ブログトップ
<   2006年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧
シドニー旅行記 その3
c0032878_2138367.jpg

24日、火曜日、快晴。
バスでシティに行き、サーキュラキーからブロンテの次に住んだクレモン行きのフェリーに乗った。クレモンで降りるつもりだったが、時間に余裕もそんなにないので、そのまま乗り続け、モスマンへ行ってサーキュラキーに戻った。お天気が良かったので、シティ、オペラハウス、ハーバーブリッジがきれいに見えた。
c0032878_21385965.jpg

利音は、フェリーの水しぶきをジッと見たりしていた。
その後、シティに戻って、お友達とランチ。食べ終わって、以前の上司が経営するフィッシュアンドチップスのお店に寄って挨拶をしたところで、利音が疲れてむずがりはじめ、帰ることにした。バスの中で眠って、戻ってしばらくお昼寝して、夕方、ちょっぴり散歩して、おいしい夕食を食べて早めに休んだ。
c0032878_21451717.jpg

上の写真は、スミレちゃんに彼女のヘルメットをかぶせてもらっている利音。この旅行からヘルメットをかぶるのが好きになった。

25日、水曜。オシャレなパディントンからシドニーの北の高級住宅地、ピンブルへ移動。
チャッツウッドに迎えに来てくれたよーこに会い、チャッツウッドのショッピングセンターでお茶をして、彼女の豪邸に向かった。
今回、このすごい豪邸の外からの写真を撮り忘れたのがとても残念。 
沢山の木がうっそうと茂り、小川に橋などもかかった私道を50メートルほど走ると、大きな窓をふんだんに使った白い洋館が現れる。
裏庭にはプールもあり、窓の大きな広いキッチンからこのプールが見える。2階に4つのベッドルーム(バスルーム2つ)、下に書斎とリビング、ダイニング、ファミリールーム、バスルーム、キッチン、ランドリーがある。
よーことご主人のデイカの間には、4歳のベン君と、利音の3ヶ月下のマシュー君がいる。
ベンには生まれたときから、1歳のころまで見ているが、マシュー君にあったのは初めて。
マシューくんは、垂れ目がかわいい。あまり他の人には行かないそうだが、私のことは気に入ってくれたようだった。 
べんちゃんは、"I like you" と何度も言ってくれ、とっても可愛い。ただ、年頃なのだろうし、幼稚園で覚えてくるのだろうが、わ~、そんなこと言っちゃうの?って思うような言葉を発していた。こういう場合、そういう言葉にあまり反応してはいけないそうで、無視するのが一番なんだそう。今回、男の子を2人以上育てるのは大変だろうなあと思った。
c0032878_2254087.jpg

到着日の夜は近くのチャイニーズでお食事をした。

利音は、ベンにやられると、自分より小さいマシューをターゲットにするという上下関係のピラミッドができ、穏やかに過ごした誠子ちゃんのところに比べると、ちょっぴり厳しい社会経験もしたように思う。ベンちゃんにやられても、ベンちゃんのことは好きだったようで、朝起きると、「ベン」と利音は言っていた。利音はべんちゃんの面白くてリズムのある動きや言葉にゲラゲラ笑い、喜んでいた。べんちゃんがいないときは、利音はマシューくんと比較的大人しく仲良く遊んでいた。

2つの家庭での滞在は、利音の言葉の語彙を広くして、ネガティブな言葉も含め、2語文、3語文 "Go Away" や"Don't do that" がでるようになった。他にも新しい言葉を教えるとすぐに日本語も英語も上手に真似する。
電話で夫と話すと、"Dada, Love you. ..Bye-bye"と嬉しそうに言っていた。
このつたないラブユーの声とその言葉を発するときの笑顔はものすごく可愛かった。
私の携帯を見ると、"Dada, Phone, Phone" と夫に電話をするように催促していた。
つながっていない電話にずっと話すことはあっても、以前は使用中の電話を渡して、ハローって言ってみなさいといっても、だまってしまっていたのだけれど、今回の旅行から電話を渡しても話すようになった。
[PR]
by stakesue | 2006-10-31 22:19 | 子育て:利音の成長
シドニー旅行記 その2
c0032878_21591545.jpg

23日、月曜はひかる君は学校。すみれちゃんは、水泳教室だったので、利音と私も一緒にプールに行った。シティのドメインパークにあるプールは、大きくて、きれい。スミレちゃんは4歳なのに、しっかり泳いでいた。利音はいつものように私にしがみついていたけれど、後半、身体を浮かせて足をバタバタさせたりして、以前よりもかなりの進歩。プールから出ようとすると、まだ出たくないと言うのも初めてだった。
c0032878_2273946.jpg

c0032878_220653.jpg

午後は、誠子ちゃん、すみれちゃん、私と利音で、ブロンテビーチに行き、最初は公園で遊び、その後、誠子ちゃんたちと別れて、ブロンテビーチのプールの方まで歩いて行ってのんびりした。
c0032878_2202631.jpg

私はゴールドコーストからシドニーに転勤になり、最初に住んだのがブロンテで、海を一望するユニットに6年住んだ。上の写真の一番高いところにある緑色の屋根のレンガの建物の上が私が住んでいたユニットで、海に面した向かって左の窓が私の部屋だった。ベッドに横たわっても窓から海が見えたし、海の音が聞こえて、海から上る朝日や月を見れた。
c0032878_225341.jpg

プールは夏の間、日が暮れてからよく泳いだ。ここは私がオーストラリアで一番好きな場所。利音も気に入ったようだった。
[PR]
by stakesue | 2006-10-30 22:08 | 子育て:利音の成長
シドニー旅行記 その1
c0032878_2130047.jpg

とっても楽しかったシドニー旅行。ほんの1週間でも、利音はかなり成長したように思う。
旅は大人も子供も成長させるものなんだなと思う。

泊めてくれた誠子ちゃん家族、陽子家族、忙しい中、時間を作ってくれた友人や昔の同僚のみなさん、本当にありがとうございました。


21日の土曜日のお昼過ぎの便でゴールドコーストからシドニーへ向かった。
夫が仕事を失ってから1週間ずっと一緒に過ごしていたので、利音はかなりパパっ子になっていた。
搭乗が始まり、「ダダにバイバイして。」と言うと、利音は泣き出してしまったが、搭乗口を過ぎると目の前に見える飛行機に興奮し、ダディとのお別れの悲しさはどこかへ行ってしまったようだった。
c0032878_229776.jpg

私はゴールドコーストの空港は、タラップを使うので、飛行機と一緒に写真を撮れるのがうれしい。利音も自分でタラップを上がった。

窓際の席で隣を空けてくれていたので、上空では2席使ってゆったりできた。利音は窓から外を食い入るように見ていて、飛行機が上空に上がっていくときに「アップ、アップ、アップ」と言っていた。
窓を見たり、お絵かきしたり、マフィンを食べたりしているうちにすぐに飛行機は下降し始めた。フライト時間が短いので、迷惑かなと思いつつも、利音のフライトログブックにキャプテンのサインが欲しいというと快く了承してくれ、行きも帰りもサインをもらえた。

シドニー空港到着後、タクシーで最初に泊めてもらう予定のパディントンの誠子ちゃんのユニットに向かった。シドニーに住んでいたとき、パディントンは大好きでよく行っていたけれど、今回、この町を探索する時間は残念ながらなかった。
パディントンはオシャレな町で、ゲイも多い。FOXの映画のスタジオも近くにあるので、ムービースターに会えることもある。私はパディントン・インというバーで、イワン・マクレガーを見たことがある。
中心のオックスフォードストリートから中に入ると、住宅街で、細長い家屋が多く、鉄をレースのような模様にした柵を入り口やベランダに用いていて、瀟洒な感じ。
c0032878_21364128.jpg

誠子ちゃんとは私が1990年にオーストラリアに到着してからの知り合いで、ゴールドコーストからシドニーに移った1994年からよく食事に行ったり飲みに行ったりして、心を割って話せる大事なお友達の1人。
誠子ちゃんにはひかるくん(もうすぐ10歳)とスミレちゃん(4歳)という子供たちがいる。今年の1月に家族で私の家に遊びに来てくれたので、それ以来の再会。スミレちゃんがすごく背が伸びていることとにびっくりした。彼女は私達がくるのをとても楽しみにしてくれていたそう。ダンスが上手な女の子。

前回同様、ひかる君は、利音をとてもかわいがってくれて、利音もひかる君が大好き。ひかる君はチェロを、スミレちゃんはバイオリンを習っている。今回誠子ちゃんのところにお邪魔するにあたって、楽しみにしていたのは、ひかる君のチェロの演奏を生で聴くこと。1週間後にオーディションを控えているせいで、毎日練習していた。彼の行っている音楽学校は、入りたくても才能がないと先生が判断すると入れないそうで、習う楽器は本人の希望ではなく、先生がいろんな楽器を触らせた上で、「この子にはこの楽器が向いている。」と判断するらしい。
他にも誠子ちゃんの家には、笛、フルート、ギター、ハーモニカ、ディジュリデュー、ジョーハブという楽器など、色んな楽器を利音に見せたり、聞かせたり、触らせてあげることができてよかった。
c0032878_2138627.jpg

誠子ちゃん宅でのもうひとつのハイライトは食事。ご主人のまささんは、プロ並みの腕前で、毎日、おいしいご飯を私も利音もいただきました。しめ鯖、お刺身、焼き魚などシーフード系の滅多に食べれないものを沢山いただきました。利音も、「MORE, MORE」といいながら、みんながびっくりするくらいかなり沢山食べてました。夫がシーフードが苦手なので今までムニエルぐらいで魚料理をすることがなかったけれど、今回、利音が焼き魚とかも好きなことが判明。これからはもっとお魚食べさせてあげようと思った。

c0032878_22102210.jpg

22日、日曜日はみんなで水族館にお出かけ。車には全員乗れないので、バスで行ったのだけれど、利音はバスに乗ってすごくうれしそうだった。
c0032878_22104498.jpg

水族館の前に、チャイナタウンにあるラーメン屋でランチを食べた。シドニーはラーメン屋さんが増えたそう。うらやましい。
c0032878_2214693.jpg

水族館では、利音はどれもゆっくりじっくり見たいみたいで、次に移ろうとなかなかしなくて進むのに時間がかかった。気に入った場所では寝転んで見ていた。魚が泳ぐのを見るのは、癒される。私も水族館を楽しんだ。
c0032878_22121424.jpg

[PR]
by stakesue | 2006-10-30 21:42 | 子育て:利音の成長
利音、シドニー行きを前に髪を切る。
c0032878_23255820.jpg

利音の髪がかなり伸びていたのと、夫の髪も伸びていたので、一緒に髪を切りに行った。

髪を短くした利音は、これで女の子ですか?と聞かれることはまずないだろうと確信できるくらい、男の子っぽくなった。

髪を切る前は顔が小さいと思っていたけれど、それは髪の毛で隠れていたからだったみたいで、顔がちょっと大きくみえる、というか、全身が大きく見える。背がすごく高くなったように見えて、20分の間に、1つくらい年をとったように見えて、2歳前には見えなくなった。

明日からいよいよシドニー。
夫が毎日いるので、利音はかなりのパパっ子になり、私と2人で出かけるとき、いつも「ダダ?」と聞く。今日も、夫にべったりだったので、明日、空港で別れるときに泣いちゃうかもしれないなあ。

それでは、行ってきま~す。
[PR]
by stakesue | 2006-10-20 23:32 | 子育て:利音の成長
恵子さんのバースデーパーティー
c0032878_238937.jpg

19日は恵子さんのお誕生日だった。
恵子さん、おめでとう!

きくちゃんとアレックがバースデーディナーを開いてくれ、私達も招かれた。
それで、プレゼントは卓上花にしようと思って、銀色の箱にオアシスを入れて、庭の椰子の木の葉なども用いて自分でアレンジしてみた。箱に入れてアレンジしてみたのは初めて。
結構良くできたと思っていたら、持って行くときに、ユリの花びらが落ちてすごくショックだった。

c0032878_2373878.jpg

ディナーはアレックが主に腕をふるい、ローストディナー。当初の予定では、エリとロビンがケーキを作る予定だったらしいが、恵子さんが作ったバースデーケーキ。
食事もデザートもとってもおいしかった。
c0032878_23151198.jpg


エリちゃんはとても優しくて面倒見がよくて、サムと遊んであげていて、利音とも遊んでくれた。
食事の後、みんなでOVER THE HEDGEという映画を見たが、最初にクマが出てきたところで、利音は悲鳴をあげ、怖がって泣き出してしまい、その後も、ちょっと動物達が困っていると"Oh, NO!"の連発だった。
泣き出した後は、私の腕に抱かれ、こわごわながらも、ジッと画面を見入っていた。
利音に、アニメのDVDを見せたことがなかったし、テレビもあまり見ない。絵本でみる動物が暴れていたり困っていても怖いという風には思わないようだが、アニメは彼には衝撃が強かったみたいだった。家でアニメを見せるのはもうちょっと後かなあ。

でも、とても楽しい夜だった。
きくちゃん、ホストお疲れ様。恵子さん、おめでと~。
[PR]
by stakesue | 2006-10-20 23:24
デイケアお休み
c0032878_20524550.jpg

パイレーツパーティーに備えて、かぶりものに慣れるように、バンダナを最近つけたりしている。
自分でも、目に入るところにバンダナを見つけると、「バンダナ」と言って、たまに催促するようになった。
パーティーのために、パイレーツ帽子を見つけたので買ってみたが、これは気に入らなかったようで、かぶせてもすぐに地面に投げ捨ててしまう。帽子は諦めてバンダナにするかなと思っている。

今日はデイケアの日だったが、夫が連れて行くなというので、連れて行かなかった。
デイケアに行くようになって、利音は気に入らないことがあると、私や夫を「GO!」といいながら、押したり蹴ったりする。夫はデイケアで利音がよくないことを覚えてくると思っているらしく、今日は私も夫も家にいるので、連れて行く必要がないと言うのだ。
私はできれば、利音のためにも、デイケアに行くことに慣れてほしいと思っているので、毎週行くことを習慣づけたいと思っているのだが、夫は家にいればいいと言う。
朝、9時半に私はクライアントが家に来て、ミーティングする予定だったので、ミーティングの間、利音を外に連れて行くことで同意した。

クライアントは車が故障したとかで、今日のミーティングはキャンセルになった。

シドニーに行く前にショッピングをしたかったので、午後、利音が眠った後、夫に任せてお買い物に行き、新しいジーンズなどを買った。
1人で行くショッピングは本当に楽しい。2時間が本当にあっという間だった。
[PR]
by stakesue | 2006-10-17 21:11 | 子育て:利音の成長
バスタイムのお友達、22-23ヶ月での変化
c0032878_200265.jpg

バスタイムは以前は、白熊、クロコダイル、カエル、あひる、象などの動物達と遊んでいたが、最近の利音のお気に入りは、写真の5匹の猿とカエル。

水曜に行っている読み聞かせで、よく歌われるのが、5匹の猿とクロコダイル。
木に座っている5匹の猿が、クロコダイルを「捕まえられないだろう」とからかって、1匹ずつ食べられて最後には猿が一匹もいなくなるという、ちょっと残酷だが、ユーモラスで、数を覚えるのにもいいなと思っていた。
利音とお風呂に一緒に入ったときに、この猿とカエルを両手につけて、カエルをクロコダイルに見立てて同じようにやってみた。
利音はこれがとても気に入って、それ以来、自分ひとりで入っているときも、両手につけたり、夫にどちらかをつけさせたりして、自分はもっぱら食べるほうとして活躍している。
今日は、カエルと猿が湯船を泳ぐ真似をしてみたが、自分でも「スイム、スイム」とかいいながら、猿を泳がせたりしていた。

利音は数に興味があるみたいなので、最近夜に読む本は、「TEN LITTLE SLEEPY HEADS」という10匹の虫たちが順番に眠りにつくという話。1から10まで上手に真似できる。
本はとても好きで、「本」と日本語で言い、自分ひとりでもよくめくって見ている。自分でも話を作っているのか、自分の知っている単語を駆使しながら、本をめくっていたりする。

利音のベッドルームの入り口に友達のヨーコからプレゼントされた「LEON」とかかれた可愛いサインがあるのだが、それを見て、「りおん」という。試しに、他の紙にLEONと書いて、なんてかいてある?って聞いたら、「りおん」と答えているので、自分の名前の文字は映像的には覚えているようだ。自分の名前を言うのも好きで、よく「りおん」と言っている。
"What's your name?"と聞けば、 "Leon"、 "What's your dog's name?"と聞くと "Beema"と答えたりもできるようになったのが22-23ヶ月の間のこと。

言葉も2語文(MORE ~と使う場合が多い)、3語文もでてくるようになったし、すれ違ったりするひとへの、「HELLO」という挨拶と、物をもらったときの、「THANK YOU」または、「TA(THANK YOUの省略形でオーストラリアではよく使われる)」、お願いするときの「プリース」も催促しなければならない場合が殆どだが、ちゃんと言える。

最近、寝る前にするパズルもマンネリ化してきたので、いつも抱いて寝ている犬2匹とライオンのぬいぐるみを観客として利音の前に座らせている。利音がパズルをはめる毎に、やんやと拍手をして、それぞれが利音を褒め称える。すると利音はとても誇らしげに3匹を見て喜ぶ。
3匹が早く寝ようとベッドに上がると利音も慌ててベッドに登り、私に全員がおやすみのキスをしてくれて、3匹を抱きしめながら眠りにつくというのが最近のパターン。

今日、夫が使っているジャックハンマーに、教えてもいないのに、正しい大きさのねじをしめるものを入れて、せっせと締めていた。
最近の好きなものはハサミで、なんでも切りたがる。
卵を割るときに、利音に割らせているが、今日は2個ともきれいに割れて、殻を入れることなく、中身をボウルに入れてくれた。

色んなことができるようになっていくんだなあと、どんどん想像力が養われているんだなあというのを感じる。
[PR]
by stakesue | 2006-10-15 20:37 | 子育て:利音の成長
利音と私のアート、パート2
今日も利音がペインティングがしたいというので、描くことにした。
今日は、黄色と赤のみを使った。黄色と赤だけで描かせるのは初めて。
沢山色を使うといつも何故か茶色が主になってしまうので、今日は、黄色や赤が持つ明るさや暖かさを感じてもらえるといいなと思った。途中、白も加えて3色使いにした。

c0032878_1925221.jpg

↑は、利音が「ホース(馬)」と描きながら言っていた。後でパオパオ(象の事)とも言っていた。もしかして絵を反対においているかも。

c0032878_19291667.jpg

↑は、利音が「ピッピ(鳥のこと)」と描きながら言っていた絵。もしかすると上の絵が鳥だったかもしれないが、どちらだったか忘れてしまった。

まだ描くので絵の具を出してくれと言われ、出した直後に飽きたらしく、夫のいる庭にいってしまったので、残った絵の具がもったいなかったので、また部屋に飾る魚を1枚描いた。
その後、まだ絵の具が残っていてどうしようかな、と思っていたけれど、パレットに残っている色合いが家の前庭に夏になると咲くアプリコットカラーのフランジパニ(プルメリア)に良さそうな気がしたので、画用紙に描いてみた。
c0032878_19321858.jpg

適当に下書きもなしに描いてみたけど悪くない。
油絵の場合は、乾くのを何日か待って、それからまた上に色を重ねなければいけないので、一気に描くということができないけれど、水彩だと待たずにすぐ塗っていけるのが、気分がのったときに描き上げることもできていいなあと思った。
描きながらとても楽しかったので、これから私も少しまた絵を描いてみようかなと思った。
[PR]
by stakesue | 2006-10-13 19:34 | 利音と私のアート&クラフト
ヨガのクラス
私はスポーツはあまり得意なほうではない。
スポーツで自分でするので好きなのは泳ぐことくらい。
でも、見た目はスポーツがよくできるように見えるのか、昔から走るのは早いほうではないのに、リレーで走らされたり、スチュワーデス時代は、グループのヘルスリーダーに推薦され、クルーのブリーフィングの後に行われる体操の掛け声をかける係りだった。(今から考えると変な係りであるが、、、)

スポーツジムも、道具を使ったりするのがキライだし、ダンスは好きだけれど、エアロビは好きになれない。ジムのメンバーになったことはあるが、結局、プールとサウナしか殆ど使わなかった。

そんな、スポーツが好きではない私だが、ヨガはとても好き。
シドニーにいたころ、半年くらいヨガに通っていたことがあったのだけれど、また機会があればやりたいと思っていた。

利音を連れて行くデイケアセンターに子供を持つ親のためのコミュニティー誌があり、その中に、ヨガのクラス。無料のデイケア付き、というのを見つけた。
それで、今日、初めて参加してみた。最初は利音を預けるつもりでいたけれど、夫もいるので、夫に預けて私だけ参加した。
場所はKINGSTONというところで、家から車で15分くらい。あまり治安の良い感じのところではないので、施設は期待していなかったが、小さいけれど、結構新しかった。

デイケアは同じビル内で、かなりの人数の子供が遊んでいた。市が行っているデイケアのようで、毎週ではなく、用事のあるときだけとか、週に一日とか、最低2時間からいつでも預かってくれるらしい。ただ、毎日ではなく、週に3日ぐらいの営業で、時間も9時から1時か2時までと短い。料金も1時間3.5ドルとかなり安いようだった。

ヨガのクラスは、生徒は私を含めて7人と少人数。 子供を預けているママはその中でも2人くらいだった。
久しぶりのヨガは気持ちよかった。
私はヨガの最後に行われる瞑想の時間がすきなのだけれど、防音がないお部屋だったので、周りの音がちょっとうるさかったが、瞑想のときにインストラクターが話す声は、誰のを聞いても本当にリラックスできる。利音にもああいった話しかたができればいいけど、なかなかそうはいかない。
瞑想中に、描きたいなと思う絵のイメージが浮かんできて、インスピレーションにもいいなあと思った。

しばらく続けてみたいと思う。
ヨガは無料のデイケア付きで、1時間、6ドル。安い!
[PR]
by stakesue | 2006-10-12 20:21 | 私事
利音、あと1ヶ月で2歳
利音は、今日で23ヶ月。あと1ヶ月で2歳になる。
ブログのトップの画像もこの2年間の写真に変えてみた。

あと10日ほどで、シドニーに利音と2人で旅行をし、1週間滞在して、戻ってきて2週間弱で利音は2歳になる。
11月12日が日曜なので、日曜日にバースデーパーティーをする予定。
今年のテーマはパイレーツ。
せっかくかなりの時間をかけて招待状を作ったので、ブログにアップしておこうと思う。電話番号、住所、メールアドレスは架空のもので実際に存在するものではありません。
c0032878_22144242.jpg


去年は動物がテーマで、利音にライオンの着ぐるみを作ったが、今年の衣装も一部は手作りしなければいけないな~と思っているけれど、まだ衣装ははっきり決まっていない。
ゲームなどエンターティメントも考えなければいけないし、シドニーに行くまでにやっておきたいことは沢山あるんだけど、まだ殆ど手をつけていない。
本人はまだパイレーツが何なのかよくわかっていないので、毎日、最近はパイレーツの絵本を見せている。パイレーツの絵を見ることは好きで、バンダナを頭に巻いたりするのは以前よりも嫌がらなくなった。

本当は、利音自身が動物のことだったらわかるので、今年が動物のテーマで、来年あたりにパイレーツとかだと本人ももっとわかるかもしれないなあと思う。

まあ、とりあえず、楽しい雰囲気が味わえればいいんだけどね。

今日は、利音はディケアに、私は、クライアントのところにブログの作成とデータベースの入力のトレーニングをしにいき、夫は庭の仕事をした。
ディケアに着いてやっぱり泣いたけど、今回は前回よりも早く泣き止んだとのこと。迎えには私はいけなかったので、夫に行ってもらったが、着いたときは遊んでいたそう。
帰ってきてからは、私とずっと一緒にいたがるので、夫にディナーを作ってもらって、私は利音と遊んだ。夫に感謝。
[PR]
by stakesue | 2006-10-10 22:31 | 子育て:利音の成長