ブログトップ
先生とのインタビュー
月曜日、リオンの担任の先生と面接があった。
夫も会社を早退して、面接に臨んだ。

先生からは、社会性、語学、算数、身体を使う能力などにおいての評価があり、リオンはすべてにおいて4段階のうち、上から2番目だった。クリエイティブな部分に関してのコメントがあり、何かを作ったりする場合、リオンが意見をしたり、リオンの作ったものを真似て他の子供達が同じようなものを作り始めたりということがよくあり、クリエイティブな部分でのリーダーシップを取っていることがありますということだった。
また、何かを作っているときや行っているときに、うまくいかない場合、どうしたらいいですか?と聞きにくるのではなく、自分で他の方法を考え、これとこれをください、というアプローチをするので、そこが素晴らしいというコメントだった。
言語については、残念ながら、本を沢山読んでいるにも関わらず、平均をちょっと超えたぐらいで、複数や単数についての混乱、文法の間違いなどを指摘された。これは私の影響によるものだと思う。ただ、本を沢山読んでいるということは、物語のとらえかたなどでわかるということだった。
社会性についても、クラスのみんなと仲良くやっているし、順番や共有といったことがよくできているということだった。
リオンは家では、一人っ子に近いせいか、この共有するということに関して、幼児期のころから今でも他の同じ年頃の子よりもできないと思っていたので、私も夫も顔を見合わせてしまった。

お父さんもお母さんも、よくやっていることがわかります、と言われうれしかった。

私にできることが他にないかと聞くと、十分にやっていただいているので、いつもありがとうございますということだった。

このインタビューの日、実は朝、リオンはクラスに入りたくない、学校が嫌だと泣いた。
先生に聞くと、そういう時期がある子もいるし、もしかすると学校のホリデー期間にいろんなことが沢山あって楽しかったからかもしれませんね、殆どの日を家で過ごしている子供達は、学校に行くのが待ちきれないという場合が多いですけれどね、というコメントだった。
その日は、先生もリオンに気をとても使ってくれたようでとても有難かった。

その夜、高熱が出て翌日は学校も休んだのだが、体調が悪かったこともあったのかもしれない。
昨日から学校に戻ったが、昨日も今日も楽しかったようだった。

インタビューでリオンが順調に成長していることが確認できてよかった。
[PR]
by stakesue | 2010-07-22 00:05 | 子育て:利音の成長