ブログトップ
シュタイナー教育: プレイグループ
c0032878_21394732.jpg

長かった学校の夏休みも終わり、今週から学校が始まり、利音が参加しているアクティビティーも始まった。
今日から、シュタイナー教育を行っているゴールドコーストのネラングにある学校、シルクウッドでのプレイグループも始まった。
去年の11月と12月に通ったときに来ていた5家族は同じメンバーで、新しい家族が3家族くらい加わっていた。子供は2歳半の子が殆どで、女の子と男の子が丁度半々くらいだった。

今学期から先生は新しい人に代わり、タニア先生が受け持つことになった。アシスタントの人は先学期と同じケリーさん。
先生が変わっても、プログラムは同じで、最初は輪になって歌を歌い、パンを捏ねて、外で遊び、部屋に戻ってフエルトで作った人形を使ったお話があり、輪になって踊ったりして、その後、持ち寄ったフルーツでモーニングティー、部屋の中で遊んで、輪になって歌い、お別れの挨拶、焼きたてのパンを帰り際にもらって帰るという感じ。
今回の先生は、もっとオーガナイズがされている感じで、プリントの配布などがあり、前から欲しかった最初と最後の挨拶の歌や、パンを捏ねる歌などが記載されたプリントをもらうことができた。
今学期のお話は、お友達を探すレインボーフィッシュのお話で、フエルトで作られた魚やタコやヒトデなどが登場し、利音はじっと見、聞き入っていた。

利音は、前学期のときよりも、もっとリラックスしていて、楽しんでいるように見えた。
これから毎週通うのが楽しみだ。

今日の写真は、キクちゃんが撮影してくれたもの。
紫のTシャツを着ているのがタニア先生。左の指と右の指が向き合ってご挨拶をする歌を歌っているところ。
[PR]
by stakesue | 2007-02-02 22:00 | シュタイナースクール