ブログトップ
Toddler Tuesday @ Gallery of Modern Art
c0032878_20362839.jpg

今日は2ヶ月に1度プログラムが変わるたびに参加しているクィーンズランド・アートギャラリー主催の無料プログラム、Toddler Tuesdayに参加した。
朝、起きてからは鼻を垂らしているし、ちょっと咳をしたりしていたので、今日はアートギャラリーに行くのやめようね、と利音に話したら、「いやだ、行きたい。」というので、迷ったが連れて行くことにした。

今回はモダンアート・ギャラリーの方で催行されたが、ディスプレイが前回来たときとは、かなり変わっていた。
c0032878_20432315.jpg

中でも上のアートはその大きさ、風船、虹色の色使い、色をつけた砂山と大きなキャンバスなど斬新で奇抜なアイディアと派手さ、壮大さが目立っていた。題名をみるのを忘れたが、虹色の風船は天国か、天国に行くときにあの風船にまたがって上に上がっていく、みたいに感じた。または宇宙のどこかにあるハッピーな惑星! アーティストさん、全然違ったら(きっと違うだろうな)ごめんなさい。

最近、恐竜が出てくる話をしているので、虹色の恐竜の卵だね、とか言いながら鑑賞したアート。
c0032878_20445974.jpg

利音は、このシリーズのアートに触りたいと言っていたが、触ってはいけない大切なアートなんだよと説明したら納得したようだった。

さて、今回のプログラムは、視覚と触覚に重点をおいたものだった。このアートギャラリーは自然の光をうまく利用していて、ブリスベン川が見える壁全体がガラスになっているし、天井も自然の光が入ってくる工夫がされている。ブリスベンを一望するコーナーに子供たちを座らせ、ギャラリーのミニチュアでビルの説明がされた。そして、インストラクターが見せる建物の一部の写真を見て、それがどこにあるか探しに行きましょうと言って、3階から2階、1階の玄関まで移動した。利音は何事もゆっくり楽しむ方なので、みんなが壁を触っているのにまだ床を触っていた。
c0032878_20553383.jpg

ところどころで、床に触って、冷たい?どんな感じがする?とか聞いたり、足踏みをして材料によって変わる音の違いを聞いてみたりした。

カフェのところでは、カフェではどんな食べ物や飲み物があるかしらという質問に、利音は「ベービーチーノ!」と答え、お母さん方には受けていた。
利音は、結構恥ずかしがりやなので、こういうところで発言することは今までなかったと思う。ちょっとびっくりしたけれど、人に名前を聞かれたりすると、恥ずかしがらず自分の名前をいうので、私が思っているほど、恥ずかしがりやではないのかもしれない。

館内を一周したあとは、クラフト。
建物を作ってみましょう、ということで、小さな箱と1テーブル毎に色んな種類の紙が渡され、ドアや窓のイラストなども渡されて、のりで箱にくっつける。
最後に屋根になる材料を受け取り、平面にしてもいいし、ドーム型にしてもいいし、好きなように屋根をつけてと言われた。利音は屋根にも模様をつけていたが、そういう子は利音だけだった。
最初はそれはビル自体に貼ったほうがいいんじゃない?と口出ししそうになったが、本人は一生懸命に屋根の上に張ろうとしていたので、やめた。
利音はこの作業をとても気に入ったらしく、真剣に取り組んで、出来栄えにも満足しているようだったし、大事に持ち歩いていた。
c0032878_2192297.jpg

利音には、「屋根に模様をつけているのは利音だけだったね。マミーは利音の独特のクリエイティブなアイディアが好きだよ。」と伝えた。

アートクラスのあとは、利音にねだられ、サウスバンクからシティーに向けてフェリーに乗ったが、リバーサイドで降りたがらなかったので、終点までいって戻ってきたときに降りようと思ったのが大きな間違いで、終点はかなり遠く、結局フェリーに1時間ぐらい乗るはめになり、疲れた利音はフェリーで寝てしまった。次からは利音がなんと言おうと、リバーサイドで降りようと固く誓った。

利音はアートギャラリーに行く事が大好きだと私に言ってくれたので、2ヶ月に1度くらいだけれど続けていきたいなと思う。ディナーの時に、夫に「今日は楽しかったか?」と聞かれ、夫が驚くくらいな力強い「YES」という言葉を返していた。その後、何をしたかを夫に報告していた。

鼻はまだ少しでているけれど、今朝よりもずっと元気になった。今日は参加することにしてよかった。

10月にまたプログラムが変わるので、また予約しようと思う。

楽しかったね、利音。
[PR]
by stakesue | 2007-09-18 21:17 | 利音と私のアート&クラフト