ブログトップ
カテゴリ:利音と私のアート&クラフト( 199 )
粘土遊び
c0032878_20354839.jpg

利音が粘土を食べるので、長いこと粘土で遊んでいなかった。
食べても気にならないように、粘土を手作りすることにした。ナチュラルなものを使用した食紅を使ったが、赤と緑を作るつもりだったが、食紅が足りないのか、あまり色はでなかった。
ナチュラルと記載されていても、なんとなく気になるので、あまり色がついていなくてもいいかなと思った。
c0032878_20393072.jpg

これは私が利音につくってあげたもので、簡単なお話を作ってあげて、動かしたりしたけど、本人は私の話より、作るほうに夢中だった。

今日は、今までと比べると、粘土をこねたり、ローラーで平らにしようとしたり、自分で形作った?粘土を、「パオパオ(象の事)」と呼んだり、「ピッピ(鳥)」と呼んだりして、本人は形作りをしているつもりのようで、作ったものを動かしたりもしていた。
1時間以上、やっていたかと思うが、彼の一つのことに対する集中力は年のわりに結構長いように思う。もちろん、好きなものに関してだけだけど。
散歩から帰ってきた後、またやりたいといって、粘土で遊んでいた。

c0032878_21122075.jpg

昨日の利音の部屋の天井に住む魚を、写真に収めてみた。色えんぴつで塗ったお魚はイマイチ。ちなみに、天井のランプシェードは私と夫の合作。
ブルーのカーテンみたいなものは蚊帳で、夏は蚊の多い私達の家では必需品。
下に敷いている星がテーマのパッチワークは、夫の母からの私への誕生日プレゼント。でも、利音が星が好きなことと部屋にあうとおもったので、利音の部屋に敷いている。
[PR]
by stakesue | 2006-10-06 20:50 | 利音と私のアート&クラフト
今日のアート
c0032878_21502039.jpg

今日の利音の絵。
絵の具は水彩だが、小さいチューブが1本$7.95もするもので描かせてみた。水彩絵の具の1色づつ別売りになっているものは、行ったアートサプライのお店では、種類が少なかったし、絵の具のチューブも小さいものしかなかった。3色買ったが、発色はどれもきれいで、12色で14ドルだった前回のものとは比べ物にならない。アクリルの絵の具が一番種類が多く、安いものもあるようだ。
利音は、今回はキャンバスが小さかったので、物足りないと思ったのか、すぐにやめて、大きなキャンバスの絵を指差し、とってくれと訴えるので、大きい方と交換したら、また熱中して描き始めた。今日で3コートめになる。筆の動かし方はいっぱしのアーティストみたい。
大きなキャンバスに移ってきれいな絵の具がなくなったところで、安いほうの絵の具を使わせた。
発色の良い絵の具で描かせると、きれいだけれど、高価な絵の具はもったいなく感じるので、次回は思い切りよく使わせられるように安い絵の具を買ったほうがいいなと思った。
とりあえず、一度、発色の良い絵の具で描かせてみたかったので、違いは確かにあるんだということがわかっただけでも満足。 なくなるまでは使わせよう。
キャンバスはとにかく安く、2ドルショップのような安いところで買ったが、今回のこの小さいキャンバス(20x25cm)は$1.50。

私が以前使っていたイーゼルを出して、イーゼルを使って描かせた。描きやすかったみたい。

前回ほどは熱心ではなく、絵の具がパレットにかなりの量が残ったので、私が魚の絵を描き、色をつけ、切り取って、糸で利音の部屋の天井からぶらさげてあげた。天井からはお魚が5匹ぶらさがっている。
利音はこの魚が自分の部屋で飛んでいるのをとても気に入ったらしく、寝室に行くと、「FISH,FISH」と言って、触りたいので抱っこしてくれという。
全部の魚を触って揺らして、何度もそれを繰り返して、うれしそうだった。
最初の理想は、私が描いた魚に利音に塗り絵をして、一緒にお魚を作りたかったのだが、興味がなかったようだった。天井に吊るしたのを見たら、今度はやってみようと思うかなあというのもあって思いついたのだけど、次に絵の具を使うときはやる気になってくれるかな。。。

最近は、とにかく描きたいと、いつも思っているみたいで、前は筆を使って描くことしか興味がなかったのに、ボールペン、色鉛筆、マジック、なんでも使って、描きまくる。一応、紙に描いてくれるので、助かっている。昨日は、クレヨンが小さくなったので新しいクレヨンと、色マジック、線なしのノートを買ってあげた。昨日と今日で、すでにかなりのページを使用した。

今日は月がきれい。満月ではないがかなり丸く、夕方散歩のときから空に出ていたので、お月様だと教えてあげた。毎月、月が大きく丸く見えるときは、寝る前に窓の外から一緒に月を見る。私は今晩は忘れていたのだが、利音は散歩のときに月を見たのを覚えていたようで、外を見て、「ムーン」という。
部屋の明かりを消して一緒に探したけれど、ちょうど家の上に来ているときだったみたいで、見えなかった。「家のすぐ上にいるみたいで、見えないね。また、明日見ようね」と伝えた。
[PR]
by stakesue | 2006-10-05 22:37 | 利音と私のアート&クラフト
利音と私のアート
c0032878_2115186.jpg

今まで利音がお絵かきするとき、クリムゾン、ブルー、レモンイエローのうちの2色か3色の組み合わせで描かせていたが、今日は、買っていた絵の具が12色だったので、とりあえず全部使わせてみようかなと思い、最近買った大き目のキャンバスに自由に描かせることにした。
写真で見てわかるように、かなりすごいことになってしまったが、本人はとても楽しかったみたいで、かなり熱中して、私に絵の具をもっと出すように指示したりして、1時間くらいずっとキャンバスに向かっていた。
これだけ本人は絵の具まみれでも、窓にはちょっと描いてしまったが、不思議と床にこぼしたりとか壁に描いたりとかしない。
こぼしたとしても、水彩だし、床は絨毯ではないので、あまり気にしていない。
c0032878_21233066.jpg

描いているときは茶色が多くて、ちょっときれいじゃないなと思っていたけれど、リビングの壁にあった私の描いた仏像の絵をとってそこに飾ってみたら、なんだかいい感じ。(散らかしてますが、、、)
あと2-3回、上から絵の具を重ねさせてみようと思う。
リビングにはあと2枚、以前に紹介した利音の作品が飾ってある。
利音はいつも壁に飾られた自分の作品をみて満足そうにしている。
c0032878_21254449.jpg

左奥は、私が描いたバラ。玄関を入って正面にあるパネルは、私の大好きなクリムトの複製画が2枚。

行き場のなくなった私の仏像の絵を飾る場所を探して、いろんなところに飾ってみたがしっくりいかない。最後に自分達の寝室に持って行ったら、一番しっくりしたので、ここに飾ることにした。
c0032878_21245479.jpg

なんだかリビングのときよりも色がきれいに見えていい感じがした。

ついでに利音の部屋の私の絵と利音の絵。
利音はこの青と黄色の絵の具だけを使って描いた絵の2枚をとても気に入っていたようだったので、寝室に飾ってあげることにした。ワイヤーを2箇所で留めて、洗濯バサミで吊るしたものだが、毎晩、利音は寝るとき自分の絵をみて、「ペインティング」と何度も言って、うれしそう。
c0032878_21293132.jpg

私の熱帯魚の絵は、他の2点に比べるとかなり稚拙。利音が生まれる前にと思って急いで描いたことと後はこの絵は絵の教室で描いたものではなかったので、先生の助言がなかったせいか、やっぱりイマイチ。ちなみにバラは私の2作目の作品で、仏像は3作目、熱帯魚は5作目になる。すべて油絵。
c0032878_21295969.jpg


利音はお絵かきが好きみたいだし、自信ももっているような感じ。
利音が大きくなったら一緒に絵を習いにいきたい。
[PR]
by stakesue | 2006-09-29 21:49 | 利音と私のアート&クラフト
Painting
c0032878_22172082.jpg

今日は、午前中にお買い物に出かけた以外は、家で過ごした。
上の写真の右は、利音が今日、先週の絵の上に描いたもの。今日はあまり気持ちが乗らなかったようで、ちょっと描いたら、すぐにやめてしまった。
来週、もう一度上から描いたらこの絵はおしまいにして、次のキャンバスに黄色とクリムゾンバージョンで描かせてみようかなと思う。


c0032878_2219252.jpg

前回、お絵かきしたときに、夫が帰ってきて、「ダダにペインティングを見せてあげて」と言ったら、夫に見せたが、その後、利音はビーマにも見せていた。。。
ビーマは絵を突きつけられて、逃げていたが、ちゃんと見ろよって感じでビーマを追いかけ絵を見せていた。私達は大笑いしながら、「ビーマに絵はわからないよ。」と利音に伝えた。利音本人は、ビーマに、「ワン」と褒めてもらいたかったのかなあ???
利音の中で、ビーマは私達と同じだと思っているんだろうなあ。
[PR]
by stakesue | 2006-09-07 22:26 | 利音と私のアート&クラフト
アーティスト
c0032878_20404411.jpg

今日の利音の水彩の作品。利音だけが描いて私は全く手をだしていない。
レモンイエローとブルーだけを使って描いた。
今回ブルーはコバルトブルーではなく、どちらかといえば紺色に近いブルーを使ってみたが、こちらのブルーの方がレモンイエローと相性がいいし、きれいな緑色がでるようだ。
なんだかとても夏に良い色合いなので、こんどキャンバスにこの2色で描かせてみようと思う。
利音は、どちらの色も最初は筆で別々に使って描くのだが、後半になるといつも、ビンに入ったそれぞれの絵の具をビンからビンへと移して別の色を作り、それを紙に塗る。

弧を描くのが上手なのと、色がとてもきれいだったので、すごく褒めたらとてもうれしそうだった。
「ペインティング」という言葉を教えたら、とてもきれいに発音してすぐに言えた。

夫が帰ってきて、利音に「ダダに利音のペインティングを見せてあげて。」と言ったら、とても得意そうな顔をして、絵を指差し、「ペインティング」と言っていた。夫が褒めるととてもうれしそうだった。

ペインティングをするときに、かける音楽を色々試してみたが、利音のお絵かきのときに一番良いのはヴィバルディの音楽みたい。
[PR]
by stakesue | 2006-08-25 20:50 | 利音と私のアート&クラフト
利音のアート
c0032878_2140893.jpg

利音がキャンバスに描いた初めての絵。リビングの部屋に飾ってみた。
アブストラクトでいい感じ。

半年に1度くらいの割合でキャンバスに描かせて飾っていこうかなと思う。
最初は先週の金曜日に、キャンバスを水で濡らしたあと、クリムゾン(バラ色)、ウルトラマリーン(ブルー)、レモンイエローの3色で描かせた。
月曜にキャンバスを濡らさずに上から描かせた。
私は、筆は入れていないが、利音が私の手に絵の具を塗り、キャンバスに手を置けといったので、いくつか私の手形が薄く入っている。

私は写真のキャンバスのように、木枠が入っていて高さがあり、額に入れなくてもそのまま飾れるキャンバスが好き。
2ドルショップのようなところで、キャンバスは安く手に入る。今回使用したのは5ドル以下で買ったと思う。安いので気軽にキャンバスに描かせてあげられる。
[PR]
by stakesue | 2006-08-02 21:49 | 利音と私のアート&クラフト
怪我、その後。
c0032878_21555585.jpg

2日前の怪我の傷跡は早くもかさぶたになってきた。若いと回復が違う。
ちょっとパンダみたいな痕だが、色が濃くなってきて、ああ、目が大丈夫で良かったとつくづく思った。

今日も洗濯物を干していたら、庭の一番上の段にまで(裏庭は3段になっていて、一番上から下までは3メーター以上あると思う。)歩いていっていた。目が離せないなあと思った。

午前中、絵を今日は3色使って描かせた。前回、サムちゃんと一緒のときにやった手に絵の具をつけて紙に手形をつけるというのを途中から思い出してやっていた。私にも手を出せといって、絵の具を塗りつけた。絵の具がちょっと今日は薄すぎたので、今度はもっと濃くするようにしてみようと思う。
ちぎり絵を午後にやってみようとしたが、これは全然興味がないみたいだった。またしばらくしてやってみよう。
c0032878_22443988.jpg


昨日は、ご近所のママと子供達が家に来てくれて、ランチを一緒に食べた。利音は最近、人見知りが激しく、私にまとわりついてばかりで、他の子供達と遊んだりしなかった。以前は、一緒に遊ばないにしても、自分1人で楽しそうにしていたけれど、昨日は、「ママ、ママ」といって離れない。他の子供達と遊ばせることが少ないせいなのかな。それともただ、そういう時期なのか、怪我した後で、精神的に安心を求めているのかよくわからないけれど、しばらくすれば、もっと社交的になるのかなあ。

レストランとか散歩で知らない人には手を振ったりして、「まあ、フレンドリーな子ねえ。」といわれたりするんだけど、他の子供がいると内気になる気がする。
[PR]
by stakesue | 2006-07-22 22:08 | 利音と私のアート&クラフト
お絵かき
c0032878_21111416.jpg

1歳半前後から、筆を持たせてお絵かきを時々している。今日みたいな方法で水彩をするのは2度目。

普通お絵かきをするときは、クレヨンか鉛筆のことが多い。だが、クレヨンや色鉛筆はすぐに飽きるみたいで、そんなに長い間はやらない。
指で描けますとかいてあった絵の具を前に買っていたのだが、それを使って指や筆で描かせたりしていた。利音はその絵の具がとても好きだったのだけれどほぼ全部使い切ってしまったので、水彩の絵の具を1ヶ月くらい前に買った。前の指で描ける絵の具というのは、ただ絵の具がペンのような入れ物に入っているだけなのだが、出しやすく、指ですぐかけて便利だった。本人も押すとビューと絵の具がでてくるところが面白かったみたいで、絵を描くことはそんなに楽しいというわけではなかったように思う。

水彩をすると床や壁に絵の具を撒き散らすのではないかと思ってしまうのだが、そんな心配はいまのところ不要だったようだ。本人は筆を使って色をつけるほうが好きみたいで、かなり長い時間集中してやっている。
今回は絵を描いていることを楽しんでいるように見えた。
これからは週に1回は描かせてみようと思う。

前回は黄色だけを使って描かせたが、今日は黄色とクリムゾン(ばら色?)を使用した。
以前読んだ本に、子供に使用させる色は、黄色、クリムゾン(CRIMSON)、コバルトブルーの3色で十分なのだと書いてあった。ひとつひとつの色が持つ雰囲気とかを学ばせて、この3色があれば殆どの色ができるので、どれとどれを混ぜれば緑ができるとか、そういうのを自然に覚えていくのだそうだ。
絵の具はびんの中に水で薄めて溶かしていれて、ひとつの色を使ったら、筆を洗って違う色を使うようにすると書いてあったので、その通りに教えてみた。
筆を洗うびんは、最後はピーチ色になった。
利音はこの筆を洗って色が変わるのを見るのも気に入ったみたいで、筆もよく洗いながら描いていた。お陰でノートはびちゃびちゃになってしまった。

描いているのをみて、幼児の描く絵というのは、アブストラクトなアートに見えていいなと思う。
3色使ってみたら、小さいキャンバスに描かせてみて2歳前の作品を1点は残しておきたいなと思う。
[PR]
by stakesue | 2006-07-03 21:27 | 利音と私のアート&クラフト
イラストの難しさ
c0032878_925817.jpg

再度、再度のやりなおしの後、やっとクライアントからOKがでた上のイラスト。ここ2-3晩くらいは午前1時半くらいまでああでもない、こうでもないと奮闘した。
イラストの依頼を受けたのは、今回が2度目。イラストはあまり描いたことがないし、得意な分野ではない。まだ、ソフトも十分に使いこなせない部分があるので、時間がかかる。
コピーライトを一緒に売るわけではないので、ここに掲載したいと思う。自分でも納得のいくものができた。

授賞式の方のアートワークはOKがそのままでたけれど、イラストのほうは、鼻の線から髪型、最初に描いたサングラスの形が今年の流行ではないという指摘で、サングラスの形のやりなおしに一番時間がかかった。

クライアントは自分自身がアートの勉強を学生時代にしていたこと、その後、ラジオ局で働き、ご主人は自分の広告代理店を経営しており、色んな広告も目にしているからだと思うが、指示が細かい。でも、そのお陰で今回イラストを描くにあたって、物を見る目、イラストにも流行のものを身に着けさせることで、今風の感じがだせる、というのを彼女から教えられた気がする。

ご主人の名刺のデザインなども頼まれたし、クライアントを紹介してもらったこともあるので、私にとっては大切な顧客。

最近の広告やアートワークを見ると、イラストがかなり多く使われている。写真とイラストをあわせたもの、写真をイラスト風に加工しているもの(i-podなど)。次の自分のサイトのリニューアルの時には、写真とイラストをあわせたものを取り入れたいと思っている。
[PR]
by stakesue | 2006-02-10 09:19 | 利音と私のアート&クラフト