ブログトップ
バースデーパーティー
c0032878_21501058.jpg

日曜日は利音のバースデーパーティーだった。子供が19人で赤ちゃんが1人、大人は20人。
沢山のプレゼントをいただき、ありがとうございました。

今回のテーマはアンダーウォーター。

最初は、子供たちに座ってもらって、私が手作りパペットでレインボーフィッシュのお話をした。
c0032878_22534068.jpg

それから、風船を子供たちに渡して、クレイジーブローフィッシュと言って、膨らませた風船を合図にあわせて手を離して飛びまわる魚(風船)を捕まえるという遊び。
魚が逃げてしまったので、魚を捕まえにいきましょうと言って、リビングからダイニングに移って魚釣り。
c0032878_2157232.jpg

試作品を作った時に、何度かチェックしてみてちゃんと釣れそうだなと確認していたけれど、実際は釣りにくかったようだった。マグネットをどうやって竿につけるかというので悩んだのだが、魚を餌に見立てて魚の形をしたフエルトを縫い合わせ、その中に紐とマグネットを入れたのだが、フエルトよりももっと薄い生地にすればもっと釣りやすかったかもしれない。。。
子供たちが釣らなければいけない魚は4種類で、それを使って自分の海を作るというのが、次のアクティビティー。水をいれたペットボトルに青い着色料を入れて、オイルをいれて泡の部分にする。釣った魚には封筒がついていて、その封筒に入っているもの(魚の形をしたコンフェッティや、貝殻)をボトルに入れてシールをつけて名前を書き、作ったボトルはお持ち帰り。
c0032878_2262564.jpg


この後は、シャボン玉と水鉄砲を子供たちに渡して、外で遊んでもらったが、案の上、子供たちはびしょびしょになってしまい、「着替え持参」と招待状に書いておくべきだったと反省。
c0032878_2281790.jpg


ひと段落ついたところで、着替えを持参していた子供たちは着替えてもらって、また座ってもらい、今度は利音の誕生についてのパペットショー。 
c0032878_2274961.jpg

高いところにあるゴールデンワールドから、自分のガーディアンエンジェルに付き添われて、虹の橋の一番高いところから地上を見て、自分にぴったりの両親を探し、虹の橋を降りて地上に降りてきたスペシャルな子供、利音が誕生しました、というお話。これはシュタイナーで話されるバースデーセレモニーのお話と同じ。舞台セットは少し自分流にアレンジ。シュタイナーの人形の特徴は顔がないこと。顔に何も表情が描いていなければ、子供の想像力次第で、人形が笑ったり、泣いたり起こったりというのができるからという理由。
c0032878_22164959.jpg

お話の前にキャンドルに火を灯して、ストーリータイムの歌を歌い、お話の後にはキャンドルを消すというのもシュタイナーのプレイグループのときと同じ。
c0032878_2214586.jpg

c0032878_2292055.jpg

私の練習を見ていた利音は、手伝いたかったようで、側にきてパペットを動かした。
とても嬉しそうにパペットを動かしていたので、次回からお話をするときは、私が話して、利音にパペットを動かしてもらうというのもいいかもしれない。
お話のあと、ミーナちゃんが、もっとお話をして、と言ってくれてうれしかった。今度、他のパーティーをするときには、また違うパペットショーをしてみたい。
ただ、何度読んでも台詞を英語ではなかなか暗記できないので、読むことになってしまって残念。自作のお話とかもいつかやってみたいと思う。

お話の後は、ソラちゃんとミアちゃんのバイオリンにあわせて、ハッピーバースデーを歌い、パパの手作りケーキのロウソクを吹き消した。ソラちゃん、ミアちゃん、ありがとう。
c0032878_22225193.jpg



その後は自由に遊んでもらった。
c0032878_22234097.jpg

ペットボトルでお魚の口にボールをいれるゲームをしようと思っていたが、みんなでするゲームとしては結局行わなかったけれど、自由に遊んでもらう時間のときに、学校にいっている子供たちはこれで遊んでいた。

みなさんのお陰で、今年も楽しいパーティーになりました。ありがとうございました。
[PR]
by stakesue | 2008-11-10 22:35 | 子育て:利音の成長