ブログトップ
Out of Box Festival
c0032878_202449.jpg

今日は、利音を連れて、サウスバンクで行われている3歳から8歳の子供を対象にしたOut of Box Festivalに行って来た。
無料でできるもの、有料で参加するもの色々とあり、結構盛りだくさんなのだが、2つ予約をしていたので、無料のワークショップにはあまり参加できなかった。
一つだけ、好きな人に手紙を書くというコーナーでダディの似顔絵を描き、投函した。
投函するポストは子供用に小さく作られたもので、可愛かった。

利音には、自分のTシャツを作るというワークショップを予約していた。
テキスタイルデザイナーの人によるもので、Tシャツが配られ、それに着色し、違う素材の布をのりでつけて、最後にマジックを書き加えておしまい。
c0032878_2064245.jpg

出来上がったのは、これ。
c0032878_2081971.jpg

家で、150度のアイロンを7-8分かけてくださいという指示があった。
このワークショップはTシャツつきで、50分、16ドル。

その後、ランチを食べて、しばらく外で鬼ごっこをしたあと、次のパフォーマンスの見学に行った。
予約していたのは、"What does Red do on Thursday? 赤は木曜日に何をするの?" というドイツのThalias Kompagnonsという人によるアートパフォーマンスで、私自身が楽しみにしていたもの。
ビニールのキャンバスに後ろからライトがあたり、ちょっと影絵のように絵をビニールの大きなキャンバスに物語仕立てでクラシック音楽をBGMに指やブラシを使って絵を描いていくのだが、もとの絵を上から色を塗ったりして、どんどん場面が変わっていくようになっていた。
途中、キャンバスに水を上から流したりして最後は赤は太陽になり、動物たちが描かれて、おしまい、だった。
c0032878_20153999.jpg

音楽を使ってのライブアートパフォーマンスを見たのは初めてだったので、私はとても楽しかった。利音もみて喜んでいて、アーティストとお話をしたいようだったが、沢山の子供たちが並んでいたので、特にそれに並んだりはしなかった。多分、それが不満だったのではないかと思うが、会場を出て、楽しかったかと聞くと、「キライだった」といわれた。
私は、大人気ないがムッとしてしまった。

そして、あれもキライ、これもキライと言い始めたので、本当はその後、図書館にいってメガフォンを作ったりさせたかったのだが、やめて帰ることにした。

最近、利音は何でも「嫌いだ。」とばかり言う。そして、その言葉は私をとても悲しくする。
そういう時期なんだろうと思うけれど、どうしてこんなにネガティブなことばかり言うのだろうと思ってしまって悲しくなるのだ。
前はマミーありがとう、って言っていたのに、どうしてこうなっちゃったんだろうなあって思ってしまう。
来週はミュージカルを予約しているのだけれど、キライだといわれたら、ショックだなあ。

私は、発想の柔軟性というのを育てたいと強く思っていて、おもちゃはあまり買ってあげたりしないけれど、その代わりに色んなものを見たり聞かせたりしたいと思っているのだが、空回りしているような気がする。
[PR]
by stakesue | 2008-06-12 20:36 | 利音と私のアート&クラフト