ブログトップ
誕生会の準備
オーストラリアの子供の誕生会は結構大掛かりだ。人によっては、フェアリーやマジシャンなどを手配したり、以前に行ったパーティーではケーキが250ドルと聞いて、目がくらみそうになったくらいだ。
家にはそんな予算はない。日本語学校の夏祭りが楽しかったので、家でも夏祭りをテーマにバースデーパーティーをしようと思い、日本にいる間に、夏祭りグッズをインターネットでオーダーし、箱のままチェックインして持って帰ってきた。
c0032878_23542157.jpg

ヨーヨーセット(100個入り)、金魚すくいに使うすくいと紙、スーパーボール100個、ピカピカ光るペンダント、ヘリコプター、ステッカーを男の子用、女の子用、駄菓子、ミニ水鉄砲(黄色い蓋の筒状のいれものに入っているもの)など全部で8000円くらいだったと思う。
トチギヤという名前のイベント物を扱うインターネットショップですべてを購入。なかでも、ピカピカ光るペンダントは料金の割りにすぐれもので、リオンもとても気に入っているし、多分、子供達にはとても喜ばれるだろうと思う。熱気球のセットは、ロボスクエアで購入したもので、ネットショップでは購入していない。みんなにメッセージを書いてもらって飛ばしたらどうだろうと思っているが、これはその日の様子次第にしようと思っている。(時間をもてあました場合とか)

招待状は、コンピューターで作り、招待客の名前を入れて、写真のコーナーでプリントした。かかったのは2ドル40セントだったので、カードを買うよりも安くあがった。自分の仕事が生かせてよかった。
c0032878_022818.jpg

カードは好評で、リオンの肩にピカチュウが乗っているのが子供達の目に留まったようだった。こちらでもポケモンは人気がある。日本に帰ったときに、ポケモン図鑑みたいなものを買ったので、主人公が使うボール?のこととかも今回初めて知ったのだが、リオンの背景にこのボールを使った。これも子供達には受けたみたいだった。

招待客には着いたら、バッグとおもちゃのお金が入ったお財布を渡す。(バッグとお財布には名前を英語と日本語で書く予定。2-3日前に子供の一人に私の名前を日本語で書いてと頼まれたので、日本語も書くといいかもと思った。) このペーパーバッグはブラウンズ・プレインズというところにある、中国からの輸入物を扱う倉庫のようなところで買った。そこは本当にいろんなものがかなり安くで売られている。このバッグは1枚24セントになるのだが、50枚のセットで買わなければいけなかった。それでも普通のところで買うよりかなり安く上がった。
c0032878_07859.jpg

お金とバッグを持って出店に子供達が行き、決まった金額のおもちゃのお金を払ってゲームをする。

予定しているのは、スーパーボールすくいや、ヨーヨーの他にも色々用意している。
輪ゴム銃の射的で、タイトルは、「Save The Princess」。プリンセスの脇にいるモンスターを輪ゴム銃で倒して、プリンセスを救うとプリンセスからピカピカ光る星のペンダントがお礼として渡されることになっている。
c0032878_061339.jpg


他には空気砲を使って、ペットボトルを倒す店。ペットボトルによって点数が決まっていて、全部倒すと100点になる。ここで一つでも倒すと(倒さなくても)ヘリコプターの景品がもらえる。一応、子供達にペットボトルを自分で好きなように並べてもらおうと思っている。大きなペットボトルを前にすると全部倒れやすいという話をしていたら、リオンが大きなものを前におけば、その大きなものが倒れる勢いで後ろのものが倒れやすいんだよね、小さいものが前だとあまり強くないんので、後ろの大きなものは倒れにくい、と言うのでびっくりした。一応、お店の担当のN君には子供にその説明を後でしてくれるようにお願いしている。この案はリオンと一緒に日本で行った科学館で体験した空気砲をヒントにしている。
空気砲の作り方は簡単で、大き目の段ボール箱の空気が出そうなところを全部テープでしっかり留めて、丸い穴を開けるだけ。外側を思い切りたたくと、箱から結構な強さの空気が出てくる。科学館では紙切れが動くことで空気の動きがみれるようになっていた。

お面とステッカーを売るお店。お面は、夏祭り用に使ったイラストを日本語学校に通うグラフィックデザイナーのお母さんの一人にファイルを頂いた。目の穴を開けると大変なこと、これは印刷屋さんにプリントをお願いしたので、料金がかかりすぎないように大きさもA4に2枚入るようにしたことなどから、お面といっても、バンドをつけてかぶってもらうタイプに変更した。もしかするとお面は、あみだくじにするかもしれない。
c0032878_0185049.jpg


もうひとつは、ビニールにお菓子を入れて口を結び80センチくらいの長さのトイレットペーパーにビニールをくっつけて、小さい水鉄砲をつかってペーパーを狙い打ちしてもらい、ペーパーが切れて落ちたお菓子をゲットするというもの。これはまだ全然準備ができていない。

食べ物と飲み物もお金を払って買ってもらうことにしている。ランチ後のイベントなので、たいしたものは出さないが、、、、

すべてをみんながこなしたころに、みんなに集まってもらい、じゃんけん列車とドーナッツ食い競争をしてもらい、裏庭からおみこしを担いでデッキのところに来てもらってリビングに入ってきてもらい、ケーキ、という段取り。ドーナッツ競争優勝者はメダル、じゃんけん列車、優勝者には賞品がある。

お祭り気分を盛り上げる看板。これも、グラフィックデザイナーのお母さんが作られたもので、学校での夏祭りのときのものをお借りしました。
c0032878_0514582.jpg


飾りつけはやっぱり提灯。
c0032878_0541252.jpg


クラスの子は10人くらいなのだが、みんな兄弟姉妹がいて、連れてくるそうなので、子供の総勢は26人くらいになりそう。。。大人もいれると(夫婦でくるわと言っていたお母さんもいるので)40人以上になると思う。

一応、どこにどの店を配置して、誰に店を頼むか、必要なものを書いたフロアプランも用意した。
まだ準備が全部はできていないので、もしかするとドーナッツ食い競争はボツになるかもしれない。。。

各お店は、妹夫婦や恵子さんやなおちゃんや、そらちゃん、みあちゃん、エリ、N君、夫にお願いすることにしている。私は、とりあえず総指揮ということで、、、みんなのお手伝いがなかったら無理なので、ありがたい。

雨が降ったらどうしよう。。。。晴れますように。


イベントトチギヤさんのサイトは、http://www.tochigiya.com/
色々と調べた結果、ここが私が欲しいものがあって、一箇所ですべてのものが揃う点で便利だし、料金も安かった。日本はクレジットカード決済が少なく、銀行振り込みか代金引換(宅急便の人に払う)というシステムが殆どだということを今回知った。

輪ゴム銃の作り方は素晴らしいサイトがあり、わかりやすい説明で、そしてこの輪ゴム銃はよく飛ぶ。http://homepage2.nifty.com/paconta/gun/making.htm
[PR]
by stakesue | 2010-11-11 00:34 | 子育て:利音の成長