ブログトップ
リトルアスレチック
c0032878_23373454.jpg

先々週は学校のクリスマスキャロルだったので、リオンはリトルアスレチックに参加しなかった。
先週の競技はすべて前回に比べて躍進した。

70mは14.62、60メートルハードル14.47、走り幅跳び1.86m、ディスク転がし8.10m。
70mと60mハードルともに1番だった。

記録魔の私はエクセルで表を作った。前回と比べて伸びているかどうかが一目でわかるようになったし、去年のベストの記録、センターのベストの記録も一緒に入力したので、ベストの記録までどのくらいかもわかるようになった。センターのベストの記録というのは、一番古いもので1985年。年齢別にベスト記録の年と名前が記録されている。よく見てみると、同じ子供が翌年の年齢別の記録を更新しているという場合なども多いし、同じ子供がいろんな競技の記録保持者という場合も多い。

リオンはロープジャンプというのは、去年の記録よりも良い記録を今までにだしている。

センターの記録よりも良い記録を出すというのはちょっと難しいと思うが、去年のベスト記録に近い成績が残せる可能性があるのは、35m、70m、100mの徒競走。
70mは、最初のときと比べると2回目は30秒ほど早くなっているので、3月までに14.2秒という去年のベストの記録よりも良い記録を残せるかもしれないが、毎週、違う種目をするので、次に70Mを走るのはいつかわからない。3月までといっても、来週からクリスマス休暇に入るし、あと2回くらいしか走るチャンスはないかも。

リトルアスレチックでの年齢分けは、学校の区切り(6月から7月)ではなく、2004年10月から2005年9月までに生まれた子供というのがリオンの6歳以下というグループ。11月生まれのリオンはかなり得をしている。
同じグループの中で、背も2番目くらいに高い。なので、走るのがグループの中で速いというのは、年齢的に得している部分もあると思うが、本人も私たちも嬉しい。

リトルアスレチックを始めてから、リオンが以前よりもお礼を私に言うようになった。寝る前に本を読むと、最近は必ず、「マミー、本を読んでくれてありがとう。」と言ってくれる。

スポーツを子供にさせるとことは、精神的な部分でとても良い影響を子供に与えると私は思う。
[PR]
by stakesue | 2010-12-07 12:26 | 子育て:利音の成長