ブログトップ
Swell Festival
c0032878_20213350.jpg

週末の日曜日は、SWELL FESTIVALというのに真澄さん家族と一緒に参加した。

このフェスティバルは、ゴールドコーストのカランビンビーチで毎年行われているようで、カランビンロックからエレファントロックまでの海岸沿いの歩道に、色々なアーティストの彫刻が展示されている。
シドニーにも、"Sculpture By The Sea"と呼ばれるものでブロンテビーチからボンダイビーチの遊歩道に彫刻の展示を毎年行っていたが、ブロンテビーチに住んでいたときは毎年見に行っていた。
こういう野外の展示は面白い。

ウエッブサイトのクライアントの1人のティキアーティストの人から、今年は自分の作品が出展されるのでよかったら見に行って、と言われていたので、彼の作品を見るのも楽しみだった。

前日はお天気が悪かったので心配だったけれど、日曜日のゴールドコーストは晴天で暑いくらいだった。
c0032878_20241872.jpg

上の写真はエレファント・ロック下のサーフクラブから見えるカランビンロックとサーファーズ・パラダイス。

50点くらいの作品がビーチ沿いに並んでいて、殆どの作品は自由に触れるようになっているので、子供たちはみんな作品に手を触れて楽しんでいた。
c0032878_20295444.jpg

c0032878_20302346.jpg

c0032878_20541459.jpg

私は、一番上の鯨の作品は、ロケーションがビーチということもあり、一番良いなと思った。
それぞれのアーティストは場所を指定することができたのか、いくつかの作品は置かれている位置とぴったりあった雰囲気だったりした。

そして、私のクライアントの作品はこれ。会場に来ていた彼とも少し話ができた。
c0032878_20314053.jpg

このティキをこれからは自分のシンボルとしてステッカーを作ったりしていきたいし、ウエッブにも反映させたいと話していた。
彼は年末、日本に招待されていて、木彫りの実演をするらしい。来年はハワイで3ヶ月間ティキを彫る予定もあるそうだ。彼は自分のビジネスを他に経営しているが、本人曰く、ティキアーティストとしてかなり認知され始めていて、ここ2-3年くらいで、ティキだけを彫って生活していけるようになるかもしれないな、と話していた。

フェスティバルは2週間に渡って行われていて、その期間には、子供向けのワークショップがいくつか行われているようだった。
私はそのうちの一つであるランタン(提灯)の製作に利音を参加させたかった。土曜日と日曜日の2日間に参加できるようになっていて、参加した子供たちは最終日の日曜のランタン・パレードに自分のランタンを持って参加できるということだったのだが、土曜日に予想以上の人が参加したので、日曜日のワークショップは残念ながら中止になってしまった。
それでも、ランタンを買えば、パレードには参加できるということだったので、模様のないものをとりあえず購入して夜に備えた。

夕方のパレードまで時間があるので、由美ちゃんのところにお邪魔して、子供たちとお父さんはプールで遊ばせてもらった。由美ちゃん、ありがとう。

そして、夕方、ランタンパレードに参加するべく、会場に戻った。写真はランタンの隣で出番を待つ子供たち。
c0032878_20321397.jpg

閉会式はとても神秘的、幻想的で美しく、素晴らしかった。これは春の訪れを告げるフェスティバルだったんだと、終わってから気がついた。

ランタンパレードはこのフェスティバルの閉会式のオープニングで、魚の形、鳥の形、星の形、ピラミッド型など色々な形をしたランタンにキャンドルを入れて火を灯す。駐車場から会場のカランビンビーチに向かって子供たちとその保護者が神秘的な音楽に合わせて歩いてステージ前に移動し、砂浜に座ると、花火が上がり閉会式が始まった。
閉会式と言っても、閉会の挨拶などはなく、音楽と火とダンスで繰り広げられた。それがなお一層スピリチュアルな雰囲気にぴったりだった。
c0032878_20332738.jpg

冬が終わり、春を呼ぶ嵐が来て、春になり花が咲き、という季節の移ろいを場面の変化に花火や炎のアートを効果的に使い、チャンティングのような合唱から始まり、最後は春らしい楽しい音楽が、弦楽器を中心に演奏された。
ひとつ残念だったのは、エンディング。もう少し工夫があれば、もっといいのになと思った。

c0032878_2039178.jpg

この炎のアートは、根から木の葉へ徐々に火が登っていく。ワークショップの中には、大きい子供向けにどうやってこういうアートを作るかというものもフェスティバルのウエッブに載っていた。
利音が大きくなったら一緒に参加してみたい。

見ていて、なんだかシュタイナーのシルクウッドで見たクリスマスフェスティバルの雰囲気を大掛かりにしたような感じだと思っていたが、バイオリンのリードをしていた女性はシルクウッドの学校の先生の1人だったように思う。あの先生について利音がバイオリンを習えるといいだろうなあ、と思う。

利音は熱心に見ていて、翌日聞いてみたら、とてもフェスティバルはとてもきれいだった、火がきれいだった、と言っていた。

来年は是非、ランタン作りから参加して、春の儀式に参加したいと思う。
[PR]
by stakesue | 2007-09-25 20:33 | 利音と私のアート&クラフト