ブログトップ
カテゴリ:仕事( 26 )
仕事、1ヶ月
仕事をはじめて1ヶ月が過ぎようとしている。
週3日なので、1ヶ月経ってもフルタイムで働く人の3週間分くらいだろうか。
仕事に慣れたかというと、なかなか慣れない。
自分自身が使用しているコンテンツマネージメントシステムを使用しているのだが、ほかの人が作成したサイトのメンテナンスがこんなに時間がかかるものだとは思わなかった。
やり方がかなり違うし、ファイルを探すのだけでも時間がかかるし、自分が使用したことのないモジュールやエクステンションが多く、理解するのに時間がかかる。
自分で行ったサイトの10倍くらいの時間がかかる。→焦る。→焦ると間違える。→もっと時間がかかる。
悪循環で先々週はかなり落ち込んだ。
先週は少し持ち直し、今週は今日が最初だったが、あっという間に時間が過ぎてしまう。
立ち上げなければならないサイトがあるのだが、既存のテンプレートを使用することをすすめられているのだが、使い方を理解するのに時間がかかる。

気疲れもあるのだろうが、金曜日の夜はぐったりする。体力に自信がある私だが、こんなに疲れるとはおもわなかった。フルタイムで働いているママさんを心から尊敬する。
朝、6時半に起きてビーマの散歩から、ランチを作ったりして、仕事に行き、帰ってくるのは8時前になるのだが、長い一日。少しでも早く帰れるようにとランチタイムも15分で殆どPCに一日中ずっと向き合って、夜は自分のビジネスの仕事をして、12時過ぎに寝る。以前は午前2時に寝たりしても、5時間から6時間の睡眠で大丈夫だったが、今は6時間寝なければヘトヘトだ。体力が落ちたのか、気力が落ちたのか。。。

サイトのメンテナンスや立ち上げには時間がかかりすぎて、なんだか自分の能力が低い気持ちになって落ち込むが、印刷物の仕事は、どこにロゴのファイルがあるかとか、イメージファイルの場所とかを探したりするのに時間がかかったりするものの、わりとスムーズに進んでいることが救い。

コントラクトの仕事だけでなく、自身のビジネスの仕事も大きな仕事を抱えていて、7月中にある程度形にしなければならない。この1ヶ月くらい頑張れば、少し楽になると思う。

リオンのことについても書きとめておきたいことが沢山あるのに、ちょっと時間がとれない。
来週は少しでも更新できればと思う。
[PR]
by stakesue | 2011-06-29 23:41 | 仕事
仕事、第1週目
水曜日から新しい仕事に通い始めた。
週3日で6ヶ月の契約。その後、フルタイムの仕事をする気があるかと面接のときに聞かれている。

仕事先はデザイン事務所ではなく、会社が運営している20あまりのウエッブサイトのデザイン、更新、メンテナンスと印刷物のデザイン。

水曜日は初出勤だった。
私のボスがにこやかに迎えてくれ、皆に紹介してくれたが、みなさん感じのよい人ばかりだった。 新品の素敵なノートパソコンとケータイ電話を渡された。デスクには22インチの液晶のディスプレイがあり、そこにノートパソコンをドッキングさせる。デスクで働くときは、ノートパソコンは、ハードドライブとして使用するだけで、外付けのキーボードとマウスを使えるようになっている。ノートパソコンを与えられたのは、家に持って帰って仕事をするときや、私は組織が所有するブリスベン内の施設に直接行ってミーティングをしたりすることもあるという理由。ソフトウエアも最新のものをインストールしてもらい、これが何より嬉しかった。

午後は、人事課の人からオリエンテーションが行われ、職場の倫理的なことに関するポリシーや安全マニュアルを渡され、それについての説明を受け、おまけに5枚以上に渡る試験問題を渡された。マニュアルに目を通し、試験問題に取り組んだ。回答を渡すと、間違えている箇所があれば、また説明をするからといわれたが、呼び出されなかったので、パスしたのだと思う。
私が今までオーストラリアで働いた経験では、こんな細かいオリエンテーションは初めてだった。組織としてはかなり大きいからなのだろうが、びっくりした。
私が働く本部はそんなに大きくはなく、2階建てのビルでスタッフも30人くらいだろうか。ただ全部を合わせると600人以上のひとが働いているらしい。

第一日目は忙しく終わり、2日目は、サイトのプラグインなどの更新をしたり、Emailニュースのフォーマットの手伝いをしたり、リサーチをして過ごし、3日目は、メインサイトの更新や、一番重要だと伝えられていたウエッブサイトの新しいデザインドラフトと、サーチエンジン対策についてレポートをまとめ、ボスに渡した。来週からは、そのウエッブサイトを所有している部署のマーケティングマネジャーと話をして、新しいウエッブサイトについて話し合い、本格的に仕事が始まる予定。

ここに決まる前に、もう1箇所からもオファーがあり、迷ったのだが、自分の選択に間違いはなかったと初日に感じた。

来週の水曜日には、私のボスのボスにも会う予定。
私のボスは私を迎えるにあたり、私の要求・条件について会社に交渉してくれた。それに報いるためにもがんばろうと思う。

今回働き始めて、一番うれしく思っているのは、リオンの態度。初日の前の日の夜、リオンに私が翌日から働くこと、私たちは1つのチームとして一緒に協力しなければならないし、リオンの協力をなくしては、私は働けないのだと話をした。私の職が決まる前は、仕事なんか決まらなければ良いのに、と言っていたのに、初日から驚くほどの協力ぶり。いつもは朝、ぐずぐずしてなかなか準備ができないのに、すばやく着替えもして、お手伝いもしてくれた。水曜は恵子さんに預かってもらったのだが、おやつも食べずに、「ちゃれんじ1年生」を済ませ、私が出した算数の問題も解いて、ピアノの練習も少しやったらしい。夜のテコンドーのレッスンは自分の練習時間が終わったあと、夫のシニアのクラスにも入って練習しており、私が迎えに行くと、もっと練習したかったのにと文句を言われた。木曜日はピアノのレッスン。いつものように、歩いて行き、帰りは夫が迎えに行った。金曜日は、学校の行事ごとがあったので、夫が休みを取ってもらい参加してもらって、帰りも迎えにいってもらった。

夫、リオン、家族からのサポートも有難いが、なおちゃんの家でのピアノ、そして水曜日にリオンを快く預かってくれる恵子さん家族のサポートがなければ、私が外で働くことがこんなにスムーズに実現できなかったと思うので、本当に感謝している。ありがとうございます。

そして、働き始めてから、この1週間でのリオンの成長振りに驚いた。リオンと私自身がお互いから自立するためにも私が働き始めたことはプラスになったのかもしれないと思う。

週に5日外で働くことは、自分のビジネスもあるので、難しいが、今回の3日というのはベストな条件だと思う。
来週もがんばるぞ。
[PR]
by stakesue | 2011-06-04 23:59 | 仕事
失業
今日、オフィスへ出勤したが、新しいプロジェクトがないので、もしかすると、、、と思っていたが、ダイレクターから新しいプロジェクトの予定がないこと、私がホリデーに入ること、もあり、今年一杯は仕事がないので、年が明けてから連絡するようにと言われた。

新しいプロジェクトがないので、ある程度予想していたことだったので、さほどショックではなかった。

どちらにしても、年が明けたら、ビジネスコンサルタントの会社よりも、デザイン事務所に所属してもっと修行を積みたいと思っていたし、ブリスベンのシティかゴールドコースト近辺で仕事を探したいと思っていたので、良いきっかけになったと思う。

履歴書を新しくして、来年から、私も再出発でがんばろう。
[PR]
by stakesue | 2009-10-26 17:24 | 仕事
仕事のこと
1月の仕事の請求書を会社に提出したが、忙しいと思っていたが調べてみると12月の倍以上働いていた。大変ありがたいが、1月は他にも自分のビジネス側でも2本仕事があり、本当に忙しかった。
毎晩遅くまで仕事をし、過去2週間の週末の一日は夫にリオンを頼んで一日仕事をしたりした。
会社以外の仕事2本も山場を越えて、あと1-2週間以内にはどちらも終了すると思う。

有難いことに宣伝をしていないにも関わらず、ネットを見てウエッブサイトの制作の問い合わせがいくつか1月に入ってきたが、どれもお断りした。
リオンが学校に通うようになるまでは、会社以外の仕事は自分がやりたいものだけを受けていこうかなと思う。

毎日の睡眠不足で先週はかなり疲れた気がした。

会社の仕事は、現在はグラフィックデザインが7割、ウエッブの仕事が3割くらい。今は、グラフィックデザインの方が楽しい。ロゴやイベントのためのパンフ、会社概要、プロモーション用のパンフなど、10月にインデザインのトレーニングを受けさせてもらって本当に良かったと思う。
先週、ボスの一人と一緒にある企業に会社概要とウエッブサイトのデザインの打ち合わせに行ったが、今日、取引先にボスがドラフトを2点持っていった。結果は聞いていないが、気に入ってもらえれば、カタログの制作なども請け負うことになるらしい。カタログなどは制作したことがないのでちょっと不安はあるが、会社概要、カタログ、ウエッブと全部トータルなデザインができると楽しいだろうと思う。

ウエッブの時には、そこまでタイポグラフィーにはこだわりがなかったが、ロゴやパンフのデザインを始めてみると、タイポグラフィーのこと、レイアウト、印刷、紙のこととか、いろんなことをまだまだ勉強しなくちゃいけないことがあるんだなと思う。街を歩きながら看板を見て広告やロゴについて考えてみたり、雑誌を見ながら、家に届くチラシを見ながら、効果的なレイアウトやフォントのことを考えている自分に気がついて、日常の生活の中での意識が変化したように思う。
美しいデザインは、なんであれ、インスピレーションになるし、刺激を受ける。もっと、色んなデザイナーやクリエーターの仕事を見てみたいと思う。

仕事をしながら、なかなか案が浮かばないとき、クライアントが100%満足できるものを提供できるまでに長い時間ややり直しをしなければならないとき、私はデザイナーとしてはまだまだだなと思うけれど、新しい仕事をもらったとき、出来上がったものを喜んでもらえたとき、とてもうれしい。

オフィスへ通勤するのは2日だけなのに、一人前のお給料がもらえることがうれしい。

日本語を武器としなくても、言葉の面のハンディを全く気にせずに雇ってもらえているのも有難い。

40半ばを過ぎてから、やっと自分が本当にやりたいこと、楽しんでできることを仕事としてそれなりにやっていけるようになりつつあることが幸せだと思う。

まあ、1月は忙しかったけれど、これから先も同じように忙しいかどうかはわからないので、来月は一人前のお給料はないかもしれないけれど、1ヶ月、1ヶ月と過ぎていくうちに、自分がデザイナーとして少しずつ成長していることを感じられるので、それが何よりうれしく思う。
[PR]
by stakesue | 2009-02-03 22:12 | 仕事
トレーニング
今週の水曜から金曜までの3日間、InDesignという印刷物のレイアウトをするためのソフトのトレーニングに行ってきた。
水曜は、恵子さんに利音を朝早くから夕方遅くまで預かってもらい、木曜と金曜は夫に休みを取ってもらった。木曜は、エドワード君の誕生日を一緒に祝う予定だったので、夫と利音に行ってもらった。金曜日のシュタイナーはキクちゃんに連れていってもらった。子供を3人連れて大変だったと思う。
トレーニングを受けられたのは、恵子さん、きくちゃん、夫の協力があってこそ、ありがとうございました。

さて、トレーニングはシティのとあるトレーニングセンターで行われた。生徒は全員働いている女性たちで私を含め4人。グラフィックデザインを長年やっているというデザイナーの人、彼女はInDesignをずっと使っているが、CS3のバージョンを習うために来たそうだった。とても感じの良い人で、ウエッブデザインにも興味があるらしく、連絡してねと名刺をトレーニングが終わった後に頂いた。もう一人はイベントの会社を経営する女性で、2児の母でもある女性。かなりファッションにも気を使っている人で、シューズも服も毎日素敵だった。グラフィックデザイン会社にニュースレターやその他の印刷物を頼むとかなり高額なこと、しかもあまり気に入ったものが出来てこないので、自分が習いに来たのだということだった。そしてもう一人の女性も2児の母でフルタイムでスポーツ用の水着などを扱う会社でプロモーションなどに携わっている人だった。
インストラクターは、インストラクターとしてもデザイナーとしても長いキャリアのある人で、教え方が丁寧で、わかりやすかった。3日間のトレーニングをこんなに有意義に感じたことはなかった。トレーニングの料金は他のコースに比べて高いが、とても価値があったと、グラフィックデザイナーの女性も言っていた。
InDesignを使用してすでに3つほどブローシャーのデザインをしたのだが、わからずに適当にやっていたこと、もっと良いやりかたを教えてもらえたので、これからの実践でもこのトレーニングはかなり役立つと思う。

イラストレーターのプログラムも独学なので、今度トレーニングを受けたいなと思った。フォトショップも授業を受けたのはバージョンが7のときで、今はCS4もリリースされたので、受けさせてもらえるようだったら是非参加したい。

金曜の夜は、夫と利音と3人で、レストランに食事に出かけた。利音は、久しぶりの外食がとても嬉しかったらしく、かなりはしゃいでいて、お腹もすいていたようで、驚くほど食べた。
今日もレストランに行きたいと言っていた。
[PR]
by stakesue | 2008-11-01 20:35 | 仕事
New Office
今日からニューステッドのオフィスに通勤だった。

今までだとシティで9時から仕事が始められたが、今日はオフィスに到着したのは9時35分だった。家を出るのが7時半前。家を出てから2時間以上後にやっと仕事が始められるというのは、かなり時間の無駄をしているように思える。
時間のロスの最大の原因は、利音をキンディで降ろした後に乗るバスがなかなか来ない点だ。今日はバス停で40分近く待った。サービスは30分に1本らしいのだが、いつもここで30分以上待っている気がする。
シティに到着してからFortitude Valleyまではバスもすぐに来てほぼ問題なかったが、Valleyに着いてから15分ちょっと歩いてオフィスに着く。
これが毎日だと他の会社を探した方が良いと思うが、2日だけなのでまだ続けようとは思うけれど、なんとか通勤の時間をもっと無駄にしなくて良い方法を見つけなければいけないなと思う。

まあ、お陰さまで沢山読書はできているのだけれど。。。

新しいオフィスは、他のダイレクターなどの部屋もあり、私に仕事をメインに渡してくれているダイレクターとも同じオフィスになり、プロダクションマネージャーの席も隣で、すぐに話ができることは便利ではあるが、以前ならミーティングの後は、自分で黙々と仕事ができたが、今日はダイレクターもプロダクションマネージャーも私の席に来て、画面を見ながら、ここの部分のこの色を変えてみてくれとか、何度も変更をさせられ、結局は最初に提示していたものに収まったのだが、私にしてみると一人で気楽に仕事に専念していた前のオフィスの時と違って、終えられた仕事が少なく、かなり生産性が落ちたように感じた。

帰る時間になっても仕上げたかった仕事が終わらず、プロダクションマネージャーの人も私に今日中に仕上げてもらいたかったことはわかっていたのだが、30分以内に済まされることだったけれど、申し訳ないですが、今日はこれで帰らせてもらいますと言ってオフィスを出た。
こんな風に急いでいる仕事を途中で切り上げて帰ることは、今まで働いている歴史の中ではなかったし、これだから、働くママは使いにくい、、と思われるかなと思い後ろめたい気もちで帰った。

家に着いてさっきメールを開けてみると、プロダクションマネージャーから、メールが届いていた。
今日はよく働いてくれてありがとう。あなたの何でも落ち着いて受け入れる態度、熱心さ、ほんとうに楽しんで一緒にお仕事ができるわ、あなたの仕事は素晴らしいわ、と書いてあった。

私の後ろめたい気持ちを察して送ってきてくれたのかなと思う。ありがたいことである。

メールを読むまでは、どこか他のところを探したほうがいいのかなと少し思ったけれど、仕事は面白いし、人間関係にも恵まれているし、条件も良いので、通勤時間と方法について検討してなんとか今よりももっと良い方法を見つけ出せるといいなと思う。

今日のミーティングではこれからのプロジェクトについて色々聞いたりしたが、バラエティーに富んでいて、グラフィックデザインの方の仕事が多くなりそうで楽しみだ。
[PR]
by stakesue | 2008-10-07 21:38 | 仕事
私の仕事、将来のこと。
私は今のところとても楽しく仕事に通っている。明日は給料日!

今日はクライアントの1つが日本のホテルチェーンだそうで、そこの予約のシステムを構築したらしく、その使用マニュアルを英語から日本語に翻訳する仕事をもらって帰ってきた。先週から今週にかけては、馬のイラストを描いて、ステッカーのデザインなどもしたり、既存のロゴのデザイン調整、2つのサイトのデザインドラフトなど、とても忙しいが色々とバラエティーに富んでいるので面白い。
馬のイラストもなかなか上手に描けた。5年くらい前までは、イラストなんて描けないって思っていたのにな。
仕事を沢山持ってきてくれている会社の担当の女性は私の出勤にあわせて、月・火曜は私たちのオフィスに出勤して仕事をしている。
最初は、15分おきに、「どう?進んでる?」と聞いてくる彼女からのプレッシャーを感じていたが、最近は慣れてきて、気にならなくなってきた。そして、彼女はダメなときは、それじゃあダメよ、とはっきり言うが、褒めるのも上手で、素敵な色使いだわと褒められたときには嬉しい。

彼女はパースで、グラフィックデザインの会社を6年経営していたそうだ。それを聞いて、道理で指示が細かく、適切なわけだ、と納得した。本人はデザインをしていたわけではなく、オーナーだったそうだが、彼女が営業をして仕事を得ていたんだろうなという感じ。6人雇っていたそうなので、パースのデザインスタジオとしては、かなりの仕事をこなしていたんだろうなと思う。
本人はデザインをしていたわけではないが、沢山デザインを見てきているだけあって、ここはこうしたら?というアドバイスは殆どの場合、的を得ている。彼女の色の好みはニュートラルな色であること、企業向けのデザインなので色はビビッドな色使いを避けるように指示されるので、ビビッドな色使いが好きな私にとっては淋しいときもあるのだが、今までの自分のデザインとはまた違ったものになり、それはそれでとても勉強になっている。
新しいプロジェクトをもらうたびに、ウキウキして楽しい。
毎日新しいことを学んでいる、ということも楽しい理由の一つ。
やっぱり私は、家事をするよりも、仕事をしているほうが向いているんだなと思う。

最初は通勤に時間がかかりすぎるなあと、思っていたけれど、通勤にかかる片道1時間は、本を読む時間、イラストの練習などに使っている。特に本を読んでいるとあっと言う間に着いてしまう。こういう時間がなければ、なかなか本を読まなくなっていたので、よかったなと思う。

仕事に行く日はウキウキする。多分毎日ではなく、2日だけとういところが、楽しいと思える理由の一つなんだろうとは思う。

今、自分のビジネスとして作成がほぼ終わったサイトがあるが、費やしている時間と料金が全く見合わない。 デザイン的にはとても気に入っているが、採算が全くあっていないので、こういう風にビジネスをしていてはいけないなあと外で働いてみてつくづく思った。
固定した収入ができたので、料金を安くすることで請け負う仕事はもうしないことにしようと決めた。

この先、自分のビジネスを将来的に拡張していくための布石として外でしばらく働くか、それとも自分のビジネスの拡張は考えずに、できればもっとアート性の高いところに勤めてもう少し勉強して、ウエッブやグラフィックデザインのアートディレクターとかを目指すか、利音が学校に行き始めるころを目処に、自分の方向性を定めていきたいなと思う。
[PR]
by stakesue | 2008-07-08 23:49 | 仕事
第2週目
3連休は殆ど仕事をした。自分自身の仕事も1つ終えたので、一安心。
後は、自分でも楽しんでやっている写真家の人のウエッブサイトを来週中に仕上げれば、自分の抱えているプロジェクトは2つになるので、楽になる。

今週の月曜は祝日だったので、今週は火曜日だけの出勤。
ランチはシティで働いているお友達に久しぶりに会って一緒にごはんを食べ、仕事の帰りにKadoyaに寄り、Junさんに挨拶に行った。
そこで、佐代子さん、たらちゃん、佐代子さんのお姉さんに会うことができた。
たらちゃんはまだとっても小さくてとても可愛い赤ちゃんだった。一人目のエリカちゃんに比べると随分楽だと佐代子さんは言っていた。
佐代子さんのお姉さんは私のブログを読んでくださっているそうで、お会いできてうれしかった。次回はうちに遊びにいらしてくださるといいなと思う。

会社のウエッブサイトのテンプレートを作成して渡し、午後に初めてクライアントとウエッブサイトのデザインについての打ち合わせをした。
企業のマーケティングや投資のコンサルタントをしている会社の社長さんとだった。

含めたい内容が明確で、デザインの希望に関しても例をいくつかもってきていて、このサイトのこういう部分を参考にしてほしいとか、結構具体的だったので、楽だった。
イメージはプロ撮影のものをインターネットで購入することになるが、ドラフトの段階では適当に探して入れるようにという指示だった。帰ってきて昨日と今日デザインしてみたが、プロの撮影したイメージをふんだんに使えるというのはうれしい。イメージ次第でサイトのイメージもこんなに違うんだなと自分でデザインしながら思った。
自分の仕事の幅が広くなっていくようでとても楽しい。

が、毎晩2時くらいまで仕事をしていて、かなり疲れがたまってきた。
体重も減り、穿けなくなったジーンズが入るようになった。

今日は早めに寝ようと思う。
[PR]
by stakesue | 2008-06-12 20:55 | 仕事
初出勤
昨日、今日はブリスベンのシティに仕事に出かけた。
昨日の初日はすごい土砂降りだったので、夫にはデイケアの駐車場まで送ってもらった。
利音は私と別れるとき泣きそうだったが、泣かなかった。
夫が迎えに行った時はしがみついて泣いていたそうだった。
お友達に慣れるようにと思って、週末に色とりどりの紙飛行機を沢山作っていたのに、車から降ろすのを忘れてしまっていたのが残念だった。
新しいお友達と遊んだかと聞いたら、首を振っていた。来週は祝日でお休みだけれど、再来週、紙飛行機を持たせてみんなにプレゼントさせようと思う。

私は、ディケアで会ったお母さんと同じバスに乗り合わせた。彼女は児童心理学者だそうで、通常はディケアからさほど離れていないところで仕事をしているそうなのだが、先週、今週はセミナーでシティに行っているそうだ。乗り継ぎの場所でシティ行きの乗り場に連れて行ってもらえたので、とてもラッキーだった。

家を7時20分に出て、ディケア経由でシティに着いたのは9時15分。9時半からの出勤には問題なく間に合った。4時にはオフィスを出て急行電車に乗り、近くの駅に着いたところを、利音を迎えに行った夫に拾ってもらい、5時半には家に到着。ディナーも6時半には食べ終わり、いつもよりも早いくらいでとてもスムースだった。

オフィスは、私を含めて6人だけだけれど、かなり大きな会社の一部を借りているので、同じフロアには沢山の人が他の会社で働いている。同僚はすべて男性で、3人はかなり若く、20代前半か半ばくらいで、30代前半くらいの男性が1人、そしてオーナーの男性が30代後半くらいだと思う。私が間違いなく年長者だと思う。 会社は他の会社から独立したばかりのようで、名刺も自社のウエッブサイトもできていないらしく、名刺のデザインをまず依頼された。4-5点のドラフトを作って見せて選んでもらった。結局選んだデザインはシンプルなものだったが、とても気に入ったと言ってもらえてうれしかった。私の名刺も作ってもらえるらしい。
今日は会社のウエッブサイトのドラフトデザインをした。4つほどデザインした後、一番こういう感じと言われたものに近かったものを見せたら、素晴らしい!と言われた。
何でも、素晴らしい!と言われるので、本当にそう思って言っているのかなあと思うが、頑張って認められて、仕事の条件がどんどん良くなるように頑張りたい。
[PR]
by stakesue | 2008-06-03 21:53 | 仕事
久々の仕事
c0032878_2136063.jpg

ここのところずっと仕事があまりなく、問い合わせはいくつかあっても、実際の仕事に結びつかない。私も今は、あまりやる気がでないので、問い合わせのフォローアップもしていない。
そろそろ仕事を少しでもやっていかなければいけないなと思いつつ、重い腰は重くなる一方。

先週の木曜日にトレーニングの仕事が入り、やっぱり仕事はあったほうが、楽しいなと思った。

今週の木曜日はシドニーのクライアントから仕事の依頼があった。
ウエッブサイトを作成した会社だったが、ブローシャーの作成をお願いしたいということだった。
クライアントは月曜から出張でニュージーランドにいくそうで、ドラフトをその前にできれば確認したいということだったので、昨日の夜は2時くらいまで久しぶりに仕事をした。

最初は急ぎの仕事だし案件は2つ提出すればいいかなと思っていたが、やっているうちに面白くなって、4件提出した。今日、どのドラフトを使用するかが決まった。

ウエッブサイトの良い点は、サーバーの許容範囲であれば、どれだけでも情報を入れられるということだと思うが、プリントの場合は、決められた範囲の中に、クライアントが入れたい情報が見やすく魅力的に見えるようにレイアウトを考える必要がある。
プリントのお仕事の方が、ウエッブデザインよりもずっと楽しいなと最近思う。
印刷のことに関しては知識がまだ十分ではないので、利音が幼稚園に行き始めたらイラストやグラフィックデザインも含めてきちんと習いたいなと思う。

昨日、2時にねて、朝は利音に6時に起こされたが、ベッドから出ることができなかった。
ちょっと体力が落ちたなと最近思う。
それとも毎日のことになれば、また身体も慣れるのかな。

昨日、日本から来てくれた友達が買ってきてくれた雑誌に、売れっ子の女性デザイナーの人たちの一日が紹介されていたが、殆どの人が寝るのは3時で8時前には起きるという生活みただいった。みんながんばってるんだな。
私もがんばろう。
[PR]
by stakesue | 2007-07-22 23:38 | 仕事