ブログトップ
リサイクル工作: クマちゃんの宇宙船
c0032878_13155758.jpg

先日、なおちゃんと話をしていて、学年があがってくるにつれて、宿題はプロジェクトが多くなり、計画を練り文書にし、その計画に沿ったものを作っていくのだそうだ。計画に基づいたものを作るというのが、結構大きなポイントになるらしい。

最近、リオンはレゴへの情熱が薄れ、箱などを使った工作をしたがる。
習い事のない日、何か箱で作りたいというので、何をつくりたいかと聞くと、宇宙船。こういう形で、こういったものがついていて、と口頭で説明していた。なおちゃんの話が頭に残っていたので、リオンに「それじゃあ、どういう形のものを作りたいのか絵を描いてみて。」と言うと、描き始めた。(ちょっとわかりにくいが、一番上の写真は、リオンが持っているのは彼が書いたプラン。)
プランに沿って、必要なものを探し出してきた。
それから組み立てた。途中、こんなものがあると言いというと、じゃあ、それもプランに描いてみてと言いながら作業を進めた。
工作しながら、考え付いたものを足していくやりかたよりも、スムーズに進んだし、リオンはこのプロセスが気に入ったようだった。
小型の宇宙船も計画に入っており、2つ作った。
リオンは今まで作ったものの中で一番素晴らしいと自画自賛。こういうところは母親(私)に良く似ている。
c0032878_13193496.jpg

上の部分は、コントロールするところで、レゴを入れていた。
c0032878_13303840.jpg

当初、この宇宙船はミニカーのものだった。翼の横や箱の底にドアを作って欲しいといわれ、ドアを作った。
リオンはその日はミニカーやレゴを入れて遊んでいた。

後日、上の部分が隠れるようにカバーを付けて欲しいといわれたのでその通りにした。カバーの接着部分を前だけにすれば、開けたり閉めたりできると思ったので前の部分だけをテープで止めた。

他にお気に入りの白熊の宇宙船をペットボトルで作ってくれと依頼を受けた。
出来上がると、クマちゃんの宇宙船を放課後に作った大きな宇宙船の上に乗せ、移動させて遊んでいる。

リオンは、大きな宇宙船のふたの部分を開けて、クマちゃんがスライドして出てこれるよと教えてくれた。
c0032878_13243098.jpg

c0032878_21145957.jpg

c0032878_13252784.jpg

c0032878_13254264.jpg

こういうプロジェクトを考え、プランニングして実際に作るという方法は、実際に仕事をし始めると役に立つプロセスだと思う。

これからは、プランニングのときに、絵だけではなくて、説明文も書かせるようにするといいかなと思っている。
[PR]
by stakesue | 2011-02-24 13:28 | 利音と私のアート&クラフト