ブログトップ
粘土遊び
c0032878_1859435.jpg

6月末から2週間ほどスクールホリデーになる。
スクールホリデーになるといろんなところで子供向けのアクティビティーやパフォーマンスがブリスベンで開かれる。
ほとんどのアクティビティーは4歳以上が参加の条件。今回からやっとリオンも参加できる。
パワーハウスミュージーアムで行なわれるPowerKidzというイベントのプログラムの中でリオンが気に入りそうなものは、クレイアニメーション(粘土のアニメ)とパーカッションやドラムのワークショップ。
本人にどれに参加したいか聞いたところ、クレイアニメーションに参加したいと答えた。

私もこのプログラムには興味があったので、作り方の説明を聞いたら、自分でもアニメーションのソフトは使ったこともあるので、自宅でもできるかもと思っているので、とても楽しみ。

参加までの2週間の間に、粘土でどんなことができるかと、単純なストーリーをいくつか考えてみるといいかなと思っている。
それで、昨日はリオンは家で遊びたいというので、粘土で遊んだ。
そしていくつか違う材料をあわせて何ができるかというのも考えてみたいと思っていたので、目を沢山つけてモンスターを作って遊んだり、トイレットペーパーの芯に粘土を巻いて犬の顔(ビーマ)を作ったりした。
c0032878_18594324.jpg


トイレットペーパーの芯を使ったのは、口の空洞を作りたかったからで、そこから舌を出たりひっこめたりという動作、口の中から粘土が出てくるところ、などをアクションとして取り入れてみた。

ストーリーは、犬の舌が逃げ出して、その舌と犬が追いかけっこをする話。
リオンには受けた。

Power Kidz の詳細は、こちら。
[PR]
by stakesue | 2009-06-18 19:07 | 利音と私のアート&クラフト