ブログトップ
ホワイトウォーターワールド三昧
c0032878_2223291.jpg

水曜、木曜、そして今日、日曜とホワイトウォーターワールドに行った。
水曜と木曜はリオンと私だけ。今日は恵子さんファミリーと出かけた。
私もリオンもどんどん日に焼けて真っ黒だ。(特に私は、焼いちゃいけない年齢をとっくに越しているのに、すごい日焼け。昨日は+50の日焼け止めの効果がある長袖のトップを買った。)

水曜と木曜に続けて行ったのは、リオンにウォータースライド(水の滑り台)に対する恐怖心を払拭して楽しめるようにするためだった。
初めてホワイトウォーターワールドに行ったとき、他のウォータースライドなどに行く前に、3人乗りのカヌーに乗り、上下を行ったりきたりトンネルに入ったりする、私もちょっと怖かった乗り物に乗ったのだが、リオンはそれがかなり怖かったらしく、それ以後どんなスライドも嫌だと言って試さなかった。
c0032878_2224937.jpg

場内にはウィグルズベイという小さな子供用のプールがあり、そこに4つ滑り台がある。2つはとても小さく、2つはちょっとクネクネしている。この小さなスライドまで怖がっているのがちょっと情けなかったので、滑り台を試すという条件で水曜日は出かけた。約束は守ってもらうということで、しばらく遊んだあと、嫌だというので「できないんだったら、帰ろう。」というと、しぶしぶ挑戦。やっぱり駄目だと戻ってきたりして、やっと挑戦。
やってみたら、楽しかったようで何度も何度も滑り始めた。
ほらね、楽しいっていったでしょ。じゃあ、今度は紫の滑り台に挑戦しようというと、クネクネしているのとトンネル風なのが前回のトラウマを呼び起こすのか、嫌だという。
アイスクリームを食べたいというので、紫の滑り台をすべることができたら、買ってあげる、というと、これも渋々挑戦。
c0032878_2283070.jpg

やってみたら、こちらのほうがもっと楽しかったらしく、足をあげてみたり、目を瞑って着水するようにしたり、寝転がったりと変化をつけながら、何度も何度も滑っていた。

木曜日は、もっと大きいスライドに挑戦することを条件に行くことにした。
リオンは大きいスライドの方は、高さがあるので嫌がっていた。
「リオン、昨日、ウイグルズのスライドを初めて滑れたとき、どう感じた?」
「Great!」「そうだよね、リオンちゃんは、怖いって思っているのを克服できたんだ。やってみたらすごく楽しかったでしょう?やってみないとわからない楽しみがあるんだよ。挑戦しなければ、わからないままで終わってしまう。私はリオンにもう少し挑戦してみる気持ちを持って欲しいんだ。今度の滑り台はウィグルズのと比べてちょっと高さがあるだけで、変わりはないんだよ、絶対できるから行こう。滑ったあとは、絶対にうれしい気持ちがすると思うよ。やってみるよという言葉をマミーは待ってるんだけど。」
やっぱりやりたくない、怖いという、心底がっかりした。
帰ろうというと、帰りたくない、アイスクリームを食べたいという。
再びアイスクリームを条件に、「リオンのI Will Tryという言葉をマミーは待っているんだけど」と繰り返し言うと黙っていたが、しばらくすると「I Will Try」と言った。2度ほど滑り、やっぱりウイグルズの方がいいというので、ウィグルズに戻り、再び何度もスライドを滑ったあと、波のプールに移動して遊んで帰った。

特訓の成果があり、今日はリオと一緒にどちらのスライドも楽しめた。
何度も何度も気軽に行けて、隣同士で一緒に滑れるウィグルズのスライドのほうが二人とも楽しいみたいだった。
驚いたのは、リオの泳ぎの上達ぶりで、リオンが泳いでいるのをみて、僕も、と泳ぎ始め顔をつけて泳いでいるのを初めて見た。そして距離もかなり泳げていた。
夫もいくつかアトラクションに挑戦することができ楽しかったようだった。私はタコの足の形をした長いスライドに挑戦したが、面白かった。(実はちょっと怖かったけど)

閉館時間まで遊び、帰りにはミニストップに寄って早めの夕食を食べた。

リオンはかなりの慎重派。そんな危ないことして!とハラハラすることはないのだけれど、もう少し怖がってばかりいないで、やってみようという意志を持ってくれるようになるといいなと思う。
[PR]
by stakesue | 2009-02-08 22:31 | 子育て:利音の成長