ブログトップ
リオン、1年生おめでとう。
c0032878_22461940.jpg

これは、一年生の最初の日、先週の月曜日に撮った写真。制服は変わらず、帽子が赤から紺になっただけ。
入学式もないので、「1年生になったんだ。」という感動は少ない。
リオンは、1年生になってクラスルームに自分の机があることが嬉しいようで、座ったあとは、何度も引き出しを開けたり閉めたり、文房具を入れてうれしそうだった。

リオンは1年生と2年生が混じったクラス。1年生と2年生をどういう風に教えるのかわからないが、担任の先生はとてもテキパキした印象の人で、初日に子供達と親のために、クラスの説明をパワーポイントを使ってプレゼンテーションをしてくれた。となりの1年生のクラスの先生と一緒に授業をすすめることもあるらしく、隣のクラスとの混合の説明会だった。他のクラスの様子が見えたが、そんなプレゼンをしているのは、その2クラスだけのようだったので、オーガナイズされているという印象を受けた。
クラスのお手伝いで本を読むボランティアをする希望を出したのだが、今朝先生から確認の電話が入り、日にちを確認したが、それもきちんとした印象を受けた。

しかし驚いたのは、教科書は国語のための教科書が2冊だけ。理科、社会などの教科書もなければ、算数の教科書さえもなかった。算数の教科書については説明会で質問したのだが、クィーンズランド州の教科書は程度が低すぎて使えないのだそう。。。もっとよい教材を用意していますから、心配しなくても大丈夫ですといわれたのだが、なんだか心配。

クィーンズランド州の子供達は、他州と比べると学力が劣っているらしく、学校は他の州のレベルに追いつくために努力をしているのだそう。だから、QLD州の算数の教科書は使わないそうなのだけれど。。。

こちらでは、教科書は親が買って準備をしなくてはならないので、使えない教科書を買わされなくてすんだとポジティブに考えるべきなのか、なんだか複雑な気持ちだ。

とりあえず、1年生がスタート。リオンちゃん、がんばってね。
[PR]
by stakesue | 2011-01-31 23:08 | 子育て:利音の成長