ブログトップ
お絵かき
c0032878_21111416.jpg

1歳半前後から、筆を持たせてお絵かきを時々している。今日みたいな方法で水彩をするのは2度目。

普通お絵かきをするときは、クレヨンか鉛筆のことが多い。だが、クレヨンや色鉛筆はすぐに飽きるみたいで、そんなに長い間はやらない。
指で描けますとかいてあった絵の具を前に買っていたのだが、それを使って指や筆で描かせたりしていた。利音はその絵の具がとても好きだったのだけれどほぼ全部使い切ってしまったので、水彩の絵の具を1ヶ月くらい前に買った。前の指で描ける絵の具というのは、ただ絵の具がペンのような入れ物に入っているだけなのだが、出しやすく、指ですぐかけて便利だった。本人も押すとビューと絵の具がでてくるところが面白かったみたいで、絵を描くことはそんなに楽しいというわけではなかったように思う。

水彩をすると床や壁に絵の具を撒き散らすのではないかと思ってしまうのだが、そんな心配はいまのところ不要だったようだ。本人は筆を使って色をつけるほうが好きみたいで、かなり長い時間集中してやっている。
今回は絵を描いていることを楽しんでいるように見えた。
これからは週に1回は描かせてみようと思う。

前回は黄色だけを使って描かせたが、今日は黄色とクリムゾン(ばら色?)を使用した。
以前読んだ本に、子供に使用させる色は、黄色、クリムゾン(CRIMSON)、コバルトブルーの3色で十分なのだと書いてあった。ひとつひとつの色が持つ雰囲気とかを学ばせて、この3色があれば殆どの色ができるので、どれとどれを混ぜれば緑ができるとか、そういうのを自然に覚えていくのだそうだ。
絵の具はびんの中に水で薄めて溶かしていれて、ひとつの色を使ったら、筆を洗って違う色を使うようにすると書いてあったので、その通りに教えてみた。
筆を洗うびんは、最後はピーチ色になった。
利音はこの筆を洗って色が変わるのを見るのも気に入ったみたいで、筆もよく洗いながら描いていた。お陰でノートはびちゃびちゃになってしまった。

描いているのをみて、幼児の描く絵というのは、アブストラクトなアートに見えていいなと思う。
3色使ってみたら、小さいキャンバスに描かせてみて2歳前の作品を1点は残しておきたいなと思う。
[PR]
by stakesue | 2006-07-03 21:27 | 利音と私のアート&クラフト