ブログトップ
利音、2歳10ヶ月
日本の両親が、週末、兄に手伝ってもらって、インターネットに接続し、ブログを見ることができるようになったそうだ。昨日の電話でも、まだ新しい記事はないのか?と聞いていた。両親が読んでくれるというのは、とても励みになる。頻繁に会えない分、成長をブログで見てもらえるというのは、うれしい。

昨日で利音は2歳10ヶ月になった。
3歳まであと2ヶ月。誕生会の計画を早くしなくちゃいけないな。
テーマはほぼ決めているけれど、それにあったゲームとか装飾とか衣装とか、招待状とか、そろそろ本格的準備を進めなくちゃな。

今日は、ご近所のお友達全員(リオ、ルシア、サミー)がうちに遊びに来てくれた。
サミーはお花を、ルシアは利音の顔を描いて持ってきてくれた。ありがとう。
c0032878_21433944.jpg

この絵は、利音がはじめてお友達からもらった似顔絵として大事にしたいと思う。ルシアちゃんは絵が上手で、この絵の裏にはきれいな色紙でのちぎり絵が施されている。絵を描いて、ハサミで切って2枚の絵を張り合わせたようだが、とても上手にできている。
寝る前にもう一度、一緒によく見たのだが、利音はとてもうれしそうで、何と書いてあるのか読んでくれと何度も言われた。
2歳10ヶ月の良い記念になったね。ありがとう、ルーちゃん。

利音は昨日から「My friends coming to Leon's House. ボクのお友達が利音の家に来る。」と言ってとても楽しみにしていた。 
お友達が遊びに来てくれるときに、問題になるのは、友達が自分のおもちゃで遊んでいると、「ボクのだよ。」といって、取り上げたり、取り合いをしたりする。それで、今日は、来る前に、利音がお友達の家に遊びに行くと、みんな自分のおもちゃを利音に貸してくれるよね、だから、利音もおもちゃをお友達に貸してあげて、一緒に遊ぼうね、と伝えておいた。「うん、うん」と言いながら、できないときもあったが、ちゃんとできたときもあった。
お友達を叩いたり、せっかく一緒に植えた花をひっこぬいたりと、悪ガキぶりも発揮していたが、本人はとっても楽しかったと思う。
遊び疲れたみたいで、キクちゃんに本を読んでもらっているうちにキクちゃんに寄りかかって寝てしまった。
c0032878_21354221.jpg


最近は私を試しているのか、悪いこととわかっていても、やってしまう。
昨日は、あまりに目に余る行為があったので、初めて平手で顔を打ってしまった。
利音も私にぶたれたショックで大泣きし、反省室(ゲストルーム)に連れて行き、お互いに落ち着くまで待って話をした。話をしながら、息子の顔に私の手の痕がついているのがわかり、私も深く反省。かなり手加減をして叩いたつもりだったけど、痕が残るんだとびっくり。
私も子供のころ、母に叩かれ、ほっぺに痕を残していて、「こんな顔じゃ、学校に行けないよ~。」と泣きながら学校に行ったことを思い出した。
あのときは、自分は親になったら、絶対に子供を叩かない!って思っていたけれど、親の気持ちが今は理解できる。

私も冷静に対処できるようにしなくちゃいけないな、と思う。 利音がカ~ッとなっている姿は、自分と同じ。 自分が冷静になれないのに、小さい子供に冷静になれというのが無理な話。まずは自分が、自分をコントロールできるようになって、お手本を示さなくちゃな。

日々、子供に教えていただいているのだ。
[PR]
by stakesue | 2007-09-11 15:50 | 子育て:利音の成長