ブログトップ
The Little Mermaid
c0032878_21172928.jpg

今日は人魚姫のバレエをブリスベンに見に行った。
衣装がとてもきれいで、セットや照明が幻想的で、素晴らしかった。

席も前から6番目で端ではない席だったので良く見えた。

客席に座って開幕を待っているときに、上のほうから、「Leon.Leon」と呼ぶ声がする。振り返ってみると、利音のキンディーの同じクラスの女の子が2人見に来ているようだった。
利音も手を振り、彼女たちも手を振った。
休憩の時に、彼女たちに会いに2階席のラウンジに行ってみた。私はお母さんたちに挨拶をしておしゃべりをして、利音は2人の子からお菓子をもらったりして、うれしそうだった。
後半のために、席に戻ると、彼女たちと一緒に座りたいと利音は言い出し、席は決められているので移れないと説明したが、納得せずに、しばらく不機嫌そうにしていたが、舞台が始まるとじっと見ていた。

この日のために、1ヶ月前にLittle Mermaidの本を買い、読んであげていた。
ただ、私が買った本は、ディズニーのものだったので、アンデルセンの人魚姫とは話が少し違っていた。
今日のバレエは、原本のアンデルセンの話に基いたものだったので、王子様が他の女性と結婚することになり、人魚姫が嘆いているときに、どうして人魚姫は悲しそうなのかと利音に聞かれた。

利音は、人魚姫とお話がしたかったらしく、パフォーマンスが終わった後、どこで人魚姫に会えるのかと聞くので、パフォーマンスが終わってから挨拶をステージでしていたでしょう?と言うと、直接会ってお話ができないことを不満に思ったようだった。
考えてみると、子供向けのパフォーマンスはよく出演者が終わった後に子供と交流してくれるのでそれを期待していたのだと思う。
[PR]
by stakesue | 2008-09-24 21:26 | 子育て:利音の成長