育て:利音の成長