ブログトップ
最近のできごと
ブログを更新する暇があまりない。
月曜と火曜のコントラクトのお仕事は、週20時間を消化することがなく、オフィスでの週13時間の仕事分くらいしかない。いつもの3分の2ぐらいしかお給料がないかもと心配していたら、自分の仕事が忙しくなってきた。ありがたい。金曜日はクライアントのところにアプリケーションを使用するレッスンと打ち合わせに行ってきた。遅ればせながら年末調整の税金の支払いの書類も用意しているのでバタバタしている。毎度のことながら、ためずにコツコツやっていれば問題ないことなのだが、私はとにかく数字が嫌い。書類を用意していて、自分の所得を知った。前年比ではかなりの飛躍。その割には生活が楽になったと思えないのは何故だろう。。。恐ろしいのはいくら税金を払わなければならないのかということである。

今週は水曜日に領事館に行き、リオンの日本のパスポートを受け取りに行った。帰りにKadoyaのジュンさんと会って新しいメニューの作成の打ち合わせをした。初めてKadoyaでカレーを食べたが、おいしかった。人気メニューだというのを納得。オススメです。辛さの段階がいろいろとあるのだが、私はレベル7に挑戦。結構辛かった。
ここのお店に行って自分の作成した大きなメニューを見るとうれしくなる。リオンにもマミーが作ったメニューだよと教えた。リオンが私の仕事を理解しているかどうか確かではないが、自分の仕事を子供に見せることができるというのもうれしい。新しいメニューも目を引くものにするようにがんばりたい。ジュンさん、ランチごちそうさまでした。

Kadoyaの後、以前から登ってみたいと思っていた旧シティホールの時計台に行くことにした。今回カメラを持って行っていなかったのがとても残念。
旧シティホールでは2種類の展示が行なわれていてそれを簡単に見学した後、いよいよ時計台に上ることにした。時計台へは1930年当時から使われているかなり旧式のエレベーターに乗っていく。エレベーターガールではなく年季の入ったおじさんが中にいて、建物、時計台についての歴史などを話してくれる。一度、時計の部分のところで停止してくれるので、時計の裏側のしくみがみれるようになっている。
それから、上の展望台まで登り、景色を見たり、展望台の上にぶらさがっている大きな鐘を見たりした。
今度は鐘が鳴るのにあわせて上に上がってみたいと思う。
ちなみに料金は無料。次回は絶対にカメラを持っていこうと思う。

木曜からリオンはプリプレップの4期が始まった。この学期を最後に来年からはプレップが始まる。
土曜日のレッスンに備えて木曜と金曜のプリプレップの後はプールに泳ぎに行った。1週間でもお休みになったりすると、リオンはスイミングレッスンに行きたがらない。スイミングレッスンもスクールホリデー中はなかったので、今週に入ってからすでにレッスンに行きたくないと言っていた。こういうときの私の対策はとにかく何度かプールに連れて行くことである。リオンの通うスイミングスクールは練習のためにプールに入るのは無料、私もリオンも無料で入れ、おまけに帰りにリオンにペロペロキャンディーをくれたりする。どうやって経営が成り立っているのだろうと不思議になることがある。
話がそれたが、2日連続で行くと、2日目にはかなりの上達が見られる。2日目は15mくらい泳いでいて、リオンには珍しくかなり意欲満々だった。そのせいか今日のレッスンは嫌がらずに受けたようで、1時間半ばかり泳いで帰ってきた。レッスンの時間も人数が少ない7時半からのものに変えてもらったのも良かったのだと思う。朝は早いが夏の時間はどちらにしても6時半くらいには起きているのでそのほうが都合が良い。今日はもう一人の子が休みだったようで、プライベートレッスンだったと夫が言っていた。

水泳のレッスンの後、家で少し過ごした後、室内遊技場でのバースデーパーティーに行った。リオンがプリプレップで仲良くしている男の子の一人の誕生日パーティー。パーティーが何件も行なわれているらしく、かなりの人数の子供たちがいた。リオンはこういう子供の多い場所が苦手なので、しばらく様子を見てから、遊び始め、帰るときは、なかなか帰りたがらなかった。

パーティーの後は、そのままサウスバンクへ移動。日本語学校の説明会に参加するためだった。こういうところに行くと日本人が沢山住んでいるんだなあとびっくりする。
ブリスベンには日本人会が行なっている補習校もあるのだが、リオンの日本語のレベルで補習校はついていけないんじゃないかと思っている。説明を聞いた後も、ここならリオンもなんとかやっていけるかもしれないという気がした。授業風景も見たが、みな結構楽しそうだった。代表の方に、脱落する子供はいますか?と聞いたら、スポーツを始めた子が練習にかちあうので通えなくなったという話を聞くことはありますが、脱落というのは聞いたことないですねえ、とおっしゃっていた。先生は結構若い人が多く、楽しませながら熱心に授業をすすめている感じだった。クラスのサイズも少人数だし、好感が持てた。
リオンも、リオやエリ、海くんやミナちゃんも行っていること、それに加えて他にも知っている子が同じクラスに入ることになるかもしれないので、楽しく通える気がする。
私は、帰り道、リオンが学校に行っている間は、州立図書館でアート、イラスト、デザインの本を借りたりして勉強する時間に充てることができるなあと思った。アートギャラリーもすぐだし、、、私も来年からが楽しみだ。
[PR]
by stakesue | 2009-10-10 23:27 | 子育て:利音の成長