ブログトップ
今日のアート
c0032878_21502039.jpg

今日の利音の絵。
絵の具は水彩だが、小さいチューブが1本$7.95もするもので描かせてみた。水彩絵の具の1色づつ別売りになっているものは、行ったアートサプライのお店では、種類が少なかったし、絵の具のチューブも小さいものしかなかった。3色買ったが、発色はどれもきれいで、12色で14ドルだった前回のものとは比べ物にならない。アクリルの絵の具が一番種類が多く、安いものもあるようだ。
利音は、今回はキャンバスが小さかったので、物足りないと思ったのか、すぐにやめて、大きなキャンバスの絵を指差し、とってくれと訴えるので、大きい方と交換したら、また熱中して描き始めた。今日で3コートめになる。筆の動かし方はいっぱしのアーティストみたい。
大きなキャンバスに移ってきれいな絵の具がなくなったところで、安いほうの絵の具を使わせた。
発色の良い絵の具で描かせると、きれいだけれど、高価な絵の具はもったいなく感じるので、次回は思い切りよく使わせられるように安い絵の具を買ったほうがいいなと思った。
とりあえず、一度、発色の良い絵の具で描かせてみたかったので、違いは確かにあるんだということがわかっただけでも満足。 なくなるまでは使わせよう。
キャンバスはとにかく安く、2ドルショップのような安いところで買ったが、今回のこの小さいキャンバス(20x25cm)は$1.50。

私が以前使っていたイーゼルを出して、イーゼルを使って描かせた。描きやすかったみたい。

前回ほどは熱心ではなく、絵の具がパレットにかなりの量が残ったので、私が魚の絵を描き、色をつけ、切り取って、糸で利音の部屋の天井からぶらさげてあげた。天井からはお魚が5匹ぶらさがっている。
利音はこの魚が自分の部屋で飛んでいるのをとても気に入ったらしく、寝室に行くと、「FISH,FISH」と言って、触りたいので抱っこしてくれという。
全部の魚を触って揺らして、何度もそれを繰り返して、うれしそうだった。
最初の理想は、私が描いた魚に利音に塗り絵をして、一緒にお魚を作りたかったのだが、興味がなかったようだった。天井に吊るしたのを見たら、今度はやってみようと思うかなあというのもあって思いついたのだけど、次に絵の具を使うときはやる気になってくれるかな。。。

最近は、とにかく描きたいと、いつも思っているみたいで、前は筆を使って描くことしか興味がなかったのに、ボールペン、色鉛筆、マジック、なんでも使って、描きまくる。一応、紙に描いてくれるので、助かっている。昨日は、クレヨンが小さくなったので新しいクレヨンと、色マジック、線なしのノートを買ってあげた。昨日と今日で、すでにかなりのページを使用した。

今日は月がきれい。満月ではないがかなり丸く、夕方散歩のときから空に出ていたので、お月様だと教えてあげた。毎月、月が大きく丸く見えるときは、寝る前に窓の外から一緒に月を見る。私は今晩は忘れていたのだが、利音は散歩のときに月を見たのを覚えていたようで、外を見て、「ムーン」という。
部屋の明かりを消して一緒に探したけれど、ちょうど家の上に来ているときだったみたいで、見えなかった。「家のすぐ上にいるみたいで、見えないね。また、明日見ようね」と伝えた。
[PR]
by stakesue | 2006-10-05 22:37 | 利音と私のアート&クラフト