ブログトップ
カテゴリ:利音と私のアート&クラフト( 199 )
クリスマスデコレーションワークショップ
c0032878_2315675.jpg

今日は近くのアートギャラリーのワークショップに参加した。
このギャラリーが主催するワークショップは人気がとても高く、12月はほかにも予約したいワークショップがあったのだが、ニュースレターが届いた2日後に予約をしたところ、他の2つのワークショップは一杯で取れず、今日のワークショップだけ予約することができた。

紙を折ったり、切ったりしてクリスマスの飾りをつくるワークショップだった。
c0032878_2345561.jpg

紙以外にも、自然の素材を使ったデコレーションも行う予定だったが、時間が足りず、紙で作る2種類だけだった。自然の素材を使ったデコレーションというのを楽しみにしていたので、ちょっと残念だった。

リオンはあまり熱心ではなかったけれど、なんとか作り上げた。

明日はクリスマスイブ。
みなさん、素敵なクリスマスを。
[PR]
by stakesue | 2010-12-23 23:08 | 利音と私のアート&クラフト
レゴビル、リオンの将来の夢
c0032878_22361428.jpg

モダンアートギャラリーでのワークショップの後、レゴでビルを作ったり文字を作ってみたりした。
c0032878_22525545.jpg


今日車の中で、リオンが「ぼくは大きくなったら、サイエンティストになる。そして、空飛ぶ車をデザインして作るんだ。」と言っていた。リオンはできればアウディの空飛ぶ車を開発したいそうだ。リオンは、アウディーの最新型のコンバーチブルがとても気に入っている。

リオンが大人になったとき、空飛ぶ車も可能になっているのかもしれない。そして、私はリオンがデザインした空飛ぶ車を運転してみたい。
[PR]
by stakesue | 2010-12-23 22:59 | 利音と私のアート&クラフト
21st Century : Art in the First Decade
c0032878_2243797.jpg

週末は雨だったこともあり、外出は殆どせずに家にいたため、リオンは退屈していたので、今日はどこに行きたいか聞いたところ、アートギャラリー。
18日から新しい展示である「21世紀、最初の10年のアート」が始まったばかり。3日目の今日はお天気もよかったせいなのか、かなりの人出だった。入場は無料。

アートギャラリーでは5時間くらい過ごしたのだが、それでも全部は見ることができなかった。以前の展示とダブった作品や体験アートがあったが、今回の展示、アクティビティーはバラエティーに富んでいてとても満足。1月に子供向けのワークショップがもっとあるらしいので、そのときにまた行こうと思う。

以前、私はコンテンポラリーアートよりもクラシックな絵画、彫刻などが好きだったが、今は体験、体感型のコンテンポラリーアートのほうがより好きになった。こういったアートの嗜好は、私個人の変化なのか、アジアオセアニア地区の傾向なのか、ヨーロッパやアメリカでもこういうアートのほうが一般的に好まれているのかなあと今日思った。今度調べてみよう。
c0032878_22331697.jpg

リオンが一番好きだったのは、やっぱりレゴ。白いレゴのみが山積みされており、白い街を作っていくプロジェクト。
c0032878_22264648.jpg

できあがったのは、これ。手前の階段のある建物。リオンは階段を作ることと壁を高くすることに専念していた。
c0032878_22335054.jpg

リオンは宇宙戦闘機や車を作るのが専門で、建物は殆ど作ったことがない。土台の作り方とかもっと経験が必要かも。
他の人たちの作品。素晴らしい作品が沢山あった。
c0032878_22364992.jpg

他にリオンが気に入っていたのは、3000個の風船を使った体験アート。
c0032878_221901.jpg
2分間自由に風船の中を歩いていく。風船と空気の量は同じになるように設定されているそうだ。
c0032878_22393621.jpg

中を歩いているうちに紙の毛が静電気で逆立っていて、その様子も面白い。
3階から1階までの銀色の滑り台。宇宙的な感じ。
c0032878_22412038.jpg

c0032878_22422077.jpg

私が好きだった日本人女性アーティストのインスタレーション。
c0032878_22434819.jpg

鏡の効果が面白かったシルバーのボールのインスタレーション。
c0032878_22441830.jpg

写真は撮れなかったのだが、ハンガーでつくられた鳥かごのようなものに、本物の小さな色とりどりの鳥が飛んでいて、巣を作ったりしているインスタレーションは、ちょっと神聖なかんじがして、きれいだった。

キッズコーナーでは、ビデオカメラがついているめがねをかけて、美術作品を見て、自分が見たものをビデオで再生するというのがあったが、子供の目線を知れる興味深いものだった。
c0032878_2251154.jpg

鳥と鳥の巣をつくるアクティビティー。リオンは鳥は全部自分で上手に作った。
c0032878_2252159.jpg

c0032878_22522812.jpg

他にも画面に写るひとつのものをトレースして線を描くアクティビティーやコンピューターを使ったゲームなどがあった。

展示品は全部見ることができなかったので、今度ゆっくり見たいと思う。

しかし、こういったアートを体感、体験できる環境があるというのは、本当に幸せだ。しかも、すべて無料。
リオンの色彩感覚、バランス感覚は、こういった環境が幼児期のころから身近にあり、体験しながら育っているらなのかなあと思う。
[PR]
by stakesue | 2010-12-20 22:57 | 利音と私のアート&クラフト
サンタ@図書館とクラフト
c0032878_21532069.jpg

先週、近所の図書館でのビーズを使ったアクセサリー作りに参加した。
リオンは、家では一生懸命にブレスレットを作っていたのにもかかわらず、このワークショップではあまりやる気がなく、ブレスを一つ作るとあとは、もうやりたくないと言い出した。
恵子さんたちが一緒に参加していたので、リオンはリオと遊べたことのほうがうれしかったようだった。

図書館にサンタが現れたのを見ると、「あれは、偽者のサンタだ」と大きな声で言うので、私は焦ったが、その後、サンタが子供達のお願いを聞いてくれることを知ると、しっかり並び、何が欲しいか伝え、風船をもらって来た。

家では雪の結晶の切り紙をした。はさみも結構上手に使えるようになったので、切り紙も簡単なものであれば自分でできるようになった。
できた結晶は窓のところに貼ったり、ダイニングに飾った。
c0032878_2211272.jpg

[PR]
by stakesue | 2010-12-20 22:01 | 利音と私のアート&クラフト
レゴデザイン
c0032878_2362625.jpg

男の子のおもちゃで、これは本当によかったと思えるものは、2つ。モービロとレゴだ。2歳半くらいから5歳前まではモービロが大活躍だったが、5歳以降からは、レゴ。
プレゼントでいただいたり、少しずつ買い足しているが、毎日何かしら作っている。
リオンが作るものは、大体宇宙船、宇宙ステーションというのが多い。
大型の宇宙船または、宇宙ステーションに小型の宇宙船がいくつも合体しており、状況に合わせて小型船は戦いのために離れていくという設定だ。
この設定は、私の知る限り誰かに教えてもらったわけではなく、リオンが考えて作ったもの。
6歳になったばかりの子供が作るものにしてはすごいと思う。(このパターンは5歳半くらいから作っている)
c0032878_23162732.jpg


昨日、どうしても欲しいといわれ、10ドルくらいで売っている3通りの飛行機やスピードボートになるものを買ったが(リオンが自分のおこずかいで買った)、説明書に沿って自分で作った後、それに手持ちのレゴを付け足して、自分なりの戦闘機に変えたが、モデルになっているものより数段かっこよくなったと思う。
c0032878_23194449.jpg

ちなみにこれは、空と海を自由に移動できるそうだ。
色は違うが、形は左右対称に美しく作られている。

レゴで作るものは、リオンの作るものの方が私が作るものよりも数段デザイン的に洗練されていて、敵わないと日ごろから思っている。作るときは、リオンのみたいにカッコ良く作りたいと思っているのだが、固定観念にとらわれていることもあるのだろうが、私が作るものはいつもなんとなく野暮ったい。
昨日も一緒に作ろうといわれて、作ってみた。
c0032878_23222839.jpg

左がリオン、右が私の作品。右の私の作品は宇宙警察のつもりで、自分ではとてもよくできていると結構満足だったし、リオンにも褒めてもらった。だが、遊んでいるうちに、リオンが床に落として壊してしまった。
リオンが私の作ったものの残りを基にして、作り直したものを見て、やっぱり敵わないと思った。作っている時間は私が費やした時間の5分の1もなかったと思う。手早く仕上がりもかっこいい。
c0032878_232577.jpg

使ったものは全く同じ。写真では見えていないが、私が前につけていた三角のとんがりをリオンは後ろに向けて両方のウイングにつけた。すっきりと洗練されている。

新しいレゴを買うたびに、一度は説明書に沿って作ってみて、新しいテクニックを身に着けているようでもあるし、リオンの作るレゴのデザインが進化しているのはわかる。クリスマスには、欲しがっていたスターウォーズのシリーズの結構大きなレゴを買ったので、それを元にどんなものを作るのか楽しみ。

前にも書いたが、リオンはインダストリアルデザイナー、プロダクトデザイナーに向いていると私は思う。
[PR]
by stakesue | 2010-12-14 23:30 | 利音と私のアート&クラフト
ブレスレット
c0032878_22422617.jpg

スクールホリデーの月曜日、何をしたいかリオンに聞くと、ブレスレットを作りたいというので、ビーズを出した。リオンは自分でビーズを選び、黒いゴムに通してブレスを作った。
c0032878_22425355.jpg

左が私に作ってくれたもので、真ん中が夫の分(帰ってきて夫が試着すると小さかったので後でもっとビーズを足した)、右がリオンの分。
そしてもう一つ自分のものと言って作った。
c0032878_22443414.jpg

学校のマーケットで買ったブレスレットと自分で作ったブレスレットを3つ身に着けている。
ジャラジャラとつけたがるのは、私の影響なのだろうか。
c0032878_2346549.jpg

ブレスレットを3つ身につけ、ペーパージャムというギターを持って演奏する真似をしているリオン。

ブレスの後は、マジックで刺青を書いてくれと言うので、書いた。
こういうとき、リオンは、いつもドクロマークと稲妻を書いてくれという。
夫は私がリオンの腕に絵を描くのは本物の刺青を将来入れたがるのではないかと心配しているのだが、私が描かないと自分で描いているし、今のうちに沢山描いておいて大人になったらもう十分描いたからいいよとなってくれるのを願っている。本物の刺青に対する私の気持ちはリオンには伝えてはいる。
リオンにとって、刺青を考えるのははグラフィックのインスピレーションになっているようで、刺青ブックと呼んでいる刺青のグラフィックを描くノートがあるのだが、ピースマーク(ニコニコマークではなく、鳥の足のほうのピースマーク)に4つの角がでているようなものを描き、ビースウォリアー(平和の戦士)と名前をつけたりして、リオンなりのデザインをいくつか描きとめている。
こういったアクティビティーは、ロゴのデザインとかデザインのコンセプトとかそういうことに役立つかも、などと考えたりしている。
[PR]
by stakesue | 2010-12-14 22:46 | 利音と私のアート&クラフト
アートクラス
c0032878_13404790.jpg

9月から通っている近所の図書館でのデッサンのクラス。
12月は作品を図書館に飾ることになり、2つ提出することにした。

上の絵は前にブログに載せたことがあったが、それにいくつか違う濃さの鉛筆で書き足した、
以前よりももっとよくなったと思う。土台のデッサンはBで書き、それに6B、4Bなどで書き足した。
先生から額の部分が空きすぎていて、目がそこにいってしまうので、髪を書き足しておでこの面積を狭くしたほうがいいというアドバイスを受けた。

c0032878_1339395.jpg

この写真の絵のお姉さんはちょっと怖い感じ。キリッとした顔のモデルだったが、これはちょっと髪を黒くしすぎたかもしれない。
首の影を三角に書くと立体感がでるということだったので、やってみたが、これもちょっと怖くなってしまった原因かもしれない。もう少し薄い鉛筆で首の影は描いたほうがよかったかも。。。

c0032878_13475072.jpg

リオンが生まれて間もないときの夫とリオンをかなり長い間をかけて描いている。
背景はリオンが生まれる数日前に咲いた我が家に咲くフランジパニ。将来的にはこの構図の絵をアクリル絵の具か油絵で描きたいと思っている。イメージは、クリムトの絵で、赤ちゃんを抱く女性の男性版。

レッスンでは毎回新しいことを学べるので楽しい。
先月で今年のレッスンは終わり、来年の2月にまた再開される。
[PR]
by stakesue | 2010-12-09 13:55 | 利音と私のアート&クラフト
アドベント・カレンダー
c0032878_12123570.jpg

以前からアドベント・カレンダーを自分で作りたいと思っていた。
アドベント・カレンダーというのは、12月1日からクリスマスまでのカレンダーで、こちらでは薄い箱に1から25までの数が記載されており、その番号の箱の扉を開くとチョコレートが入っているアドベントカレンダーがスーパーで売られている。私も去年はスーパーで買ったカレンダーを渡していた。
リオンは毎日扉を開けてチョコを食べることをとても楽しんでいるようだった。

リオンはよく家の絵を書くので、箱で家を作って窓を開けるとチョコがあると喜ぶだろうと思い、リオンに相談すると、とても喜び、計画を話した翌日から家はいつ作るのかと聞いて楽しみにしてくれていた。

箱に白のペイントを塗り、上の部分を三角に切り、屋根をそれに合わせて作った。

リオンと一緒に窓の枠などの色を塗り、リオンに窓の中に絵を書いてくれるように頼んだ。リオンは、自分で考えて、最初に私とリオンと白の熊のぬいぐるみを描き、夫とクリスマスツリー、ビーマ、リオンのベッドと金色の熊のぬいぐるみ、N君と彼のペットの金魚、リオンがダディベアと呼んでいる一番大きな茶色の熊とリオン、窓のライトなどを描き込んだ。

c0032878_1225937.jpg

窓には、爪楊枝で取っ手を付けて開けやすいようにした。
リオンが学校に行っている間に、チョコとグミを開いた窓の内側にくっつけた。

c0032878_12271776.jpg

無事に12月1日に間に合い、リオンは昨日と今日の窓を開け、お菓子を手に入れた。
[PR]
by stakesue | 2010-12-02 12:28 | 利音と私のアート&クラフト
光のアート
c0032878_23134353.jpg

2ドルショップで見つけた指につけるライトを使って、ライトアートの撮影をしたいと思っていた。
c0032878_23154877.jpg

上の写真のように、ゴムがついていて、指にはめることができるようになっている。
一番上の写真は3本全部リオンが指にはめて動かしたところ。
↓これは、リオンが自分の名前、Leonを書いたつもり。
c0032878_2318187.jpg

↓これは、Sumi(私の名前)を書いたつもり。
c0032878_23193781.jpg

赤だけで書くと炎の文字みたいで面白かったので、他にも書いてみるように言った。
c0032878_23214191.jpg

ブルーだけの場合もきれい。これもSumiのつもり。
c0032878_23223815.jpg

私も書いてみた。
c0032878_23232244.jpg

c0032878_23151438.jpg

緑もあったはずなので、緑の効果も見てみたい。
[PR]
by stakesue | 2010-09-26 23:24 | 利音と私のアート&クラフト
Lino Print @ Art Gallery
c0032878_221951100.jpg

金曜日は、再び近くのアートギャラリーでのワークショップに参加した。
今回は、版画。
小学生の低学年対象なので、彫刻刀などは使わない。スーパーでお肉が載せてあるトレイと同じような素材の板に鉛筆で彫る。
題材は動物で、参考になる絵のコピーを選び、それを見ながら作成する。
今回、勉強になったのは、描きたいものを黒い枠を使って囲み、囲いの中を見ながらデッサンするという方法。

リオンはハリネズミを選んだ。まだ思ったとおりに絵が描けないので、くちばしを描き始めたときにすでに元の絵とかなり異なることに苛立ちを感じてふてくされたりしていたが、全く同じように描く必要はないんだよと言いながら私も手伝い、なんとか絵を描いた。
最初は薄く描いて、満足したら、鉛筆で深く押しながら描いてくださいという指示だった。
リオンの場合は、力を入れすぎて、穴が空いてしまったり、線がかなり太くなったりしてしまったけれど。。。
c0032878_22331478.jpg

プリントは楽しかったようで、ペイントをローラーで付ける作業は楽しんでいた。
c0032878_22341017.jpg

微妙に色を塗った紙にプリントしたり、違った色のペイントを使ってプリントしたりした。

お肉のトレイを使って家でまたやってみようと思う。

レッスンの後は、リオやエリと、アートギャラリーのキッズコーナーで遊んだ。
c0032878_22365641.jpg


こどもたちが遊んでいる間、私と恵子さんは、キッズコーナーのモザイクを使ってアートの制作に取り組んだ。
私の蝶。
c0032878_223825100.jpg

[PR]
by stakesue | 2010-09-26 22:38 | 利音と私のアート&クラフト