ブログトップ
アートレッスン
今日は就学児童を対象に、アートレッスンをしようと思って、ご近所さんに声をかけた。

私は子供のころは、音楽に一番興味があり、絵は描けないと思っていた。が、描きたいという思いはいつも心の中にあって、ブリスベンに引っ越してきた半年後、以前住んでいた家の近くでアーティストがアートクラスを開催していることをネットで見つけて、半年ほど通った。

習い始めたときは本当に下手で、週に1度のレッスンだったが、デッサンから習い、6週間はデッサンだけ。4週間目くらいからはじめに比べれば、かなり上達した。
これは教えてもらう前に、動物を何か描いてみてと言われて描いた絵。自分でも犬を描きたかったのか、どうなのか覚えていない。でも、最初はコアラを描こうと思っていた気もするが、とにかくすごく下手。
c0032878_22534618.gif

4週間以降。
c0032878_22543871.gif

描きたいものを丸とか四角とか三角とかシンプルな形をつないだものとして大まかに描く、余白の形に注意して描く、被写体を逆さにして描く、陰影の描き方などを学んだ。
1ヶ月(4回のレッスン)でかなり上達したので、コツを学ぶと誰でもある程度は誰でも描けるようになるんだなと思った。そして、今回、このデッサンの方法を子供たちに伝えたいと思ったのだが、デッサンというものは、中高校生以上になってからのほうがいいと思った。小学生のころは自分の好きなように自由に描かせることのほうが大事なんじゃないかと今日のレッスンで思った。

子供たちはどの子もそれぞれにとても優れたものを持っているので、それぞれの良さを伸ばすようにすべきで、単一的な教え方は子供のアートにはふさわしくないと私自身が学んだと思う。それぞれの表現力、想像力が生き生きと引き出されるような方法を考えて、本人が楽しむこと、一緒に楽しむことを一番に考えることが重要だなと思った。

将来、私は、子供のためのアートスタジオやティーンのためのコンピューターグラフィックスタジオなどをボランティアでできたらいいなと思っている。
今日はそういう構想への勉強になった一日だった。

参加してくれた子供たちに感謝。
[PR]
by stakesue | 2009-01-22 23:09 | 利音と私のアート&クラフト