ブログトップ
リオンのパジャマデー、私のサンクチュアリーコーブ
c0032878_22243873.jpg

先週の金曜日はプリプレップの今学期の最後の日だった。
その日はパジャマデーで、パジャマで登校して、ポップコーンを作って大きな画面で映画をみんなで観て、ランチは先生たちがソーセージを焼いてくれてみんなで食べ、アイスキャンディーがデザートに出る、ということを前日に先生から聞かされ、リオンはとても興奮していて、楽しみにしていた。

当日、子供たちは、みな一日中、かなり興奮していたそうだったが、大成功に終わり、みんなとても楽しんだそうだった。迎えに行くと、スクリーンに子供たちが楽しんでいる姿を撮影したイメージギャラリーが放映されていた。
リオンもすごく楽しかったと言っていた。

2週間のスクールホリデーがあり、10月に最後の学期が始まる。
10月末から3週間日本に行くので、またお休みしなければならない。
そうしているうちに、あっという間に、来年になり、学校に行くことになるんだなあ。(こちらの義務教育は日本よりも1年早くから始まる。)

私はなおちゃんと日本から来られているなおちゃんのお母さんとサンクチュアリーコーブでランチを食べた。
とても良いお天気で、カフェからヨットハーバーを眺めながらいただいた。2-3ヶ月ぶりにサンクチュアリーコーブに出かけたが、カフェやレストランが増えていた。
前になおちゃんと2人で行ったカフェに入ってランチセットを頼んだ。前回も結構おいしかったと記憶していたが、今回もおいしかった。ただ、量が多くて、私には珍しく全部食べきれなかった。
なおちゃんのお母さんにご馳走していただいた。ありがとうございました。
c0032878_2384384.jpg

私はなおちゃんからなおちゃんのお母さんの話を聞くたびに、なんて素敵なお母さんなんだろうと思っていて、お話をしてみたいと思っていたので、今回ランチに行けてうれしかった。
今回お話をしていて素敵だなあと思ったのは、なおちゃんが子供のときにお母さんが作ったお話を、なおちゃんが自分の子供たちに話していて、世代に渡って受け継がれているという点。それもとっても可愛いお話。
なおちゃんの家ではご主人のフィルさんもお話を作るのが上手で子供たちにシリーズで聞かせているお話があるそうだ。
なおちゃんの子供たちが想像力が豊かなのもうなづける。

私もリオンが自分の子供に語りついでいけるようなお話を作って聞かせてあげたいなあ、と思った。
[PR]
by stakesue | 2009-09-23 22:57 | 子育て:利音の成長