ブログトップ
アートレッスン
今日は、利音はディケアの日。
今朝も行きたくないとダダをこねたが、連れて行った。
利音の風邪は大したことはなく、咳はあまりしないし、熱もないし、結構元気である。ただ、機嫌が悪い。
ここ1ヶ月くらいデイケアに連れて行くと毎回泣く。
一時は楽しみにしていたようだったのに、どうしたのかなと思う。ケイティー先生は2日に増やせばもっと慣れるというけれど、もう少し様子をみようと思う。

今日の午前中、私は2度目のアートクラスに行った。
今日は、前の絵に斜め左上から光が当たっているように葉を塗りいれて、葉と花の間を以前よりも明るい色を塗って後ろから光が入っているように見えるようにと指示された。
絵は光をどう表すかが大切なのだと先生はおっしゃる。これは前の油絵の先生も同じことをおっしゃっていた。
1人で黙々と葉に色を塗っていたが、途中これでいいのかなあと思っていたら、先生が私を呼んで、遠くに立って絵を見てみなさい、と言われた。
「うん、悪くないですね。」と私が言うと、「よくできているわよ。こうやって離れて見てみるのも大切なのよ。」とおっしゃった。
その後、花に移って、先週のクリーム色の上に、Yellow LightとDeep Yellowにほんの少し白を混ぜて、花弁をすべて塗るように言われた。
それから、赤と黄色2色と白を使って、色を下の黄色となじませながら下にくる花弁を意識しながら色を足していくように言われた。
花の一つに色を足しているところで時間が終わってしまった。
色を足した花は、フランジパニに近づいてきた。
写真の左は前回のレッスンが終わった後で、右が今日のレッスンが終わった後。
c0032878_14255725.jpg

先生は最初にアクリル絵の具は油絵の具と比べると、最初に塗ったときの色がよくなくてがっかりしてしまうんだけど、何度も何度も絵の具を塗り重ねていくうちに、色が出てくるのよとおっしゃっていた。確かにその通りだと思う。

油絵の場合、タープを使うので、グロスが混じって重みがでるのだが、アクリルの場合、まだ後で何度も色を重ねていくのだと思うが、色に重みがないように思う。
でも簡単にどんどん色が重ねられるのは本当に楽で絵の進みは油絵の具に比べると数倍早い。

先生からは、自分でできるところまで家で描いてきていいわよと言われた。
明日は利音と一緒にお絵かきしようかなと思う。
[PR]
by stakesue | 2007-06-28 14:36 | 利音と私のアート&クラフト