ブログトップ
風船いかだ
最近、よく風船を膨らませてくれと頼まれるので、何か風船を使ってできないかなと思った。
リオンはお風呂で風船に水を入れて遊ぶことも好き。

それで風船の風力をつかった簡易いかだを作ると面白いかも、と思った。

使用したのは、スーパーで野菜や肉や果物が載せてあるスチロールでできた黒いトレイ(日本だとこういうトレイは白だった気がする。こちらでは黒のものが殆ど)、風船、ストロー、輪ゴム。

最初に私が考えたのは、帆をつくって、その帆に風船の風をあてていかだを動かす方法だったが、夫にどう思うか聞いてみた。夫はストローを水面下に入れて動かすといいだろうとアドバイスをしてくれ、ストローが通るようにトレイに穴を開けてくれた。(いつもそうだが、私のアイディアを夫はいつもより良い方法で実現してくれる。ありがたいことだ。)
ストローは”く”の文字に曲がるものが良い。
水に入らないほうのストローに風船を輪ゴムでとめ、いかだ本体の穴にストローをいれてできあがり。
c0032878_211355.jpg

おお~、結構ブクブクと音を立てながら進んでいく!
リオンは、喜んでいたが、すぐに、「プロペラをつけて!」と注文をつけてきた。そのときは良い考えが浮かばなかったので、ちょっとそれは難しいよと答えておいた。
水に入っている方のストローを切って曲げてあげればよかったなと今になると思う。あ、でもそうすると、風船を膨らますときに不便なので、この案は却下だな。

リオンは何度もやってくれといい、そうするうちに、自分でもやらせてくれといい、何度か自分でちょっぴり風船を膨らませることができて喜んでいたが、だんだん、上手に風船を殆ど膨らませることができないことに苛立ちを覚え、しまいには怒り出してしまった。

怒りがおさまった後、風船を膨らませることができるようになるのは、まだまだずっと先のことになると思うこと。まだリオンは小さいからできないことが多くて、欲求不満を感じることは多いと思うけど、大きくなったらもっといろんなことができるようになるからねとなだめた。
[PR]
by stakesue | 2009-06-18 21:11 | 利音と私のアート&クラフト