ブログトップ
運動会
c0032878_22205236.jpg

先週の火曜日に行われるはずだった運動会、雨で延期になり、金曜日に行われた。
お天気に恵まれ、青空の下、子供達は色々な競技をがんばった。

運動会は、リオンたちのプレップ、1年生、2年生、3年生の低学年の子供達が苗字で、緑、赤、黄色、青の4組に分かれ(それぞれ、名前がついている、リオンは緑でニコルソンという名前のグループ)、学年別、男女別で競技をし、得点が加算されて一番多い点数のグループの勝ちという仕組み。

リオンが一番楽しかったのは綱引き、だったそうだ。
c0032878_22273560.jpg


他にもホッキー、サッカーのゴールシュート、幅跳び、高飛び、ラグビーの真似事みたいなものやかけっこなどがあった。
c0032878_22291215.jpg
c0032878_22294537.jpg
c0032878_22302338.jpg
c0032878_22304749.jpg

かけっこは、4番目だった。
c0032878_2231352.jpg

c0032878_223261.jpg

朝、9時半くらいから始まり、ランチの休憩が11時半くらいから40分、午後にかけっこなどがあり、12時半くらいには全部終了した。

結果、リオンの緑組みは3位。この日は、子供達は競技の後、連れて帰ってよいということだったので、競技終了後、リオンと一緒に帰った。

日本の運動会とは随分雰囲気が違う。日本の運動会は旗や音楽があり、雰囲気が盛り上がるが、こちらでは音楽がないのは淋しい。
日本の学校は、お掃除の時間、下校の時間、いろんなところに音楽が盛り込まれていて、その音楽を聴くと、自然と身体が動くようになっていた。私の小学校のお掃除の音楽はビバルディーの「春」だったが、今でもその曲を聴くと、お掃除の時間を思い出すぐらい、ずっと身体に残っている。

シュタイナーのプレイグループも歌を歌って次の行動を伝えていたが、こちらの普通の学校ももっと音楽を取り入れるといいのになあと思う。
[PR]
by stakesue | 2010-08-15 22:40 | 子育て:利音の成長