ブログトップ
カテゴリ:日記( 120 )
ありがとう。
c0032878_224015.jpg

母と甥が日本へ帰ってから10日ぐらい経ってしまったのだが、なんだかもう随分前のような気がする。

甥が遊びにくるという話があり、母がそれについてくることになったとき、本当にうれしかった。
母は、リオンが生まれたときにオーストラリアに来てくれたのだが、もう多分来れないだろうと言っていたので、今回来てくれるという話を聞いたとき、それだったら、母が一度でいいから見たいと言っていたオペラハウスを見せてあげたいと思った。
それで、飛行機をシドニー到着、ゴールドコースト出発で予約してもらい、私たちもゴールドコーストからシドニーに飛び、2晩を過ごした。ホテルもオペラハウスへ歩いていけるところを予約して、昼間と夜と見てもらえるといいなと思った。
母はオペラハウスを見てうれしそうだった。少しだけ親孝行できたかなと思う。
来てくれて本当にありがとう。

今回、母を連れてきてくれた甥には本当に感謝している。
甥は21歳で大学4年生。この就職難に就職先も決まっており、海に近い都市開発を専門にしている建築会社に就職するそうだ。将来有望な若者だ。彼は母にいつも付き添い、車のドアの開け閉め、荷物持ち、とても気配りができ、本当に感心した。
どうしたら、こんなにいい子に育つのだろうと思い、いくつか質問をしてみたが、私なりの結論として、10代のころにスポーツに打ち込ませること、親があれこれいいすぎないこと、父親がいう言葉は男の子に影響を与えるということ。
スポーツ、彼の場合はサッカーだが、学んだことは人間関係から色々だったらしい。
兄が教えてくれたことで、印象に残っていることは?と聞いたところ、「女の子には優しくすること。」「勉強することによって、自分の将来の選択を広げることができる。」といわれたことだそうだ。
兄の奥さんは、あれしろ、これしろとうるさくいわない人だろうと思っていたが、甥に聞いたら、そんなにいわれなかったと言っていた。私は、あれしろ、これしろ、ととてもうるさいので、これは私の一番反省するべき点だろうと思う。

いろいろ学ばせてもらったことも多かった。

母はこの甥が大好きなので、母にとって、本当に素晴らしい旅行だったと思う。これも甥のお陰だ。

ありがとう。
[PR]
by STakesue | 2011-09-10 22:34 | 日記
私の誕生日
c0032878_12233177.jpg

7月15日は私の誕生日だった。
誕生日の当日は仕事だった。帰りの電車に乗り遅れ、家に着くと8時すぎ。
夫は風船をいくつも膨らませて玄関の近くにおいており、恵子さんたち家族がバラの花束とチョコレート、大きな寄せ書きのカードを持って来てくれていて、ケーキを一緒に食べ祝ってもらった。カードは恵子さんがピアノのときに子供達にカードを書いてもらってくれたらしく、みんなが一生懸命描いてくれたことがよく伝わるカードでとても嬉しかった。ありがとう。

仕事の方は徐々に慣れてきて、入社後に新規で作成しているウエッブサイトも担当者からは、「素晴らしい、よくやってくれた。」とのお言葉を頂いた。その担当者は他の件で、私のうっかりミスで不必要な時間を割かせてしまったので、新規のサイトの作成に関しては名誉挽回のためにもがんばらなければ、と思っていたため、褒めていただき、ホッとした。サイトの作成にあたっては、イラストレーターでフロアプランなどを描いたりした。
職場では思っていたよりも仕事の幅があり、私は今までマイクロソフトのパブリッシャーというのは使用したことがなかったのだが、ちょっとしたチラシなど、マーケティングで使用するものは、社内のスタッフがマイクロソフトのパブリッシャーを使用している。私はプリントにはアドビのインデザインというプログラムを使用しているのだが、パブリッシャーのテンプレートの作成の仕方について仕事をしながら学んでいる。イラストレーターにはワードやパブリッシャーに使用できるようにする保存のしかたもあるということも知った。
一人で仕事をしているときよりも、短時間で遥かに色々なことが学べるが、時間がかかってしまう。あと1-2ヶ月すればもっとすべてスムースに運ぶかなと思う。
会社の人にも翌週の水曜日に寄せ書きのカードをいただき、誕生日を祝っていただいた。

c0032878_12272993.jpg

誕生日の翌日は、ゴールドコーストのジュピターズカジノで行なわれているSTOMPというショーを恵子さん家族、ゆみちゃん夫婦、私たちで見に行った。
c0032878_12275947.jpg
c0032878_12282116.jpg

同じショーをシドニーでも見たことがあるのだが、日常にある色々なものでリズム、音楽を作るというのをリオンにも見せたいなと思っていたこと、恵子さんたちとコンラッドのショーにいつか行こうと話していたこと、ゆみちゃんもこのショーを見たいといっていたので、お誘いした。ゆみちゃんは、会社を通して安くチケットを取ってくれたので、とても助かった。
ショーは2度目だったが楽しめたが、リオンは朝はテコンドー、午後は日本語学校、そしてショーだったので終わりのほうはかなりお疲れだったみたいで、終わったとき機嫌が悪かったが、モノレールに乗ると機嫌も少しよくなり、車の中ではよく寝ていた。帰ってきて寝るときには「今日は楽しかったよ。」と言っていた。

ショーの後、キッチンでリオンがプラスチックバックを使ってリズム打ちをしたりしている。ショーで見た内容は印象に残っているようだ。

素敵な誕生日を過ごさせてくれた家族と友人に感謝したい。
[PR]
by stakesue | 2011-07-25 12:37 | 日記
夫の誕生日
c0032878_2122282.jpg

今日は夫の誕生日。
前日に何をしたいか聞いていたところ、ビーチに行きたいという返事。
ゴールドコーストのタラバジェラに出かけた。
お天気はイマイチよくなかったのだけれど、水は結構暖かかった。
夫、リオン、ビーマのボーイズたちは、海に入ったが、私はカメラの練習。
c0032878_21244293.jpg
c0032878_21245642.jpg
c0032878_2125974.jpg
c0032878_21253391.jpg
c0032878_2126126.jpg

c0032878_2125512.jpg

c0032878_21262512.jpg
c0032878_21263971.jpg

夕食は、出かけようかと聞いたが、夫は家でタイカレーが食べたいというので、サテーチキン、タイカレー、デザートにパブロバ。メレンゲ作りも今日が初挑戦。
夫は、よい誕生日だったと言ってくれたので、うれしい。

お誕生日、おめでとう。
[PR]
by stakesue | 2011-04-26 21:26 | 日記
夫の誕生会
c0032878_16111443.jpg

山登りの翌日は夫の50歳の誕生会だった。
山登りから帰ってきた後、夕食を済ませ、リオンを寝かしつけた後、3時間ほど翌日の準備をした。
いつもリオンの誕生会のときは、夫にケーキ作りを頼むが、誕生日の人に作らせるのはよくないと思い、スポンジケーキに初挑戦した。
ケーキの泡立てというのが、機械を使っても随分時間がかかるのだなとびっくりした。この作業をしている間に何かほかのことがしたいなあと思いつつも、つまようじが立つまで卵と砂糖を泡立てた。
実際焼きあがったものを翌日食べたが、思ったよりもふんわりしていなくてがっかりした。お友達の話によると、こちらのSelf Raising Flower というのを使うとふんわりできないのだそうだ。こちらに住んでいる日本人の間では常識的なことのようだったが、私は日本にいるときも、こっちに来てからもお菓子を作ったことが殆どないので、知らなかった。

ほかに、チキンやビーフを2種類ずつ違ったマリネをしたり、サングリアを作ったりするうちにあっというまに時間が経ってしまった。

当日は、私たちも入れて大人と子供があわせて30名くらい。恵子さんがBBQを焼くのを担当してくれたり、なおちゃんもキッチンを手伝ってくれたりと、皆さんに手伝ってもらいながらパーティーを進めることができた。
c0032878_16232827.jpg

ご近所の理恵ちゃんが、フェイスペィンティングの道具を持ってきてくれて、子供達にフェイスペインティングをしてくれた。とても上手で子供達も喜んでいた。りえちゃん、ありがとう。
c0032878_1623525.jpg


途中、子供達にマークへのお誕生日のメッセージを書いてもらって、熱気球を飛ばすというのを予定していたのだが、穴が開いたりして、結局、上がらなかったが、大きなポリ袋に空気を入れる作業を子供達は楽しんでいた。
c0032878_16245953.jpg


夫はデッキでみんなとおしゃべりしながら、夜まで過ごし、ご近所のお友達には夕食も一緒に食べてもらって、ゆっくりしてもらった。パーティーの後の夕食というのは、作るほうはとても面倒。でも、お友達とだと準備も一緒に手早くできて、楽しかった。

子供達はお昼の12時から8時過ぎまでパワフルに遊んでいた。

夫にとって、暖かい素敵なパーティーになったと思う。来てくださったみなさん、本当にありがとう。
[PR]
by stakesue | 2011-04-26 16:26 | 日記
夫の誕生日@Paradise Country
c0032878_2127571.jpg

昨日は夫の49歳の誕生日だった。
恵子さんたち家族と、観光農場であるパラダイスカントリーに出かけた。
恵子さんは身体の調子が悪く来れなかったのが残念だった。

私がパラダイスカントリーに最後に行ったのは、15年以上前のこと。その当時は、日本人のオーナーで、ネラングの近くにあったと記憶していたのだが、現在は、ムービーワールドの裏にある。ムービーワールドやドリームワールドとセットで回ることができるようになったためなのか、たまたまだったのかわからないが、すごい人数の観光客だった。

駐車場近くのチケット売り場でチケットを買い、トラムに乗って農場へ向かう。
最初のショーは10時半からだったので、まずはコアラやカンガルーを見学。コアラは木から木へとジャンプして移動したりして、夜行性なのに朝からかなり活発に動いていた。ここでは、別料金でコアラを抱っこして写真が撮れる。
c0032878_21355260.jpg

c0032878_21333237.jpg


まずは、ストックマン(米でいうならカウボーイ)による鞭ならしとブーメラン投げのデモンストレーションが行われ、次はシープドッグの実演ショー。シープドッグはケルピーという種類の犬たちだったが、無駄な肉がなくとてもきれいな犬たちだった。 うちのビーマももう少しシェイプアップさせるべきだと反省した。
c0032878_21374412.jpg


c0032878_2140188.jpg


その後は、ビリーティーとダンパーの実演。ビリーティーは、大き目の缶を焚き火で沸かして紅茶の葉を入れ、缶を振り回して紅茶の葉を沈ませ飲む。下の写真は、紅茶の葉が沈んだことを確認している子供たち。
c0032878_21442235.jpg

ダンパーは、焚き火にかけた大きな鍋を使って作るパン。
c0032878_21452189.jpg

司会者に、ダンパーを見せにくるから、大きな声で「Wow!」と感嘆してくれと言われていたのだが、子供たちはとても大きな声でWowと言っていた。特に、リオンの声は大きかった。大きな声は母親ゆずりかな。。。

その後、馬をどうやって扱うかを見せる馬のショーもあった。
c0032878_21475675.jpg


その後、羊の毛刈りショーで、12時過ぎにはすべてのショーが終わった。

他に別料金でラクダに乗れる。私はラクダに乗るのが好きなので、乗りたいと思ったが、リオンはそのときはラクダに乗るのは嫌だと言うので乗らなかった。 それなのに、夕食の時、ラクダに乗ってみたかったと言っていた。

私たちはランチを持参していたので、ショーを見終わった後は、タンボリンマウンテンでピクニックランチをした。
c0032878_2155287.jpg


ランチの後は、ギャラリーウォークを歩き、アイスクリームを食べ、お茶をして帰ってきた。

夕食は普通に食べて、私が焼いたケーキで4人と1匹で夫の誕生日を祝った。

お誕生日おめでとう! 40代最後の一年、素敵な年になりますように。
[PR]
by stakesue | 2010-04-27 21:57 | 日記
明けましておめでとうございます。
c0032878_1458798.jpg

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年は寅年で私は年女。在豪20年の記念の年でもあり、リオンも今年から学校に入る。
水星人の私は去年までが大殺界で今年からは種子。
新しい仕事を見つけて、もっと自分のやっていきたいことに近づいていく始まりの年にしたいと思う。

皆さんにとっても素敵な一年となりますように。
c0032878_14584188.jpg


(写真は、年末年始にキャンプに行ったとき、花火で子供たちに文字や絵を描いてもらってシャッタースピードを8秒にして撮影したもの。)
[PR]
by stakesue | 2010-01-03 15:04 | 日記
クリスマスホリデー
c0032878_23483988.jpg

27日は、恵子さん、真澄さんの家族とCalypso Bayにあるパブにピアノのデュオのライブを聴きに行った。
子供たちは、音楽は全く聞かずに走り回って遊んでいた。大人も音楽を聴くというよりも、おしゃべりに夢中といったところだった。
c0032878_23521690.jpg

パブはハーバーにも面していてとても雰囲気が良かった。だが、ドリンクも食事も結構高め。私たちは、ランチは済ませていたので、ドリンクだけを頼んだ。
ライブもよく行っているようなので、チェックしてまた、来てみたい。

夜は、お友達とネラングのチャイニーズで食事をした。
ここのチャイニーズは本当に美味しいし、値段も手ごろ。特に蒸し鶏が最高に美味しい。ただし、蒸し鶏は、前日までにオーダーしておかなければならない。ゴールドコースト近辺にすんでいる方にはとてもオススメ。
オーナーは、中国人と日本人のカップルで、私は、奥様と一緒の会社に1990年に来た当時働いていた。

Highland Court Chinese Restaurant
Address: Explorer Way, Nerang, QLD, 4211
Australia
Ph: (07) 5574 9663

28日は、夫の兄家族が家に来てくれたので、一緒にランチを食べた。リオンは、レゴやDVDや本などプレゼントをたくさんいただいた。

クリスマス休暇はあっという間に終わり、夫はカレンダーどおりに働いているので、今日から出社した。
[PR]
by stakesue | 2009-12-29 23:59 | 日記
明日から日本!
明日から日本だ。
パッキングは済ませたが、いつものように色んなものを忘れてしまっている気がする。

昨日はリオンのキンディーに行って、私の七五三のときの衣装をキンディーの子供たちにも見てもらった。
私がいる間は、私と一緒に過ごしたいと言って、傍を離れなかったけれど、いつもはお友達と遊んでいます、と先生はおっしゃっていた。
先生とお話をする時間が少しあったが、リオンは社交性もあり、お友達も沢山いますよ、とてもよい子ですというコメントだった。ホッとした。

日本でモンテッソーリの幼稚園に少し通わせる予定なんですと伝えると、先生方はとても喜んで、帰ってきたら写真を見せて欲しいし、どんな感じだったか教えて欲しいわと言われた。

リオンは新しい環境に慣れるのに時間がかかること、日本語が殆ど話せないこと(博多弁はもっとわからない)を考えると幼稚園に行くのを嫌がるかもしれないなと思っているが、本人に話したときは、別に嫌とは言わなかった。ただ、日本の子供たちは英語が話せるのかと聞かれたので、話せる子供は殆どいないと答えたら、ちょっと考えているようだったが。。。

通うのがモンテッソーリの幼稚園なので、モンテッソーリタイムに使用する教材が似ているか、同じものだと思うので、それに関してはリオンは結構すんなり入っていけると思っているのだが、、、

モンテッソーリの幼稚園にいけるのは本当にラッキー。それもこれも、妹のお陰。妹の2人の息子が通っていた幼稚園に妹から聞いてもらって承諾してもらえた。ひろちゃん、ありがとう。

リオンは今回の日本行きを本当に楽しみにしている。思い出に残る滞在になりますように。 
[PR]
by stakesue | 2009-10-28 23:29 | 日記
義母の一周忌
月曜が日本でいう勤労感謝の日だったので、土曜からの3連休。
土曜日はリオンの部屋の本棚やマットレスを買うのにIKEAに行き、リオンの部屋の模様替えをした。
そして日曜から1泊2日でマレーニの義妹の家に遊びに行った。

月曜日は義母の一周忌だった。
日本と違って、儀式のようなものはない。
義母が亡くなったのは、なんだかとても前のことだったような気もするが、その日のことは今でも鮮明に覚えている。
リオンは、おばあちゃんはまだ病気なの?良くなるよね。と聞く。義母が病気であるということが頭に深く記憶されているようだが、亡くなったということは何度か話しているが、わかっていないようだ。

日曜の夜は、義母を偲んで、妹夫婦と古い写真などを見て過ごし、月曜はお墓参りに行った。
義母は本当に私にとても優しかった。
お葬式のときに、義母のお友達、義母の妹、姪たちに、彼女はあなたのことをとても愛していたわよ、と言われた。

一周忌の少し前に、これは義母からのプレゼントかも、と思う出来事があった。

今でも優しく見守ってくれているのだと思う。
[PR]
by stakesue | 2009-05-06 22:41 | 日記
お誕生日おめでとう。
c0032878_22354642.jpg

日曜日は夫の誕生日だった。
昼間は、夫の誕生日のプレゼントの希望だったケースに入ったドライバーのセットを買いに大型DIY店のBunningsへ出かけ、その後、買い物をしたりして過ごした。

そして午後、バースデーケーキを焼いた。

夜はかすみさん、ゆみちゃんたちカップルとディナー。
ブロードビーチのイタリアン、Marioに行った。
ゆみちゃんたちもケーキを用意してくれていたので、私の作ったケーキと2つもケーキが並び、夫もリオンもうれしそうだった。

お誕生日、おめでとう!
[PR]
by stakesue | 2009-04-28 22:36 | 日記